ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2010年09月 | Main | 2010年07月»
パルミジャーノ@駒場 / 2010年08月26日(木)
まだまだ暑い日が続きますね〜
東京でも日焼けしています…
そんな中、先日お邪魔したのはイタリア厳選食材店「PIATTI(ピアッティ)」さん。

イタリア食材を専門に販売されています。
インターネットでも購入できますが、店長の岡田さんと食材やイタリアの話しをしながらゆっくりとお買い物できるのが実店舗の良いところ。

PIATTI のページはこちら
PIATTI BLOG はこちら

店内はこじんまりとしていますが、盛りだくさん。
塩、パスタ、パスタソース、オリーヴ・オイル、チョコレート、生ハム、サラミ、陶器などイタリアを強く感じさせられるものばっかり。

ここの一番のお勧めはパルミジャーノ・レッジャーノと生ハム。
パルミジャーノは切りたてが一番と言うことで、ショーケースの上には切った日付も書かれています!
一方、「生ハムは薄さが命」ということでスライスしてお持ち帰りいただけるようにお皿も用意されています。

この日は、たまたまチーズのオーダーが入ったため急遽チーズカットの実演に。
パルミジャーノ・カット専用のナイフを使ってサクサク切り分けます。

岡田さんいわく、
「チーズを切るのはリズムがあって、楽しいですよ〜、それに比べると生ハムは力仕事だね〜」、だそうです。


注文の大きさを考えながらどんどん切り出されていきます。


そしてこちらが切り出されたパルミジャーノ・レッジャーノ

「ここのところよ〜く見て!」と、岡田さん。
中心に近いとんがっている部分、ショートケーキで言うと生クリームがたっぷりの所。
「色が他のところと違うでしょ!これはチーズが空気に触れて酸化したところだよ」

ぼんやり見ていた僕ともう一人のお客様は「お〜、すげぇ〜」とミニミニ講習会。
だからこそ、切り立てにこだわるのだそうです。

ま、最終的には切り立てを味見させていただいて、
「やっぱり切り立てが美味いよね〜」
となるのは当たり前。


最近は食材を購入して、その場で封を切って、店内のテーブルでワインを持ち込んで楽しむお客さまもいらっしゃるとか。

「やっぱりワインも扱おうかなぁ〜」
と真剣に考えている岡田さんでした。

「そうだ、ワインを置こう!」と、もちろん自己中心的に賛成してきました!
是非一度、お試しあれ。

よこた@東京

いよいよ、8月も終わりが近づいてきました
まだまだ残暑は厳しそうです
水分とって、栄養つけて、もうすぐ肉の日
楽しみましょう〜

今日も訪問ありがとう
ワン・クリ、応援お願いね
↓ ↓ ↓ ↓ 


 
Posted at 11:22 / 日本より / この記事のURL
コメント(4)
打ち合わせ@イル・バーカロ 新宿 / 2010年08月24日(火)
この夜は友人の中村さんと打ち合わせ兼夕食でした。

場所は以前、ペルバッコの集いでも利用させていただいたイル・バーカロでした。
ペルバッコの集い2008の模様はこちら

よく食べ、よく飲み、よくしゃべり、ともに良く成長しようと企画計画中です。
決まりましたら、いずれご報告を。

以上、業務報告でした。

よこた@東京

まだまだ暑いですね〜
暑い「残暑(ざんしょ)!」なんて言ったら少しは寒くなるかも
と、思いながら言ったけど
やっぱり駄目でした…

親父ギャグに負けないでクリックお願いね!
↓ ↓ ↓ ↓ 

 
Posted at 17:20 / 日本より / この記事のURL
コメント(2)
ヴェローナの次は? / 2010年08月23日(月)
Verona(ヴェローナ)の次は?

