ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2014年09月 | Main | 2014年07月»
Montefalco(モンテファルコ)へ遠足 / 2014年08月27日(水)
夏は都市にあるレストランはお休みを取る所が多いですが、
その分、郊外や小さな町のレストランは稼ぎ時です。
今月のとある日、フィレンツェ在の仲間達とフィレンツェから片道約2時間のMontefalco(モンテファルコ)へ行ってきました。

この名前を聞いてすぐにワインを思い出した人はかなりのワイン好きいや呑んべい

この町に行った目的は、ワイン購入とランチです。
そう、食いしん坊は遠くにまでご飯を食べに行くのです。

でもせっかくだからということで、町散策と社会見学もしました。

町はとても小さく、メインの門を入ると上り坂が続き、上りきった所に町の中心の広場があります。
これは市庁舎の建物
何かのイベントの前後だったのか、旗や幕がかかっていました。
可愛いですね〜。



普通に置かれているヴェスパも絵になりますね〜。



社会見学は、フラントイオ(オリーヴ・オイルをつくる所。搾油所)見学
今回この遠足を仕切ってくれた友人がセッティングしてくれました。
機械化のフラントイオが多いなか、ここはまだ石でオリーヴを潰す昔ながらの製法を守っています。



見学の後は、お待ちかねのお昼です。
訪れた場所は、
大きな大きな体のGiorgio(ジョルジョ)さんのお店、
名前もそのまま
「da Giorgione(ダ・ジョルジョーネ=大きなジョルジョのところ)」

入り口に書いてあるように、
ここは一人25ユーロ(飲み物除く)のコースのみ



内容は、
ビュッフェ式の前菜たーーーーーっくさん
オープンと同時に人が入るので、みんな一斉に前菜の周りに群がるのです。

 

数ある前菜で張り切り過ぎてはいけません
この後、
プリモ2種
セコンド2種
付け合せ2種
デザート2〜3種
と続くのです

これだけの量がわずか25ユーロって、フィレンツェではありえないですね。
同じに町に住んでいたら、よく行くお店リストに入る事間違いないです。



ジョルジョさんはレストランにいて、お客様と話をしたり、一緒に写真を取ったりと、おもてなしに忙しそうにしていました。
後半は疲れてしまったのか、椅子に座ってジッとしていましたけど・・・。

夏のお昼だったせいか家族同士や子供連れが多く、働いている人達も元気いっぱいで、田舎の賑やかな食堂に来た感じがし、暖かい雰囲気に包まれた素敵な時間を過ごす事が出来ました。

美味しいもの、楽しいことを求めての遠足。
たまにはいいですね〜。

宮崎

行ってみたい!と思いつつ、
クリックありがとうございます。



 
Posted at 23:30 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
8月「肉の日」のお知らせ / 2014年08月25日(月)
7月の「肉の日」の報告もまだですが、
まずは先に8月の「肉の日」のお知らせです

今月はフィレンツェの町の中心から少し離れた
Trattoria da Bibe(トラットリア・ダ・ビベ)で開催します。
このトラットリアはPonte dell'Asse(ポンテ・デッラッセ)というエリアにあり、周りは広い敷地のVilla(ヴィッラ)ばかり。

道の両脇が石の壁になっているので中はちゃんと見えませんが、

「フィレンツェにこんなエリアがあったんだ〜。」

と思いました。

敷地内がどうなっているのか、壁沿いにある門から入ってみたい

そんなエリアにあるトラットリアは、同じ家族が約150年やっている歴史ある所です。
どうしてこんなに町から離れたトラットリアを知ったのか
先日、友人達と夕食を食べた後、

「ちょっとこの道入ってみる

と、冒険心いっぱいでどこに続くか分からない道を車で通ってみたのです。
そうしたらひたすら両脇壁が続くいかにも高級エリアになり、
途中からは

「エッ、この道どこに続くの まさか行き止まりじゃないよね
行き止りだったら、またこの道を戻るってこと


と不安にさえなる道でした。

最終的にはフィレンツェの隣町Scandicci(スカンディッチ)に着いたんですが、20代後半から40代前半の大人5人のドキドキ感は相当なものでした。
一番はしゃいでいたのは、最年長の私だったのは確か。

