ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2010年01月 | Main | 2009年11月»
12月「肉の日」 - 忘年会バージョン - / 2009年12月31日(木)
2009年も残り数時間となりましたね。
年の瀬が迫りまくっている最中に2009年最後の日記です。

忘年会のサブタイトルが付いた14回目「肉の日」の模様です!
場所はワインにも名前が書かれている「Ristorante Fagioli;リストランテ・ファジョーリ」でした。

忘年会気分で企画した今回は17名の肉好きにご参加いただきました。

すでに前日にお店に頼んでおいたメニューは、まさにトスカーナ風肉懐石肉ずくし

前菜の「ラルド・ディ・コロンナータのクロスティーニ」、「トスカーナ・サラミの盛り合わせ」で始まった会は、パスタ料理は飛び越して、スパイスたっぷり牛肉の煮込み「スペッツァティーノ」、仔牛の骨付き肉「ロンバティーナ」と続々と肉料理が続きます。

今回のメニューは、前日、スタッフ宮崎が店の端っこで30分じーっと腕を組んで考え抜いた品々です。
どこのレストランでもメニューを見ると、あれもこれも、食べたくなっちゃいますよね。
そんな気持ちをふまえて選び抜かれたメニューです。

更に続くは「ミートボール・フライ」、付け合せに白いんげん、フェンネルのソテーが肉に色を添えます。

そして真打登場「フィレンツェ風T ボーン・ステーキ!

今回は6キロ

お願いしました。

月に一度は肉でも食べて元気を出そう!と始めたこの会ですが、、、いつの間にか元気があまるくらい食べるようになったようです…

そして今回ステーキに劣らず人気だったのが、こちらの「牛肉のインヴォルティーニ・トマト煮」です。
テーブルのあちこちから、

「まだ残ってる〜?!」

と声があがっていました。

今回参加17名の中で唯一の20代でたまたまイタリア旅行だったタカ君も大活躍。

「骨の近くが美味しいんだよ〜」

と言うと、この通り。
    

見事な食べっぷりを見ているだけで、僕も元気が沸いてきました。
そしてお皿に残ったのはこの通り、本当に骨だけでした。

ご参加いただいた皆様、楽しいひと時をありがとうございました。
また来年も是非とも、みんなで肉をほおばり、そして元気で1年がんばりましょう!

最後に、大量の料理を用意して下さったコックさん達、2009年もたくさんご馳走になりました!!
来年もよろしくね〜

スタッフよこた

さあて、大掃除はすんだ?
お飾りは?お餅は?年越しそばは?
さ、後はクリックして素敵な新年を迎えましょう!

今年もありがとうございました、最後にワンクリックお願いね!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


次回、1月の「肉の日」は東京にて開催予定中。
ご希望の方はお早めにご連絡くださいね。
開催場所も決まり次第、このブログでお知らせします!

 
Posted at 09:51 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(4)
2009年ラストスパート / 2009年12月28日(月)
 

お呼ばれ、招待、クリスマス&年末の挨拶周り、家の(大)掃除をしながら過ごしたこの連休。
今日から仕事納めの30日まで2009年ラストスパートの3日間です。
明日29日は「肉の日 〜大忘年会〜」もありますし・・・。
今回は日本からペルバッコ常連さんも参加なので、久々の再会も楽しみ楽しみ。

3日間突っ走って、31日は街中で響く爆竹の音を聞きながら・・・
紅白歌合戦観賞だ!!!

新年をフィレンツェで迎える皆様
12月31日23:15からシニョーリア広場でウクライナ・フィルハーモニーの野外コンサートが開かれます。

宮崎

1日1回クリック、感謝!


 
Posted at 11:13 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
Buon Natale!!! / 2009年12月24日(木)
2009年もあと僅か。
で、今日はクリスマス・イヴですね〜。

イタリアは今日から来年の1月6日までクリスマス関連の祝日が多く、途中新年も迎えるということもあり、町中みんな浮き足立っています。
と同時に、クリスマスプレゼントを買いに走る人達、スーパーで大量の買物をする人達、クリスマス前・年内にいろいろ用事を済ませなくちゃ!っていう人達で町中、もの凄〜い交通渋滞です。

通常バスで30分弱の距離が、おとといなんと1時間45分かかりました。
おいおい、今の電車のダイヤだとフィレンツェ〜ローマ間は1時間35分ですぞ!

