ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2012年11月 | Main | 2012年09月»
初Ostia Antica(オスティア・アンティーカ) / 2012年10月31日(水)
南イタリア巡業の思い出話、まだ2日目。

イタリアには遺跡好きにとってはたまらないスポットがいくつかあり、
その中でも私自身未踏の地だった
Ostia Antica(オスティア・アンティーカ)へと行ってきました。

食べ物好きな方、Osteria Antica(オステリア・アンティーカ)ではございません。

町の建設は紀元前7世紀とも4世紀とも言われている
古代ローマ時代の港町
2,000年をゆうに超えた今でも町はかなりよく残っています。

紀元前のアーチの模様
キャー、興奮。


今でいうお店の看板
古代ローマ人以外の人達も商売をしていたんだそうです。
凄いな。


紀元前のBARカウンター
いけてる。


遺跡好きとしては興奮の連続、想像の世界にどっぷり漬かった1時間半でございました。
ローマから車で1時間弱。
テルミニ駅からは地下鉄B線でPiramide(ピラミデ)まで行き、Porta San Paolo(Piramide)駅からRoma−Lido線の電車の乗りOstia Antia下車、徒歩5分です。

オスティア・アンティカの後は、アッピア街道へ。
アッピア街道は、古代ローマ時代の道が残っている部分とそうでない部分があります。
訪れた日は雨だったので、少しだけ歩いて散策終了。
天気がいい日はこの街道の一部(約5,4km)を2時間くらいかけてゆっくりお散歩するのが楽しいでしょうね〜。



遺跡づくしだったこの日の夕食は、Trastevere(トラステヴェレ)にある
Trattoria da Lucia(トラットリア・ダ・ルチア)へ。
ローマ料理の
Rigatoni All' Amatriciana (リガトーニ・アッマトリチャーナ)を頂き、
ローマ三昧の1日も無事に終了です。
この一品、とてもおいしゅうございました〜。
また食べたい。


宮崎

今日もクリックありがとうございます


 
Posted at 06:55 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
10月「肉の日」のお知らせ / 2012年10月22日(月)
毎月恒例の「肉の日」のお知らせです。

今月の開催場所は、
BBQ TRATTORIA BARBEQUE
(BBQ・トラットリア・バーベキュー)

名前がすでに肉肉しいではありませんか。

トスカーナ料理あり、BBQだけに焼いた肉ありと楽しそうです。
すでに日本からのお申し込み・お問い合わせも頂いております。

私達も未踏のトラットリアでぜひ一緒に肉を楽しみましょう

日にち:10月29日(月)
時間:20:00
現地集合


参加ご希望の方は10月26日(金)まで
必ず下記連絡先までご一報下さい。

連絡先:info@italia20.jp

皆様のご参加をお待ちしております

宮崎

ワンクリックありがとうございます



 
Posted at 17:15 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(2)
10月18日  「簡単レシピ・フィレンツェ空港」情報更新 / 2012年10月20日(土)
ますます秋が深まりつつあるフィレンツェです。
気がつけば、冬時間に変わるのももうまもなくです。
これで、もっと日が沈むのが早くなりますね。

この秋はあっちへ行ったり、こっちへ行ったりしました。
そんな行った場所のひとつがこちら。

イギリス式庭園都市として作り始めたものの、完成しなかった再利用のタイルを使ったバルセロナの庭園です。
たまにはイタリアも離れるのも良いものですね!


さて本サイト・ペルバッコ10月18日更新しました。

フィレンツェ・イベント情報
旅に出る前に美術館の企画展、オペラ・コンサート情報をチェックすれば更にフィレンツェが楽しめます。



簡単レシピ

カチョカヴァッロのクロスティーニ、カンネッローニの新メニューに加え、深まる秋に楽しみたいメニューをそろえました


フィレンツェ空港

新しく増設された施設内、チェックインカウンターやタックス・フリーカウンターの情報が更新されています。

イタリア展示会リスト
イタリアの重要展示会だけをリストにしたページ、最新会期に更新しました


読んで、調べて、イタリアがもっと身近になると良いですね〜

スタッフよこた


ご訪問ありがとう!
クリック・プレーゴ〜

 
Posted at 16:00 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
TIVOLI(ティヴォリ) / 2012年10月15日(月)
南イタリア巡業2日目。