そのまま東に進み、水の都Venezia(ヴェネツィア)
本島の他、1日かけてヴェネツィアンレース(Merlotto)の島・
Burano(ブラーノ)
ヴェネツィアングラスの島Murano(ムラーノ)へ行ったりとゆっくりと滞在しました。

カラフルな街並みのブラーノ島はテーマパークっぽいですが・・・



洗濯物が風になびき、道端で世間話に花を咲かせているおば様達も
いる普通の街(島)です。



花や花瓶の色と壁の色を合わせている家もあったりして、
可愛いのです。

 

サン・マルコ広場付近からブラーノ島までVaporetto(ヴァポレット)の
LN線に乗りLido(リド島)経由で約1時間15分。
ブラーノ島からムラーノ島まで同じくLN線に乗り約30分。
最後、ムラーノ島から5番線に乗り、サン・マルコ広場付近まで約30分。

ゆっくりと1日島巡りをするのもヴェネツィアの楽しみ方の1つですね。

宮崎

今日もクリック1回、ありがとうございます!


 
Posted at 07:29 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
夏と言ったら・・・ / 2010年08月21日(土)
ミラノの次の目的地はVerona(ヴェローナ)
夏のヴェローナといったら、古代ローマ闘技場Arena(アレーナ)での野外オペラ!
「いつか観に行きたい!」と思っていたところ、H夫妻のお陰で今年実現することが出来たのです。

演目は一番人気のAIDA(アイーダ)

開演1時間前までにチケットを受け取りに行かないといけないので、まずはアレーナ近くにあるチケット窓口へ。



開演は21時。
係りの人から「20分前までには会場に入って下さい。」との案内があったので、その前にレストランで食事を済ませワクワクしながらアレーナへ。

席はド真ん中の前から3列目。
ヴェローナのオペラはTシャツ&短パンでも全然大丈夫で気軽に楽しめるオペラなのですが、さすがに前の方に座っている人達はロングドレスやジャケットの人も多く、かろうじてスカートで行った私はまあギリギリセーフ。(???)

 

「アレーナでのアイーダは壮大なスケール」と聞いていた通り、ステージ上にはピラミッド、ステージ後ろの観客席(公演中は観客は入れないスペース)にも役者さん達が現れ、劇場内のオペラとはまた違った雰囲気。
声をあげ、飛び跳ねながら指揮をしていたDaniel Oren氏の姿も印象に残りましたね。



時間通り21時に始まり、第1幕と第2幕の間に15分の休憩、第2幕と第3・4幕の間に20分の休憩が入り、24時過ぎに終わったオペラ。
最後の挨拶で特に大きな拍手をもらっていたのが、アイーダ役のHui Heさんアイーダの父・アモナズロ役のAmbrogio Maestriさん
2人の歌声、良かったです!

2010年の他の演目、Turandot(トゥーランドット)とMadama Butterfly(マダム・バタフライ)の衣装担当はワダエミさん
あ〜、これも観たかったですね〜。

 

普段はいろいろなことが決まるのが遅いイタリアですが、2011年のアレーナ・オペラのプログラムはすでに決まっています。(写真左が第88回の2010年、右が第89回の来年2011年)
アイーダの他、セビリアの理髪師、ナブッコ、ラ・トラヴィアータ(椿姫)があり、楽しそうです。


オペラを身近に感じられるのは、イタリアならではかもしれませんね。

そうそう、公演中の撮影はフラッシュなであればOK。
でも、やっぱりフラッシュつけてバンバン写真撮っていましたよ、みなさん。
あらら・・・。

宮崎


暑いけど、クリック1回。アップアップ


 
Posted at 21:00 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(2)
オペラざんまいの日々 / 2010年08月20日(金)
ミラノは本当にゴースト・タウンだった!
と言うのは、実感を込めて記事にも書かれていましたが、実は第一週までは稼働している企業も多く、ほとんどの友人たちは働いていました。

