ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2015年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2015年07月 | Main | 2015年05月»
6月「無肉の日」お知らせ / 2015年06月21日(日)
6月29日年に1回の「無肉の日」(ムニクの日)
この「無肉の日」は今年でちょうど3回目です。

今回の会場は、フィレンツェ市内からバスで15分くらいとのことにある、DA SETTIMO(ダ・セッティモ)
毎回、「無肉の日」で候補に挙がっていた所が、いよいよ登場です。
1975年創業なので今年はちょうど40周年、フィレンツェでも歴史あるシーフードレストランです。

お日にち迫っておりますが、参加希望の方、年に一度のシーフードを一緒に楽しみましょう。

「肉の日」の料金は大体40〜45ユーロですが、今月は50〜55ユーロにはなると予想しています。
シーフード料理は高いですからね・・・。
たまにはいいですよね、ねっ

詳細
●日にち:6月29日(月)
●時間:19:30
●場所:DA SETTIMO(ダ・セッティモ)
●行き方:SMN駅からATAF(市バス)の30・35番に乗り約20分
●待ち合わせ場所:
現地集合されない方は19:10頃チケットをご用意の上、Via degli Orti Orcellaiにあるバス停「Stazione San Benedetto」にご集合下さい
19:15頃のバスに乗ります。

●お申込み先:info@italia20.jp
●締切日:6月26日(金)までにお知らせ下さい


皆様のご参加をお待ちしております

魚サカナクリックありがとうございます


 
Posted at 19:25 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
5月「肉の日」報告 / 2015年06月17日(水)
日本は梅雨入りしましたが、フィレンツェはいっきに夏がきました
この前まで寒かったのに・・・
さすがイタリア、コロコロ陽気に変わるイタリア人の性格とそっくりですね
そんな気まぐれ気候の中、5月の「肉の日」はいつもの常連メンバーと、日本からの参加者、フィレンツェ在住の新メンバー、イタリア人、総勢12名で元気よくビステッカにカブりついてきました

今回の会場はサンタ・マリア・ノヴェッラ教会近くの「Belle Donne」
お料理もお店の雰囲気もいいこのお店。
ディレクターのジャチントさんはマッチョなのに、仕草がとてもお茶目
「エレガントなポーズで撮りますよ〜、はいチーズ」でこの一枚


撮った写真を見て、「まぁ!なかなかワタシいいじゃないのぉ〜とご満悦。
(ちょっと暗くてすみません。。。)
ちなみに「ジャチント」とはヒヤシンスという意味。
お店は地上・地下・テラスがあり、今回はディレクターチョイスの地下でワイワイしました。


「肉の日だからお魚以外を食べないとね。」と言いながら皆でメニューを決めていたら、
アンティパストはワタシに任せなさぁい」という事で、運ばれてきたアンティパストはタラの入ったサラダ店名が入ったホウレンソウのサラダトマトの上にリコッタチーズが乗ったサラダ


 

あれっ「肉の日」は魚介類を食べないお約束のはずが、、、
コラー!ヒヤシンス君!事前にお魚は食べないって話したでしょ〜!!
まぁ実際美味しかったので、今回は許しましょう
彼いわく「肉の日」常連メンバーと20年来の知り合いらしいのですが、本当のところは15年。
彼にとっては5年とか肉とか魚とかそんなちっちゃなこと気にしていられないのね

そしてプリモを飛ばしてセコンドへ。
今日のお楽しみ、ビステッカ!!ドドーン



赤身のお肉で脂分が少ないからペロリと食べれてしまいます
ちゃんと骨の周りもキレイに頂きました
その他ポルペッティーネ(肉団子)ゴルゴンゾーラとのタルタルがかかったお肉「Tartar scottata e salsa al gorgonzola」もペロリ。一瞬でお皿からお肉の姿が消えました




どの肉料理も美味しかったですが、ビステッカが食べたいという理由でフィレンツェに来た私にはやはりビステッカが一番美味しかった!一人であと1`は余裕でいけましたね

はい、お決まりのセコンドからのプリモへ。
ナスとベーコンのペンネベッレ・ドンネ特製のズッキーニとペコリーノチーズ入りピーチ



ピーチは日本のうどんのように太めのシエナ周辺のパスタ。
イタリアに来るまでピーチを食べた事がなかった私ですが、今はタリアテッレと並ぶぐらい大好き
コントルノグリーンピース。日本で食べる苦いものと違って甘めです。
日本のグリーンピース嫌いの子ども達はイタリアで克服できるかもしれませんね


