ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2014年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2014年08月 | Main | 2014年06月»
7月「肉の日」のお知らせ / 2014年07月24日(木)
7月も下旬になり、多くのレストランが夏休みに入りつつあります
私達がよく行く数箇所も閉まり始めました。
悲しい・・・。

そんな訳でフィレンツェ市内で7月・8月の「肉の日」の場所を決めるのがなかなか難しいのですが、

今月は

「8月中旬まで開いてるよ〜。」

という、フィレンツェの市内から少し離れた

Trattoria Da Burde(トラットリア・ダ・ブルデ)

に決定しました。


【写真:イメージ】

ここ、行きたかったのですが、なかなか機会がなく・・・。
というのも、昼営業がメインで、夜営業するのは金曜日にワインの試飲会などど絡めたイベントを行う時だけ。

昼営業となると、参加出来そうな人達がお休みの日曜日や祝日にしたいのですが、そういった日はお店自体がお休みなわけで・・・。

う〜ん、難しい。

で、今回は

「もう夏休みに入っている人もいるんじゃない

ってことで、念願の場所での開催となりました。

フィレンツェ市内から少し離れはいますが、
フィレンツェ市バス(ATAF)の35番で行けます。
サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から約25分。

基本的には現地集合ですが、分からない方はサンタ・マリア・ノヴェッラ駅構内のITALOインフォメーション&待合室前に集合して一緒に行きましょう


日時:7月29日(火) 13:00
場所:トラットリア・ダ・ブルデ
集合場所:サンタ・マリア・ノベッラ駅構内の
           ITALOインフォメーション&待合室前
集合時間:12:15時間厳守 
            ATAFのチケットを購入して集合下さい

参加ご希望の方は、7月28日(月)12時までに必ずご連絡下さい。
ご連絡先:info@italia20.jp

暑い夏を乗り切るためにも、しっかりと食べましょう

宮崎

今日も肉クリックありがとうございます


 
Posted at 01:20 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
GINが豊富なコーヒー屋さん / 2014年07月24日(木)
中央市場の1階(日本式2階)Eataly噂の中華など、諸事情ありしばらくフィレンツェを留守にしていたこの数ヶ月間の間にフィレンツェ・ニュースポットが増えてます。

GINが楽しめるここもその1つ。
その名も「DITTA ARTIGIANALE」

でもここのメインはGINではなく、コーヒーに拘る「コーヒー・バー」

まずはコーヒーを楽しむために行くのが礼儀でしょうが、

「GINの種類が多いんだよ。」

という噂を先に聞いてしまったもんだから、行った時間はアペリティーヴォに最適な18時頃。

頼んだのは、フィレンツェ生まれのカクテルNegroni(ネグローニ)
同量のジン、カンパリ、ヴェルモット・ロッソにスライスしたオレンジが入るカクテルです。

「ジンはお勧めのものでお願いします。」
と言ってみたところ、

「うちはたくさん種類があるからメニューを持ってくるね。」
と言って持ってきてくれたのが、こちら。
ザッと数えて47種類



あっ、ホントにいっぱいあるんだ

う〜ん、「選んでと言われても分からないので、2つ頼むうち1つはドライ、もう1つは甘めのものにしました。



飲み比べた結果、
ドライ→グッとジンの味わいが広がり、大人の味わい
甘めのもの→飲みやすく、ぐいぐい飲んでしまう、かえって危険な味わい

私は、ドライの方が気に入りました。
ネグローニにはやっぱりドライ・ジンですね。

ここはランチもしているので、次回はランチを狙いつつ、ここの看板メニューのコーヒーも頂きま〜す。

宮崎

今週もクリックありがとうございます。



 
Posted at 01:02 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
6月「無肉の日」報告 / 2014年07月16日(水)
昨年の6月から始まった、6月「無(6)肉の日」
今年も無事に第2回目が開催されました。

場所は、中央市場より地元の人達率が多い市場・サンタンブロージョ近くの
「CUCINERIA LA MATTONAIA」(クチネリア・ラ・マットナイア)

フィレンツェにしてはシーフードのメニューの数が多く、更にピッツァ釜もあり気軽にピッツァも楽しめるお店です。

店内は日本式1階と2階に分かれていて、私達が案内されたのは2階の一番奥のお部屋。
いつも地元の店感バッチリの所で開催している私達グループには似合わず(、コギレイで素敵なスペースでした


今回の参加者は日本から6名フィレンツェから12名フィレンツェ郊外の町から2名と大人数。
職種も年齢もバラバラで、まさに「(無)肉の日」が目指す交流の場となりました。
日本から参加の3名様は以前にも参加暦があり「肉の日」のリピーター
嬉しいですね〜。