この日は、ローマから車で約1時間のTivoli(ティヴォリ)へ行きました。
水が豊富なことで有名なこの土地。
世界遺産に指定されているVilla d’Este(ヴィッラ・デステ)の噴水を見に、世界中からたくさんの観光客が訪れます。


ヴィッラ内に響く水の音とひんやりした空気が心地よく、まさに癒しスポット。
この邸宅が建てられた16世紀半ばもここで癒しを感じたんだろうな〜と思いながら、敷地内を散策。


訪れた9月下旬はぶどうの収穫祭で、ティヴォリ周辺の民族衣装を着た女性達がぶどうを配っていました。


北イタリアのチロル地方っぽい衣装に首には代々伝わっているサンゴのネックレスをしていて皆さん可愛い。


散策後は、待ちにまったお昼です。
場所は1720年創業のRistorante Sibilla(リストランテ・シビッラ)
日曜日のお昼だったこともあり、13時になると予約をしていたイタリア人達がたくさんやってきてあっという間に満席。
みなさんちょっとお洒落をしていて、あるテーブルではおばあちゃんの誕生日会を、また別のテーブルでは親戚が一同に集まって昼のひと時を過ごし、まだ別のテーブルでは紳士淑女のお友達同士何人かが優雅におしゃべりと料理を楽しんでいました。


どのお料理もとても美味しく大満足。
特にポルチーニのグリルは、焼き加減がよくニンニクと唐辛子がきいていて美味。


外にこんな立派なグリルスペースがあるので、次回またチャンスがあったらぜひともお肉を食べたいですね〜。
いつか「肉の日」をここで開催とか
グリルした肉づくし
あっ、いいな〜それ。



さて、午後は私も初訪問のとある遺跡エリア。
遺跡好きにはたまりませぬよ。

宮崎

今週もクリックありがとうございます


 
Posted at 18:15 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
ローマの5つ星ホテルDe Russie / 2012年10月13日(土)
南イタリア巡業を終え、フィレンツェに戻ってきて約1週間。
楽しいことがほとんど、でも途中「なにぃと思うこともあり、いろいろと思い出に残る時間を過ごしました。

この南イタリア巡業の最初はローマから。

普段は仕事に支障が出ない場所の安ホテルに泊まるのですが、今回はご縁があって5つ★ホテルのDe Russieに泊まることになりました。
普段こんないいホテルに泊まらないので、私の興奮度はハンパなく、部屋に入るなりパシパシと写真を撮りまくりです。
まずは、部屋の前の廊下。
広々と真っ直ぐ伸びる廊下、素敵です。



シンプルでセンスよくまとまっていたダブルのシングルユース。
「お〜
と思ったのは、寝心地のいいベットとふかふかの布団。



さすが5つ星、アメニティーやら部屋にあるものが充実してます。
クローゼットにはポプリがあったり、靴ベラや洋服のほこり落としが木製のデザイン性に富んだものだったり、その他たくさん。

結構広めのバスルームには可愛い魚のモザイクが。
いつも泊まるレベルのホテルはヘアーコンディショナーはなくシャンプーとボディーソープが一緒ですが、ここはシャンプー、ヘアーコンディショナー、ボディーソープがそれぞれ別々で自然派志向のREN(レン)を使用していました。
ボディークリームはほのかにいい香りがして私好み。
こういうバスアメニティーを見るのも豪華ホテルに泊まる楽しみの1つです。


このホテルの最大の魅力は、この中庭。


ホテルのメインエントランスからは全く分かりませんが、建物がコの字になっていて中庭にはテラス席とすぐ隣りにあるボルゲーゼ公園とよく調和した緑があり、ローマの喧騒を忘れさせてくれます。
建物の色合いも素敵で、天気のいい日はここでぼーっとしたいくらいです。
朝食はこの中庭なので宿泊中の毎朝、ぼーっとしてました。

スタッフの対応もよく、特に朝食スタッフはきちんとしたサービスの中にフレンドリーさも入れ、気持ちのいい朝のひと時を過ごさせてくれました。

最後チェックアウトの時、イブニングドレスのクリーニング代を120ユーロ請求されたのにはビックリしましたが、間違いだったと気付きすぐに訂正。
クリーニング代120ユーロって、なかなかのものですね。
さすが。

