苺と襦袢と経血

2012年08月28日(火) 0時00分
シロップさんが大阪に来るというので「会いたい」って言ったら「友達も一緒だけどいいか」と言うので「友達って未野さん?わおー!会いたい!」ってことで、お二人が京都までいらしてくださって、シロップさんとも未野さんとも初めまして。ファミレスでいろいろお喋りしてから(かき氷を食べたのなんて何年ぶりだろう)残照スタジオに移動して撮影させてもらいました。たのしかった!



そとでこ

2012年08月26日(日) 0時00分

でこ姉妹舎プレゼンツ
「そとでこ」

2012年8月26日(日)
@梅田 ムジカジャポニカ
開場18:00/開演19:00
前売2200円/当日2500円

出演:
オオルタイチ+ウタモ
数えきれない
ラブリースヌーピーラブ

でこ姉妹舎は京都・西院の喫茶店です。
からだにやさしい美味しいごはんと、挽きたて淹れたての珈琲と、たくさんの本がある店です。
店主カノウのこだわりのブッキングで月イチくらいで店内ライブを開催しています。
けれども、私がいちばん見たいライブをブッキングしながら毎回、落ち着いてライブを見たり聴いたりできていないので、今回は「そとでこ」として、いいライブが見れてごはんも美味しい大好きなお店、ムジカジャポニカさんで、私のブッキングのライブを開催させていただくことにしました。
この3組をムジカジャポニカで見たいなあと思っていた対バンが実現します!うれしい!
3組ともムジカジャポニカ初出演です。
ぜひぜひ、見にいらしてください。お待ちしております!
このチラシは、ぼーぼーずのK子さんにデザインしていただきました。

いきなおし

2012年08月24日(金) 12時00分

木下黄太氏と平智之議員の対談を聞きに行った。今までデモに参加して気持ちが沈んで友達と話して気持ちが沈んで東京に行って気持ちが沈んで講演を聞きに行って気持ちが沈んでばかりだったけれど、やっと、先に光が見えるような話を聞けた。これからどうしていけばよいのか。変われるのか。そこが真っ暗な気持ちでいたけど、変えていけるかもと思えた。よかった。キーワードは「生きなおし」だった。
私がいま制作中の作品集のタイトルは「せかいのはじまり」というのだけど、見ている方向は間違ってはいなかったんだなと思えた。よかった。

67

2012年08月15日(水) 0時00分
終戦記念日。人は理不尽な死に意味を見いだそうとする。国家から死を求められたことの不当性を問うための日であってほしい。加害と戦死を正当化して責任追求を慰霊や感謝にすり替える巧妙な装置としての靖国神社にファック。同じことをフクシマが繰り返している今にファック。考えるべき時は今。改めるべき時は今。

食べるもの

2012年08月14日(火) 0時00分
OKフード(放射能汚染のことに気を配っている飲食店)のインド料理屋さんでお昼を食べました。私一人で外食するときは食べもののことをあまり気にしないけれど、家族や友達や写真モデルさんと外食するときには食べるものに気を配ります。けれど安心して食べられる店がほんとうに少なくて、探すのにも苦労します。そして、こういうことが気になっている人がどのくらいいるのだろうか、これから先のことを考えるととても不安になります。大勢が無関心でいると、いっしょうけんめいに気を配っている店はきっと追い込まれて沙汰されてしまいます。安心して食べられるものがますますどんどん減っていきます。

