ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2010年03月 | Main | 2010年01月»
サルデーニャ!の夕べ / 2010年02月26日(金)
サルデーニャ!のたべではありません、ゆうべです。

本日(2月26日)は、私達の飲み仲間、食べ仲間、そう食いしん坊仲間としてつるんでいる池田夫妻の「サルデーニャ本」発売日です
その名も「Sardegna! サルデーニャ」(講談社)

イタリアと言っても独特な文化・風習・食があるサルデーニャ。
私個人的に、数年前から興味があり、憧れ続けているサルデーニャ。
楽しみな1冊が出来ました!
みなさん、本屋へGO!です。

または・・・
出版を記念し池田夫妻が凱旋、
来る2010年3月23日
中目黒のイタリア料理店「コチネッラ」において

「サルデーニャ!の夕べ」

と題した立食式の会費制パーティが開かれます。(お一人様3,500円/当日)
先日私達も「肉の日」でお邪魔した所です。


夫妻の友人パンツェッタ貴久子さんがサルデーニャ料理とサルデーニャ・ワインを用意、本人達もサルデーニャ産のボッタルガや菓子などを両手一杯に抱えて帰国するそうです。

あ〜、いいな〜〜〜。

料理準備の都合上、事前予約制となっているので
イタリア好きの方
サルデーニャに興味ある方
池田夫妻に会いたい方

迷っている暇はありません、すぐに連絡そして当日中目黒にGO!です。
Rotonda Club Italiana Blogここをクリック
連絡先:masakatsu@rotondaclubitaliana.com
必ず人数をお知らせ下さい。

当日は「Sardegna! サルデーニャ」本の購入も可能です。

宮崎

ダッシュ重要、クリック重要



 
Posted at 16:10 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
分からないって・・・ / 2010年02月25日(木)
2006年2月、ヴェネツィアのカーニバルを見に1泊2日で出かけた時のこと。

とあるバーカロで、そこで働いている女の子(確か当時20代半ば)と知り合った。
愛敬があるいい子だったもんだから、一緒に行った友人と横田と私の3人で「あの子いい子だね。」なんて話をした。
愛嬌ある子が「カーニバルだから、今晩は私も仮装をするの。みんなも仮装してまたここに寄ってよ。」なんて言うもんだから、言われるがままにまた夜寄ってみた。
彼女はピンクのうさぎの格好を、私達は仮装もせずそのままで。
一緒に写真を撮り、その写真は2006年ヴェネツィア訪問の思い出の1枚になった。

写真中央のピンクの彼女

あれから4年弱経った2009年12月にヴェネツィアに行った際、その時の写真をバーカロに届けに行った。
お店の人に「この子はまだ働いているの?」と聞くと、「あ〜、マリア(仮名)はもうここで働いていないんだよ。今はトスカーナにいるよ。」との答え。

エッ、同じトスカーナ?
あらら。

「トスカーナのどこにいるんですか?」と聞くと、「モンタルチーノのワイナリーで働いているよ。」
エーーー!!!
ワイナリー?

しつこい私達は「どこのワイナリーですか?」と更に質問。
「え〜っと〜〜〜。」

お店の人がワイナリーの説明を始めると突然横田が
「エーーーッ あのマリア」と興奮気味に大声を上げるではありませんか。

訳が分からない私は、「なんだ?なんだ?」と(はてな)マーク

なんとマリアは今、横田が仕事で付き合いのあるワイナリーで働いていたのです。
しかも、ワイナリーでもワインの見本市Vinitalyでも何度も会い、普段も電話やメールでやり取りをしていたマリアだったのです。

すぐにその場でマリアに電話をしたら、彼女自身もこの偶然にビックリ!

一方で、
「おいおい、たった数年前に会った子の事が分からないなんでダメだな〜横田。可愛くていい子だよね〜なんて話してた子なんだからちゃんと覚えていようよ!」
なんて思った私。

この偶然の出来事から約2ヶ月後、モンタルチーノで開催されたワインの試飲会に行き私もこのマリアと再会することが出来た。
再会して納得。
彼女すっかり大人になってしまって、これじゃあ分かるはずがない

マリアが、ニヤニヤしながら彼女の顔を見ていた私に「あの時のうさぎの姿を思い出して笑っているんでしょう!」って言ったけど、いやいやあなたの変わりぶりに思わずニヤニヤしてしまったのですよ。

