ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2010年07月 | Main | 2010年05月»
遺跡だけではないローマ / 2010年06月29日(火)
遺跡を愛する私としては、
「ローマ=古代ローマ=遺跡」のイメージですが、
今回の出張では
「こんな所もあるんだ〜。」
と思うような所にも結構行きました。

下記2つは、50〜70年代くらいの家具がインテリアになったレストラン。
ここ以外でも、こういったヴィンテージ家具で統一しているショップやレストランが結構ありましたね〜。
流行なのかもしれません。


お店の中に市場コーナーがあり居心地のいい空間があるるのは、
食材にこだわったカフェ&ショップ。


白で統一されたカフェ&レストランと若くて元気のいいスタッフが揃っているレストラン。
このカフェ&レストランは、イタリア代表する歌手
Laura Pausini(ラウラ・パウジーニ)もお気に入りの所です。
その他、各界の著名人もよく訪れる所。


ローマはやっぱりフィレンツェより広く、いろいろありますね〜。
詳細は今年の秋をお楽しみに!

宮崎

ローマにクリック、ランキングにクリック


 
Posted at 06:58/ この記事のURL
コメント(0)
KABUKI / 2010年06月28日(月)
ローマ出張から戻り数日。

出張最後の日は、KABUKIを観に行きました!
市川海老蔵 ローマ公演 「義経千本桜」。



会場は、町の中心にあるTeatro Argentina(アルジェンティーナ劇場)
あまり大きくない会場だけに舞台との一体感があってよかったです。



さて、
数十年ぶりに観た歌舞伎。
面白かった

歌舞伎ってこんなに激しい動きがあるんだ
着物の色がきれい
鼓っていい音色を出すんだな〜
唄声すてき
音楽全てすてき
舞台裏ってどうなっているの?
舞台の上、裏方さんのプロフェッショナルさに感心

と、歌舞伎超初心者いろいろなことを思いながらの数時間。

「イタリア人はどう感じているんだろう?」
と思っていた途中の休憩時間に、後ろのイタリア人夫婦から声をかけられました。

ご夫婦「すみません。ちょっと聞きたいんですが・・・。」
私「はい、もちろん。なんですか?」
ご夫妻「女優さんは何を背負っているんですか?」
私「??? エッ? 背負っている???」
ご夫妻「大きな鞄? リュック?」

(背負う、鞄、リュック・・・・。私の頭は連想ゲーム。)

私「あ〜〜〜。あれは今でいうベルトのようなものでOBIと言うものです。」
ご夫妻「ベルトのようなもの???」
私「彼らが来ているのはKIMONOで、KIMONOにはボタンのように留めるものがないのでOBIというものでグルグルと体を巻いて留めるのです。女性の場合はこのOBIが長いので後ろで縛るとかなり大きくなるんですよ。」
ご夫妻「なるほど〜。」

なるほど、イタリア人はこういう視点からも観ているんだ。

会場には着物姿の日本人観客がけっこういたので、彼女達のOBIについても説明。

公演が終わり、カーテンコール。
ここで面白かったのが、カーテンコールの度にイタリア人が自分の席を離れ、デジカメを手にドンドンと舞台に近づいていったのです。
最後のカーテンコール時には、舞台近くにはたくさんのイタリア人集まりフラッシュがあちらこちらで光り、まるで記者会見会場のよう。

それほどまでして近くで観たかったんでしょうね。
写真撮りたかったんでしょうね。
要は、KABUKIが良かったんでしょうね。

お茶目なイタリア人。

「義経千本桜」。
「今度は日本で観たい!」と思っていたら、
今年の8月下旬から9月上旬に日本へ一時帰国(予定)する際にやっているんですよね〜。
1つは新橋演舞場で中村勘太郎さん&中村七之助さんと、もう1つは京都南座で坂東玉三郎さんと。
いいわ〜、この配役。
京都はちょっと遠いので、新橋演舞場へ行きたいな〜。

「イタリアで日本文化に触れるのって、いいものだ。」
と感じた夜でした。

宮崎


今週もランキング応援ありがとうございます!




 
Posted at 07:50 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(6)
フィレンツェの夏、ニクの月末 / 2010年06月26日(土)
やりましたね、ジャパン・サッカー!
残念ながら敗戦したイタリアですが、決勝リーグ進出を決めた日本を祝い、フィレンツェ市が花火をあげてくれました!!



というのは、冗談
日本のサッカーの試合のあった24日はフィレンツェ守護神のサン・ジョヴァンニの祝日だったため、恒例のミケランジェロ広場からの大花火大会でした。
例年のことながら夏の訪れを感じさせる催しです。
ますます空が夏色になってきています。

そして月末といえば、29日「ニクの日」ですね。

「今月はないんですか?」
「あれ? なし?」
という声がちらほら聞こえてきている今日この頃。

いやいや、今月もやりますよ〜。

場所はTrattoria Damasco(トラットリア・ダマスコ)


フィレンツェのSMN駅からバスで20分くらいのところにある地元人率高〜い所です。
高い? いや、ほぼ地元の人かも。

1940年代に食品やワインの販売をし、第二次大戦後から伝統的なフィレンツェ料理を出す店として今に至っています。
代表料理はもちろんビステッカ。
ショーケースには肉の塊が並んでいます。



ESERCIZI STORICI FIORENTINO(フィレンツェの歴史ある店)にも入っている歴史あるトラットリアです。

2009年4月に店舗を少し移動しリニューアルオープンしたダマスコで今月もガッツリ肉を食べましょう!

