ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2011年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2011年08月 | Main | 2011年06月»
甘くないから出来ること / 2011年07月30日(土)
コックの友人がお休みの日に夕飯に招いてくれました。

5種類のおつまみがズラリと並び、白×3→ロゼ→赤×2とワインの空瓶もズラリと並び、宴もたけなわ。
参考までに一番右上のボールは友人手作りの自家製納豆です。



宴の後半に〆のラーメンならぬ、〆のプリモとして用意されたのが、
こちらのなにやらピンク色のもの
手前はエビです。


ピンク色の正体は、聞いたことはありましたがまだ食べたことがなかった「イチゴのリゾット」
見た目は赤ワインリゾットを思わせますが、ひとくち口に入れると
イチゴの風味が
エビとの味わいもピッタリで、初の「イチゴのリゾット」を美味しく
頂ました。

この友人曰く
「イタリアのイチゴは日本のように甘くないから、出来るんだよね。」



そういえば、同席していた別の友人(コックではなく呑んべい)も夏になると桃のパスタを作るって言ってました。
これも桃があまり甘くないから出来るんだそうです。
今度は是非とも「桃のパスタ」を頂きたいものです。

甘くないからこそ出来るものって、他に何かあるかな〜。

宮崎

何かあるかな〜と考えながらクリック1回



 
Posted at 08:20 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
大人の誕生日会 / 2011年07月29日(金)
「誕生日アペリティーヴォするから来ない?」
とのお誘いをうけ、友人ミリアンのお宅へお邪魔してきました。
ちなみにこのミリアンは、本家サイトの料理教室・ナポリコースの先生でもあります。
料理教室についてはここをクリック

アペリティーヴォとは食前酒という意味で、食事の前に飲みながらちょっとつまむという意味合いでも使われています。

せっかくの誕生日だから、たくさんの友達と祝いたい。
でも、みんなでテーブルを囲んで食事をするのは大変だから・・・


という時に便利なアペリティーヴォシステム

お料理好きで上手なミリアン、美味しいおつまみを用意していてくれました〜。

イタリアの食材をいかしたものあり、


メキシコ料理のワカモレありとバラエティー豊かなおつまみ達。
このワカモレ、すっごく美味しいのです。
以前も作ってくれたことがあり、今回また食べられてうれしゅうございました。



「お皿は使い捨てだけど、ナイフとフォークはたくさんあるんだ!」
と思いきや、これプラスチック製のパーティー用。(下の写真・右)
本物みたいで、あらまあ素敵。

夏休みということもあり、ミリアンの子供はナポリ近郊の実家に預け誕生日の招待客は大人達だけ。
でも、隣りに住んでいる姉妹は両親と共に参加です。
お人形さんみたいな2人、彼女達もテーブルを囲んでアルコールなしでのアペリティーボをしていました。
可愛い

 

さて、今回の主役とそのお友達はこちら〜。
一番左がミリアンです。
個性豊かな仲良し3人組。
元気溢れる女性達って感じでいいですね。



ミリアン、お誕生日おめでとう

宮崎

「おめでとう!」とクリック1回


 
Posted at 07:30 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
フィレンツェっぽいHard Rock Cafe / 2011年07月26日(火)
世界中にあるHard Rock Cafe(ハード・ロック・カフェ)

6月中旬にフィレンツェにもオープンしました。
場所は共和国広場。

映画館だった建物を利用しているので、ショップ兼カフェバーになっているエントランス部分には大理石の柱があり、歴史と新しさがミックスされなんともフィレンツェっぽい感じに仕上がっています。



スクリーンと客席があったスペースの真ん中に大きな楕円形のバーカウンターがあり、レストラン兼バースペースになっています。

夏のせいもあり、観光客やフィレンツェ人で夜遅くでも賑わっていました。
今時の若者ではなく、往年のロックファンが多かったような気がしますね〜。

ハード・ロック・カフェの大ファンではないですが、
・フィレンツェにしては夜遅くまで飲めて食べられる(バーは2:00まで、レストランは1:00まで)
・ハンバーガーが食べられる
なんて理由から、ここのオープンを嬉しく思っている一人です。

ハンバーガーを食べながら、自分の好きなアーティストのPVが見られたら楽しいだろうな〜。

宮崎

リズムに合わせてクリッククリック!


