ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2018年06月 | Main | 2018年04月»
5月「肉の日@フィレンツェ・ピッツェリア編」告知 / 2018年05月24日(木)
4月の報告に続き、5月肉の日のお誘いです。

今月は、フィレンツェ在住の友人が「あそこのピッツェリアでは肉の日やらないのー?」と言う一言で決定しました。
件名通り、「肉の日@ピッツェリア」やっちゃいます。

お店は市内の北部、中心部から少し離れたPizzeria Don FEFE`(ドン・フェフェ)です。


※写真はイメージです


お店は最近人気のお店で、いつも人だかりです。
お肉が乗ったピッツァがあれば、もちろん頼んじゃいますよー!

では、詳細です。



日にち:5月29日(火)
時間:19:30
場所:Don FEFE`(ドン・フェフェ)
住所:Via Giuseppe la Farina, 29 Firenze
お申込み期限:5月27日(日) 19:00まで(イタリア時間)
※ただし、定員になり次第締め切らせて頂きます。
お問い合わせ・申込み先:
info@italia20.jp 又は 「肉の日」のFB



締め切りまで、あまり時間がありません。
ご希望の方は、お早めにご連絡ください。

お待ちしております〜

スタッフ一同

じゃ、クリックしてみようか?!


 
Posted at 22:10 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
4月「肉の日@フィレンツェ編」報告 / 2018年05月24日(木)
お待たせいたしました。
4月の肉の日報告ブログです。

今回はフィレンツェの旧市街の少し西側にあるPentola dell'Oro (ペントラ・ドーロ)にて実施しました。
このお店、以前はルネッサンス風・フィレンツェ料理などが名物のお店でしたが、現在は運営が代わって、普通のフィレンツェ・メニューも楽しめます。
一部、かつての特殊なメニューもあるようですが、今回はあまり内容は気にしないで楽しみました
ちなみに、こちらのお店は季節の野菜に合わせてちょくちょくメニューが代わるそうです。


お店は、ちょっぴり奥まった住宅地にあります。
静かな通りに、お店の明かりがひときわ目立ちます。

案内された席は地下の席でした。
さあて、いつも通りスパークリングワインで乾杯して、肉の日スタートです。

まずは前菜。
フィレンツェ名物コッコリと生ハム、それにPorrea dei Frati (ポッレア・デイ・フラーティ)と呼ばれる長ネギを使った修道士のタルトです。
このタルトは中世を感じさせますね。
長ネギベースのフランにソースがかかります。


そして、ワインで有名なキャンティ風のツナ
海のない山のエリアであるキャンティ地方で、ツナを模して考えられた料理です。
豚肉を茹でてマリネしてあります。
今回は玉ねぎのスライスが載せられていて、一緒に楽しみました。


さ、ここからいよいよ肉料理本番です。
まずは手で楽しめるフリットです。
今回はウサギと仔牛の脳みそのフリットです。
レモンを搾れば、一つ、また一つ、と手が止まりません。
ワインも赤ワインに移り、相性も良く食事が進みます。


続いては、やっぱりフィレンツェ名物「アリスタ」です。
通常は骨付きで、じっくりオーブンで焼き上げるのが一般的なスタイル。
こちらではお肉をくるりと巻いて、間にハーブ・スパイスをはさんで、丸い形で焼き上げます。
ハーブの香りと塩加減が楽しいお料理でした。


そしてメインのビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ、フィレンツェ風T ボーンステーキです。
今回は14.5人の参加で1.5キロを2皿お願いしました。
中心に赤味も残り、良い感じです。
やっぱりビステッカはAl Sangue (レア―)が柔らかくて好みです。
付け合わせに白いんげんとジャガイモ、いかにもフィレンツェです。


先にも書きましたが4か月の赤ちゃんも参加です。
最年少参加の記録更新となりました。
いつも肉の日に参加してくださるルチアーノと陽子さんのお子さんのヴィンチェンツォ君(4か月)が参加してくださいました。
一気に肉の日最低年齢記録です!
ルチアーノと陽子さんもこの記録を狙っていたとのことで、こんな風に肉の日を楽しんでもらえて、嬉しいですね〜

陽子さん、「せっかくだから、みんなに抱っこしてもらいなさーい」と参加者みんなに抱っこしてもらいました。
ちっとも泣かないヴィンチェンツォ君、えらいです!

写真はフィレンツェ在住でオペラ歌手の斉藤紘子さんの抱っこ風景
横に写っているいるのがお母さんの陽子さん。
この日もオペラの仕事の合間に参加してくださいました。

ちなみに彼女が出演するオペラは以下のサイトをご参照ください。
Italian Opera Firenze Santa Monaca Church
Opera in the Kitchen


と、和気あいあいとした時間を過ごした後は、締めのパスタです。
肉の日恒例の締めのパスタ、ニンニクたっぷり、トマトのスパゲッティ・アリオーネです。
ニンニクもそれほど強くなく、やっぱり良かったなぁ。


デザートは希望者各々で!
ティラミス、ビターチョコレートのケーキ、ヴィン・サントとビスコッティが人気でした。


最後にヴィンチェンツォも一緒に記念撮影!
次回、5月肉の日も開催です。
このブログに引き続き、すぐに告知予定ですのでよろしくお願いします。

スタッフ一同

イエス・肉の日、イエス・クリック


 
Posted at 03:10 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.