ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2011年09月 | Main | 2011年07月»
お気に入りの香り / 2011年08月31日(水)
「私って結構匂いフェチかもしれないな〜。」
なんて思っています。

夏の夜、健康的な小麦色の肌を出していい香りをさせている女性に会うと「夏」を感じて好き。
同じく健康的な小麦色の肌を出して、さっぱりとでもほんの少し甘みのある香りを漂わせている男性が好き。
葉巻を吸いながら歩いている人の残り香を感じるのが好き。
自分が使っているレモンの香りのフランス製ボディークリームが好き。
などなど。

「エッ???」と思われる変なに匂いも好きですが、ここでは言うのを控えます・・・。

今、気に入っている匂いの1つがこれ。
リキッドタイプのソープ。


フェラガモ一族が経営するレストランやホテルで使用されているソープです。
初めて使った時に気に入り、即効どこで買えるかを聞き買いに行きました。

売っている場所は、フェラガモ一族が経営するセレクト雑貨のお店
Lungarno Details。

最近のお気に入りの一品です。

宮崎
香りって不思議な力があるな〜と思いつつ
クリック、クリック


 
Posted at 06:50 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
DAI-DAI / 2011年08月29日(月)
なんとな〜く暑さが落ち着いてきたような気がするフィレンツェ。

「町のジェラート屋さんはこの夏かなり儲かっただろうな。」
なんて事を考えている、いやらしい私です。

さて、ジェラートと言えば、フィレンツェ市内でのお気に入りは
「Perche` no」(ペルケ・ノ)
フィレンツェ以外で好きなジェラート屋さんは「DAI-DAI」(ダイ-ダイ)

店舗はなく、トスカーナの海近くにある工房で作ってそれを直売しているジェラート屋さんです。
よって、注文しない限りはなかなかお目にかかることはない
稀なジェラート。
フィレンツェ市内のレストランやトラットリアでたま〜にドルチェとしてメニューにあったり、お店からのサービスとして最後に出してくれる所もあり、「DAI-DAI」の文字を見ると「オ――ッ!」と思わず嬉しいぞ反応
してしまします。

レストランで見かけるのは、この一口サイズの
Bocconcino(ボッコンチーノ)


手作り+1つ1つ紙に包むのも手作業。
冷たいながらも、心温まるジェラートです。

Bocconsinoの他にもいろいろな商品があるんです。
いつかこのお店がフィレンツェに出来たらいいな〜。
はやると思うんだけどな〜。
私は買いに行くけどな〜。
オーナーに懇願の手紙でも書こうかな〜。

宮崎
「DAI DAI」には「ほらほら!」という意味もあるので・・・。
クリック、クリック、DAI DAI!!!

 
Posted at 05:25 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
エッ、そんなことってあるんだ! / 2011年08月26日(金)
8月15日の祝日、暑いフィレンツェ市内を抜け出し友人達と田舎にある宿兼レストランでのんびりしようと昼過ぎにレンタカー屋さんへと向かいました。

その日の計画は、現地に13時半頃到着して宿にあるプールに入って夜レストランで食事をし、そしてフィレンツェに帰ってくるという日帰りバカンス。

無事にレンタカーを借りて友人との待ち合わせ場所に行き、さてみんな揃ったから出発と思ってエンジンをかけたところ、
あれ
かからない。

気を取り直してもう一度、
あれあれ
またかからない。

これはバッテーリーの問題だと思い、車を押してエンジンをかけようと観光客の皆さんの視線を浴びながらアルノ川沿いを数十メートル押しましたがダメ。
あらら・・・。

レンタカー営業所に電話をかけるも祝日なので13時まででおしまい、レンタカー会社の総合サービスセンターに連絡。
なかなかつながらず、その場にいた4人全員で電話をかけようやく繋がり事情を説明したところ、ACI(日本のJAF)が来てくれるとのこと。

「いつ頃到着出来るかはまたこちらから連絡します。」とだけ言われたので、まあ来るまでに時間がかかるだろと思い、近くで昼食を取ることにしました。
(みんなイタリア生活、慣れたものです。)

すると携帯にメッセージが!
「14:29頃に到着します」

「頃っていうか、かなり細かい時間だよね〜。でもまあイタリアのことだから、実際にはいつ来るか分からないよね〜。」
なんて話しながら、時間をつぶすこと約1時間半。
一応14:29前には車を停めた場所に行っていようということで戻ると、なんとなんと14:29ピッタリにACIの人がやってきました。