 
Posted at 07:25 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
携帯、平日もつながります! / 2011年07月25日(月)
先週から、横田が日本におります。

よって、通常【土・日曜、祝日 10:00〜18:00】のみお問い合わせ可能な弊社携帯電話が、
平日もつながるようになっております

お問い合わせ番号:080-6726-1320
※おかけ間違いのないようお気を付け下さい
お問い合わせ受付時間:毎日 10:00〜19:00
横田滞在中お問い合わせ可能期限:8月21日まで
※8月22日以降は通常のお問い合わせ可能日・時間に戻ります。

移動や打ち合わせ中は出られないことがございますので、その際にはお手数ではございますが、お名前・連絡先・お問い合わせ内容をお残し下さい

改めてこちらから連絡を致します。

お問い合わせの他、「元気?」とのお声かけも大歓迎です。
お気軽にご連絡下さい。

メールやFAXでのお問い合わせは通常通り、24時間いつでもお待ちしております

スタッフ一同

電話もクリックもお待ちしています!


 
Posted at 08:08 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
ヴェネツィアでの定番 / 2011年07月24日(日)
定番その1
ヴェネツィアに行ったら、開いている限り必ず行く所がある。

「La Cantina」(ラ・カンティーナ)
住所:Cannaregio,3689


目的は、生牡蠣と白ワイン。
生牡蠣がない時には、その他のシーフードを盛り合わせにしてもらう。

お店のフランチェスコさんも「おっ、来たな!」という顔で迎えてくれる。


たまらん、この盛り合わせ。



定番その2
ラ・カンティーナからサンタ・ルチア駅までいつも走る。

ラ・カンティーナから駅へ向かうことがほとんどで、ここでのんびりしてしまうせいでいつも本気モードか小走りで駅に向かっている。
そろそろ学ばないといけないね〜、落ち着いて駅へ向かうことを。

ラ・カンティーナから駅までは20〜25分と考えておきましょう。

宮崎

週末クリックGrazie Grazie!!!


 
Posted at 07:00 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
ヴェネツィアに年に一度現れる橋 / 2011年07月23日(土)
先日、ウエディングコーディネイトの仕事で訪れたヴェネツィア

運河にはヴェネツィアの人達や観光客の足となるVaporetto(ヴァポレット)が行き来し、建物が並び・・・と、いつも通りのヴェネツィアの風景が広がっていると思いきや、よく見るといつもない所に橋を発見



ヴェネツィアの地図を見ると、大運河にかかる大きな橋は全部で4つ。

でもこれはヴェネツィア本島とジュディッカ島のレデンドーレ教会を結んでいる地図にはない橋なのです。
奥に見える教会がレデンドーレ教会。



ヴェネツィアは、カーニバル、映画祭、9月のレガッタレースが有名ですが、7月のこのレデンドーレのお祭りもヴェネツィア好き、お祭り好き、イタリア好きにははずせない大きなイベント。
ヴェネツィア人曰く、
「毎年、すごく楽しみにしているお祭りだよ!」とのこと。

毎年7月の第3日曜日に開催され、前日の土曜日の夜はジュディッカ島から花火があがり、この2日間のためだけに仮設の橋がかけられるのです。


レデンドーレ教会ではミサが行われ、たくさんの人達が参列していました。


ジュディッカ運河では、普段見ることのないカラフルな色のゴンドラがレースを行ったりしていて、お祭りモード満開
(う〜ん、かなり小さくでほとんど色なんて分かりませんが・・・。


花火は見られなかったものの、7月16日(土)19:00から7月17日(日)
23:00までかけられた橋を渡ることができ、感激でした


水の都・ヴェネツィアで見る花火、綺麗でしょうね〜。
いつかぜひとも見たいですね。

宮崎

ランキングクリックありがとうございます



 
Posted at 00:45 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(3)
7月18日号、冷たい料理で一息レシピとキリ番当選者 / 2011年07月19日(火)
狂ったような暑さの1週間前がウソのように、ミラノは涼しい週末がやってきて、久しぶりに熟睡できたような気がします。
このまま秋になったらさすがに寂しいね、なんて言う程。



そんな暑さまっただ中だった時、ヴェネツィアからほど近い友人の地元パドヴァに出かけてきました。
暑すぎて街の観光自体は少しだけだったのだけれど、とても印象に残ったのが世界最古のパドヴァ大学。
次にヴェネツィア大学、ピサ大学、と続くそうです。




入り口から天井や壁にびっしりとヨーロッパ中(世界中?)の貴族のエンブレムがびっしり。
ガリレオ・ガリレイが人体解剖を行ったという見学台にぐるりと囲まれた解剖室があったり、と
今のパドヴァは海に面していなくても海洋都市として栄えた歴史がよくわかります。

惣領冬実さんのコミック「チェーザレ 破壊の創造者」は、ピサ大学を舞台に、チェーザレ・ボルジアを中心にフィレンツェのメディチ家次男坊ジョヴァンニ・デ・メディチなど実在の人物が繰り広げる歴史絵巻ですが、この大学の趣のある教室を覗いた時は、そんな彼らが議論する姿が目に浮かぶようでした。




フィレンツェでも出入り口付近の建物壁面に良く目にする、馬をつなぐための金具も人魚を模していて面白い!


