ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2018年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2018年04月 | Main | 2018年02月»
3月「肉の日@フィレンツェ編」 / 2018年03月20日(火)
※今回の肉の日は定員に達したため受付を終了いたしました。
次回のご参加をお待ちしております。


気が付けば、肉の日ネタばかりのブログになっているペルバッコ・フォト・ブログです。
早くも3月の終わりが近づいてきました。
ですので、肉の日告知です!

今回はフィレンツェで通常開催です。
場所も過去に何度か開催している名店「Trattoria da Ruggero (トラットリア・ダ・ルッジェロ)」です。

私達にとっても日本からのお客様と出かけることの最も多いレストランの一つです。
今回も日本からの参加者のご希望で、こちらでの開催となりました。

言わずと知れたこのレストランの楽しみは「季節の野菜を使った前菜」、「ピリ辛トマトのスパゲティ・カレッティエラ」、「美味しいお肉料理」と、とにかく何を食べても外れなし
日本で活躍するコックさんも、このレストランを目当てにフィレンツェに来られる方も大勢います。

そんなルッジェロでの過去の開催の様子は以下のページからご覧ください。

1回目ルッジェロ・肉の日 (2009年3月)
2回目ルッジェロ・肉の日 (2010年3月)
3回目ルッジェロ・肉の日 (2014年2月9日)

今回は通常よりも少なめの人数(10名前後)の定員となっています。
フィレンツェ外から興味津々で参戦希望の方、Ruggero欠乏症のフィレンツェ在住の方、早めのご連絡お待ちします。

詳細

場所:Trattoria da Ruggero(トラットリア・ダ・ルッジェロ)
日時:3月29日(木)
   21時15分→通常より遅めの開始となっております。
( Via Senese, 89/R, 50124 Firenze FI)
申込先:定員に達したため締め切りました。
info@italia20.jp 又は「肉の日」のFB
※ご参加ご希望の方は参加人数とあわせてお知らせ下さい、定員になり次第、締め切らせていただきます



原則的に現地集合とさせて頂きますが、場所が分からない方はご一報ください。
私達が市内を出発する時間と場所をお知らせいたします。

では、皆様のご参加をお待ちしておりまーす!!

スタッフ一同

クニックよろしく〜
   


 
Posted at 23:00 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
2018年1月「肉の日〜東京編〜」報告 / 2018年03月17日(土)
2017年12月の「肉の日」に続き、2018年1月のご報告を。
毎年1月は日本にいるので、今年最初の「肉の日」は東京で開催しました。

場所は、「肉の日」名誉顧問のお店、
錦糸町にあるSan Jacopino(サン・ヤコピーノ)

2015年11月11日にオープンして以来、オーナーシェフの元吉賢一さんが、

「肉の日、やりましょうよ。」

と言ってくれていて、ようやくそれが実現出来た回となりました。

こちらがスタッフの皆さん。
左から、カメリエーレのジュンちゃん、真ん中はシェフ賢ちゃん、一番右はシェフのおば様のあっこさん
このシェフはね〜、いつも変顔をするのです、はい。



準備をしようと参加者の皆さんより一足早くお店に着くと、各席のお皿の上に今日のメニューが用意されていました。
左端には、ジュンちゃんが書いたシェフの似顔絵と一言メッセージが
1枚1枚ジュンちゃんが書いてくれたもので、メッセ―ジも全部違うのです。
このメッセージがこの後、とても重要なものに・・・。



この日頂いたのは・・・
Affettati Misti(生ハム・サラミの盛り合わせ)
Crostini di Fegato(鶏レバーのクロスティーニ)



Insalata di Pollo(大山鶏のサラダ仕立て)
Fegatelli(豚レバーの網脂包み焼き)



Salsiccia Mini(自家製ミニサルシッチャ)
Polettine di cinghiale(熊本県産 猪のポルペッティーネ)
Lampredotto(ランプレドット)



既にこんなにもお肉があるのに、これらはまだ前菜です。
さすが名誉顧問、「肉の日」を良く分かっています。

沢山の前菜を頂いた後に、いよいよセコンドへ。
そう、プリモは後です。
これもちゃんと名誉顧問、分かっています。

Peposo di Cervo(熊本県産 野鹿のペポーゾ)



そして、出ました
Bistecca alla Fiorentina(フィレンツェ風 Tボーンステーキ)
これが4人で1枚、約1キロ
このお肉、甘みもあってとても美味しかったです。



付け合わせは、
Insalada di Mista(ミックスサラダ)
Insalada di Puntarella(プンタレッラのサラダ)

そう、ちゃんと野菜も食べないとね。
日本でプンタレッラも食べられるんですね〜。



ビステッカはどのテーブルもペロリと綺麗に平らげ、〆のパスタへと突入です。
どんだけ食べるのか・・・。



シェフ、「おら〜おら〜」と言わんばかりに〆のSpaghetti alla Carettiera(カレッティエーラ)を用意中。
何かにとりつかれたかのような表情。



甘い物は別腹ならぬ、パスタは別腹。
これもペロリと平らげ、まだ食べられるという声もちらほらと。



たくましい皆様。

ドルチェの前にここで「肉の日」初 おそらく初のプレゼント企画を。
最初は、このブログの最初に書いたあのメニューの一言メッセージです。
「Sei fortuna!」(英語で言うとYou are lucky.)と書いてある人が当たりということで、お店から発泡性のワインがプレゼントされました。

