2012年02月28日(火) 0時00分

日曜日は、ちんどん通信社@でこ姉妹舎でした。
すべてが見どころな、すごく贅沢なライブでした。ちんどん通信社のワンマンでのライブってあまり見る機会がないなあとは思っていたけれど、どうやら、こんな喫茶店みたいな小じんまりしたところでのワンマンライブは京都ではほぼ初めてだったようです。
これまで約2年半、月イチほどで店内ライブを開催してきましたが、初めて、商店街のおばあちゃん方にライブを見に来てもらえました。それも5人も!
ライブの途中で「ちんどん屋さんなんて見る機会ないやろし孫に見せてやっていいですか?」ってお孫さんを呼びに行ったおばあちゃんもいらしたり、お客さんでいらしてくれていたお米屋さんのおばあちゃんが終演後に「ちんどん屋さんの皆さんで食べてください」ってお米を一袋もってきてくださったりして、そういうことがひとつひとつ、とっても嬉しかったです。
でこ姉妹舎ではいろんなライブを開催していて、「こんな音楽です」「こんなライブです」ってことを言葉でなかなか説明しづらいけれど、見に来てもらえたら誰にでもたのしんでもらえるライブをと思っていて、でも、ふだんライブを見慣れていない人や、大きなホールでみんなで盛り上がるようなライブをライブだと思っている人や、ボーカルのない音楽はむずかしかったり高尚だと思っている人や、いろんな人がいて音楽の聴き方もいろいろなので、ライブに足を運んでもらうのはなかなかむずかしいのだけど、今回のちんどん通信社ライブは10代から70代まで老若男女いろんな人たちに来てもらえて、ああ私のやりたかったのはこういうライブだ!と思いました。


世界

2012年02月13日(月) 0時00分
男なんてクソつまんない。やだやだ。自分たちが劣った性だって気づこうともしない愚鈍なくせに、わかったようなふりしたりして、しょーもない。女の子は女の子なだけで素晴らしい。そこから世界が生まれる闇を一人一人が抱えているんだもの。かなわない。

仙台

2012年02月07日(火) 0時00分
被災して仙台から身ひとつで京都に来てそろそろ1年になる女の子と知り合って、オススメのライブがあったら教えてほしいと言われたので、梅田であった江州音頭と河内音頭にチンドンも混じった楽しいライブに誘いました。仙台から逃げて来たということは地震や津波じゃなくて原発事故が起こったことが理由なわけで、ライブの前に第2ビルのミクロでカレーを食べてミックスジュースを飲みながら、そのあたりの話をいろいろ聞かせてもらいました。友達ができると、それまで馴染みのなかった知らない場所のことがちょっとだけ身近になりますね。 仙台には去年の夏に行こうと思っていて行けなかったので、行きたいな。

3/4(日)坂本弘道ソロ@でこ姉妹舎

2012年02月05日(日) 0時00分
聞いてみるものだなあ。昨日の今日ですんなりと。
TAIYO33OSAKAのプレ祭りの翌日、3月4日の日曜日に、坂本弘道さんのソロライブ@でこ姉妹舎が決まりました。たっぷりがっつり完全ソロのライブです。
これを見たくて見たくて、関西で見られる機会がないものかしらと思いつづけてもう何年だろう。完全ソロです。夢みたい。興奮しています。このライブが見られたらもう死んでもいい。坂本さん大好き!
集客がんばらないと!

3/4(日)
坂本弘道ソロ@でこ姉妹舎
開場14:00/開演15:00
予約2500円/当日2800円(+ご飲食代)
http://deko.michikusa.jp/



坂本弘道(cello,musicalsaw,electronics)
エフェクターから鉛筆削りまで用い、果てはグラインダーで火花まで出す唯一無比のチェロ奏者。2008年3月木場公園・野外特設テントにおける ソロ公演では、演奏中にチェロを燃やすという前代未聞のパフォーマンスを敢行した。「パスカルズ」などのバンド活動、遠藤ミチロウ、UA、川上未映子、荒井良二ら多種多彩なアーティストとの共演、演劇、ダンス、映画への作曲、即興を主体としたセッション及びソロ、「三文オペラ」(演出:宮本亜門 09年シアターコクーン)、コクーン歌舞伎「盟三五大切」(演出:串田和美)など舞台での生演奏、音楽ドキュメンタリー映画「WeDon't Care About Music Anyway」(09年仏)に出演等々、神出鬼没の活動を国内外で展開中。代表的音源は1999年にリリースしたソロアルバム「零式」。2011年秋公開衝撃のアニメーション映画「緑子」(監督:黒坂圭太)では音楽監督を務め、そのサウンドトラックもまた大きな話題を呼んでいる。
http://sakamoto-hiromichi.com/

2/26

2012年02月03日(金) 0時00分
2002年9月14日ちんどん通信社+ふちがみとふなと@梅田ハードレイン。
あのライブは亡き妹の企画でしたが、あれから10年なんですね。
ちんどん通信社さんのライブをふたたび開催いたします。

日曜日の昼間に、チンドン屋さんを間近で見ませんか?たのしいですよ!
なかなかない機会です。是非いらしてください!
お待ちしています。


2/26(日)
ちんどん通信社ライブ@でこ姉妹舎

ちんどん通信社
 林幸治郎(トランペット、チンドン太鼓)
 小林信之介(クラリネット)
 ジャージ川口(バンジョー、ゴロス)
 仮屋崎郁子(アコーディオン、唄)

開場14:00/開演15:00
予約2200円/当日2500円(別途ご飲食代)

でこ姉妹舎
http://deko.michikusa.jp/
阪急京都線「西院」駅から徒歩10分。壬生のむかしながらの小さな商店街の中にある喫茶店です。
***
月別アーカイブ