去年くらいからミラノでブームが戻ってきたカクテル、スプリッツはこの辺りの発祥。
暑い夏にはこのさわやかな味わいがうれしいのですが、友人曰く、これが本当のスプリッツ!
ミラノのはなんだか違う、のだそうです。

サカテ@ミラノ

     

イタリア情報サイト「ペルバッコ」7月18日号を更新しました。

5つの手順で出来るイタリアン・レシピ
  野菜を使ったメイン料理とつめたいデザートのゆっくり楽しみたいメニュー。


前菜 パキーノ風片口いわしのマリネ



プリモ トマトソースのニョッキ



セコンド ズッキーニの鍋入り卵焼き・ピザ職人風



ドルチェ コーヒーのセミフレッド


「250,000番」当選者発表!
  次回は「252,525番」、ニコニコキリ番です!お楽しみに!

毎月29日のITALIA20(イタリア・ヴェンティ)人気イベント、29(肉)の日の7月は既にアナウンスされている通り、日本とイタリアとの同時開催。
スタミナつけて、この暑さを乗り切りましょう!

詳しくはこちらから
 日本の肉の日詳細(残り後数席、お早めに!!)
 イタリア(フィレンツェ)の肉の日詳細


お楽しみください。

 
Posted at 18:14 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
7月「肉の日@フィレンツェ」のお知らせ / 2011年07月15日(金)
お待たせしました。
7月「肉の日」のお知らせです。

今月は東京でも開催するので日本とイタリアでの同時開催
東京に開催内容に関しては、下記リンクをご覧下さい。
ちなみに東京の開始時間は19時です。
まだ若干席が残っているので、ご希望の方はお早めにお知らせ下さい。
7月「肉の日@東京」の詳細はここをクリック



本家イタリアでの「肉の日」
は、夏ということもありフィレンツェ郊外の外で食事が出来るトラットリアにしました。

≪ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナのイメージ写真≫

レストラン名:
Trattoria Cave di Maiano(トラットリア・カーヴェ・ディ・マイアーノ)
開始時間:19:30
フィエーゾレに行く途中にあるレストランです。
最寄りのバス停(市バスATAFの7番)から2km弱あるので、バスを降りてから20〜30分ほど歩きます。
食事の前のちょっとしたウォーミング・アップ
帰りはみんなでタクシーで帰ってくる予定です。

基本現地集合ですが、
場所が分からない方はバスのチケットを購入の上、
18:40【時間厳守】にサン・マルコ広場の真ん中にある像の下へお集まり下さい。
18:45、サン・マルコ発のバスに乗っていきましょう。

それでは、今月も皆様のご参加お待ちしております。
参加ご希望の方はinfo@italia20.jpまでご連絡下さい。


暑さも落ち着いてきたので、食欲モリモリ
クリック、クリック


 
Posted at 07:08 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
6月肉の日「報告」と7月の肉の日「お知らせ」 / 2011年07月12日(火)
まず、お知らせです。
7月肉の日は東京とフィレンツェの同時開催となりま〜す!

東京の開催は横田担当で、渋谷区松涛に開店したばかりの「Osteria Assai:オステリア・アッサイ」にてお肉を楽しみます!

オステリア・アッサイを取り上げたペルバッコ・ブログはこちらです



フィレンツェを中心にイタリア各地で修行を重ねたシェフ星誠(ホシマコト)君が、お客様に満腹になって帰っていただきたい、という思いをこめて、満を持してオープンしたお店です。
僕も今から、訪問を楽しみにしています。

日時:7月29日、開始時刻は決まり次第、改めてお知らせします
場所:Osteria Assai(オステリア・アッサイ)
参加費用:お一人様7,000円

現在予定している料理内容は

前菜:トスカーナ風サラミ・クロスティーニの盛り合わせ、トリッパのサラダ
プリモ:ミートソースのリゾット、白金豚と有機野菜のタリアテッレ
メイン:短角牛のタリア―タ
デザート、コーヒー、ワイン
(食材の都合で変更する場合もございます)

ご注意ください!
今回は私・横田の他12名様での限定開催となります!

