ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2017年12月 | Main | 2017年10月»
2018年ペルバッコオリジナルカレンダー / 2017年11月23日(木)
今年も作りました
「2018年ペルバッコオリジナルカレンダー」

昨年に続きペルバッコスタッフの写真だけではなく、皆さまからイタリアに関する写真を募集し、2018年は夏の雰囲気が良く出ている1枚にいたしました。

どなたの作品がカレンダーになったのか、各月の写真、そしてお申込みに関しては下記ペルバッコサイトをご覧下さい。

2018年カレンダーご案内ページ

表紙は定番のドゥオモ、2018年は夜景にしました。

こちらが表紙です。


今年も私・宮崎が撮りました。
実際にカレンダーを使い始めると、表紙は年間を通じであまり見ることがないのですが、私は毎年この1枚にかけております
既に頭の中は2019年版はどこからドゥオモを攻めようか考えております。

その他、風景、建物、人物、食べ物など、イタリアをいろいろな角度からお楽しみ頂ける写真を選びました。

今回も作成料・送料など、実費(1,600円)を負担していただける方に限定で提供いたします。
年内到着ご希望の方は12月4日(月)までにお知らせ下さい。
ご連絡先info@perbacco.jp

2018年1月になってからの到着でもよろしければ、12月22日(金)を締め切りとさせて頂きます。
ただし、数に限りがございますのでお早めにお知らせ下さい。

2018年も是非ともペルバッコカレンダーと共にお過ごし下さい。

宮崎

2018年カレンダークリック、ありがとうございます



 
Posted at 01:00 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
10月「肉の日〜遠足バージョン〜」報告 / 2017年11月21日(火)
10月「肉の日〜遠足バージョン〜」の報告です。

2016年はたったの2回でしたが、2017年は10月も含めなんと4回も「肉の日」が週末(土・日曜日)にかかり、フィレンツェ市内以外の開催となりました。
1月→東京
4月→ヴェネツィア
7月→フィエーゾレ


10月は電車に乗ってBologna(ボローニャ)へと行ってきました。
Trenitalia(トレニターリア)のFrecciarossa(フレッチャロッサ)やItalo(イタロ)のいわゆる高速電車に乗ると、フィレンツェから約30分で行けるのですが、

「慌てることはない、ゆっくり行こう

ということで、フィレンツェからボローニャまでの間に数駅停まるRegionale(レジョナーレ)でのんびりと行きました。

ボローニャと言えば、この2本の斜塔(アジネッリの塔、ガリゼンダの塔)や町の中心のPiazza Maggiore(マッジョーレ広場)Basilica di San Petronio(サン・ペトローニオ聖堂)が有名ですが、



このPortici(ポルティチ:回廊)もボローニャならではの光景です。
雨の日にとても重宝するポルティチの長さは市内中心だけで約40Kmにもなるそうです。



せっかくボローニャまで来たので、「肉の日」の前に簡単に市内散策をしました。
完全お上りさんで、サン・ペトローニオ聖堂の前で1枚記念写真。
ここに写っているのは全員女性ですが、現地集合でまだ3名の男性がいるので女子会ではありません。



サン・ペトローニオ聖堂を背にして右側のエリア、Via Pescherie Vecchie(ペスケリエ・ヴェッキエ通り)周辺

これぞエミリア・ロマーニャ州の食だ

と言わんばかりの食材が並ぶお店があり、見ているだけでもワクワクします。





「お昼の前に一杯飲んじゃう

なんて話をしながら目的地のRistorante Donatello(リストランテ・ドナテッロ)へと到着しました。

このレストランは、「肉の日」にもよく参加してくれるフィレンツェ在の友人がお勧めをしてくれました。
この友人、オペラ関係の仕事で以前よくこのレストランに来たそうで、それを裏付けるかのように壁にびっしりとオペラ歌手や有名人の写真が飾ってありました。
リバティ様式の店内も素敵です。



入ってすぐの部屋の右奥にはあのLuciano Pavarotti(ルチアーノ・パヴァロッティ)氏の写真とサインがありました。



私達の席は小部屋に用意され、いつもの「肉の日」とはちょっと違うエレガントな雰囲気の中で始まりました。
沢山の写真に囲まれながら乾杯用に頼んだのは、発泡性のLambrusco(ランブルスコ)
エミリア・ロマーニャに来たからにはね〜。



今回の参加者は子供2名を含む14名だったので、事前にお店のシニョーラ・カティアさんと相談をしてある程度メニューを決めておきました。

前菜は、Antipasti Emiliani(エミリアのハムやサラミ類の盛り合わせ)
パルマの生ハム、モルタデッラ、サラーメ・ローザ、サラーメ、パルミジャーノ・レッジャーノ。
サラーメ・ローザ、美味しかったな〜。



ここで友人お勧めのプリモ、Passatelli(パッサテッリ)を注文しました。
これは、卵、パン粉、パルミジャーノ・レッジャーノチーズ、ナツメグなどの香辛料をよく混ぜて、ところてんのようにギュッと型から押し出したものをブロードと共に頂く一品です。
少し寒くなってきた今頃から冬に最適なお料理です。
その土地のものを頂くのも「肉の日〜遠足バージョン〜」の楽しみの1つでもあります。



お肉がメインのセコンド、まずはこちらのCotoletta alla Bolognese(ボローニャ風コトレッタ)
1枚がこのレストランの1人前の量なのですが、チーズたっぷりでかなり食べ応えある料理なので、

「前菜とパッサテッリ、セコンド数品食べるのであれば、コトレッタは数人で1人前を食べるのがちょうどいいわよ。」

とカティアさんからアドバイスを頂き、少量での注文となりました。
確かにこれを1枚食べたらもう他には入りません。



その他、
左:Straccetti di Manzo Rucola e Parmigiano
(牛肉のストラッチェッティ、ルーコラとパルミジャーノ添え)


右:Tagliata di Manzo alla Robespierre
(牛肉のタリアータ、ロベスピエール風)

ロベスピエールは、フランス革命時代の政治家・革命指導者で一時恐怖政治を行い、多くのを人達をギロチンで処刑し、最後自身もギロチンで処刑にあった人なんだそうです。
少し血がしたたる肉料理に彼の名前がついているのは・・・。
どこかでこのロベスピエール風を見かけたら、いろいろと想像しながらまた頼んでしまいそうです。



14名のうち3名は日本から、1名はトレンティーノ・アルト・アディジェ州のボルツァーノからの参加で、久しぶりの再会を果たし、ワイワイガヤガヤと日曜日の昼を過ごしました。



今月11月は「イイ肉の日」なのですが、私達スタッフが出張でフィレンツェ不在となるため、お休みとさせて頂きます。

2017年最後の「肉の日」は12月29日忘年会バージョンです。
どこで開催しようかな〜と現在検討中。

決まり次第お知らせ致しますので、皆さま是非ご参加下さい。
11月の分までしっかり食べましょう。

宮崎

今月も肉ニククリックありがとうございます。


 
Posted at 23:50 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.