この1時間45分の距離、歩くと約50分。
どれだけバスを待ったか、いかにのろのろ走っているか!ってことになるわけです。

同じバスに乗っていたおじさん、バスの横を通る車を見ながら

「これもそうだ、あの車もそうだ。ほら、ここの一列なんかみんなだ!」

となにやらお怒りのもよう。

何を怒っているのかと思ったら、

「車に乗っている人が一台にたった一人しかいない。たった一人の移動に車を使うからこんなに渋滞するんだ!!!

とのこと。

おじさんの怒りも分かります。
車で移動している人の言い分もあるでしょう。

まあ、なにわともあれ、ミラノ在住スタッフ坂手/ 撮・作の画像と共に・・・

皆さま、
Buon Natale!/ メリー・クリスマス!


宮崎

今日もポチッとありがとうございます!



 
Posted at 08:37 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
マグナムの会 / 2009年12月23日(水)
「●●の会」とか、「●●の日」とか企画ものが好きな私達ペルバッコ。

2〜3年前から、内輪ではじめた「マグナムの会」を数ヶ月ぶりに開催しました。

マグナムの会とは
一人又はカップル1組1本のマグナム(1,5リットル)を持参して飲む会。
質にはこだわらず重要なのは、マグナムの瓶であること。
場所は誰かの家。

今までは6人でマグナム3〜4本でしたが、今回は新たなメンバーも加わり8人でマグナム5本。
大きさの参考までに、一番右の瓶は普通サイズ(750ml)。
なんだかこの普通サイズの瓶も結構大きいような気がしますが・・・。



普通サイズ1本を8人で飲んだとするとグラス1杯弱で終わってしまいますが、マグナムだと1杯ずつ飲んでもまだ結構残っているのが面白いところ。

でもみんな、まるで普通サイズの瓶のように次から次へとあけていたな〜。

この日、料理担当は私で・・・。
コックが2人、料理通のカップルがいるなか、いい度胸だわ。
まあ、そんなこと考えていたら人を家に呼べないからいいのいいの。

結構好評だったのが、このパスタ。
食べかけのお皿をパチリと1枚。
ラグー(ミートソース)の材料を、トマトではなくレモン汁、牛乳、バターを使って仕上げたもの。
冬には結構いい一品です。



その他、フィノッキオを使った料理も作ったのですが、ね〜、なんだか面白い味になってしまって・・・。
食べた人の意見によると、「これはたくわんだね。白いご飯が欲しくなる。」
確かにそう!

ということは、イタリアでもフィノッキオで簡単にたくわんの味が楽しめるってことですね。

最終的には5本のうち1本は残念ながらSa di Tappo(コルク臭)だったので、マグナム4本+普通サイズを3本+食後酒を飲んでお開きとなりました。
余裕で予定以上の量。

この日撮った写真は計100枚くらいあるのですが、あまりにもはじけちゃっているハチャメチャなものばかりなので参加者の名誉のために伏せておきます。
友達やめられたら悲しいし。

来年も続くよ、企画もの。
さ〜て、何しましょうかね。

宮崎

ゴクッと1杯、ポチッと1回


 
Posted at 08:25 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
12月21日号、ホームパーティーに活躍レシピと大理石の街 / 2009年12月20日(日)
この不況を払拭とばかりに、今年のナターレ(クリスマス)のイルミネーションは、イタリアの各地でちょっと頑張っているらしいんです。

例えばミラノでは LED Festival と題して、各広場や通りでいろいろなものを目にします。
これが、正直パチンコ屋さんじゃないんだから…、と思うものから、脚を止めて見入ってしまうものまで、様々で、忘年会(とはいいませんが)シーズンのここしばらく、夜のお出かけにはカメラの携帯は欠かせません。

前回の更新のお知らせで、ドゥオモ(大聖堂)の内側から照明があたってステンドグラスがきれいな様子はご紹介しましたが、その横のヴィットリオ・エマヌエレ II 世大通りでは、問題のパチンコ照明が輝いています。


スカラ座のファサードには、音と映像で見せるなかなか凝った作品が投影されて、「あれはもう見た?」とミラネーゼの間でも話題の的に。



ナヴィリオ運河の入り口、ポルタ・ヴィットリオはアール・デコ様式のイメージと似合った、なかなか目を引くもの。


こんな広告トラム(市電)も走っています。(音に注意)
窓の中に映像の花火があがっているのがわかるかな?


