イベント後はメンタルが傷だらけなので

2018年05月16日(水) 5時00分
「京都どうでした?盛況でした?」と挨拶されるたびに腹の中で「あなたが来ずにいて盛況なわけないだろ」と返している。毎度毎度のこと。(イベント後はメンタルが傷だらけなので予防線を張っておく意味での投稿です。)

縄とサキソフォンと私

2018年03月16日(金) 12時00分



よしこさんの公演もいいけど大本命はこちらです。
5/11(金)京都・拾得にて『縄とサキソフォンと私』を開催します。ストリッパー御前珠里さんのパフォーマンスを京都でも観たいと思って企画しました。次に繋げたい、これが初回です。初回は二度とありません。目撃してください。

「縄とサキソフォンと私」特設ページ

2018年03月16日(金) 0時00分


あたしよしこさんの法然院公演のチラシが届いたので明日から配り歩きます。このチラシ、私としては「あちゃ〜、よしこさんごめんなさい」ってかんじで、きっと画像加工をしなくちゃ使えない寫眞ばかりだったのだろう。昨年も一昨年も、よしこさんがどういう画を求めているのかが何も説明してもらわなくてもパッとわかって、撮影していてちゃんと撮れている実感があったのだけど、今年はいくら撮り進めてもイメージがぼんやりしたままで掴めなくて枚数だけやたら多く撮ってしまっていたのです。公演は今年も凄いはず。兎に角、あたしよしこさんの脳想パフォーマンスは凄い。法然院の公演は毎年とりわけ凄い。観るべし。

新宿

2018年03月04日(日) 0時00分







今回の東京旅行は、吉増剛造さんを生で観たかったんです。新宿ピットインに行くのは16年ぶり。中央最前列で観ました。もうめちゃめちゃめちゃめちゃかっこよくて涙が出ました。観れてよかった。90年代初頭に荒木経惟さんの作品や言葉から寫眞を学ぼうとしていた若かりし頃に吉増剛造さんの詩も読みました。また読み返してみます。すごかった。

縄とサキソフォンと私

2018年02月28日(水) 0時00分
御前珠里さんのパフォーマンスを関西でも観たいなあと思って(私が)どこで観たいだろうかと考えたら拾得でした。
ストリッパーとはドサ回りの踊り子を指すのなら、巡業をせずストリップ劇場以外の場に活路を求める御前珠里さんは異端のストリッパーです。
老舗ライブハウス(今年で45周年!)拾得のステージに初めて立つ御前珠里さんをエスコートするのはテナーサックスの登敬三さん。
登敬三さんは、骨の髄までジャズでありながら狭義のジャズを軽々と越境する、めっぽう艶っぽいテナーサックスの関西の至宝です。
「縄とサキソフォンと私」の「私」を担当する野中比喩さんは、どうしたって既存の枠からはみ出してしまうかんじが私には御前珠里さんと近いように思えて、それで出演をおねがいしました。
近いのか異なるのか皆さまはどうお感じになるか当日が楽しみです。
5/11(金)「縄とサキソフォンと私」@京都・拾得


大阪のバンドを名古屋で。

2018年02月11日(日) 0時00分
鞴座を観るのは京都の店の柿落しで演奏していただいて以来かもしれない。メンバーが変わると音も違って面白い。岡部さんのパートも兼ねる藤沢さんのアコーディオンがバッキバキで気持ちよかったです。

生シーナ&ロケッツ初体験。

2018年02月03日(土) 0時00分
めちゃめちゃよかった。めちゃめちゃ気持ちよかった。すごいバンド!


登さん

2018年01月25日(木) 0時00分
雪が心配したほどではなくて車で京都まで。芳垣さんと不破さんで登さんなんてめちゃめちゃ最高な面子で、私がいちばん聴きたい登さんのど真ん中をたっぷりと聴けました。行ってよかった。

河村さん

2017年12月05日(火) 0時00分
河村さんのたっぷり3時間強のレコ発ライブ。主役で歌うだけでなくゲストミュージシャンの脇に回る河村さんの演奏も聴けて盛り沢山。こんな見せ方のライブができるのは河村さんだけだよなあと思う。



対価に差がある理由が納得できないイベントを私は楽しめない。

2017年10月18日(水) 1時07分
行きたいなと思っていたけど学生無料と書かれてあったので冷めてしまい行くのをやめることにした。いいと思ったものに対価を払うということを分からない人とは私は同じ場を共有できないから、居心地の悪いライブには行きたくない。
***
月別アーカイブ