ご希望の方は早めにお知らせください。

フィレンツェ開催ご希望の方は、近日中に詳細をお知らせ致しますのでそちらの告知をお待ちください。

問い合わせメールを送る



それでは、ここより6月の肉の日の報告です!!

6月の肉の日はフィレンツェのアルノ川を渡った向こう側、ワインの品揃えでも有名な「Trattoria Il Guscio:イル・グーショ」におじゃましました。
前回はキャンティの田舎に出かけて楽しみました。
今回はフィレンツェの町の中で楽しめるお店を選びました。

総勢10名、日本からのお客様も3名来てくださり、色々な話題に花が咲きました!
10名集まると、程よく、色々な肉料理が楽しめるので、フィレンツェ滞在組もうれしいですね〜!!

前菜にはま少し野菜も入れてみました!

暖かい前菜の3種の盛り合わせ、みんな美味しかったけれど僕のお気に入りはスフォルマートだったなぁ。

その他、ポルチーニの載った小さなカルパッチョクロスティーニの盛り合わせ

ちょっと生なのが気になるところだけど、やっぱりトスカーナの生肉・カルパッチョは美味いぞ

あくまで肉メインなので、パスタはお口直し(笑)程度にホロホロ鳥のミートソース

ミートソースがお口直しって、、、良いよね〜

いよいよメインイベント。
まずはパスタでも楽しんだホロホロ鳥をメインではチーズを載せてオーブン焼きに、それにあわせて仔羊も熱々のうちにどうぞ!

そしてお待ちね「フィレンツェ風T ボーンステーキ」通称ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ!
大人数だからこんなに色々、肉料理が楽しめるよね〜と話しながら、完食!


最後はビステッカの後でも楽しめちゃうしっかりした個性的な肉料理
鶏レバーを載せた牛フィレ肉、ヴィン・サントソースだ。
たまらないな〜、今思い出しても唾ごっくん料理でした。


デザートもとりわけで数種類。
写真は水牛のリコッタチーズが中に入ったパイ生地カップティラミス、でもこのほかにも2種類ほどデザートをしっかり平らげている僕達です。
このカップデザートがあまりにも美味しく、スタッフ宮崎は今もなお「あ〜、美味しかった。また食べたい!」と言い続けています。
甘い物にあまり反応しない宮崎がここまで言うのは珍しいのです。
そのくらい美味しかったってことですね。


仲の良いフィレンツェの仲間達に加えて日本からの素敵なお客様が参加していただいて、いつも通りとっても素敵な肉の日となりました。

肉料理を通して、これからも素敵な出会いが生まれるといいなぁ〜
と、6月の肉の日報告でした!

よこた

暑い夏だってお肉を食べればがんばれる!
むしゃむしゃ、もりもり、クリッククリック
↓ ↓ ↓ ↓

がんばれ、応援プレーゴー!!


今日のブログをお伝えしたよこたのshojiyokotaをフォローしましょうもよろしくです


 
Posted at 08:45 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
見つけた! トスカーナパン / 2011年07月10日(日)
トスカーナパンは塩なし。
だからこそ、「素材そのものや焼き加減の具合が大切」だと思う。
焼き方もガス/電気オーブンではなく、cotto a legno(薪使用の窯焼き)自然酵母が基本。
でもこの条件を満たすのを見つけるのは困難になりつつある。

レストランに行っても、「これ、美味しい!」って思うトスカーナパンに出会う機会は少ない。
だから、パンはあまり食べない。

でも、先日見つけちゃった。
美味しいトスカーナパン。
家の近くの食材屋兼小さな食堂で。
ワインとおつまみでのアペリティーボをしつつ、知らない間に出されたパンをバクバクと食べしまった。

お〜、やっと出会えた美味しいパン。
しかも家の近くっていうのが、うれしい。
500gで1.40ユーロ。



お店のおじさん、フィレンツェ近郊のサン・カッシャーノという町周辺まで買いに行っているらしい。
料理好きな友人も、美味しいパンを求めて同じくサン・カッシャーノ周辺まで買いに行くからもしかしたら同じ所なのかもしれない。

美味しいトスカーナパンって、ホント美味しいわ〜。
パンは塩なしが好き。

宮崎

パンパンパンッとクリックね!



 
Posted at 16:56 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.