エ――――、マジ

思わず携帯の時間を写真で撮ってしまいました


全員一致で「絶対にどこかで待機していて、14:29を待っていたんだよ!」との意見。
イタリアのPuntuale(時間通り)をはなから信じていない私達。

さてさて・・・
駆けつけてくれたACIのおじさんもバッテリーが問題だろうと言い、いろいろやってくれましたがダメ。
完全にバッテーリーがいかれているのでは?ということになりました。



借りた車に乗れない私達は、祝日でも営業しているフィレンツェ空港営業所までタクシーで行き、そこで新しい車に代えてもらい、結局は約3時間遅れでの出発となりました。

タクシー代はもちろんレンタカー会社が払い戻しをしてくれるのですが、空港営業所には現金がなく、返却する時の営業所でもらえとのこと。
はいはい。

「今回のこの問題に対して、レンタカー代は返金されないのか?」と聞いたところ、営業所ではどうすることも出来ないのでサービスセンターに問合せろとのこと。
はいはいはい。

いや〜、それにしても今回の参加メンバーみんな、イライラタイプじゃなくて良かった。
1人でもイライラさんがいたら、せっかくの日帰りバカンスが台無しですから。

どんな時にもポジティブに考えるのが一番!

今年の夏の思い出のお話でした。

宮崎

イライラせずに・・・、クリック1回


 
Posted at 08:43 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
ピノッキオ / 2011年08月25日(木)
トスカーナ生まれの「ピノッキオ」

この夏、お客様とサン・ジミニャーノに行った際、可愛いピノッキオの絵を見つけました。
色合いや描かれている場面が今までよく見てきたピノッキオの絵とは違い、惹きつけられてしまいました。

絵を描いたのはMassimo Pantani(マッシモ・パンターニ)さん

栞や額入りの他、



数枚セットになっているものもありました。
セットになっていると余計に可愛い。


店内には、この絵をモチーフにしたポストカードやノートやメモ帳もありました。
小さい子へのお土産になんていいですね。

トスカーナの景色の絵もあるこのお店、サン・ジミニャーノのメインストリートVia San Matteo(サン・マッテオ通り)沿い、Porta San Matteo(サン・マッテオ門)の少し手前右側にあるので、ぜひ覗いてみて下さい。
(お店の名前を覚えておらず・・・。)


その手前には、テーブルクロスやテーブルナフキン、様々な大きさのタオルなどを売っている素敵なお店もあります。
(これもお店の名前を覚えておらず・・・。)

サン・ジミニャーノは小さなお店が並んでいて、面白いですよ!

宮崎

ピノッキオ可愛いな〜
クリッククリック



 
Posted at 09:30 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
8月「肉の日」お知らせ / 2011年08月22日(月)
毎日、毎日、暑い、暑い暑〜い イタリア

今週のフィレンツェは、連日最高気温39℃最低気温20℃の予報。
恐ろしい・・・。
連日の暑さで食欲がなくなるかな〜と思いきや、いつでも「肉」
欲している私は、正真正銘の「肉食系女子」です。


さて今月の「肉の日」は、日本滞在を終える横田も参加の通常バージョンでの開催です。
フィレンツェでの「肉の日」参加のため、前日の28日にフィレンツェへと
戻ってきます。
「肉」のために動きます

詳細は以下の通り。

日にち:8月29日(月)
時間:19:30開始
場所
Vecchia Osteria Nacchero(ヴェッキア・オステリア・ナッケロ)
場所が分からない方はバスのチケットを購入のうえ19:10にサンタ・クローチェ教会近くにかかっているグラツィエ橋で待ち合わせにします。
参加ご希望の方には、メールにて場所の詳細をお知らせ致します。
お問い合わせ・連絡先info@italia20.jp

このオステリアは「肉の日」参加歴数回、このブログにもたまに登場する大食いファイターことコック・元吉賢一さんが職場近くのバールで知り合ったおじさんから「ぜひおいで!」とお誘いをうけた所なのです。
おじさんはここで働いているらしく、「せっかく声をかけてくれたんだからこれも何かの縁、行ってみよう!」ということになったのです。
更に、横田と宮崎の家の近くということもあり、私達2人は「気になるね〜、いつか行かないとね。」と言っていた所でもあるのです。

ホント、です

すでに数名の方から参加希望を頂いております。
8月29日にフィレンツェにいらっしゃる方、ぜひぜひご参加下さ〜い

まだまだ続きそうな暑い夏を乗り切るためにも、しっかりと肉を食べて
体力をつけましょう

日本にいらっしゃる方は、渋谷のオステリア・ベオーネへ!
イタリアに負けない「ガッツリ肉」が楽しめます。

宮崎

今週もクリックありがとうございます!


