ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2011年11月 | Main | 2011年09月»
白いBaci / 2011年10月28日(金)
イタリアのチョコレートの代表格が
Pergina(ペルジーナ)のBaci(バチチョコ)

ヘーゼルナッツのグラネッラの上にヘーゼルナッツがのりチョコレートコーディングされ、一言メッセージが入ったあれですあれ

イタリア土産として購入される方も多いので、もらったことがある方も多いのでは?
今では、日本でも気軽に手に入るチョコレートにもなっています。

そのビアンコバージョンが発売されました
普通のバージョンは箱は青、ビアンコバージョンは白(=ビアンコ)です。


中は一緒でホワイトチョコレートでコーディングされた冬をイメージさせるチョコレートです。



食べ物に関しては新しいものや珍しいものを試してみたい精神旺盛なので、即購入。
ホワイトチョコレート好きなので、美味しく頂きました〜。

でも、新商品なのになかなかスーパーでは見かけずまだ2度目の購入は果たせておらず。
もっと大々的に売り出したらいいのに。
どこかで見かけたらお試し下さい。

宮崎

バチッとクリック!


 
Posted at 07:23 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(4)
見本市の楽しみ方 / 2011年10月25日(火)
「見本市=完全仕事、体力勝負=大変・・・」だけではありません。

会場内ではいろいろなイベントも行われていました。
とあるピッツァ協会ではピッツァ関連業者の表彰式が行われたり、オーヴンのメーカーではピッツァやパンの試飲やワインの試飲などもしていました。
当然、食べ物がある所には人が集まる訳で。

食べ物がなくても人が集まっているブースもありました。

黒い人集りを搔き分けて前へ進むと、白い衣装?布?紐?に身をまとった女性がクネクネと体を動かし曲芸を披露していました。
上海雑技団張りの曲芸です。

で、真剣に見入っていたのは男性達
仕事の合間の息抜きにはピッタリなのかもしれませんね〜。


昼食時の楽しみはもちろん食べ物。
レストランもあるし、ファーストフードもあるし、屋台もあるしで、「何を食べようか?」を考えるだけでもすでに楽しいのです。

寒くなってくると町にも現れる焼き栗屋さん
 
ドイツの民族衣装を着た女の子達が切り盛りするドイツ製ソーセージ屋さん
すでにパンの真ん中がくり抜いてあって、それを熱くなった棒に突き刺してパンを温め、温かくなったパンの中に焼いたソーセージを入れて出来上がり。
ケチャップ・マヨネーズ・マスタードは大きな入れ物に入ってぶら下がっており、それを牛の乳しぼりをするように自分で握って出すようになっていました。
ユーモアたっぷりの屋台でした。
 
いろいろな選択肢がある中、今回私が選んだのはずっと前から気になっていたハンバーガー屋さん、MAMA BURGER(ママ・バーガー)

ミラノの中央駅近くの1店舗あり、以前から一度食べたいと思っていたハンバーガー屋さんだったのです。
それが見本市会場にあるとなれば、それは行くでしょう

1つが結構大きく、その分お値段も結構なもの。
例えばチーズ&ベーコンバーガーは1つ10ユーロ
これ(数種類から選べる)+フライドポテト+飲み物+アメリカンコーヒーのセットで15ユーロ
Mから始まるハンバーガー屋さんのセットメニューが6〜9ユーロくらいと考えると結構じゃなくかなりお高いですが、ここ数年イタリアではハンバーガーを出す店が多いので、密かにハンバーガー食べ比べをしている私としては食べない訳にはいきません。

結果、
「バンズが厚い分大きくて食べ応えがある。でももう少し薄くてもいいかな? キャッシャーの所に『ご自由にお取り下さい』状態で置いてあるマヨネーズ・ケチャップ・マスタードを使って自分なりに味付け出来るのがいい。フライドポテトが美味しい!」
という感想。
その他、お店のスタッフの動きがテキパキとしていて、常にテーブルを綺麗にしていたのが印象的でした。

ドゥオモの近くのVia Agnelloにも1軒あるので、イタリアンに飽きた方はガブッと食べてみて下さい。

見本市だからと言って完全仕事モードより、楽しみを見つけて過ごす方が仕事がはかどるかもしれませんね。
いや、はかどるに違いない
(って、自分に言い聞かせてたりして。)

宮崎

ガブッ、クリック、ガブッ、クリック!


