ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2013年06月 | Main | 2013年04月»
新聞と犬、そして飼い主 / 2013年05月31日(金)
先々週の日曜日。
フィレンツェの町を歩いていたら、新聞をくわえて離さない犬と困り顔の飼い主に出会った。

なんだか可愛かったから1枚頂いた。



飼い主:「俺に新聞読ませてくれよぉ〜。」
犬:「ヤダ 絶対にヤダ

って会話が聞こえてきた。

宮崎

応援クリックありがとうございます


 
Posted at 06:10 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
イタリアの私鉄.italo(イタロ)検証 / 2013年05月29日(水)
2012年4月28日にミラノのガリバルディ駅とナポリの中央駅を結んだ、
.italo(イタロ)

フェッラーリの会長モンテゼーモロ氏
トッズの社長でフィレンツェのサッカーチーム・フィオレンティーナのオーナーのお兄さんでもあるデッラ・ヴァッレ氏
その他2名の企業家達
の共同出資によって設立された
ntv社(Nuova Trasporto Viaggiatori:新旅客輸送)の赤い電車です。


最近よくお客様から

trenitalia.italoはどちらの方がいいんですか

という質問を頂くので、実際に.italoに乗ってみた検証を少々。

まず国鉄のtrenitaliaとの大きな違いは、停車駅と運行本数

.italoはローマの場合テルミニ駅には停まらずオスティエンセ駅かティブルティーナ駅
ミラノは中央駅ではなく、ロゴレート駅かガリバルディ駅
トリノはポルタ・ヌォーヴァ駅ではなく、ポルタ・スーザ駅
・・・とメインの駅には停まりません
ホテルの位置を考えると、メインの駅に停まらない方が便利という方もいるはずです。

本数は断然trenitaliaの方が多いので、.italoでの移動は時間が限られてしまいます。

車両のカテゴリーは大きく分けて3つ。
どの車両でもWI-FI接続が無料で、車両自体が新しくてとても気持ちがいいです。

【Smart】

2列+2列の計4列で、グレーとオレンジ色が目印です。

車両によっては飲み物やスナック類が購入できるスナックエリアや、赤ちゃんのおむつを替えられるスペースもあります。

追加料金を支払うと映画を見られる車両もあります。
個人画面ではなく、ひと昔前の機内映画のようなもの。
以前、ローマからフィレンツェまでこの映画車両に乗ったのですが、フィレンツェ到着時に映画が終わらず結局全部観られないままになってしまいました。
この展開を予想していただけに「やっぱりという感想。

【Primo】

1列+2列の計3列で、紺とオレンジ色が目印です。
Smartより広く、ゆったりとした感じ。

ウエルカムドリンクとスナックサービス朝の時間帯には新聞サービスがあり、車両によってはブレイクエリアもあるので手足を伸ばしたりちょっと気分を変えたい時には便利です。

静かに移動をしたい方、移動中に集中して仕事をしたい方には携帯電話の使用が禁止されているPrimo Relaxという車両もあります。


【Club】

1列+2列の計3列とサロンスペースがあり、イタリア製革張りの幅広の椅子が目印です。

Clubのサービスをしてくれる専属スタッフがいたり、席数が少ない分かなりゆったりとした空間で快適な移動が出来ます。

ウエルカムドリンクとスナックサービス新聞サービス個人画面が設置されていて映画数十本(伊語/ 英語もあり)、音楽、ニュース、ゲームが楽しめます。
ウエルカムドリンクにはワイン、プロセッコもあります。

サロン使用に関しては、週末のファミリープランや2名用プラン、3名分の支払いで4名分などいろいろなサービスが登場しているので、
要チェックです。

旅行中の電車移動で気になる荷物置き場について。

trenitaliaの席配置とは異なりほとんどが同じ方向に向いているので、席の背もたれ同士の間に出来る空間がなく、荷物置き場に困るのが残念なところ。

上に荷物置きがありますが、重たいスーツケースを上に上げるのはひろ苦労、いや無理
Smartは車両の隅に荷物2〜4つ、Primoは車両と車両の連結部分に近いスペースに鍵付(コイン式)の荷物置き場があります。

  
う〜ん、ここがいっぱいになったら
自分の席近くに置くしかないですよね。

Clubは車両内に荷物置き場はありませんが、専属スタッフの人が荷物を預かってくれるので置き場に困ることはありません。
預かると言っても、車両に隅にまとめて置かれるだけなのですが・・・。
(う〜んさすがイタリア、やる事が大胆というか大雑把
人の出入りがなく、スタッフがいる分安心ではあります。