参加ご希望の方は、6月28日12時までに下記までご連絡下さい。
info@italia20.jp
トラットリアの場所と行き方をお知らせ致します。

場所が分からない方は19:25(時間厳守)にSMN駅構内の薬局前に集合し、一緒にバスで行きましょう。

それでは、今月も皆様の参加をお待ちしております!

スタッフ一同


ランキングの応援もよろしくお願いします!



 
Posted at 08:10 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
雨降る美食の季節 / 2010年06月22日(火)
「まったくもう〜」というくらい、落ち着かない天気です。
ジトジトジトジト、雨が続きます。

そんな天候の下でのフィレンツェ食い倒れミッション。
去年、雨不足だった分だけ今年は早くも食べごろ?てな感じで、今大量に楽しめるようです。

き・の・こ!!

では、レストランのおすすめ風にお楽しみください。

まずは前菜。

イタリアと言えばポルチーニ、グリルでも生のままサラダでもお楽しみください。
前菜からもう一皿。

なかなか食べ頃をゲットするのも難しい卵茸は、せっかくだからこちらもサラダでどうぞ。

ではプリモピアット。

ポルチーニの香りと味わいを幅広のパスタでたっぷりお楽しみください。

そして本日のおすすめのメインはこちら。

肉が見えないほどの黒トリュフをたっぷりのせたタリアータをご用意いたしました。
是非ともトスカーナの赤ワインとお楽しみください!

では、ごゆっくりお楽しみくださいませ〜

よこた


、と言うようなよだれたっぷりのブログを書いてみた後のコメントはどんなものだろう?
こちらも楽しみだが、成長しちゃったお腹周りも気になるところ…

ワン・クリックは何カロリー消費するのかな?!
消費するわけないだろークリックはこの下を!
↓ ↓ ↓ ↓ 

今日も訪問ありがとう!!

 
Posted at 07:20 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
6月21日号、天候の落ち着かない時期にはこんなレシピ?とヴェローナ2回目 / 2010年06月21日(月)
悔しい結果となった第2戦を終えたW杯。
引き分けの続くイタリアは、ミスばかりを指摘されるような試合運びで、なんだかいまいち盛り上がりに欠けているような気がします。

カッと夏のような日が射したかと思えば、まさにバケツをひっくり返したような雨が降ったりと、不安定なお天気が続いていますが、太陽がのぞくことを祈りつつリグーリアのチンクエ・テッレ周辺へ出かけてきました。

 「フィレンツェからの日帰り旅行ダイアリー」で
CINQUE TERRE(チンクエ・テッレ)を知る
(第7・8回)




どこの海も、その土地ならではの海の色というのがあると思うんですが、リグーリアの海はちょっと緑の混ざった独特な色で、とても印象に残ります。
1日目は期待に反して雨に降られてしまったけれど、2日目はまずまずの回復。
おかげでこんなにすっきりとした色を目にする事が出来ました。

木々の緑の中で、潮の香りも混じったマイナスイオンをたっぷり浴びて、
またしばらく頑張れそうです。

              

イタリア情報サイト「ペルバッコ」6月21日号を更新しました。


5つの手順でできるイタリアン・レシピ


前菜
アンチョビ風味のパプリカの前菜



プリモ
トマトと夏野菜の冷製スープ



セコンド
カサゴとエビのタイム風味のソテー



ドルチェ
イチゴとマスカルポーネの冷たいデザート



イタリアの魅力ある町
前回に引き続き「ロミオとジュリエット」「アレーナ」で有名なVerona(ヴェローナ)。
2回目の今回はヴェローナ観光にはかかせないスポット、食べ物について紹介します。






お楽しみください。



今日もクリックありがとうございます!


 
Posted at 15:15 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
危ないなぁ〜 / 2010年06月19日(土)
今週のフィレンツェは晴れたり急に雨が降ったりと落ち着かない一週間でした。
そんな気候でたまたま傘を持っていない時に雨に降られたら頼りになるのが壁際の軒下
フィレンツェでは壁際が雨をしのぎながらの通路になります。

そんな雨上がりの一幕、はしご車まで来て大騒ぎ。

どうやら壁の一部が落ちたようです。

誰も怪我をしていなかったら良いのだけどね。
あ、でもこんなに危険じゃ傘なしで雨に降られたら壁際歩けないなぁ〜、と考えて折りたたみ傘を持って歩く人が出てくるのだろうか…

きっと増えないね。。。
でも、ブロックにはあたりたくないよなぁ

よこた

こつん、あ、痛…
で、済めばいいけどね!