 
Posted at 08:30 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
厨房機器の見本市 / 2011年10月24日(月)
この週末はミラノで開催されている厨房機器の見本市を覗いてきました。

スライサーあり、エスプレッソマシーンの備品あり 
コーヒーカップを扱う陶器屋あり
砂糖のパッケージ屋あり
フライパンあり
イタリアンカラーの冷蔵庫あり

オーヴン、食洗器、ガス台、コーヒー豆の焙煎屋、ピッツァの窯やパレット、小麦粉、持ち帰り用箱、ケータリンググッズなど、厨房機器だけでなくいろいろあって楽しかったです。
レストラン業界の舞台裏を見た感じ。

iPadのボタン1つでエスプレッソやカップッチーノが出来ます
とアピールしていたコーヒーマシーンメーカーもありました。
カップが可愛かったな〜。


各パビリオンにはこんなリラックススペースもあり、寝心地のいい大きな大きなクッションの上で完全に寝ている人達もいました。
ソファーじゃなくてこれが家にも欲しいな〜。


いや〜、それにしてもよく歩きました。
見本市は体力勝負ですな。

見本市同行・通訳が必要な方は下記をクリック

ペルバッコ法人向けサービス

宮崎

クリック1回して新たな週を始めよう!



 
Posted at 07:20 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
好きなお菓子と懐かしの建物 / 2011年10月21日(金)
ヴェネツィア話の続き。

「甘い物、だ〜い好き」ではありませんが、時々私の心を掴んでくれるドルチェ達に出会います。

ヴェネト州でよく見かけるこのSfogliatine(スフォリアティーネ)
サクサクっとした食感が美味しい〜〜〜のであります。
好き、好き、好き、好きぃ〜〜〜
2009年4月11日付のブログにもVicenza(ヴィチェンツァ)のスフォリアティーネが登場してます。


ヴェネツィアだと、Zaleto(=Zaeti)のようにとうもろこしの粉を使った少し黄色がかったお菓子が多いのが特徴。
フィレンツェではなかなか?全然?見ないですね。



ヴェネツィアをぶらぶら歩いている途中に「あっ!」と思った懐かしの建物がこれ


約20年前、私が初めてイタリアの地を踏みヴェネツィアに来た時に泊まった女性専用の宿泊施設。
シスター達が管理していて、質素な部屋で門限があり、数泊寄宿舎体験をした思い出の建物です。
今はもう閉まってしまっているようで、ちょっと寂しかったですね。

なんでこの宿を選んだのか?
それは、滞在2ヶ月のうち1ヶ月はフィレンツェの語学学校に通い、残りの1ヶ月は友人と一緒にイタリアの20数都市をバックパックを担いで旅行したので、少しでも安い宿に泊まりたかったから。
そう言えば、ローマでもサンタ・マリア・マッジョーレ教会近くのシスター管理系の宿に泊まりましたね。
あ〜、懐かしい。
1ヶ月で20数都市って、今は絶対に無理!
で・き・ま・せ・ん。

日本だったら20年前の建物がないことも多いですが、イタリアはちゃんとあるところが嬉しいですね。
20年前の思い出の地巡りに出るのも楽しいかもな〜。

宮崎

今週〆のクリック!


 
Posted at 06:20 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
10月「肉の日」のお知らせ / 2011年10月21日(金)
日に日に寒くなってきて、体が温まる食べ物が欲しくなる季節となりました。
毎月恒例の「肉の日」にも煮込み系が登場する機会が多くなりそうです。

【「肉の日」のイメージ写真】

さて、10月の「肉の日」は1880年からの伝統があるレストラン
「Buca Lapi」(ブーカ・ラーピ)19:30からの開始です。
フィレンツェ市内、数多くのレストラン・トラットリア・オステリアが
Bistecca alla Fiorentina(ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ)を出していますが、
ここのビステッカは確実に5本の指に入ります
更にその上の3本の指に入るかどうか確認する意味も込めての今月の「肉の日」。
あの美味しいビステッカを想像しただけで、PC前でよだれが出ます・・・。
おそらく入るでしょう、3本の指に