以上、ローマのホテルリポートでした〜。

宮崎

今週最後のクリックありがとうございます



 
Posted at 18:40 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
9月「肉の日」の報告 / 2012年10月11日(木)
10月も中旬になり、雨が降ったり、
秋晴れになったりと天気が変わりやすい季節となりました。
朝・晩は涼しく(時には寒く)、日中は暑いので、
これからイタリア旅行をされる方は洋服を決めるのが難しそうです。
まあ、いろいろ持ってくればどうにかなります!(笑)

さて、9月の「肉の日」の報告を。
今回は、土曜日ということもあり、昼営業しかしていないフィレンツェ感バッチリの「Trattoria da Mario」(トラットリア・ダ・マリオ)で開催しました。


取り仕切ってくれたのは
大食いガールこと、ここの常連さんのめぐちゃん
昨年から「ここでやりましょうとお店と話を進めてくれたこともあり、当日の参加者は20名+お子さん2名。
かなりの大所帯です。

このダ・マリオ、普段はキッチン横のテーブル席にお客様を案内するのですが、地下にもテーブルがありそこを貸し切っての開催となりました。


この地下、倉庫も兼ねているので、棚にはワインがあり、サラミがぶら下がっていたり、オリーヴ・オイルが壺に入ったままの状態だったりと
他のトラットリアとは違う空間

サッカーチーム・フィオレンティーナを応援するフィレンツェ人ファミリーが経営するトラットリアなので、
「サッカーを愛してる! ユーヴェは大嫌いだ!」
なんて文字が書いてあるマフラーがあったりして。
入り口には「ユヴェントスファンの入店はお断り」って言葉もあります。
本気なのかどうかは
あっ、ユーヴェファンの皆様、怒らないで。
こういうことは、まあ、たまにありますから・・・。


偶然にも29が入ったユニフォームもあり、「肉の日」を演出。



20名+2名の可愛いお子ちゃまが食したのは・・・、

前菜:サルーミの盛り合わせとオイ漬けのオリーヴ

プリモ:あとあと

セコンド:まずは伝統トスカーナ料理の1つペポーゾ


仔羊のロースト


トリッパ


アリスタ(豚ロース)


土曜日にのみ数限定で用意するオッソブーコ
軽く料理名だけ書いていますが、いや〜どれも美味しかったのなんのって
これぞ、トスカーナのトラットリア料理
この美味しさに病みつきになっているめぐちゃんんの気持ちが分かります。

このころになるとキッチンが少しだけ落ち着いたので、コックの一人アンドレアさんが顔を見せに来てくれました。
彼はオーナーの一人でここのシェフでもあるロメオさんの義理の息子。

 
セコンドの最後にドーンと運んできてくれたのは、
ビステッカと3種の付け合せ
この日は仔牛のお肉でとても柔らかく、優しい味わいで美味しかったです。
付け合せはほうれん草のソテーミックスサラダと今の時期にはかかせないポルチーニのグリル
写真の右端にちょっとだけ写っているのがそれ。
一人ひと傘頂き、秋の味覚を満喫。


ここでめぐちゃんから一言。
「まだプリモを食べられるひとぉ〜。」

数名
「はぁ〜い

3種のプリモが2皿ずつ、合計6皿登場。
やっぱり食べますわ。
さすがのイタリア人もビックリしたでしょうね。
この食べっぷりに。

お店を仕切るオーナー兄弟、ロメオさんファビオさんは忙しすぎて顔を見せに来られませんでしたが、テーブルのサービスをしてくれたロメオさんの奥さんパトリツィアさんとコックの息子・フランチェスコさんがこちら。
いいですね、家族経営って。


肉肉しいお昼を共にしたメンバー達。
この日を最後に10年弱のイタリア生活を終え日本へ帰国するファミリーや、日本から旅行で来ていた親子、約10年のフィレンツェ生活を終えローマに引っ越す友人も参加。
皆さんの心に残る「肉の日」になっていれば嬉しいです。



今月の「肉の日」にはすでに日本から4名様の参加連絡を頂いております。
詳細は近日中にこのブログにてお知らせしますので、皆さんふるってご参加下さい。

宮崎

応援クリックありがとうございます


 
Posted at 17:05 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.