ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2017年07月 | Main | 2017年05月»
6月「無肉の日」のお知らせ / 2017年06月23日(金)
毎月毎月を食べていますが、今月は年に一度の肉なしの日、そう「無肉の日」

「無肉の日」も今年で5回目を迎えます。
ということは、5年目
なんだかアッという間ですね〜。

今回は、安くて美味しいVIVO(ヴィーヴォ)のフィレンツェ店にて開催致します。



3年程前からフィレンツェに安価で気軽に楽しめるシーフードのお店が増えてきて、VIVOはその気軽なお店の1つです。
かなり広い店内で席数もあるのですが、人気店なので予約をしないとなかなか入れず、当日予約はほぼほぼ無理。

「無肉の日」のために数週間前から10席以上確保しておりますので、まだ行ったことない方、また行きたかったという方、この機会に是非

詳細はこちらです。

●日にち6月29日(木) 
●時間:20:00
●場所:VIVO フィレンツェ店

●お申込み・お問い合わせ先:
info@italia20.jp
「肉の日」のFacebookページ

●お申込み締め切り:6月28日(水) 
イタリア時間の12時まで

ただし、定員になり次第、締め切らせて頂きます。

肉を食べるほどの食欲がなくなるくらい暑い暑い夏。
生もの、シーフードでしっかり栄養を取りましょう。
(ん やっぱりしっかり食べるのね。 はい、食べます。

すでにちょうどこの時期に日本からフィレンツェにいらっしゃる方々からもお問い合わせを頂いております。
早い者勝ちですので、お早めにご連絡をお待ちしております。

宮崎

シーフードクリックありがとうございます
(写真は肉だけどね〜。 突っ込み多い今回のお知らせ。)






 
Posted at 00:00 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
Pienzaのチーズ工房 / 2017年06月22日(木)
昨年の秋に初めて訪れ、今年の春に再訪問した世界遺産の町Pienza(ピエンツァ)近郊にあるチーズ工房
ピエンツァと言えば、羊乳のチーズPecorino(ペコリーノ)ですね。

チーズの販売の他、料理教室、ピッツァ教室、チーズが出来るまでのデモンストレーションなどのコースがあり、最初に訪れた時には、デモンストレーションのコースを体験しました。

テーブルの上にコンロや網目の容器、温度計などを用意し、お鍋に羊乳を入れて温めます。



その後、植物性のレンニン(凝乳酵素)を入れてしばらくすると、羊乳が固まってきて、それをキューブ状に切れ目を入れたのがこちら。



それを丸めて・・・



網目状の容器に入れて、チーズの原型が出来上がり。



いろいろな形のチーズがあり、それぞれの熟成期間・熟成方法を経て、私達・消費者の元へとやってくるのです。



実際には、こんなざっくりとした説明ではなく、チーズの歴史やピエンツァのチーズの話や工程をもっと詳しく説明してくれ、なんだか歴史と理科の実験をした気分になり楽しかったです。

この春はお昼を食べにだけ行ったのですが、他の方々がピッツァ教室をしていて、外のキッチンで美味しそうなピッツァを焼いていました。



パリッとした生地のピッツァ、美味しそうでした〜。



2回共、チーズ工房の周りに広がるこんな風景を見ながら昼食を頂き、美味しいわ気持ちがいいわで、トスカーナの田舎を大満喫。





あ〜、好きだな〜、トスカーナの田舎。

宮崎

今週もポチッとクリックありがとうございます


 
Posted at 03:05 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
5月肉の日@フィレンツェ 報告 / 2017年06月17日(土)
2017年5月の肉の日の報告です。
宮崎が出張で欠席だったため、横田が担当いたしました。

今回は日本からのお客様も6名様もいらっしゃり、フィレンツェ在住組と合わせて総勢14名での開催となりました。
うちお一人は日本語がとても上手なイタリア人で、ごく普通に日本語での会話をされていました。

場所は昨年も一度、お世話になっているポンテ・ヴェッキオ近くのTrattoria 4 Leoni (クアットロ・レオーニ)でした。
席数も多いので、大人数でも安心して利用できる頼れるお店の一つです。


まずは前菜からスタートです。
トスカーナ風の前菜盛り合わせで静かにスタートです!
軽くウォーミングアップと言ったところでしょうか?


前菜をみんなで突っついていると、本日のメインのT ボーンステーキを、この日のテーブル担当のマイアさんが焼く前に見せてくれました。

肉の日の一つの醍醐味は、いろいろな料理を一度に楽しめることです。
この日は厚さ4〜5センチ、1.5キロのお肉を2枚、もちろん、この他にもお肉は注文済みです。


お肉に中断されましたが、前菜として頼んだサラダが続きます。
やはりお肉もおいしいですが、夏場のイタリアの野菜は色も味も濃さが違います

さて、お腹がお肉を迎える準備が整ってきました。
いざ、お肉料理のスタートです。


一皿目は鶏肉のタリアータ、グリルした鶏肉をスライスしたものです。
シンプルだけど、美味しい一品です。


そしてビステッカ(ステーキ)、きれいに焼きあがりました。
ビステッカの本場フィレンツェ風の焼き加減は、レア!が基本です。
切った時に肉汁がジョバーって出るくらいの焼き加減が理想です。
ご存知の通り、さしの入らない赤みのお肉なので、滴るのは旨みです!