それからここでどうしても食べたいのが、太麺のPici(ピーチ)
今年の4月に初めてここでピーチを食べ、
「お〜、フィレンツェ市内でもこんなに美味しいピーチが食べられるんだ!」
と感動した事を覚えています。
(ピーチはシエナ近郊ではよくみかけますが、フィレンツェ市内のレストランではなかなか見かけないパスタです。)
10月29日のメニューにあるのかどうかは分かりませんが、ビステッカをしっかりと頂いた後、このピーチへと戻りたいと思っています。

こんな食べ三昧にお付き合い頂ける方、お気軽に下記メールアドレスまでご連絡下さい。

info@italia20.jp
皆様のご参加をお待ちしております

宮崎

よだれを拭きながら、クリッククリック





 
Posted at 00:34 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(2)
カラフル&オリジナリティーある腕時計 / 2011年10月19日(水)
ヴェネツィアに行った時の話。

迷路のような道を歩いていると、とってもカラフルな腕時計を並べているお店を見つけました。


文字盤とストラップが同じ色で素敵。


ここの腕時計はカラフルなだけではなく、色の組み合わせが自由自在なのがポイントです。
そう、ストラップと文字盤がバラバラになるのです。


好きな文字盤の色とストラップを組み合わせると、こんなにもいろいろなパターンが出来るのです。
一番左上にある組み合わせ、チョコレートの「アポロ」っぽくて可愛いい。
思わず、食べてしまいそう。


ストラップは1つ6ユーロ、文字盤は白は13ユーロ、カラーは19ユーロ。
19〜24ユーロで自分だけのカラフル腕時計の誕生です。

ブランド名はfullspot
現在、ヴェネツィアに2店舗、その他ヴェネツィア近郊の町Jesolo(イェーゾロ)に2店とペルージャとバルセロナに1店ずつあります。
フィレンツェではポンテ・ヴェッキオ近くのショップで見かけました。

これ、アクセサリー感覚でつけられそうですね。

宮崎

今日もクリックありがとうございます!



 
Posted at 17:05 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
10月17日号/ タコを使ったイタリアンレシピ、魅力の町2つ、キリ番賞品発表! / 2011年10月17日(月)
毎日天気はいいものの、ここ最近グッと冷え込んで来たイタリア
ようやく秋らしくなったのかなと思う今日この頃です。

10月17日更新のお知らせです。

【イタリアン・レシピ】
セコンドはタコを使ったトスカーナ料理
その名も「Polpo in Galera」(牢獄のタコ)
なんともまあ恐ろしい名前。


ドルチェは、洋梨をたっぷり使ったしっとりタルト
しっとり感がたまらなく美味しい一品です。



【イタリアの魅力ある町】
イタリアの首都Roma(ローマ)と世界遺産にも指定されているPienza(ピエンツァ)を更新しました。
ローマももちろん世界遺産です!
イタリアは本当に世界遺産が多い国。
ピエンツァ情報には、マンマが腕を揮う美味しいレストランも紹介しています。

 

【展示会スケジュール】
イタリアで数多く開かれている展示会スケジュールを更新しました。
ビジネスチャンスを狙っている方、要チェックです

【キリ番賞品】
9月の忙しさに紛れ、賞品を発表する前に過ぎてしまった
255,000番分と合わせてのWプレゼントです。
260,000番を獲得した方には2つの賞品をお届けします。

その1:乾燥ポルチーノとポルチーノ固形ブイヨン
乾燥ポルチーノと言っても形がしっかり残っているものとバラバラと細かくなってしまっているものなどいろいろあります。
今回用意したのはしっかりと形が残る高品質のポルチーニ、スタッフもご愛用の中央市場内「ボッテカ・ゴローザ」からの提供です。


その2:サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の石鹸
以前も賞品として紹介した人気の一品です。
可愛い箱に入ったこの石鹸を使ったら、あなたの肌もツルツルに大変身!


是非とも、頑張ってキリ番を狙って下さい。



キリ番狙いつつ・・・、クリッククリック!