 
Posted at 09:13 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(2)
便利な一品 / 2011年08月19日(金)
かれこれ1ヶ月ほど前にtwitterでつぶやいた、便利商品。
Buitoni(ブイトーニ)のil saccoccio(イル・サッコッチョ)。
Novita`(新商品)です、Novita`


友人から「これすっごく便利! しかも美味しく出来るんだよ。」と聞き、私も早速購入して実際に使ってみたところ、いや〜便利便利。
で、美味しい美味しい。

この袋のちょうど真ん中と上の部分2ヶ所に切り口があり、真ん中を切ると粉末の調味料が、上を切ると透明のビニールと留めるテープが入っています。



これを鶏肉にまぶしてビニールに入れて、オーブンで焼けばいいだけのなんともまあ簡単な商品。
でも、美味しく作るためにはコツがあります。
(すでに2回使用し、少し研究しました。

〜作り方〜
1、だいたい一羽分の鶏肉(1kg弱)を用意し、各部位ごとに切る
2、ボールに鶏肉を入れ、粉末の調味料を全部入れまんべんなく調味料が行きわたるよう手でよく混ぜる
しっかり味がお好きな方は、ここで塩を軽くひとつまみ入れる
3、乾燥しないようラップをかけ、30分くらいおいておく

 
4、ビニール袋に味が馴染んだ鶏肉を入れ、上の部分にゆとりが出来るようビニールテープで留める
鶏肉の近くで留めないこと重要なポイント

5、200℃に温めておいたオーブンの真ん中より下の部分に鶏肉を置き
30分焼く。


焼いている途中にビニール袋が膨らむので、上の方に置かないこと重要なポイント

6、ビニール袋を破かないようにオーブンから出し、サラダ菜をひいたお皿にのせて出来上がり


超簡単で美味しい鶏肉料理の完成です。

今回使ったパプリカ味以外や魚用もあり、まだまだ楽しめそうです。

お家にオーブンがあるお友達へのお土産にもピッタリです。
軽いし、場所を取らないし、お安いし!
気になる方は、スーパーの調味料コーナーをチェックです。

いい物を教えてくれた友人に感謝感謝。

宮崎

「とにかく暑い!」と思いながらもクリック1回


 
Posted at 09:05 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(3)
8月、日本にて(イタリアン) / 2011年08月15日(月)
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
8月も15日を向かえ、この夏の日本滞在もいよいよ、終わりが近づいてきました。
今回も多くの方にお会いしております。

もちろん、イタリアつながりでレストランの友人のところにもお邪魔させていただいております。
そんな料理を一部、ご紹介。

こちらは以前、肉の日でもお邪魔させていただいた渋谷 BEONE(ベオーネ)

オステリア・ベオーネのブログはこちら

肉の日の様子はこちら
ここはワインとトスカーナ料理を楽しむ空間、生ハムやピーチのトマトソースなど、いろいろゆっくりと話をしながら。

そして場所を九州まで足を伸ばました。

恥ずかしながら、人生初の九州、福岡市、アンティカ・オステリア・トト

ここの本田シェフは、いつも仲良くしていただいている池田ご夫妻の紹介で、フィレンツェでもワインを一緒に楽しんだこともあり、共に共通のお客様を持つ知り合いでもあります。
シチリア料理が自慢で、この日は魚介のバジリコソースのパスタ、魚介のオーブン焼きに加え、お肉も欲張った夜でした。

アンティカ・オステリア・トトのホームページはこちら

残念ながらトロペア(玉ねぎの一種)しか写真を撮らなかったこのレストランは銀座のヴェネツィア風居酒屋Barababao (バラババオ)

スタンディングでも楽しめるこのレストランは、仕事関係でもお世話になっているグループのレストランです。
イタリアから直輸入している種類豊富なワインヴェネツィア風のおつまみなどで、旧知の友人と昔話に花を咲かせました。

バラババオのホームページ(ぐるナビ)

そしてこちらは渡伊したばかりのころ、知り合った友人新谷シェフが、ソムリエでもある奥様の淳子さんとやっている自由が丘のお店 Osteria HIDE (オステリア・ヒデ)

こちらはワインが美味しくなる料理メニューを楽しめます。
夜の営業の前のお休み時間にお邪魔して、長々と昔話に花を咲かせました
話しながらシェフが用意してくれたのは、ゴルゴンゾーラのタルト