最後はみんなが大好きなドルチェ
栗のパンナコッタチョコレートのパンナコッタティラミス、パイナップル



今回〖初めまして〗だったメンバーが、最後にはドルチェの食べ比べを一緒にするほど打ち解けていました
さすがは「肉の日」ビステッカがあれば何でもできる。1、2、3、だぁ〜

皆さんワイワイ楽しんでいましたが、中でも常連メンバーと新メンバーの女性陣が地下の空間が笑い声で埋まるぐらいの大盛り上がり。女子のチカラいと強し
後半は男性陣も負けじと大盛り上がり

楽しい時間はあっという間に過ぎて、そろそろお開きの時間。
帰る前にお決まりの集合写真を1枚パシャリ



ジャチントさん、最初は「皆でとるのぉ〜と困惑した表情を見せながら、結局ノリノリ
最初は緊張していらっしゃる方も、帰るころには笑顔いっぱいのこの1枚。
6月に向けて皆さんエネルギーチャージばっちり出来ました!

今回は来れなかった方も、次回はぜひご参加下さい
次回6月は、ななななんと「無肉(ムニク)の日」
という事で皆でお魚料理を食べに行きましょう!!
近日お店を発表しますね

5月もご参加ありがとうございました

吉田

肉肉クリックありがとうございます


 
Posted at 00:45 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
フィレンツェの眺め / 2015年06月02日(火)
フィレンツェが一望出来る場所の代表格は、ミケランジェロ広場
でも個人的に好きなのはミケランジェロ広場より更に上に位置するサン・ミニアート・アル・モンテ教会からの眺めです。

でもでも・・・、
今年9月27日までにフィレンツェにいらっしゃる方におすすめしたいのが、ベルヴェデーレ要塞(Forte di Belvedere)

ここは市内にある数多くの美術館・博物館のようにいつも開いているわけではなく、何かイベントがあると開くというなかなか入場出来る機会が少ない場所です。
今年は、9月27日までロンドン生まれのAntony Gormley氏の作品が展示されているので、作品とフィレンツェの眺めを楽しむことが出来るのです。

さて、ここまでどうに行くのか

その1:
ポンテ・ヴェッキオからひたすら坂を上って徒歩約30分。

その2:
ボーボリ庭園に入場し、そのまま庭園と要塞を結ぶ入り口から入場

その3:
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅からバスを利用して、途中トスカーナの風景を楽しみながら徒歩20分。
この行き方、結構おすすめです。

駅から12番のバスに約20分乗り、進行方向左手にPark Place Hotelの入り口を通り過ぎたらすぐに、降車ボタンを押しましょう。
降車停留所「Galilei03」

バスの進行方向左手にあるS.Leonardo(サン・レオナルド)通りをひたすら道なりに進みます。
途中、こんな建物(左にのびる道沿いにあります)や・・・・



こんな昔ながらの呼び鈴が残る建物の入り口を見ながら進みます。

 

この辺りは、塀に囲まれた敷地と緑が多く、フィレンツェの市内中心からちょっと離れるとまるで違う雰囲気をかもしだしています。
塀の向こうには、こんな邸宅がちょこちょことあるのです。



ステキーーー。

ゆっくり15〜20分くらい歩くと、ベルヴェデーレ要塞の入り口に到着します。



まあ、扉についている鍵が立派なこと。



ベルヴェデーレ要塞は、市内の結構どこからでも見る事が出来るこちらの建物です。



眺めを楽しむ前に目に入ってくるのがAntony Gormley氏の作品の数々。

こんなポーズや・・・



こんなお尻がゾクゾクしような所に座って、



フィレンツェの景色を眺めている作品など、その他いろいろなポーズをした作品達がたくさんいます。



こちらはメインとも言える、一列になった作品達。



先頭は直立ポーズです。



嬉しい事に、入場は無料。
日陰が少ないので、暑い時間帯を避けて足を運んでみて下さい。

フィレンツェの眺めはご自身の目で〜。


開催期間:9月27日まで
時間:10:00〜20:00
閉館日:月曜日
入場:無料


宮崎

ポチッとクリックありがとうございます


 
Posted at 03:20 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.