焼いたお肉を、マイアさんが見事に切り分けてくれます。


さあ、召し上がれーーーーー!
お肉の中心部には赤みがしっかり残っています。


そして三皿目の肉料理、乳飲み仔豚のローストです。
ソースも絡まり、とっても柔らかく、お肉料理は大満足です。

肉の日ルール、パスタは最後(締め)に食べるべし!
ということで、「一口だけ、何か食べたーい!」と言う声が上がったので、夏らしくさっぱりパンツァネッラを頼みました。

パンツァネッラは固くなったパンを水で柔らかく戻し、夏野菜と和えたものです。
トスカーナのパンはすぐに、釘が打てるほど固くなってしまい、また塩が入っていないので、こんな風に再利用料理にも使えるのです

夏の暑い最中にもぴったり、お肉で満腹のお腹にもピッタリの一品です。

空腹がいったん満たされたところで、日本語がとっても上手なシモーネさんからお知らせがありました。
シモーネさんはピエモンテ州トリノの南西に位置するPiossasco (ピオッサスコ)という町で、日本文化を紹介しながら、日本人の奥様と日本食レストランをしているので、皆さん是非来てくださいねー!ということでした。

どうりで日本語がお上手だったわけですね。
FB ページはこちらです
inro & netsuke(Associazione Giapponese)
Le Petit Restaurant Japonais


そして世界の七不思議のひとつ、デザートは別腹タイムです。


デザートの説明を聞いていると、何となく満腹のはずのお腹でもデザート態勢になるから不思議です。
やっぱり本当にお腹って二つに分かれているんじゃないですかね?!

上のケーキが洋ナシとチョコレートのケーキ、下がチーズケーキです。


まだまだ続きます。
チョコレートのタルトにマスカルポーネクリーム添え、パンナコッタにフランボワーズのソース掛け

ふぅ〜、楽しい食事でした。
今月もたくさん食べました。
そして、沢山の方に会えました。


ありがとうございました。

さあ、今月6月は年に一度のお肉なしの「無(6)肉の日 魚料理バージョンです。
間もなく受付です、お楽しみに〜

よこた

たまにはクリックしてみたらどうだい?!

 
Posted at 01:50 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
友人が出演する「北見国際芸術祭」 / 2017年06月11日(日)
イタリアに住んでいる日本人の多くは何かを学ぶため来て、その後、学んだものを活かして活躍しています。
業種は様々で、料理人、ソムリエ、デザイン、建築、ジュエリー、芸術品の修復、(鞄・靴など)革職人、絵画、彫刻、通訳、翻訳、音楽、ファッションなど、それぞれの能力を各方面で発揮しています。

私達の大切な友人の斉藤紘子さんもそんな、学びそして発揮・活躍している1人です。

彼女はソプラノ歌手で、週に数回フィレンツェ市内でイタリアオペラを中心に歌っています。
時にはフィレンツェから離れ、シエナやその他の都市でも歌っています。

普段一緒にご飯を食べたり飲んだりする時はごく普通の、いや、かなり元気で明るい女性なのですが、衣装に着替えメイクをし音楽と共に歌う彼女は、いつも以上に迫力があり堂々とし、そして妖艶でもあります。



この斉藤紘子さん、6月23・24日に北海道の北見市で開催される北見国際芸術祭に参加することになりました。
この芸術祭に参加する方の殆どが北海道出身で、北海道パワーを感じられる2日間になると思います。

紘子さんが出演するのは6月23日のコンサート
5曲歌いなんと2曲はイタリア語、その他の3曲はフランス語、ドイツ語、英語なんだそうです。
4か国語で簡単な挨拶や自己紹介するくらいであればなんとか私でも出来ますが、歌詞を覚え歌うなんて・・・。
考える前にまず無理ですね。

6月23日、北見市在住の方、お近くにお住まいの方、北海道パワーを感じたい方、音楽好きな方、ぜひ足をお運び下さい。
6月24日のワークショップ・マスタークラスは聴講も募集しております。

北見国際芸術祭のFBはこちらです。ここをクリック




宮崎

紘子さん応援気持ちのついてにブログも応援
ここをポチッとお願いします。



 
Posted at 00:55 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
私の好きなバーカロ / 2017年06月02日(金)
GWにヴェネツィアへ行った際に立ち寄ったBacaro(バーカロ)
バーカロとは、Cicchetti/ Cicheti(おつまみ)を食べながら立ち飲み出来るヴェネツィア風オステリア(食べ処)です。

沢山あるバーカロの中でも私が好きな所(一部)を紹介致します。

歴史あるDo Mori(ド・モーリ)はもちろん、その他・・・

●Do Colonne(ド・コロンネ)


●Vecio Carbonera(ヴェーチョ・カルボネーラ)


●Ca d'Oro alla Vedova(カ・ドーロ・アッラ・ヴェドヴァ)




●Trattoria da Fiore(トラットリア・ダ・フィオーレ)


●Da Lele(ダ・レレ)


また行く機会があったら第2弾を紹介したいな〜。

宮崎

6月最初のクリック、ありがとうございます


 
Posted at 01:30 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.