まだまだ、見られていないところもたくさんあるので、見つけたら紹介しますね。

      

さて、イタリア情報サイト「ペルバッコ」今年最後の12月21日号を更新しました。

5つの手順でできる、カンタン家庭料理レシピ
ホームパーティーにピッタリ・レシピ


前菜 あさりのソテー


プリモ ムール貝とズッキーニのスパゲッティ


セコンド 肉の煮込み、グリーンソース・添え


ドルチェ 栗とリコッタのパイ包み焼き

イタリアの魅力ある町
大理石の街 Carrara(カッラーラ) と Colonnata(コロンナータ)でラルドを味わう!




交通/フィレンツェ市内バス(ATAF)
大きく変わった街のバス事情をチェック



そして、上で紹介した写真も含め新しいものを5つトップ画像として加えたので、リロード(再読み込み)して、もっと大きく見てみてくださいね。
(リロードではカウンターは上がったりしませんので、安心してお楽しみください。)
ペルバッコ・トップ

お楽しみください。


ブログランキング参加中!!
1日1回クリックよろしく!

 
Posted at 01:42 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
年に2、3度? いや1、2度? / 2009年12月20日(日)
夕べから雪が降り、雪化粧した本日のフィレンツェ。

お客様達と「予定をちょっと変更して、ミケランジェロへ広場行こう!」ということになり、駅のバス停で待つこと数十分。
雪のせいで市内の交通が混乱していたせいか、待てども待てども乗りたいバスは来ず。

駅の周りを走っているバスも笑っちゃうくらいスローな動きで、FUORI SERVIZIO(運休中)を掲げたものも多く、ダメダメモード。

ようやくミケランジェロ広場近くまで行けるバスに乗り、アルノ川沿いからジグザグの階段をツルツル滑りながら上がって、到着した最終地点。

お〜、き〜れ〜い〜。


ちょっと白屋根になったドゥオモ。



フィレンツェは雪がよく降る町ではないので、雪化粧姿が見られるのは年に数度だけ。
全く見られない年もあり。

お客様=満足
私=嬉しい

つま先と指先をジンジン冷たくしながらやって来た甲斐あり。

お客様達はこの日、パリへと移動。
雪化粧のシャンゼリゼ通りなんて見られたら・・・。
行けない私は、想像の中で大興奮

昨日からなぜか「パリに行きたい病」にかかり中。
日本に帰る途中のトランスファーをパリにして、ちょっと散歩するだけでもいいからパリの地を踏みたい。

そう、そろそろ毎年恒例の日本一時帰国スケジュールを決めないと・・・。
ここ最近、「新年会はいつですか?」って連絡も頂き始めたので・・・。
ありがたいご連絡です

近日中にもろもろ決めたいと思います。
そして、お知らせします!

宮崎

クリック1回、嬉しいな! 


 
Posted at 00:42 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(4)
誰かに似てる彼 / 2009年12月18日(金)
お客様からの依頼で、とある物を求め、目をつけていたアンティーク屋さんを訪れた時のこと。

対応してくれたのは、Gastone(ガストーネ)さんとGiuseppe(ジュゼッペ)さんの親子。



息子のジュゼッペさん、アメリカかどこかの俳優さんに似ている・・・。
でも、誰だか分からない・・・。
どうでもいいことなんだけど、ここ数日気になって・・・。

あ〜、誰だろう。


ご依頼の品は無事に購入。
しかも大人買い。

自分の物ではないけど、大人買いは気持ちがいい。

宮崎

ポチッとクリック!