 
Posted at 21:35 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
イタリアの地テジ / 2011年10月14日(金)
日本はこの夏、アナログ放送が終了し地デジになりましたね。(一部除く)
アナログ放送が終了するにあたり、日本では数年前から告知されていたのは周知のこと。

イタリアも日本他、他国同様地テジへと移行しつつあります。
「移行しつつある」というのは、地域ごとにそのタイミングが違うから。
地デジ放送開始を「Switch-over」アナログから地デジになることを「Switch-off」と名付け、2008年から各地域ごと(基本的には州単位)に地デジ放送が始まりました。

一番最初に完全地デジになったのは2008年のサルデーニア
その後、
・2009年
ピエモンテ、ヴァッレ・ダオスタ、トレンティーノ・アルト・アディジェ、ラツィオ、カンパーニャ
・2010年ロンバルディア、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア、ヴェネト、エミリア・ロマーニャ

2011年の今年、ようやくトスカーナ、リグーリア、ウンブリアまでこの波は辿り着きました。
2012年マルケ、プーリア、バジリカ―タ、カラブリア、シチリアへと続くようです。

スケジュールはこちら


今年「Switch-off」を迎えるトスカーナですが、これも一気に変わるのではなく町・市ごとにこんなに細かく分かれています。


11月7〜11日と11月14〜18日は各4段階11月22・23日は2段階に分けて。
いや〜、細かい

トスカーナの州都でもあるフィレンツェは11月18日

でも、日本のように「アナログ放送終了」の告知を見ません
しているのかもしれないけど、友人のフィレンツェ人ですら
「エッ、11月18日なんだ! 家のテレビじゃ見られらなくなるのかな?」
なんて呑気なことを言ってました。

別の友人に
「日本はもう数年前から告知していたし、地域ごとじゃなくてほぼ一斉に変わったよ。」と言うと、
「まあそれが普通なのかもしれないけど、イタリアは何事においてもa mano a mano(だんだんに)だからね。11月18日にフィレンツェでアナログ放送が終了するのもあと10日くらい経ったらキャンペーンをし始めるんじゃないかな。」
とこれまた呑気なことを言ってました。

スッゲー、この国。

あと1ヶ月後には、うちのテレビはただの黒い大きな物体になってしまうのね〜。
なにせ10年以上も前に買ったブラウン管タイプのテレビなので完全に見えなくなると思います。

呑気な友人は
「チューナーを買えばいいんだよ。50ユーロくらいで買えるだろうから、わざわざテレビを買う必要もない。」
と言ってましたが、さてどうしましょう?

まだ1ヶ月あるからゆっくりと考えることにします。
人の事を呑気呑気と言っている私も相当呑気であることは確かです。

宮崎

呑気呑気にクリック1回!


 
Posted at 22:10 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
9月「肉の日」報告 / 2011年10月13日(木)
ペルバッコスタッフ一同、バタバタと忙しく過ごしていた9月。
特に横田は、8月の日本からの帰国翌日「肉の日」に引き続き、
9月はローマ出張から帰ってきた当日に開催された「肉の日」。
「肉の日」は何があってもやる、そして参加する精神です。
はい。

今回の開催場所は、フィレンツェの中心街から少し離れたエリアにある
CUCCHIETTA(クッキエッタ)
トスカーナ料理の代表リボッリータやパッパ・アル・ポモドーロを食べる時に使うCucchiaio(クッキアイオ=スプーン)とお肉を食べる時に使うForchetta(フォルケッタ=フォーク)の2つの単語を1つにまとめた店名です。
もともとはTrattoria da Pietro(トラットリア・ダ・ピエトロ)という名前で営業していましたが、昨年6月(確か)少し場所を移動し、新しい店名にしてリニューアルオープンしました。

店内は白を基調としたモダンな雰囲気で「創作系イタリアンの店」を想像させますが、ピエトロさんの夢を引き継いだトラットリア・ダ・ピエトロの時と同じ家族が経営し、伝統料理を中心に楽しめるお店でした
スタッフの方の話によると、毎晩のように予約で埋まってしまうんだそうです。
しかも来るお客様がイタリア人ばかりで高年齢の落ち着いたご夫婦や昔から来ている常連さんっぽい人が多く、トラットリアの雰囲気を感じました。
おそらく、トラットリア・ダ・ピエトロ時代からの常連さんが多いんでしょうね。