再会を祝して一緒に撮った写真を2006年にヴェネツィアへ一緒に行った友人に見せたところ、彼女も「エーーー、分からないよね〜。髪型のせい? 少し面影はあるけど・・・。」とビックリしたもよう。

最初に会ったのが今から4年前。
4年で女性はこんなにも変わるものなんだ。
今はおそらく20代後半かいっても30代前半。
他のイタリア人同様、実際にはそれより上に見えるマリア。

イタリア人ってあっという間に大人顔になってしまうのね〜。
もしくは日本人がいつまでも幼く見えるのか・・・。

イタリア人女性から「私何歳に見える?」と聞かれた時は迷わず最低3歳、男性から言われた時には最低5歳、どう見ても60歳以上の男性に言われた時には10歳若く言うようにしています。
そのくらいでちょうどいいのです。
自分が思った年齢を言ってもいいけど、そうしたら絶対に相手は「ショック」を受けるだろし・・・。
傷つけるのはやめておきます。

私の場合、実際の年齢より若干(2〜3歳)若く見られます。
(イタリア人にはね。日本人からは年相応か年より上に見られます。)
でも仕事を通して知り合った人からは、年相応に見られます。
なぜって「●●して!」「この間お願いした■■はどうなってる?」と威張っているから!
もっと可愛く言わないとね〜。

宮崎

オッ!とビックリ、クリック1回


 
Posted at 17:42 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
イタリアには関係ないけど / 2010年02月24日(水)
物で溢れかえっている日本に行くと、欲しい物だらけで困ります。

「買っても持って帰れないし、今欲しくてもイタリアで使うか分からないし・・・。」
と思い、結局は買わないことが多いのがいつものパターン。

でも今回それを打ち破って、買ってしまったものがこちら。


なんじゃこりゃ

横から見るとこんな感じ。


ジッパーらしきもの

そう、まさにジッパー。
それをジーッと閉めていくと、あららこんな物になりました。

 
大きめサイズになるとこれ。


小さいポーチだってあります。


最初の1つは妹と両親からのプレゼントで、あとの3つは自ら購入。
気に入ちゃったもので

最初の1つ、ピンクと茶色の鞄を提げてとあるテパートに行ったら、店員さんから「この鞄、可愛いですよね。私も持っているんです。なんだか嬉しくて声をかけてしまいました。」と話しかけられた事もありました。
※デパートとこの鞄は無関係です。

洗濯機で洗えるって言うし、カラフルだし、値段も手頃だし、2010年最初のお気に入り商品になりました。
まだまだ形も色もいろいろあるので、「気になる気になる」は続きそうです。

イスラエル本社のZIPIT LTD
日本正規代理店のZIPIT JAPAN

宮崎

ジーッとしながらクリック1回!






 
Posted at 08:55 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
ブルネッロ 新ビンテージ / 2010年02月22日(月)
イタリアにもどり早速、ワインイベントでした。
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの新ビンテージ発表会「Benvenuto Brunello」に出かけてきました。

途中の畑では春を迎える準備が着々と進んでいました。
トスカーナ州でもっとも栽培されているサンジョヴェーゼというぶどう品種は春を迎える前、前年に伸びた枝を全て切り落とします。
新芽が吹き出す前にこの作業を行います。
だからこんな風景を見ると、春はもうすぐということ!

そんな作業中の畑を見ながら、いざ試飲会場に向かいました。

今回は新しくリリースされたロッソ・ディ・モンタルチーノ2008、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2005、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルバ2004の試飲です。

会場はこの通り、大盛況でした。
でも、すれ違えないほどの混雑は試飲も大変だけどね。。。

そして今年はもうひとつ。
ワインの町「モンタルチーノ」には毎年のぶどうの出来をデザインしたパネルが埋め込まれた壁があります。
毎年、有名アーティスト大手企業がその年のぶどうの出来栄えをデザインしてパネルにします。
これまでのパネルはPRADA、FIATなどなど。

そして2009年のぶどうの出来栄えをデザインしたパネルは、、、こちらでした。
日本でもドラマ化された漫画「神の雫」の原作家「亜樹直」さんと作画「オキモト・シュウ」さんによるものでした。
2009年は4星です、左上に星が四つ描かれています。

ちなみにブルネッロ・ディ・モンタルチーノ協会のフェイスブックにはその埋め込みの状況が紹介されています。
是非ともご参照ください


次のワインのビッグイベントはヴィーニイタリーです。
こちらもまた、楽しみですね〜
そんな週末でした。

よこた

たくさんの生産者が美味しいワインを持ち寄ります
美味しいからと言って飲みすぎると、たくさん試飲出来なくなります
高級ワインの試飲会のジレンマなのです…
飲んだら飲んだだけクリッククリック!
↓ ↓ ↓ ↓ 

今日も訪問ありがとう!