反して宮崎がお店やレストランに閉まっているところも多いと感じたのは、少なからず不況の影響もあるように思います。
ゴーストタウン の記事はこちらから


Sferisteri 劇場


いつもなら私もその一人ですが、今回は一足早くお休みをもらって、ふたたびマルケ州 Macerata (マチェラータ)に出かけてきました。


La Forze del Destino より


なぜかというと、歌手である友人の出演するオペラ鑑賞をするため。
毎年開催される Sferisterio Opera Festival へのコーラス隊の一人として参加していました。

ちなみに彼の所属する il coro del teatro Regio di Parma は今年からヴェローナの野外劇場で開催されるオペラのオスカー賞 (OSCAR DELLA LIRICA)のコーラス部門で 2010 年最優秀賞を受賞し、この8月31日に行われるコンサートへの出演も決まっているんです。


Faust より


あまり話す機会もなかったものの、二人の日本の方が舞台裏を支えておられました。


Attila より


これまであまり触れる事の無かったオペラに、興味がわいてきています。

小さな街ならではの雰囲気とその周辺も堪能して、マルケ州に魅せられたバカンスでした。

サカテ


今日もクリックありがとうございます!


 
Posted at 10:59 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
週末にて 逗子編 / 2010年08月18日(水)
昨日の由比ヶ浜の週末の続き。

由比ヶ浜でゆっくりランチとワインを楽しみ、汗が落ち着いたところで次の目的地葉山に向かいました。
葉山方面はこちら逗子から向かいます。

葉山と言えば海、ヨットハーバー、別荘、もちろん他にもあるんだろうけど…これくらいしか思い浮かばなかった(泣)
でも今回の目的地は、海でもヨットでもなくこちらのお二人に会いに行くこと。

リカーズ・カサハラという酒屋さんをやっている笠原さんご夫妻。

リカーズ・カサハラのホームページはこちら
イタリアで何度かワイナリーをご案内しました。
そのうちの一度はローマ・テルミニ駅集合、日帰りアブルッツォなぁ〜んて言うのもしました。

一見すると「ワイン、日本酒が多少豊富な酒屋さん」かな、と言う感じですが、こちらの自慢は自分たちで育てたぶどう、米で造るワイン、日本酒

ワインは甲州のフジッコワイナリーの協力を得て栽培、収穫を行い、日本酒は田植え、稲刈りなどを常連のお客様と一緒に行ったものでお酒にしています。

フジッコワイナリーのホームページはこちら

「瓶に詰めてすぐの去年より、一年経った今年の方がワインが美味しくなったのよ〜」なんていう身をもって知った貴重なお話なんかを伺いました。

「結構、ぶどう園や田んぼでのイベントに参加したいお客様がいるのよ〜、今度はそんなお客様とイタリアのワイナリー巡りしたいわね〜
という楽しそうな企画まで飛び出しました。

都内から2時間弱でこられる逗子、鎌倉で過ごした夏の週末でした。
素敵な人、スポットがまだまだありそうで、また来ようっと思いつつ帰りましたとさ。

よこた@Giappone

この季節は海に行く人もたくさんです
次は水着を持って出かけたいものだ
波に乗り乗り応援クリックよろしくね
↓ ↓ ↓ ↓ 

 
Posted at 11:20 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
週末にて 由比ヶ浜編 / 2010年08月17日(火)
汗が止まりませんね…ほんとに
そんな日本出張中、先週末は電車に乗って知り合いをたずねに出かけました。

鎌倉駅前には人力車の方たちもがんばっていました。

人力車のお兄さん、とても暑そうでした。
そんなお兄さんたちを横目に向かった先は由比ヶ浜駅。
情緒あふれる江ノ電ですぐです。

はい、到着です。
イタリア食材と食事が楽しめる「OLTRE VINO」(オルトレ ヴィーノ)です。
以前スタッフ宮崎も記事にしたところですね

販売しているパスタソースや手作りパスタ店内でも楽しめるようになっています。
また選び抜かれたワインもとても良心的な価格でお求めいただけます、もちろん店内で楽しむことも!