 
Posted at 08:15 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
気に入ったカード / 2009年12月16日(水)
今年もやって来ました、クリマスカードの時期

例年の反省を活かし

「早め早めに用意し投函する!」

と11月に入った頃から決めてはいましたが、いやはや・・・。

まずクリスマスカード選びの時点で時間がかかってしまうんですよね〜、意外と。
日本みたいに手の込んだものはないし、すっごく普通のカードのわりには結構いい値段したりと消費者としての悩みは多く・・・。

でも、今年はなかなかいいカードを見つけました。

それが、これ。
町の紙屋さんで見つけた1900年代初めに印刷されたカードです。


同じデザインで色違いや違うデザインで赤や青の色付きや、1800年代後半に印刷されたものもあり、全部合わせると数十枚ありました。
紙屋さんの倉庫からどっさり出てきたんでしょうかね?


私の親愛なる「タオルミーナの母」の手元に届くには少し時間がかかるから、急がないと

やれやれ今年もこの「急がないと!」パターンか。
成長しないな、ホント。
ふ〜。

宮崎

ため息1つ、クリック1回

 
Posted at 08:32 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
ヴェネツィア飲み処巡り(食べ物編) / 2009年12月15日(火)
1泊2日の滞在で訪れた飲み処(バーカロ)&レストランは計10軒。
2006年2月に行った時には、16軒だったので6軒減。
歳のせいなのか、大人の飲み方・食べ方になったせいなのか・・・。

そんな10軒の中でも特に美味しかったヤツラ。

左上段から
Spienza(スピエンツァ)
仔牛の脾臓/ レバーっぽい味

Spaghetti allo Scoglio(スパゲッティ・アッロ・スコーリオ)
魚介類のスパゲティ/
食材は調理寸前まで生きていたものばかり 
手長エビの小さい版は頭までバリバリ食べました〜

Sarde in Saor(サルデ・イン・サオール)
いわしの酢漬け/ 酢好きな私にとってははずせない1品

Musetto Caldo(ムゼット・カルド)
豚の頭の部分の腸詰を茹でたもの/ こってり系
冬の料理
 
 
初めて出会ったヴェネツィアのドルチェ、Nicolotta(ニコロッタ)
パン、小麦粉、干しぶどう、松の実などを混ぜたケーキ。
暖かい状態で出てきました。

トスカーナはパンを使った料理が多いですが、ヴェネツィアにもあるんですね。

ヴェネツィア料理というわけではありませんが、冬ヴェネツィアに行った際に必ずとあるバーカロに寄り、必ず食べる物が・・・
ジャジャーン
大・大・大・・・好きな、生ガキ
帰ってきてからも、この写真を見ては美味しかった思い出に浸っています。


たまらんです。
よだれもんです。

ヴェネツィア料理として有名なBaccala Mantecato(バッカラ・マンテカート)
これはバーカロやレストランで作らず既製品を使用している所が多いようなので、次の訪問の課題は「美味しいバッカラ・マンテカート」に出会うこと。

って、また行くってこと???

まあ、またいつか・・・。

宮崎

今日もクリックありがとうございます!


 
Posted at 07:33 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(2)
ヴェネツィア飲み処巡り(地元の人編) / 2009年12月14日(月)
2006年2月2009年2月(番外編)に続き実行した
「ヴェネツィア飲み処めぐり」

そんな中で出会った地元の人達。

カメラを向けるとポーズを撮ってくれるのは、いつもの通り。
気のいい人が多い町なんでしょうか。


寒くったって外で飲む若者、雰囲気のある店内、お店の可愛い女の子に会うため・友達に会うために毎日やってくるおじ様達などなど。
 
 
その可愛い女の子が気になる方は、
上でリンクしている2009年2月のブログ(番外編)をチェック
右側の子です。
確かに可愛い!

昼の営業後、お店のスタッフ達とまかないを食べていたオーナー・
Gigi(ジジ)は、自らワイングラスを片手にポーズをとってくれました。


後ろに飾ってあるのはセピア色の写真ではなく、「絵」。

ちょっと照れた顔で、「これは若い時なんだけどね。」なんて言ってましたが、いやいや、むしろ今の方が若いですよ!

カウンターで隣り同士で飲んでいると、ヴェネツィアについていろいろと教えてくれる人も多く、地元の人から聞くヴェネツィア話はバーカロ(飲み処)巡りの楽しいところ。
でも・・・、体力気力飲力勝負です!

宮崎

1日1回クリックを!


 
Posted at 07:02 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.