翌日、どんな道を通ったのかな
と調べているなかで見つけたのがこのトラットリアというわけです。
HPを見ると、雰囲気がいいし、お店の人と電話で話した感じもいいし、家族経営っていうのにも惹かれるし、ということで開催を決めました。


現地集合が基本ですが、公共の交通機関で行くのは難しいので自力で行けない方はローマ門で待ち合わせをして一緒にタクシーで行きましょう。



詳細
日にち:8月29日(金
時間:19:30
場所:Trattoria da Bibe

待ち合わせ:
現地集合が不可能な方は、
19:10にPorta Romana(ローマ門)にご集合下さい。
ここからタクシーで行きましょう。


お申し込み期日:
参加ご希望の方は8月28日(木)までに下記までご連絡下さい。

連絡先:
メール info@italia20.jp
電話  334-9990794(宮崎携帯)




夏、最後の金曜日を
フィレンツェから離れて一緒に楽しみましょう
皆様のご参加をお待ちしております


【イメージ写真】

宮崎


肉クリックありがとうございます


 
Posted at 18:50 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
友人宅での夏ひととき / 2014年08月25日(月)
夏は、緑に囲まれ、プールがあり、外でBBQやアペリティーヴォや夕食がゆっくりと出来る家に憧れます。

こんな理想的な家に住む友人宅で、夏のひとときを過ごしてきました。

この友人宅、ワインを造っているわけではないのに敷地はなんと45ヘクタール
山あり、森あり、オリーヴ畑あり・・・とまあ、広いのです。

庭にはプールあり、プールサイドにはお手製のバーカウンターがあって、そこでまずはアペリティーボ。







蚊に刺されながらしばらくおしゃべりを楽しんだ後は、外のテラスでお夕食。
メニューは自分の敷地内で飼っている羊のオーブン焼きでした。


今は約20頭いるのですが、将来的にはもっともっと増やしてチーズも作りたいそうです。
そう、目指せ 
自給自足。













牧羊犬は、イタリア原産の家畜護身用のマレンマーノ
見慣れていない顔だったせいか、まあ、私に吼える吼える。



夜は、いかにもトスカーナの田舎のお部屋という雰囲気の寝室で寝かせて頂き快適快適。
聞こえるのは虫の鳴き声のみ。








朝食は夜同様テラスでゆっくりと。


家にいたら、カフェラッテとブリオッシュを口に入れ込む朝食ですが、この日の朝はシリアルあり、ヨーグルトあり、トースト(卵)あり、フルーツジュースあり、カフェラッテありとのんびりと頂きました。














こういう時間、大切ですね〜。

自然に囲まれた家は、買い物やその他日常生活で大変な面もたくさんあるとは思いますが、いつかはしてみたいこういう生活。

あっ、羊はいいです。
その代わりに、小さな菜園が欲しいですね〜。

宮崎

今週もクリックありがとうございます


 
Posted at 02:25 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
「弾丸トラベル・パーフェクトガイド」発行のお知らせ / 2014年08月24日(日)
少し前になりますが、
私達の会社(株)バッキーノのFBページにも書きましたが、

イタリア/ ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマの3都市
4泊6日で実現するトラベルの現地コーディネイトを担当した

「弾丸トラベル・パーフェクトガイドvol.4(地球の歩き方ムック)」

が発売されました。




イタリアの他、台湾・フィンランド・スイス・オーストリアなど、短時間の滞在でその国を思い切り楽しめるプランがたくさんです

フランスはなんと2泊5日、トルコは3泊5日のプランです。

時間がないけど、海外旅行に行きたい方は参考になさって下さい。

ポチッとクリックありがとうございます


 
Posted at 01:55 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
大きい人の小さい携帯 / 2014年08月21日(木)
体も手も大きい友人は、携帯でメッセージを打つ時にライターを使う。

なぜなら、指が太すぎ打てないから
慣れたもので、うまく打ってますわ。



でも、メッセージを打つ度にライターを探しているので、

「私が持っているくらいの大きい携帯にすればいいじゃない
(画面サイズは4.5インチ)