店内の家具は奥様がイタリアから直接輸入した雰囲気あるもの。
まさしく夏の昼下がり、グラスワインを傾けながらのんびり過ごすのがぴったりの空間となっています。

こんなに素敵なお二人、古澤ご夫妻一記(かずき)さんと千恵(ちえ)さんが皆さんのお越しをお待ちしております。

そうそう、店内および料理の撮影はできませんのでご注意くださいね。
今回のお二人の写真は無理をお願いして撮らせて頂きました…

お近くにおいでの際には是非ともお試しくださいね。

ここでゆっくりお昼を楽しんだ後に向かったところはまた次回。

次回の日記はこちらから

よこた@Giappone

暑いと思いながら、向かった鎌倉です
海辺を走る江ノ電はこんな季節にばっちりですな
頑張ってお店についてよく冷えた白ワインはたまりません
汗かき白ワインクリックお願いします
↓ ↓ ↓ ↓


 
Posted at 14:55 / 日本より / この記事のURL
コメント(2)
まだまだ続く夏のマルケ / 2010年08月13日(金)
日本滞在中のよこたです。
ちょこちょこといろいろなところに出没・活動しています。

暑さは良いけど、湿気が苦手です…

タイトル通り、7月のマルケでのジャパン・フェスティバル、いまだこの東京でも熱覚めやらずです。
この日は打ち上げでした。

ジャパン・フェスティバルの模様はここから
マルケの模様 その1
マルケの模様 その2
マルケの模様 その3
マルケの模様 おまけ

普段、ほとんどのお客様とはイタリアで出会い、イタリアで再会します。
なのに、、、マルケチーム、初めて会った方がほとんど、なのに東京で再会
そんなに沢山あることじゃないです、僕的に。。。

場所は六本木のバール・デル・ソーレ、大いに盛り上がりました。

マルケ州のイベントがそのまま、六本木にきたみたい。
こういう人のつながりって良いですね〜

この日は勿論、夜更かししたことは言うまでもありません。
と言うより、朝まで…

こういう繋がりは、長く大切にしたいものですね。

よこた

いよいよ8月も折り返しです。
残りもしっかり楽しみましょう
今日も応援お願いね!
↓ ↓ ↓ ↓ 

 
Posted at 08:15 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
ゴーストタウン / 2010年08月11日(水)
現在、北イタリアを出張中。

8月のミラノはゴーストタウン!!!
めぼしいレストランはお休み、お店もお休みか営業時間が短くなっているか。

ゴーストタウンになっても観光スポットは開いています。
ドゥオモの上にも通常通り登れます。



ドゥオモの影が広場に映る様子、なかなかきれいですね〜。

ミラノの次は・・・・。
夏と言ったらね、あそこね。

宮崎

暑いけど・・・、クリック1回!!!


 
Posted at 16:45 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
強い!!! / 2010年08月09日(月)
食後に欠かせないのは、デザートではなく食後酒。

基本AMARO(アマーロ)、愛飲家。
※夏はLIMONCELLO(リモンチェッロ)もあり。

先日行ったレストランでアマーロを頼んだところ、
基本中の基本Montenegro(モンテネグロ)ともう1本初めて見た
Petrus(ペトリュス)
まず名前からして凄い。
ぺトリュスって・・・。

 

名前だけでなく、とにかく・・・
凄かった! 濃かった! 強かった! 

モンテネグロアルコール度23%、ぺトリュス45%。
薬草系の香りプンプン。
いくらアマーロが好きでもこれは飲めない・・・。
完全ノックダウン。

怖いもの見たさで、頼んでみたい方はポンテ・ヴェッキオ近くの
Buca dell'Orafo(ブーカ・デッロラフォ)へどうぞ。
現在、他の目ぼしいレストラン同様夏休み中。

アマーロにもいろいろあると学んだ日だった・・・。

宮崎

暑くても1日1回クリック、クリック!


 
Posted at 06:23 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.