 
Posted at 08:00 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
行きつけの蕎麦屋 / 2010年02月20日(土)
イタリアでも日本でもホッと安心出来るのは行きつけの店

「ホッ」を求め、地元群馬に帰ると必ず寄るのが家から徒歩3分の蕎麦屋。
昨年リニューアルし、普段の営業スペースの他、日本家屋を利用しこんな隠れ家的な所もつくってしまいました。

まずは玄関。

中に一歩入ると、畳の上になにやら赤いものが・・・。


エッ鯉

そう、畳に刺繍された鯉なのです。
初めて見ました

鯉の奥にはカウンターがあり、ここが蕎麦会席を楽しむ場。


蕎麦尽くしの料理を日本酒と共にゆっくり頂きました。
日本酒の品揃えも素晴らしいのです。

 
天ぷらもカリッカリで美味しく、だ〜い好きです。


〆は田舎そば。
あのこしがたまりません。


蕎麦屋をしているのは小さい頃から知っている近所のお兄ちゃん、しかも貸切なので行きつけの店の「ホッ」に輪をかけて気楽なのです。

日本家屋の雰囲気もいい!
やっぱり畳はいい!
落ち着くわ〜。

宮崎

ホット一息、クリック一回


 
Posted at 18:25 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
ランテルナ・マジカ そして・・・ / 2010年02月19日(金)
約3週間の日本滞在を終え、無事にフィレンツェへ戻ってきました。

たっくさんの人に会った3週間。
なかなかPCに向かう時間もなくブログもさぼり気味だったので、いろいろ思い出しながら遅ればせながらの「日本滞在日記」をドドッと書いていきたいと思います。

昨年、「ペルバッコ新年会」の会場としてお世話になった
Lanterna Magica(ランテルナ・マジカ)
ご挨拶も兼ね、お邪魔しました。
2009年新年会の様子はここをクリック

宮崎的、日本に帰ったらぜひ寄りたいイタリアンの1つです。
そう、気に入っているのです。

何で気に入っているかというと・・・
・「エッ、こんな所にあるの?」って誰もが思うであろう立地
・店内に入ると元気いっぱい、笑顔いっぱいのスタッフが明るく迎えてくれるあの雰囲気
・イタリアのトラットリアにいるかのような気分になるメニュー達
・気取らず、イタリアらしさを出した味付け

よくある気取ったイタリアンでもなく、日本風にアレンジし過ぎたイタリアンでもなく、これまたよくある使う素材を並べただけのメニュー名では絶対になく、とにかく行って楽しくなんだか元気が出るトラットリアなのです。

前菜、プリモ、セコンドを食べ終わった頃、オーナーの阿部さんも登場し、お喋りに花を咲かせ、お料理と共に楽しませて頂きました!

「お店を盛り上げているスタッフの皆さん、全員集合!」の写真。
オーナー阿部さん、シェフも阿部さん、店長は・・・布上さん!
その他、私がイタリアで会ったことがあるのは、お洒落なメガネがトレードマークの倉島さん、いつも笑顔・美味しい物大好きな古川さん、イタリア研修旅行には欠かせないムードメーカーの西田さん。


さて、誰が誰だか分かりますか???

オーナー阿部さんは、ここの他にもう1軒お店を持っています。
名は
Antica Vineria Giuliano(アンティカ・ヴィネリア・ジュリアーノ)


ジュリアーノへ移動し、2次会の開始です。
オーナー阿部さんも道連れ〜。
と、ここですごい偶然な事が起こりました。

ジュリアーノでお食事をされていたご夫婦が横田に
「あの〜、横田さんですか?」
と話しかけるではありませんか。

何? 横田はそんなに有名か?
それとも何かしでかしたのか?

いやいや、なんと2006年秋にワイナリー訪問にご参加頂いたご夫妻だったのです!!!
私は「奥さんをどこかで見たことがある。」と思ってはいたものの、まさかここで会うとは思っておらず。
イタリアへいらした際、私は少ししかお会いしなかったので、確信が持てずすみませんでした!