荷物に関しては、車両にあまり置くところがないからなのかDHLとのコラボレーションでDoor to Doorの宅配サービスが利用出来ます。

電車移動の前の日に要連絡申し込み受付の時間が決まっているなど、色々なきまりはありますが、基本的にイタリア本島内は24時間以内シチリアとサルデーニアは48時間以内に運んでくれるようです。

料金は、1個25kgまでであれば1回のサービスの個数制限なく25ユーロ
と言っても、団体ツアーの方が1回のサービスで20個の宅配を頼んだらまた話は違うのでしょうが・・・。
(なにせ、イタリアですから

最後に車両内のお食事サービス

事前予約をしておくと、Eatalyのミールボックスが席で食べられます。


このボックスは3種類あり15〜20ユーロ
パンフレットには、Bento Giapponese(日本の弁当)と書いてありました



料金は、trenitalia.italo共に同区間の基本料金はほとんど変わりません。
予約日・時期・空席状況によって、様々な割引料金を設けているので、両方を比べてみてご自分にピッタリな料金とカテゴリーを選ばれることをおすすめ致します

そうそう、.italoは町によっては電車のチケットで市バスに乗れるサービスも行っています。
フィレンツェはこの町の1つで、フィレンツェ到着から24時間、又は出発前24時間は.italoのチケットを市バスでも利用可能です。

バス内でチケットチェックの人が来たら、電車のチケットと身分証明書を見せて下さい。
チェックをする人がこのサービスのことをちゃんと把握している事を願います・・・。
(情報伝達がうまく出来ないイタリアですから。

以上

電車の事を書いていたら、乗りたくなってきた、ちょっと鉄子入っている宮崎の検証でした。

これらの情報は本日現在のものなので、最新情報は必ず事前にご自身でもご確認下さい

ランキングクリックありがとうございます


 
Posted at 07:35 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
5月「肉の日」のお知らせ / 2013年05月24日(金)
ブログでお知らせをする前に、すでに7名様から参加のご連絡を頂いている5月の「肉の日」
ありがたいことです、皆様に感謝

さてそんな「肉の日」、まだまだお席のご用意はありますので、ご興味ある方お肉を食べたい方お時間ある方、ぜひぜひご参加下さい。

【「肉の日」イメージ写真】

今月は、「肉の日」の常連さんでもあるフィレンツェ在のKさんからの案で市内中心から少し離れたここになりました。

日にち:5月29日(水)
時間:20:00
場所:Trattoria Tre Soldi(トラットリア・トレ・ソルディ)
住所:Via Gabriele d'Annunzio, 4/a/r


スローフード協会の食ブック「Osteria d'Italia」の常連さんでもあるお店、HPがないお店です。
HPがないお店ってミステリアスな感じがして、気になるものがあります。
スタッフも久しぶりのトレ・ソルディなので、先月同様ワクワクしています。

少し離れたと言っても、もちろん市バスで行ける距離ですのでお気軽にご参加下さい

           
参加される方は必ず事前にご連絡をお願い致します。
サン・マルコ広場にて待ち合わせも可能ですので、お申し込みの際に現地集合か待ち合わせをするかお知らせ下さい。
お問い合わせ先:info@italia20.jp
締切日:5月27日(月)


宮崎

肉肉肉肉肉肉にクリック



 
Posted at 08:36 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
4月「肉の日」の報告 / 2013年05月18日(土)
4月「肉の日」のご報告

先月は、九州から5名東京から1名フィレンツェ在5名
合計11名での開催となりました。

九州からの5名様は、皆さんワインを通して知り合ったお仲間で、「肉の日」に参加するきっかけになったのは、九州にお住まいの「肉の日」常連の共通の友人・知人からのご紹介。
お〜、広がる「肉の日」の輪、嬉しいではありませんか

東京から参加の方は年に数回イタリアへいらっしゃる方で、
数年前の東京での「肉の日」で初めて知り合いました。
一度知り合うと、縁がどんどん強くなる関係、素敵です。
(肉を通じて、縁が切れなくなるとかならないとか・・・。笑)

さて、開催場所は食・イタリアの達人でもあり、飲み仲間・美味しい物好き仲間の池田愛美さんの協力のもと、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅近くのTrattoria Enzo e Pietro(トラットリア・エンツォ・エ・ピエトロ)