って言ったら、

「大きい携帯はテレビみたいでヤダ しかもポケットに入らないから不便

ですって。

まあ、確かにね。

ライター打ちのため、この友人からのメッセージは基本短い。
たま〜に長いのが来ると、「時間かけて打ったんだろうな。」となかなか消せない。

さて彼はいつまでこのスタイルを保持するのか


宮崎

私の携帯は大きくて重い。・・・けど好き。


 
Posted at 17:30 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
サッチャンがanecan に紹介してくれました〜 / 2014年08月14日(木)
「さっちゃん」こと、AneCan モデルの鈴木サチさんが現在販売中のAneCan (アネキャン)に僕らの写真を掲載してくれました。

素敵なイタリア買付け日記と一緒に載っています。
見てくださいね〜。



Amazon からご購入ご希望の方はこちら

クリック・プリーズ
↓ ↓ ↓ ↓

 
Posted at 01:20 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
ブーケ / 2014年08月12日(火)
6・7月はウエディングのお仕事でフィレンツェの他、ポルトフィーノへとウロウロしていました。

ウエディングと言っても、

式をされるカップルもいらっしゃれば

「記念になる写真を撮りたい」と
フォトツアーだけをされるカップルもいらっしゃり


皆様それぞれの方法でイタリアでの記念すべき時間を過ごされています。


新婦さんの美しさを引き立てるアイテムの1つがブーケ
白いやピンク系を好まれる方が多いのですが、今回はこんなカラフルなものもご用意しました。





お花って見ているだけでも幸せな気分になりますよね〜。


宮崎

ポチッとね


 
Posted at 19:20 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
ワイン王国9月号 / 2014年08月07日(木)
8月5日発売になったワイン王国9月号内カンパーニャ特集ページの通訳を横田が一部お手伝いさせて頂きました。

カンパーニャ州のリゾートレストランワインにスポットをあてた内容です。



今回はレストラン情報も掲載されています。
是非とも、ご覧くださいね〜

スタッフよこた

Amazon からご購入ご希望の方はこちら

クリックするのだ―
↓ ↓ ↓ ↓

 
Posted at 20:20 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
バカンス!!! / 2014年08月06日(水)
8月に入り、地元フィレンツェ人の姿がだんだんと少なくなり、お店やレストランもどんどん夏休みに入っています。

例えばここ、ドゥオモ近くにある気軽にイタリアンが楽しめるYellow Bar(イエロー・バー)

8月1日に前を通った時点でこの張り紙が

「私たちはバカンス中。 
営業開始は2014年9月2日(火)」





ゆうに1ヶ月はお休みです。

「休む時は長く休み、働く時はしっかり働く
という仕事のスタイル、憧れますわ〜。


宮崎

8月? 働きますよ〜。


 
Posted at 17:16 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
大人のパーティーに参加する3歳児 / 2014年08月04日(月)
先日、リニューアルオープンしたアルノ川沿いのホテルVILLE SULL'ARNOのオープニングイベントに行ってきました。

ホテルのオープニングだからホテル内の見学ツアーとかあるのかなと思いきや、20時のオープンと同時にプールサイドに設置されたDJスペースから大きな音楽が流れ、数箇所に用意されたおつまみをつまみながらカクテルを片手にお話に花を咲かせる大人達で賑わいました。



こういう時に集まる女性達って、それなりのファッションで来るのよね〜。
基本、体のラインが出るもの。
みなさん、出るところが出て、引っ込むところが引っ込んでいるから格好いいのよね〜。
いいな〜。

生意気にも、友人の3歳になる子供も参加しました。
夏らしいシャツに紺のズボンを合わせて、ブレスレットまでして



ひと通りおつまみと飲み物を頂いた後は、一応ね、ホテル内を見に行きました。

なんとなくイギリスっぽさを感じる館内。(個人的意見)

 



お部屋は3つのテーマに分かれているので、お好みのお部屋での滞在が楽しめます。

・La Villa
・Il Loggiato
・Il Villino SPA

このホテルが属しているPlenetaria Hotelsグループは、ミラノ、ジェノヴァ、ローマにもホテルを持っているので、要チェックです。
ミラノは、ワンルームやベットルームが別になったアパートタイプもありますよ。

それにしてもこの3歳児、この先どんなイタリア男になるのか楽しみです。

宮崎


今週もクリックありがとうよろしくお願いします


 
Posted at 19:07 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.