参加者の中に、フィレンツェに工房を構え自分達のジュエリーブランドを持つ職人・MAKIKOさんがいて、早速次の日に日本から参加して下さった5名様が工房へお邪魔したんだそうです。
あら、行動お早い
もちろん工房へはそう簡単に行けるわけではないのですが、こういう場で知り合うと行きやすくなるというのはありますね。



いつもは当日みんなでメニューを決めるのですが、今回は人数が多かったので事前に私達主催者側でメニューを決めさせて頂きました。

今回食べたもの達はこちら。

・前菜
マグロとタラとカジキマグロのシンフォニー
タコのイカの温サラダ
ホタテのパン粉焼き
ピッツァ2種類(マルゲリータとシーフード)
 

・プリモ
トロフィエ ジェノヴェーゼ(ペースト)
(確か)エビのリゾット


・セコンド
スズキのカルパッチョ
マグロのタルタル


・ドルチェ
ピスタチオのセミフレッド

・飲み物
食前酒、白ワイン、コーヒー、水

肉満載の「肉の日」よりは、満腹感は落ち着いてはいたものの、まあさすがにこれだけちょこちょこと食べると最終的には「おなかいっぱい」状態になるのは変わりませんでした。

でも主催者としては、

「最後はどっしりとフリット・ミスト(ミックスフライ)とか魚のオーブン焼きとかにすれば良かったな〜。」
「でも、それを頼むとかなり高くなっちゃうだろうな〜。」

と、フィレンツェのシーフード物価の高さに頭を悩ませてしまうのです。
ちなみに、今回はこれでお一人様45ユーロ
なるべく皆様に40ユーロ前後で参加して頂きたいので、まあこんなもんでしょうかね。

そうそうなんとな〜く恒例になりつつある、「肉の日」の顧問・元吉賢一さんとビステッカのツーショットはありませんが、顧問は今回も参加で、ピッツァを皆さんに配って周っていました。
なんでもダイエットをしているとかしていないとか・・・
うん、あまり深く書くのはやめておきましょう。


最後はみんなで集合写真を撮ってお開きとなりました。


・・・と思いきや

この日は途中からピカピカ&ゴロゴロ、そして激しい雨になり、帰りたくても帰れない。
タクシー会社に何度も何度も電話をかけましたが、フィレンツェ中のタクシーが出はらってしまってなかなか見つからず、レストランで途方に暮れること1時間以上。
もうみんなくたくたでした。

そんな中、お店のスタッフの一人がゴミ袋を出してきてごそごそと。
「何をしているのかな?」と思っていたら、簡易レインコートを身にまとって楽しそうな顔で店内をウロウロしていました。
お茶目なイタリア人。
顧問と一緒にハイポーズ。(あっ、目が・・・。)


そんな「無肉の日」の様子はAneCanモデル&ママでもあり、子供服のオンラインショップ「Biluce」も手がけるスーパーウーマン・鈴木サチさんのブログでも紹介されています。



7月下旬からだんだんとレストランが夏休みに入ってしまいますが、すでに今月の「肉の日」開催場所は決めています
しかも夕食ではなく、昼営業が中心のあそこです。
近日中にお知らせ致しますので、ご興味ある方は7月29日のお昼の予定を空けておいて下さ〜い。

宮崎

今日もクリックありがとうございます。


 
Posted at 18:05 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
aruco/ イタリア(改訂第2版第1刷発行) / 2014年07月11日(金)
2012年3月23日に初版が発行された
「地球の歩き方 aruco イタリア」

大好評を得て昨年秋までに「初版第4刷発行」までいき、
本日・7月11日に
念願の改訂第2版第1刷が発行されました




初版の時から現地コーディネイトを私達ペルバッコスタッフが担当させて頂き、ローマフィレンツェミラノヴェネツィアヴェローナなど、日本からのライターさん&カメラマンさんと共に取材しまくりました。

情報量が多いので、それなりに取材数も多くなるわけで・・・。
取材期間中は、もう体力&気力勝負です。

改訂なので、全部の内容が新しくなっているわけではありません。
以前のままのところもあるし、新しい特集や情報のところもあります。





まだお手にしていない方
イタリアにいつか来るかもしれないという期待を胸に

すでにお手にされている方
さてさて、どんな風に変わったかな〜

とそれぞれの思いと共に、この1冊をお楽しみ下さい。

本屋さんによっては以前のバージョンを置いている所もありますので、
改訂第2版第1刷版をご希望の方
帯にある赤い丸「'14〜'15最新版」を確認して下さい。

アマゾンからのご購入はここをクリック

「aruco イタリア 2014〜2015 購入」


宮崎

今週最後のクリックありがとうございます




 
Posted at 23:35 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
フィレンツェだなと感じる時 / 2014年07月09日(水)
いつも何も気にすることなく使っている銀行病院