超伝統トスカーナ料理を出すトラットリアで、私達スタッフも未踏の所でした。
新しい場所での開催は新鮮でいつも以上にワクワクします。

頂いたものは、迷いに迷って、サルーミの盛り合わせクロスティーニ


セコンドは、
プロッシュートのオーブン焼き仔牛のスカロッピーネ・アーティチョーク添え

 
鶏肉のカッチャートラ


もちろんドーンビステッカ
この日は確か1.5kgを2枚だったような・・・。
あれ2kgを2枚
日数が経ってから報告するのはいかんですね。
ホントに


セコンドまでは、いつもよりは結構控えめに頼んだ4月の「肉の日」。
なぜならば・・・、
どうしても〆のカレッティエーラを食べたかったから


以前市内の別の食べ処で美味しいカレッティエーラを作っていたコックさん・Felice(フェリーチェ)さんが、月曜日と土曜日にここで働いているという情報を愛美さんがゲットし、カレッティエーラ好きでもあるメンバーとしては、「これは外せないでしょう」ということになっていたのです。
そう、「肉の日」の隠れお楽しみメニュー

フェリーチェさんが作るカレッティーラは、いや〜美味しかったです。
4皿頼んでしっかり頂き、〆を飾ってくれました。

ほら、参加の皆さんも満足そう。
あら一人、(確か)名誉顧問が変顔してますが・・・。


美味しいお料理を作ってくれたのは、このお二人。
向かって左がフェリーチェさんです。


伝統的なトラットリアに花を添えているのが彼女達。
左から、Mara(マーラ)Francesca(フランチェスカ)Velantina(ヴァレンティーナ)
なんだか可愛くありません



駅近くにお泊りの方、ぜひ利用してみて下さい


さて、5月の「肉の日」は駅とは全く反対方向にある食べ処に決定です。
すでに日本から参加希望の方が1名+2名様、今月の「肉の日」を最後に数年のイタリア滞在を終えて日本に帰ってしまう友人も参加です。
詳細はまた近日中に。

そして、そして・・・
6月はスタッフの中でも一番のアイデアマンである横田の提案で、とある企画話が持ち上がっています。
ここ数年開催している「肉の日」初の試みです。
イッヒッヒ。
この詳細は6月になってから。

お楽しみに

宮崎

肉クリックありがとうございます


 
Posted at 08:00 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(3)
アマルフィ / 2013年05月16日(木)
ラヴェッロ滞在中の夕食はAmalfi(アマルフィ)へちょっとお出かけしました。

ラヴェッロからSITAの青い路線バス観光用City Sightseeingの赤いオープンバスで行き来が可能です。
遅い時間まで運行しているのは、青いSITAのバス。
でもこれはハイシーズンになるといっぱいで席に座れないことがあるので、約25分のバス移動をゆっくり・のんびりしたい方には赤いオープンバスがおすすめです。

SITAの時刻表はこちら

2013年6月10日までと9月16日〜10月31日まで

City Sightseeingの時刻表はこちら

時刻表が反対になってますが・・・
ラヴェッロ発 10:30から毎時30分、17:30まで
アマルフィ発 10:00から毎時0分、17:00まで

アマルフィで有名なのは、この長く急な階段の上にある教会
今まで何度か来てきますが、この階段の上り下りを躊躇していたのかどうか 教会へ入ったことがなかったので、今回はヨシッと気合を入れて中を覗いてみました。



急な階段を上っただけのことはあり、中はとても豪華で綺麗。
(エッ、関係ないか

さすが、海運国として栄えていただけあります。
(これは関係あるかと・・・。



ラヴェッロに比べると道が細く、そこを車が通り、観光客も歩き、たくさん小さなお店があり・・・と賑やか賑やか。
そんな賑やかな町ですが、少し脇道へそれるとこんな落ち着いた花屋さんがあり、素敵。


少し目線を上にすると、建物の間にアーチもあって絵になりますわ。


お土産屋さんの店先には、お決まりの品が並んでいてカラフルでこれを見るのも散策の楽しみの1つ。

鮮やかな黄色は、レモン関連の商品


見ただけでも辛さを感じるのは、大小様々な唐辛子
なんでもバイアグラだそうで・・・。


目的の夕食レストランは、
海沿いにあるLido Azzuro(リド・アッズーロ)
私達とコラボレーションを組んでいるラヴェッロ在住の竹澤由美さんおすすめのレストランです。
この日は由美さんも一緒に食事を楽しみました。

このエビとアーティチョークの前菜、美味しかったわ〜



トスカーナを離れて過ごした1泊2日のプチバカンスもこれで終了。
短いながらも楽しいバカンスでした。

アマルフィ海岸のサービスはこちら今年11年目の「ペルバッコ」

宮崎

応援クリックありがとうございます


 
Posted at 16:08 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
1泊2日のプチバカンス / 2013年05月15日(水)
「イタリア情報サイト ペルバッコ」をはじめて昨年でちょうど10年

わっ、はやっ

10年も経つと、
イタリア又は日本で毎年数回会う方
毎年1回は必ず会う方
2年に一度は会う方など、
だんだんと皆さんの旅行スケジュールが把握出来るようになりました。