このタルトとトリッパの煮込みに合わせてワインを頂きました。

オステリア・ヒデのホームページ

イタリア料理のほかにも沢山の場所で、いろいろなお料理と共に沢山の方にお話を伺っています。
感謝、感謝です。

まだ、しばらく日本におります。
お会いできる方はお会いしましょう!
これからレストランにお邪魔する際はよろしくお願いします〜

よこた

もぐもぐ、ぺちゃくちゃ
お腹周りが気になるが
たまの日本だ気にしない〜
クリック、クリック、応援してね〜
↓ ↓ ↓ ↓

 
Posted at 13:05 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
7月「肉の日」フィレンツェ編 報告 / 2011年08月09日(火)
いつもよりは少人数ながらも盛り上がった東京での「肉の日」
本家イタリアでの「肉の日」はいつも通り、食べました、飲みました、
で、今回は歩きました

「夏はやっぱり外で食事をしたいよね!!!」
ということになり選んだのはフィレンツェの隣町フィエーゾレにある
Trattoria Cave di Maiano
(トラットリア・カーヴェ・ディ・マイアーノ)


フィレンツェの町は小さいので、ちょっとバスに乗って町から離れると田舎になるのです。
カーヴェ・ディ・マイアーノへは、フィレンツェからフィエーゾレ行きのバスに乗り、途中で降りて徒歩約20分。
いや、30分は歩いたかな?
「もうそろそろ見えてきてもいいよね・・・。」なんて思いながらこんな長閑な景色の中を散歩しました。



一軒家レストランの庭に用意された私達のテーブルはこちら。


よ〜く見ると分かるのですが、石製の固定テーブル
まるで、原始家族フリントストーンの世界のテーブルにハイテンションになってしまった私。
1994年に公開されたあの実写版での映画、夢があって好きなんですよね〜。
おっと、話がそれました。

7月のフィレンツェ「肉の日」の参加者は7名。
男性1名にジェノヴァ在住のコックさんも参加したりして、いつものメンバー+新顔でいやいや食べました。

前菜は、コッコリ&生ハムクロスティー二・トスカー二

 
プリモはポ〜ンと飛ばして、セコンドに。
鶏肉と野菜のフリットミラノ風カツレツキアーナ牛ときのこのソテー

 
仔羊の黒トリフのせ


そして、そして・・・ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ


でもここで終わらず、付け合わせ2品プリモ2品セコンド1品デザート3品を注文。

お店の人も、ビックリしてましたね〜。
食べる量の前に、
・なんでこんな所に日本人が来るんだ
・しかも車ではなく徒歩で
で、お店の人の頭はおそらくマークだったのに、プリモに戻ってまたセコンドに戻るこの順番にマークの数は増えたでしょうね。
閉店後の話題は「日本人は、面白い食べ方をするよな。」だったと思います。

まあ、「プリモは〆」が「肉の日」の暗黙のきまりなのでね。

7月29日は金曜日だったせいか翌日からバカンスに入る人達同士の夏前食事をしていたテーブルも多いようで、ほぼ満席でした。
地元イタリア人で埋まる店ってフィレンツェの中心から離れるんですよね。

さて、今回の参加者はこちら。
「あ〜、食べたぞ!って顔してますね〜。
いいですね〜。



さて、8月29日はどこにしましょうかね。
また夏っぽい所がいいかな〜。
詳細はまたこのブログでお知らせします。

宮崎
見ているだけでおなかいっぱい・・・ですね。
今日もクリックありがとうございます。


 
Posted at 09:00 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
7月「肉の日」東京編 報告 / 2011年08月03日(水)
日本滞在中のよこたです。
無事に7月の「肉の日」東京編を終えることが出来ました。

場所は渋谷区松涛、松涛美術館となりのOsteria Assai(オステリア・アッサイ)
オープンしてまだ3週間、松涛美術館となりの隠れ家的なお店での肉の日です。
参加して下さったのは自分も含め12人、小雨混じりの中お越し頂き感激でした〜

オステリア・アッサイの説明は以前のブログに任せるとして…


さて肝心なお料理は
前菜はトスカーナ風サラミ・クロスティーニの盛り合わせとさっぱりしてい夏に嬉しいトリッパのサラダ
丁寧に煮込まれています。


プリモ・ピアットは白金豚と有機野菜のタリアテッレミートソースのリゾットです。
黄色いズッキーニをはじめとする有機野菜をつかったミートソースが幅広のパスタに良くあいます。
ミートソースのリゾットはとうもろこしの甘みを存分に引き出したこのリゾットも好評でした。


さあ、お待ちかねのメインの短角牛のタリア―タです。
しっかりした味わいの肉と有機野菜は食べ応え十分でした。


僕もちょっとしたお土産をイタリアからお持ちしました。
熟成させたペコリーノチーズピリ辛のイチジクのジャムをお持ちしました。
どうやら楽しんでいただけようなので、ホッ!