さてさて、「肉の日」の報告といきましょう。
今回の参加者はいつもより少なく、全部で4人。
フィレンツェ在住者はスタッフ以外はゼロ。
日本、そしてハンガリー在住の方々が参加してくれました。
ハンガリー土産のフォアグラを頂き、最初に出てきたピッツァ生地のテーブルパンと共に記念写真。
クッキエッタはピッツァもあるのです。


何を食べたというと・・・。
前菜は、ズッキーニとパルミジャーノチーズのカルパッチョ黒トリュフ風味のラクレット

 
プリモは飛ばし、セコンドはフィレンツェの少し南に位置するインプルネータの伝統料理、Peposo(ペポーゾ)
トスカーナでは珍しく、焼いたPolenta(ポレンタ)がついてきました。


セコンド2品目は、もちろん
Bistecca alla Fiorentina(ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ)
4人だって食べます、食べます
他店に比べると少し薄いながらも肉肉しい味わいの一品でした。
注文する時に
「al Sangue(アル・サングエ=レア)でお願いします!」
と念を押したので、焼き加減もバッチリでした。
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナはもちろんアル・サングエが基本なのですが、焼き過ぎる所もあるので必ず言うようにしています。
なにせレアー好きなものでね。


付け合せは、温野菜
なんとお値段4ユーロ
他店に比べると安い
付け合わせだけでなく、他の料理も良心的な値段なのです。

あれ温野菜の隣の写真は付け合せ
そんなわけないですね、どう見てもパスタ。
しかもタレッジョチーズたっぷりのポルチーニのRavioli(ラヴィオリ)
戻りましたよプリモに

 
でもこの頃になると、お喋りに夢中になっているのは女性3人。
唯一の男性横田はお疲れモードで、8月に引き続きすやすやとお休み。
ヤバイ! 
「肉の日」で横田が寝てしまうのが恒例になりつつある・・・。

4人(実質3人)なのにまだ食べます。
最後の〆はドルチェ。

 
みんな住んでいる国が違うせいか、ハンガリー話や食べ物話をはじめいろいろな話で盛り上がりました。
「来年はハンガリーで再会?」なんて話もね。

「肉の日」というキーワードで今まで全く知らなかった方々と出会えるのは楽しいものです。

中心街から少し離れた地元の人に人気のクッキエッタを仕切るのは向かって右からマッティアさん、サマンタさん、ミケーレさん


とても感じのいいスタッフの皆さんと安心出来る料理があるクッキエッタ。
「また近いうちに来よう!」と思えるとてもいいお店でした。

少ない人数ながらもすごく楽しかった「肉の日」。
9月の報告をしたと思ったら、もう10月の告知をしないといけない時期ですね。
10月の「肉の日」の告知は近日中に
11月は普段夜の営業をしていない所で開催します。
11月29日は「いい肉の日」ですから
これも詳細はまた後日。

宮崎

ニクニク、クリッククリック!


 
Posted at 08:00 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
サン・ペッレグリーノとブルガリ / 2011年10月10日(月)
9月からSan Pellegrino(サン・ペッレグリーノ)の瓶ボトルが、
BVLGARI(ブルガリ)バージョンになっています。


普通の水なのに、なぜかちょっとリッチな気分を味わえます。

「サン・ペッレグリーノ」の故郷はミラノより北、スイスとの国境あたりに位置し、HPによると1509年にはあのレオナルド・ダ・ヴィンチも訪れた、歴史ある所です。

数年にわたる水質調査等をし、初めて瓶詰されたのは1899年。
全35,343本のうち5,562本は海外へと出荷されたんだそうです。

ブルガリバージョンの前、確か昨年(?)もエチケットがどこかのブランドだったんですよね。
う〜ん、どこだか忘れてしまいました・・・。
あ〜、気持ち悪い。
どなたか、思い出したらぜひご連絡を!

こういったコラボ企画は楽しいですね。

宮崎

シュワっと一杯、クリック1回!



続きを読む…  
Posted at 07:40 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.