同じように、皆さんも私達の帰国スケジュールを把握して下さっているので、東京まで会いに来て下さったり、「○○まで遊びにいらっしゃい」とお誘い頂いたりと、とても有難く嬉しいお付き合いが年々増えています。

九州からお越しのあるご夫妻もしかり。
このご夫妻は毎年GWにご旅行をされるのですが、イタリアだったりフランスだったりと場所はいろいろ。

イタリアにいらっしゃった際には、
「どう考えてもフィレンツェに来るのは移動・時間的に無駄でしょう
というスケジュールでも最後に1泊だけフィレンツェに寄って下さったりしています。

そこですることは、一緒に食べて、飲む
そう、食いしん坊つながりなわけです。

昨年のGWはフランスだったので、今年はイタリアのアマルフィ海岸入りしたこのご夫妻。
フィレンツェで会えることは分かっていたのですが、
「1泊2日のプチバカンスに来ない
のお誘いにのり、ノコノコとラヴェッロまで出かけてきました。

アマルフィ海岸=アマルフィやポジターノというイメージでそこに宿泊される方が多いのですが、
いやいや、おすすめは絶対にRavello(ラヴェッロ)

このご夫妻もラヴェッロ泊だったので、短いながらもこの町でブラブラ過ごしました。

久しぶりの再会後、
すぐに向かったのは海が見下ろせるレストランGarden


新鮮なシーフードの前菜をあてに、白ワインで乾杯。
まあ、なんとよく合うこと
完全にバカンスバカンス。


昼食後は町をブラブラと散策です。

最近気になっているセピアモードでの1枚


ちょうどこの時クラッシックカーのイベントがあり、町の駐車場には可愛い車がずらりと並んでいました。


Ferrari&Alfa Romeo&Ferrariがトリオで整列。
なにげに一番左にある、ジェラート売りの車もいいあじ出してます。


お値段的にかな〜りお高いHotel Caruso(ホテル・カルーゾ)へはお茶だけにお邪魔して、ガンガンワインを開けているロシア人の数グループに混じって、私達ペースでまったりと過ごしました。
お値段のわりには、カクテルもジュースもアイスティーも薄く感じてしまったのは、はて、偶然かしら

いや〜、それにしてもいわゆる高級ホテルに行くと、ロシア人の姿をよく見かけます。
年齢がすごく上の方というより、30〜40代、いっても50代くらいで、支払いは現金が多いような気がします。
(って、そんなにジロジロ見ている私はかなり怪しいですが・・・。)

それはさておき、このホテル・カルーゾのプールサイドのレストランにはこんな南らしいピッツァ釜があり、ピッツァも売りの1つです。



(海で)浮き輪なしで泳げない私にとって、
海は上から眺めるくらいで十分。
泳がなくても海でのバカンス気分を味わいたい方には、おすすめの町です。

宮崎

応援クリックありがとうございます


 
Posted at 23:30 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
トスカーナの日曜日 / 2013年05月11日(土)
GWの楽しく、素敵なドタバタ出張&ご案内も終わり、
ホッと一息をついているこの週末。
天気は
このまま夜まで雨が降りませんように

2週間前の週末。
そんなに天気が良くなかったような気がするけど、
トスカーナの田舎でのんびりとした時間を過ごしてきました。

フィレンツェから車で1時間弱もいくと、
こんなに綺麗なぶどう畑が広がっています。
数あるぶどう畑の中でもここはかなりきちんと整備されていて、
とにかく綺麗。


それもそのはず、ここはアンティノーリのスーパートスカーナ、
ティニャネッロとソライアの畑のエリア

ま〜お見事です。


昼食はこの畑の一部を眺めながら、同じくアンティノーリが所有する
田舎宿にあるトラットリア・デッラ・フォンテにて。
フィレンツェから近いトスカーナの田舎で、
素敵なランチを楽しむには最適なトラットリア。


ランチ後は、近郊の小さな町の散策です。

初めて訪れたバルベリーノ・ヴァル・デルサ
特に何があるわけではありませんが、町のちょっとしたところが可愛く、いろいろな写真を撮りたくなる町でした。

実際に撮ってみたのは、ヴィヴィットモードでのこの2枚。



セピアカラーのこの1枚。


日曜日ということもあって、夕方から町の一番の教会で洗礼式が行われていました。
式の向かう人達の歩みが、町の風景と合っていてよかったです。



「トスカーナっていいわ〜。と感じる、
ゆるりとした週末でした。

さて、この週末は

宮崎

週末クリックありがとうございます



 
Posted at 18:48 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.