デザートはヘーゼルナッツのケーキ、自家製ジェラートが添えられました。


ここでこの日のお客様のお一人の広崎うらんさんによるソロコンサートとなりました。
広崎うらんさんは振り付け師で、現在「冒険絵本ピノキオ」という舞台の脚色・演出・振付も手がけています。
その舞台の中で「帰れソレントへ」を日本語に替え歌にして役者さんに歌わせるとの事。

イタリア好きの皆さんに、ぜひその替え歌を聞いて欲しいということでその歌をご披露いただきました。
とても楽しい替え歌はとても楽しいもので、盛り上がりました!
お時間のある方は是非とも足をお運びくださいね〜

冒険絵本ピノキオのホームページはこちら

広崎うらんさんブログはこちら


一しきりうらんさんの歌で盛り上がったその後は、お店からのプレゼントで食後酒をサービスしていただきました。
自家製クレーマ・ディ・リモンチェッロとバジリコチェッロで、食事の終わりに少し強めのお酒で肉の日東京編は終了です。


星誠シェフとアシスタントの石田さん、二人はイタリアの修行時代からの盟友です。
まさしく二人の息はぴったりでした。


遠方からも集まっていただきありがとうございました。
やさしい味付けのシェフのお料理と楽しい皆さんのおしゃべりで、とても楽しい夜となりました。
またフィレンツェで、もしくは東京の肉の日でお会いしましょうね。

楽しみにしていま〜す。

よこた

モリモリ、モグモグ
アッサイ・アッサイ
東京滞在食べ過ぎ中…
クリック・プレーゴ
↓ ↓ ↓ ↓

 
Posted at 11:40 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(2)
8月1日号、スペシャルキリ番と夏休み総チェック交通情報 / 2011年08月02日(火)
8月に入ったとたん、暑さが戻ってきたミラノ。
同時に街の人並みも一気に無くなるかと思いきや、先週既に減っていたのからはあんまり変わった気がしないのです。



その前があんまり涼しかったから、一足先にスペインにヴァカンスに出かけた友人カップルからは、暑すぎて昼間はあんまり動き回れない、なんて聞いてちょっと寂しいような気がしていたくせに、暑さが戻ると参ったな、なんて勝手な事を言っています。

        

イタリア情報サイト「ペルバッコ」号を更新しました。

 「252,525番」「252,526番」賞品発表!
  ニコニコ・キリ番の今回はちょっとスペシャル!
  NHK エンタープライズ様の提供により、「イタリア半島 港町巡り ぐるっと長靴4000キロ 前編」DVDをプレゼント。


(C) 2011 NHK・テムジン


海から体感した、新たなイタリアを発見!ジェノバからヴェネツィアまで、女優・野村佑香の半島沿岸4000キロの旅!


(C) 2011 NHK・テムジン

地中海に「長靴」型に突き出した、その美しきイタリア半島。
今年2011年で統一150周年を迎えるイタリアは、かつて小国割拠時代が長く続き、その名残りとして今も多種多様な文化を色濃く残しています。

女優・野村佑香が、ジェノバから最終目的地ヴェネツィアまでの港町を船で巡りながら、半島沿岸4000キロを旅する紀行ドキュメンタリー。


当たるまで待っていられないせっかちさんのために、この記事の最後にリンクを貼っておきますね。
  

夏休み前の、交通情報総チェック!!

フィレンツェ空港


イタリアの鉄道の旅


フィレンツェ市内バス (ATAF)



5つの手順で出来るイタリアン・レシピ

このレシピのお料理を東京都内2つのお店で月代わりメニューとしてご賞味いだだくこともできるようになりました。


渋谷区神宮前のトスカーナ料理「オステリア・ベオーネ


小田急線東北沢駅近くのアットホームなイタリア料理店「トラットリア・フィーリオ・ハギ

どのお料理なのか知りたい方はレシピトップページからレストラン・アイコンをチェック!
家庭料理の手軽さに、プロならではの気遣いや工夫を加えた味わいを確かめたら、今度はぜひ自宅でもチャレンジしてみてくださいね。

お楽しみください。

クリックありがとうございます!



         

「イタリア半島 港町巡り ぐるっと長靴4000キロ」DVD
今すぐ手に入れたい方のために!!

BOX セット前編のみ後編のみ、のリンクです。






 
Posted at 01:39 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.