よく見ると、

「あら、ここ前は宗教施設だったの それとも教会だったの

と思うことが多々あります。

よく使う銀行内には、誰だかは分かりませんが男性の石像がドーンとあったり、壁には宗教画が描かれていたり、
(植木の後ろは区切られていてひと部屋分のスペースがあります)



フィレンツェの市内中心にある病院は教会の一部を使用していて、外はこんな立派な宗教画がたくさんあります。




病院内に入ると、神殿と思うような建物もあったりして、これまた不思議な空間です。



フィレンツェだけでなくイタリアの銀行は、「なんでと思うほど活気がなく寂しい感じ。

町の中心にあるこの病院は、見た目は歴史ある立派な建物ですが、中は近代的で外観とのギャップが凄いのです。
ここは救急病院にもなっているので以前友人の付き添いで夜行ったことがありますが、友人も含め

「どう見ても救急じゃないよね

と思われる人が多く、長い待ち時間におなかが空いちゃったのか宅配ピッツァを頼んだ人もいました。
日本だったら、丼ぶりもの


好きだな〜、こう自由な生き方をしているイタリア人。

宮崎

今日もクリックありがとうございます。



 
Posted at 23:45 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
イタリアの事務処理能力 / 2014年07月04日(金)
イタリアにいて、よ〜く感じるのが、

日本人は事務処理能力に長けている

すなわち、イタリア人は事務処理が苦手な人が多いんだろうな〜。

というのも、昨年の初めにフィレンツェ市(コムーネ)に住所変更の依頼をして全てOKだったはずなのに、先日とある用事でコムーネに行ったら、

「あら あなたがこの書類に書いた住所と登録されている住所が違うわよ。」

ですって

は〜〜〜

「いや、昨年ちゃんと住所変更の手続きしたし、言われた書類もコムーネに出しましたよ

って言っても、

「いや、私には分からないわ。とにかく変更されてないんだから、もう一度やらないとね。」

との回答。

日本だったら再度調べなおしてくれたりするんでしょうが、なにせここはイタリア
「私は分からない。」「この部署では分からない。」と、いろいろな所へたらい回しにされる可能性ありなので、再度手続きをするためのアポイントを取る事にしました。

で、早速アポイントをとる番号に電話をすると、今日の時点で一番早いアポイントは7月21日。
時間は10:53〜11:04の約20分間。

時間に正確でないイタリアで、この分刻みのアポイント時間と20分間で手続きがちゃんと出来るのかどうか大きな疑問を持ってしまう私。

不思議だわ〜、イタリア


宮崎

今日もクリックありがとうございます





 
Posted at 20:45 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
7月1日を迎えて / 2014年07月01日(火)
昨年から、ほぼ「肉の日」のことしか書いていないこのブログ。

ブログはペルバッコスタッフにとって日記なのに

これはいけない

と思い、本日7月1日から初心に戻りいろいろ綴っていきたいと決心致しました。

現在、「イタリアコーディネイトサイト ペルバッコ」関連のものとしてあるのが

・スタッフ気まぐれ フォト・ブログ 

・ツイッター

・フェイスブック

の3つです。

それぞれに同じ事を綴っても面白みに欠けるので、違うことを書いてみようと思っています。

さて、どんなことか

・スタッフ気まぐれ フォト・ブログ
○○でこんな美味しいものを食べた
こんな所に行った
こんなことをした
といういわゆる日記

・ツイッター
その名の通りつぶやき
ただし、「イタリアの○○」とイタリア縛りでのつぶやき
※ブログ更新の際には連動あり

・フェイスブック
こんなイベントあります
ストライキあります
などの、先取り情報

と、なんとなくこんな風に分けて書いていこうかなと。

「肉の日」については3つ共に登場する内容にはなりますが、HPだけでなく、いろいろな所でいろいろな情報・様子をお知らせ出来たらなと思っています。

これからはなるべく、はい、なるべく・・・どこかしらで何かしらのことを綴っていきます。(土曜・日曜・祝日除く)

ちょこちょことチェックをして頂けたら嬉しいです。

今後共、どうぞよろしくお願い致します

【ペルバッコカレンダーの7月写真】


久しぶりのクリックありがとうございます



スタッフ一同

 
Posted at 22:30 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.