フイゴベーカリー?

2008年07月30日(水) 0時00分
ふいごっち金子鉄心さんと藤沢祥衣さん)のお二人で、フイゴベーカリー。船戸さんの顔真似をする鉄心さんの芸の細かさは流石はおかげ様ブラザーズです。ふいごっち、今夜は陰陽の12周年ライブに出演です。見に行きたいなあ。行けるかなあ。

猫柳、フナトベーカリー、New残照スタジオ、などなど。

2008年07月28日(月) 0時00分
先週末は、磔磔PA萩野さんがペダルスティールを演奏するバンドPale Clouded Yellowsを見に行ったら磔磔の座敷で濱田くんと15年ぶりに再会しちゃって吃驚したり、でこ姉妹舎の近所にあるちっちゃなイベントスペースnecoyanagiを運営しているミュージシャンの石田直輝さんがいらしてくれたりした。ドイツのレーベルから発売される石田さんの3枚目のアルバム「light scaped the World?」を聴かせてもらったのだけど、とてもいい。以前に見たライブではステージ後ろの壁に映像を流しながら演奏されていたのだけど、音だけでのライブを見たいなあと思った。日曜は、新しい残照スタジオでの初撮影。温度の低い突き放したかんじの写真を撮ろうと思っていたのだけどエアコンの無い木造の2階は暑すぎてクールな写真は無理。それと日曜はもうひとつ。ふちがみとふなと「フナトベーカリー」の発売日でした。老若男女問わず楽しめる音楽です。日本全国どこのレコード屋さんでもお買い求めいただけます。おすすめです。名盤です。で、明日はふちふなのレコ発ライブの京都編、拾得。


酒井俊さん。遅い昼食。

2008年07月24日(木) 0時00分
昨夜は酒井俊さんのライブを見に行った。前回見たのは声が出なくて擦れ声でのライブで、今回がライブを見るの2度目だったのだけど、声が出ていようがいまいがそんなことはまったく関係なくて、ハプニングやアクシデントも含めてその日のステージ上の出来事ぜんぶを飲み込んで「酒井俊」の音楽にしちゃうのがすごいなあと思った。船戸さんのベースだからこそ、桜井さんがギターを弾かずにベースだけに曲を委ねちゃったりもできるのだろうし、そんな伴奏も「あり」として歌っちゃえる酒井さんだから、ライブが面白い。
ということを日記に書きかけていたら、酒井俊さんご本人から電話がかかってきて、でこ姉妹舎にいらしてくださった。わーい!
酒井さんのパワーはそれはそれは凄くて、酒井さんがいらっしゃる間、お客さんが次々にいらしてくれて、ひさしぶりに店が賑わったのでした。
昨日は桜井さんも店にいらしてくださったのです。わーい!


今日はドクロズのアルバム「遅い昼食」の発売日でした。ジャケット写真や他いろいろの写真を私が撮影しました。日本全国どこのレコード屋さんでもご購入いただけます。面白いアルバムです。聴いてみてください。どうぞよろしゅう。

檸檬で作った蜂蜜檸檬?

2008年07月22日(火) 0時00分
金曜と土曜は営業時間中に2階のプリンターをフル稼働させて店のDMにホームページとブログのアドレスを印刷して、土曜の晩にポスティング。日曜は相方と食器を買いに出かけた帰りに山海さんとばったり会って、店に寄って花に水をやってから山海さんのライブを見に。帰ってからはまたポスティング。月曜の今日は厨房の排水溝を大掃除して花に水をやってアイス珈琲をつくって、相方がホラーを見たいと言うので「悪魔のいけにえ」と「SAW」と、それに「座頭市千両首」を借りて帰って3本続けて鑑賞したらくたくた。明日は酒井俊さんと桜井さんと船戸さんのライブに行く予定。


山海さん

2008年07月21日(月) 0時00分
山海さんのライブを見るのは4年ぶりかしら5年ぶりかしら。以前はギタリストが歌ってるってかんじだったのがすっかりボーカリストになって、声が歌っている。山海さんは歌声が悲しくて、よい。顔も悲しくて、よい。歌い終えてしまうのが切なくて、長い長いリフレインをいつまでも聴いていたくなる。