以前、新年会のお知らせした際「出産間近」ということでその時にはお会いできず、でも数年経ったこの日お子さんも含め偶然の再会を果たすことが出来たのです。
いや〜、ビックリしました
嬉しい偶然

またこんな嬉しい偶然を体験したいですね〜。

宮崎

おっとビックリ、クリック1回


 
Posted at 07:01 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
2月15日号 ヴェネツィアのお気に入りの場所 / 2010年02月15日(月)
毎日、寒いですね。
咲きほころびかけている梅が寒さのために困っているように見えます。

そんな中、今回の日本滞在も無事に終われそうです。
日本でお会いできた方、出来なかった方、改めてイタリアでお会いしましょう

そして今日は2月2回目の更新です。

5つの手順でできる、カンタン家庭料理レシピ


日本滞在中に楽しみたくなるフィレンツェ料理コースをご紹介

イタリアの魅力ある町


お気に入りのイタリアの町はヴェネツィア、今回はお気に入りの飲み所、スポットをご紹介

トップページのキリ番も順調に進んでいます。
ご注意くださいね〜

それでは今月も後半戦、風邪に気をつけて楽しく過ごしましょう!!

スタッフ一同

春はもうすぐそのあたりまで、、、のはずなんだけどね

クリックして待ちましょう!
↓ ↓ ↓ ↓ 

ご訪問ありがとう!

 
Posted at 09:28 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(1)
切り絵職人、京都に現る / 2010年02月11日(木)
このブログにも度々登場している切り絵職人・俊寛さんが、現在京都にて個展を開催しています。

切り絵師・俊寛 エキシビション

2010年2月4日(木)〜2月16日(火) 11:00−19:00 水曜定休
キャッキャラ 京都市中京区御池通柳馬場北東門 
地下鉄東西線「市役所前」駅 9番出口
地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅 1番出口
※地図はここをクリック


明日2月12日(金)はご本人も会場に現れ、実演をする予定。

京都及び近郊のお住まいの方、一見の価値ありです!

宮崎

毎日飽きずに、1クリック!


 
Posted at 10:20 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
外食レース / 2010年02月08日(月)
日本滞在も折り返し地点を過ぎ、あと10日弱となりました。

毎回のことですが、滞在中の外食で一番多く行くレストランは「イタリアン」
前回の滞在では3週間で13回

「さて、今回は何回行くのか?」

と思い、自分の中で「外食レース」なるものを開催しています。

2010年1〜2月滞在中の外食レース(2月7日現在)

イタリアン 6回
※うち3回は立ち飲みやワインバー
蕎麦 3回
台湾・中華 2回
寿司 1回
韓国 1回
和食 1回

これから確実にイタリアレストランへ3回は行くので、今回も王座に輝くのは「イタリアン」でしょうね。

日本でも「イタリアン」は、なんとも私達らしい。

この先もずっと、どっぷりイタリアにつかっていきます。

宮崎


どっぷりイタリアン、クリック1回!


 
Posted at 09:20 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
見習わないとな! / 2010年02月05日(金)
イタリアをすっごく愛している友人2人とイタリアンへ行ってきました。

場所は高田馬場、名前はTre3(トレ)
イタリア人3人がオーナー、1月10日にオープンしたばかりのお店で、

1F BarとPasticceria
2F Trattoria
3F Ristorante

と分かれているマルチなイタリアンです。

トラットリアのランチメニューは1,300円から。
1,300円のコースは、本日の前菜、本日のパスタ、本日のデザート、コーヒー。
日本のランチメニューってお得ですよね〜。

私達のテーブルをサービスしてくれたのは3人のうちの一人、アレッシオさん。
彼との会話はイタリア語と日本語。
普段、日本語をきちんと話せるイタリア人と接していないせいか、イタリア人と日本語で会話をする違和感と日本でイタリア語を話す違和感でなんか変にかしこまってしまいました。

それにしても日本に住んでいるイタリア人って、日本語が堪能ですね。
イタリア人だけなく、この間行った台湾小皿料理のオーナーとスタッフもみんな堪能でした。

偉いな。
見習わないとな。

宮崎

ファイト1発、クリック1回


 
Posted at 10:35 / 日本より / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.