その次はじゃんけん大会です。
シェフ、私・宮崎と皆様がジャンケンをし、最後まで勝ち残った方に、パスタや弊社(株)バッキーノが毎年作っているペルバッコカレンダーをプレゼントしました。



この企画はシェフとジュンちゃんが考えてくれたもので、童心に返った感じで楽しかったです。
またやりたいですね、こういう面白企画。
シェフ、ジュンちゃん、ありがとう。

最後にデザート、コーヒーを頂いて、お店満席状態の20名で開催した「肉の日〜東京編〜」もそろそろお開きです。
日本で開催する時はいつものことなのですが、今回もキャンセル待ちの方が6名程出てしまい、希望して下さった全員の方と時間を共にすることは出来ませんでしたが、毎月29日はイタリア又は日本で開催しておりますので、また機会がありましたらぜひご参加下さい。

今回の席を獲得した皆様はこちら。
どうもありがとうございました



参加者で「Sei fortuna!」のメニューでプレゼントを獲得したAndyさんが書いているブログにも「肉の日」が登場しています。
ここをクリック


3月の「肉の日」は約2週間後。
場所はフィレンツェのトラットリアです。
時間は今回遅めの21:15から。
来週早々にはお知らせ致しますので、ご興味ある方はぜひご連絡下さい。

宮崎

今週末もニク肉クリックありがとございます


 
Posted at 00:50 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
2017年12月「肉の日〜忘年会バージョン〜」報告 / 2018年03月14日(水)
おっと、まだ2017年12月の「肉の日」の報告をしていないと気付き、慌てている私。

昨年もしっかりと肉で1年を〆させて頂きました。

会場となったのは、弊社のオフィスからほど近いOsteria Caffe‘ Italiano(オステリア・カッフェ・イタリアーノ)
クリスマスから年末年始にかけての時期だったため、店内はいつもよりもキラキラとデコレーションが賑やかでした。


この時期だけでなく、年中ガラスケースに並べられたお肉達もいて、肉がテーマの今宵にはとてもピッタリな場所。



12月は毎年忘年会バージョンにしているので、いつも参加してくれるメンバーの他にもイタリア人のご主人やお子さんもいて、「お〜、久しぶり〜」感があります。
今回のメンバーはこちら。



この中で5名は今年2018年でキリのいいイタリア在住20年
これはこれでお祝いをしないとと完全部外者の私は勝手に盛り上がっております。

話がそれました。

この日頂いたのは

前菜:
Tagliere di Salumi di Cintan Senese
(チンタ・セネーゼのサルーミの盛り合わせ)
La Battura di Chianina al Coltello
(キアーナ牛のバットゥータ・肉を包丁で叩いたもの・細かく切ったもの)



開始早々、にく・ニク
バットゥータは、機械で細かく切ったのではなくal Coltello=包丁で細かくしたというところがポイントです。
完全に細かくならず、肉の感じが残っているのです。
盛り合わせの真ん中にある白いもの。
これはラード(脂身)
しっかりとした塩味の中にハーブの味わいもあり、美味しいのです。
赤ワインのお供に最高です。

このレストランはピッツェリアも併設しているので、いつもとは違う忘年会バーションということで、ピッツァも頼んでみました。
ピッツァはビステッカ同様、家庭で簡単に美味しい物を食べられるわけではないので、あると食べたくなるんですよね〜。



メインは2品
Le Polpette di Chianina
(キアーナ牛のミートボール)
Bistecca alla Fiorentina
(フィレンツェ風Tボーンステーキ、ビステッカ)



ビステッカは焼く前に、きちんと重さと値段が書かれた紙を持ってきてくれて、

「こちらでいいですか

と確認がありました。

こういうことをしてくれるお店としないお店の2つのパターンがありますね。
ビステッカは日本に比べるともちろんかなりお安いとは思いますが、例えばこのオステリア・カッフェ・イタリアーノでは1kg55ユーロで、料理の値段としては安価ではないので最初にきちんと値段を見せてくれるのは安心しますね。

焼いたお肉はそのままテーブルにサービスされ、その場でカメリエーレの女性が切ってくれました。
2枚のお肉を9人で美味しく頂きました。




付け合わせの野菜も2品、希望者はデザートも注文して2017年の「肉の日」もお開きからの二次会へ

二次会は行きつけのCibreo` Cafe`(チブレオ・カフェ)
二次会を一番楽しみにしているのは、最年少の中学生の女の子
もちろん保護者付きでの参加です。

年齢、性別、職業関係なく、こうしてみんなで楽しめるのはいいですね〜。

今年も「肉の日」やってます&やりますよ〜。

宮崎

肉肉クリックありがとうございます。


 
Posted at 00:45 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
3月1日雪での始まり / 2018年03月02日(金)
3月になり、「もう春かな〜。と思っていましたが、いやいやフィレンツェ他、多くの町はでの始まりとなりました。

友人が
「見て〜。こんなに白くなってる〜。」
と送ってくれたのは、フィレンツェのPorta Romana(ローマ門)近くでの1枚。



この友人のご両親はプーリアのOstuni(オストゥーニ)出身で、数日前はオストゥーニも見事に雪化粧になったんだそうです。
綺麗ですね。



こんな寒い中での3月スタートとなりました。
今月のペルバッコカレンダーは、Gnocchi(ニョッキ)です。



美味しい物を食べて体を温めましょう。

宮崎

今月もポチッとありがとうございます



 
Posted at 01:40 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.