お出かけ中年七分袖

2008年07月20日(日) 0時00分

お出かけ中年七分袖って可愛いな。お出かけ用なんだな。おっちゃんおばちゃんたちの会話を聞いていると可愛い語彙にたくさん出会える。「じゃがいものカリカリの煎餅あるやろ」「ああ、ポテトチップなあ」というおばあちゃんたちの会話が素晴らしすぎて、忘れちゃいけないと思って珈琲を淹れながらメモをとっちゃったし、おっちゃんが「最近は喫茶店もオートバックスくらいしか流行ってないしなあ」と話すのを聞いたときは話しぶりがスマートなもんだから、それがスターバックスの言い間違えだとすぐには気づけなかったもん。
昨夜は相方と三男と行きずりののののの嬢とでふちふなのライブを見に行った。欧州ツアーからの帰国後初ライブで新譜の初売りライブで超満員。「七夕にて」が聴けてよかった。
そして、今夜は店の近所を歩きまわってアパートやマンションにDMをポスティング。こんなところにこんな店があるんだよーってことを知ってもらうために出来ることは地道なポスティングしか思いつかないざんす。ほとんどは見られずに捨てられるのだろうし、それにオートロックでポスティング不可のマンションが多いし、期待薄だけど。この商店街のお店の方々は60歳代後半〜70歳代で後継者もいなさそうだから、あと5年もしたら今のままじゃ商店街自体が無くなっちゃうかもしれないし、それまでに商店街に「外からの人」を呼び込まないとね。路地裏をうろうろすると面白いものにいろいろと出会えます。夜の散歩をしないかね。

看板、歌声喫茶、フナトベーカリー。

2008年07月17日(木) 0時00分

ユイコック嬢にイラストを描いてもらった新しい看板が出来上がった。商店街の婦人会から歌声喫茶の相談があって、9月から毎月第1土曜の晩は歌声喫茶をすることになった。歌声喫茶ってどんなことをするんだろう。面白そうだ。今日はモーニングを食べにいらしてくれた渕上さんに明日のCD初売りライブでのでこ姉妹舎DMの配布をおねがいした。明日は、ふちがみとふなと結成18年目?の6枚目のアルバム「フナトベーカリー」のライブ会場での初売りの日。たのしみ。店頭発売は7/27です。


CDのジャケットはオープン2日前のでこ姉妹舎のカウンターで撮影しました。

七夕

2008年07月07日(月) 0時00分
七夕です。土曜日に店の入り口に笹をかざってお客さんに短冊を書いてもらいました。



店のヒメミコトにカレーとラムをお供えしました。

二度目の七夕

2008年07月04日(金) 0時00分
来週の月曜は妹がいなくなってから2度目の七夕。去年は米子でふちがみとふなとのライブを催したけれど今年はとくに何もする予定はありません。七夕には妹が大好きだったカレーを食べようと思っています。妹は入院中ずっと、はやくよくなってカレーを食べたいなあと言っていて、死ぬ前の最後の最後にどうやらカレーを食べた夢を見たらしく、家族にお別れを言ってくれた最後に「みんなにも会えたし最後にカレーも食べれたし、しあわせだったよ」と言って昏睡した。あの七夕以来、父と母は妹のいなくなった日の7日と生まれた日の21日はカレーの日と決めて、毎月7日と21日にはカレーを食べているらしい。私はそこまではしていないけれども、でこ姉妹舎の看板メニューをカレーにしているのは、そんな理由です。七夕が近いので、店のBGMに妹が好きだった音楽を多めにかけようと思う。昨日は太田惠資さん特集にしてみたのです。

去年の七夕は、とうめいロボさんの1stアルバム「otete」が発売された日です。その当時は私はとうめいロボさんの存在を知らなかったので、上に書いたこととはまったく無関係なのだけれども、私が米子でふちふなライブを催した同じ日に、まったく関係の無い別のところで、こんな素晴らしい音が生まれていたんだなあと後で知って、うれしく思ったのです。とうめいロボさんのことは、見に行ったライブの対バンでたまたま見て初めて知って、最初の音を聴いて、この人はほんとのさびしいことを経験したから歌っているのかな?と思ったのです。(ほんとのところは知らないし、知らなくてよいけれど。)そのライブの日にアルバムを買って聴いて、アルバムの最後に収められた「てがみ」という曲のやさしさに、この人と出会えてよかったなあと思ったのです。
***
月別アーカイブ