クリックしてひゅひゅっと避けよう!!
↓ ↓ ↓ ↓ 
今日も訪問ありがとー!

 
Posted at 06:40 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
出張中 / 2010年06月16日(水)
今日から、ツタが似合う建物と丘の多いローマへとやってきました。



数日間、キッチン付きのアパート滞在なので家アペリティーヴォをしてローマでの最初の夜を過ごしました。



必要なものを買おうとスーパーへ行ったところ、パスタ売り場に各メーカーのBucatini(真ん中に穴があいたロングパスタ)が多かったのはさすがローマ。
滞在中、食べるかどうか分からないけどブカティーニとアマトリチャーナのソースを購入しました。

郷に入れば郷に従え

10日弱のローマ滞在、
どんなことが起きるのか?
どんな人達と会えるのか?
楽しみです。

宮崎



 
Posted at 08:20 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(2)
イタリア第1戦 / 2010年06月15日(火)
日本、勝ちましたね〜。
よかった。

イタリア第1戦の14日夜、我が家の食堂としてよ〜く利用している
Ristorante del Fagioli(リストランテ・デル・ファジョーリ)での
ふたコマ。

ひとコマ目
いつもはテレビなんてない場所になぜかデーンと1台。
もちろんワールドカップの期間限定。

画面に集中するお客様4人とお店のAntonio(アントニオ)。


まるで誰かの家にいるよう。

その近くでテレビに見入る私。
イタリアがゴールを入れそうになった時に、思わず大声を上げてしまいみんなに笑われた私。
実際にゴールした時にはうっかり見過ごし、声を上げることも出来ず手を叩いて喜ぶのみ。

ふたコマ目
なんとか同点で試合終了した5分後には、あらら、さっきの光景が幻だったかのごとく、お客様は帰宅、テーブルはすっかりきれいに!



勝っていたら1勝の祝杯をあげていたでしょうに、勝つつもりの試合が同点だったのでお客様も元気なく・・・。

それにしても、引けが早すぎます!

今回のワールドカップ、私が応援するのはLippi監督
2連続優勝を果たしたら、そりゃあすごい!

さて、どうなりますか???

宮崎
日本、Lippi監督、ランキングを応援クリック!


 
Posted at 08:40 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
OLTREVINO(オルトレヴィーノ) / 2010年06月14日(月)
イタリアに長らく住んでいた友人夫妻が3月19日、
鎌倉市に素敵なお店をオープンしました。

名前は、OLTREVINO(オルトレヴィーノ)

「イタリアワイン 料理 食材 
そしてアンティークが楽しめるENOGASTRONOMIA」
(上記、オルトレヴィーノのHPより)


パティシエ、コック、ソムリエ、ワイン製造と豊かな経験とマルチな才能を持つ一記君(カズキ)とイタリアアンティークwebショップをしている
千恵さんの夫婦コラボレーションで出来上がったお店。

この素敵な空間。
センス良すぎです。
さすが!





イ―トイン、テイクアウトもでき、ワインも購入できるお店。
お〜、なんと理想的な!

先日、一時渡伊した千恵さんに会い、同じ世代の友人が頑張っている
姿にパワーをもらいました。

「プラスのパワーをみなさんにも!」
ということで、3ヶ月も遅れながらも書いています。

鎌倉及び近郊にお住まいの方は近くでイタリアを感じれられる場所として、遠く住んでいる方は週末を利用してぜひ足を運んでみて下さい。
一記君&千恵さん夫妻、とにかく素敵でいい人達です。

友人達の頑張り、前に進んでいる姿は自分にとっていい刺激になります。
私も一歩一歩前に進んでいこうっと。

各ブログもチェック
・オルトレヴィーノ
・一記君
・千恵さん

アンティークが気になる方はここをチェック
・OVUNQUE

宮崎
今週も応援クリックお願いします!


 
Posted at 09:10 / お知らせ / この記事のURL
コメント(2)
ロング・トラム? / 2010年06月13日(日)
現在、ミラノ出張中です。
湿気はあるけど、そんなに暑くないからまだ良いね。

そんなミラノの昼下がり、なが〜いトラム発見。
↓ ↓ ↓ ↓ 


そんなわけないっす、ただのトラムの渋滞です。
どうやら一台のトラムが故障で止まったらしい…

トラムが故障したらどうするのか?
答え:トラムで押してました!!

ミラノ在住のサカテから
「脱線したりするよ〜」
と聞いていたけど、、、実際に動かなくなったトラムを見たのは初めてでした。

よこた

トラムが止まると
「はーい、動かないからみんな降りてー」
と言われて下ろされました
目的地からとても遠いところだったらどうするんだろう…
歩く?歩く?、クリック!クリック!
↓ ↓ ↓ ↓ 

今日も訪問、グラッチェ〜

 
Posted at 16:38 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.