見ること対話すること歩みよること

2012年08月12日(日) 0時00分
京都の学生有志が主催の「しゃぼん玉パレード」というデモに参加しました。
参加してよかったことは、デモ終了後に、東京から自主避難してきたという女の子2人と知り合ってお喋りできたこと。その子たちは「福島第一原発の収束作業、被曝労働の問題に、自分たちくらいの若い人たちがあまり関心を持っているようにみえないことが恐ろしい」って話してくれました。被曝労働が自分たちの問題だと感じているハタチくらいの子に出会えてよかった。よかったってのは変だけど、一生懸命に喋ってくれる若い子と話ができて嬉しかったです。
私は、以前はデモや抗議行動をきっかけに原発や放射能のことに関心を持つてもらえたらと思って友達やモデルさんをデモに行こうよって誘ったりしてたけど、デモや抗議行動に参加してもそこから先が見えにくいような気がだんだんとしてきて、関心を持つきっかけは他にもあるしデモや抗議行動がすべてじゃないしと思って最近はあまり人を誘うことはしていません。
京都の関電支店前の抗議行動は、いろんな人がばらばらにゆる〜いかんじで集まっていて、仮装してる人もいるし座り込んで露店を出してる人もいて、コミュニケーションの場ができているように感じています。だから私は京都支店前の抗議行動には参加しているし、友達を誘ったりもしています。すてきな場所。
しゃぼん玉パレードは、デモ終了後に交流会を主催者側が設けていて、デモ自体よりもそれをきっかけにしたコミュニケーションが重要だってことを主催の若い学生さんが察してるんだなあと思ったので、だから私は参加しました。
デモの終点から交流会の会場まで移動しなきゃいけなかったので交流会には参加しなかったけど、知り合った女の子とデモ終点の四条大橋の下の河原で、被曝労働や食べ物のことや瓦礫のことをお喋りしました。それも交流会。その後、登さん夫婦とプチ打ち上げ。だって登さん夫婦とはそういうお喋りができるから。
その後の集まりにも顔を出してみて、デモや抗議それ自体が目的なんじゃないし福島から目を背けたり蓋をしちゃいけないし敵を見誤っちゃいけないなあってことを思いました。
あっちもこっちもとりあえず実際に見てみないとわからないし、対話しないと見えてこない。見ることしかできないから、私はとりあえず何でも見てみようと思います。
デモの前に聞きに行った、福島第一原発の収束作業員の方のお話(「誰が原発で働いているのか」と「一時帰宅する想い」という2つのテーマに分けた対談形式のお話会)については、重すぎるテーマで言葉にするのが難しいので、また後日。





涼しい夏

2012年08月09日(木) 0時00分
夜はもう秋みたいに涼しいですね。東京にくらべたら関西は建物や乗り物の中は冷え冷えで皆さんそれほど節電しているふうでもないし、じゃあ、まだお盆前なのにこんなに涼しいのは、日本の原発がほとんど止まっていて海の温度が下がってるからなのかしら?それと、氷河期に近づいてるから?
とりあえず地球温暖化はまったくウソだと思いました。

しゃぼん玉

2012年08月08日(水) 0時00分
土曜日からでこ姉妹舎は盆休み。土曜日は元福島第一原発収束作業員の方のお話を聞きに行ってから​、「しゃぼん玉パレード」に参加する予定です。京都で開催される​、学生さんが主催するシュプレヒコール無しの脱原発デモ。デモの​あとは交流会もあるみたいだし面白そう!
作業員の方のナマのお話を聞ける機会なんてなかなかない​し、それも京都にいながらにして、参加費500円で聞け​るので、こんな機会は逃しちゃいけないと思って、だから​土曜日から盆休みにしました。
しゃぼん玉パレードは、シュプレヒコールしたりするのが​苦手な学生さんたちが、だから自分たちでも出来るカタチ​のデモをやろう!と始めた動きです。だから参加したいし​応援したいです。デモのあとに交流会を設けて、活動を今​後につなげていくことにも積極的なようだし、素晴らしい​と思います。

2012年08月07日(火) 0時00分
ただいま制作中のeerieさんとの作品集、タイトルも写真のセレクトも決まって印刷会社選びも済んで、原稿をデザイナーさんに渡しました。どんなふうに出来上がるかな。
『かえる場所を無くした女の子は新しい世界に血を流しつづける。せかいのはじまり。残照エロチカ番外編としての放射能事故後の二作目の作品集』

もしかしたら来年は無いかもしれない、今年限りかもしれない、昨年から私はそういう気持ちで作品制作をしています。いま制作中の写真集は秋頃に発売予定で、それと同時期に、残照エロチカの3作目の作品集をインターネット上で(これまでの作品集の何れかをご購入いただいた方向けに)発表する予定です。

風が吹いてる

2012年08月06日(月) 0時00分
最近、暑い暑いといってもそれほどでもなくて、風が吹くし(夏の京都って空気がひとところに淀んでいてもわっと蒸し暑いのに、こんなに風を感じる夏は初めてな気がします)朝晩は涼しかったりするのは、節電でエアコンの室外機からの熱が少ないからかしら?と思っています。違うのかな。どうなんでしょ?
無駄な電気の消費をちょっと控えるだけで夏がこんなに過ごしやすくなることにみんなが気づいて大量消費の社会構造を見直すようになれたらいいのになあ。

日曜日はでこ姉妹舎でフリーマーケットを開催しました。以前に手作り市で作品を見て一目惚れしてしまったhellchocolateさんにも出店していただいて、ライブペインティングでTシャツにぽっぴんたろうを描いていただけて嬉しかったです。描いている様子が、ぽっぴんたろうがそこにあらかじめ隠れているのが見えていて、それをなぞってカタチにしてあげてるみたいに見えて、感激しました!
***
月別アーカイブ