ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2009年08月 | Main | 2009年06月»
季節が変われば野菜も変わる・夏 / 2009年07月30日(木)
35度を超える夏日が毎日続くフィレンツェです。
これだけ暑いと気力がうせます…

だから夏休みってあるんだな!ってへんなところで感心しています。

でもこんなに暑い季節だからこそ夏野菜。
いまだ続く有機野菜マイブーム、ズッキーニの登場が少し落ち着いてきてまたも顔ぶれが変わりました。


前回の顔ぶれはこんなでした


今はスイカ、メロンもちろんトマト、ナス、バジリコ・イタリアンパセリ、ファジョーリ・セルペンティ(長インゲン)などなど。

野菜の顔ぶれが変わって、暑い夏です。
今しばらく、カラフルな野菜が楽しめそうです。

よこた

昔、高校の通学路に大きく「野菜を食べよう!」と書いてあったことがありました。
先輩のいたずらだった見たいだけど。。。

夏野菜が秋野菜に変わる前にクリックしてね〜
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
ブログランキング参加中!

 
Posted at 17:40 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
激・・・ / 2009年07月29日(水)
限りなくアブルッツォ州に近いAscori Piceno(アスコリ・ピチェーノ)近郊の小さな町にあるレストラン。
スムーズに行けばアスコリ・ピチェーノから20分くらいの場所なのに迷うこと1時間半。
迷った要因はいくつか。

・行き着くまでの道に案内の看板がない

・レストランに電話しても言っている土地名と距離感がピンと来ず、きちんとした情報がつかめない(ちなみに、2回電話)

・誰かに聞こうと思っても日曜日の暑〜い昼時、外には人っ子一人いない

・奇跡かのように外にいたおばさんに聞いたら、全然違う方向を指差された

・レストラン自体にも目立つ看板がない


そして何より・・・

私が住所を間違えていた。
まあまあ・・・。

実は、町に到着する少し前にすでに一度、前を通っていたんですね・・・。

その建物がこちら。
この辺りでは結構目立つ建物です。


半べそ状態で到着したレストラン。
店内はいたってシンプル。
ちょっとビックリ。

メニューを広げてもっとビックリ。

なんと、前菜は2,5ユーロ、プリモは4ユーロと5ユーロ、セコンドは各料理に付け合わせもついて8〜20ユーロ
(20ユーロは2人前からオーダー可能な料理)
10品出てくるメニュー・デグスタツィオーネ(コースメニュー)は25ユーロ(飲み物含まず)。
フィレンツェでは考えられない安さ
特に前菜なんて激安です。

「量が少なんだろうな」と思いきや、前菜もプリモもきちんとした量。
パスタなんて、てんこ盛り。
味も

 

前菜1品、プリモ2品、赤グラスワイン2杯、水1本、コーヒーを頼んで合計15ユーロ。
「本当にいいんですか?」って、心配になってしまいました。

サービスを仕切るのは、「I Maitre d'Italia 2003」(2003年のイタリア一番のカメリーエレ)に輝いたGraziano(グラツィアーノ)さん
アスコリ・ピチェーノまで行った際には、ここまで足をのばしてみて下さい。

★Ristorante Santa Lucia
住所:Valle Chifenti, 93  Appignano del Tronto
TEL:0736-817177

宮崎

ポチッとクリックありがとうございます!


 
Posted at 17:14 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
走った、動いたマルケへの旅 / 2009年07月27日(月)
なんだか7月は旅続き。
気持ちはすっかり「旅芸人」

ドロミティ山塊×2回の次は、マルケ州への旅

フィレンツェからとにかく走った走った!
高速をかっ飛ばす車の助手席で、海の青さに目を奪われ闇雲にシャッターを押す私。



「きれいな町だよ。」と友人達から言われ続けたにも関わらず、
なかなか訪れる機会がなかったUrbino(ウルビーノ)への初訪問。



その他、
2泊3日でマイナーな所及びウルビーノも含め計8市町村を訪問。
マルケ漬けの週末でした。

あっ、もちろん食べましたよ!
マルケ料理
てんこ盛りのこのパスタ、とあるレストランでお値段なっなんと
4ユーロ
ちなみにアンティパストの値段は・・・。
正解はそのうちまとめて。



田舎町には木のぬくもりが心地よい、こんなトラットリアもありました。



「マルケ」
また新たな土地と出会いました。


宮崎

ポチッとクリックありがとうございます。


 
Posted at 09:40 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(2)
暑中お見舞い申し上げます / 2009年07月24日(金)
7月20日更新から本家サイトのトップこんな画面が登場中



ミケランジェロ広場にあるダヴィデ像です。
空の青さ、いじってません。
そのままです。

「もし、ダヴィデが【暑中おみまい申し上げます】って言っていたら・・・」って想像したら、なんだか笑えます。

ペルバッコでは今年だけでなく、2004年からなにげに毎年「暑中お見舞い画像」を制作しています。

「エッ、本当? 気が付かなかった。」という方のために、ここで一気に紹介します!

★2004年
道路標識と道路にちょっと細工。
標識の右方向はPrimavera(春)方面へ、左方向はAutunno(秋)とCastello Inverno(冬城)方面へ。
そして、今いる地点はEstate(夏)ってな訳です。



★2005年
市場のトマトがモデル。
よく見ると3種類の違うトマトちゃん達です。
値段は・・・、2005



★2006年
ドーンとドゥオモをバックにドロドロとけるジェラート・・・。
夏はやっぱりジェラートでしょう。



★2007年
トスカーナの夏の田舎はこんな感じ。
この時も空、真っ青ですね〜。



★2008年
初の夜バージョン
サンタ・クローチェ教会から見る花火
6月24日フィレンツェの守護聖人サン・ジョヴァンニの日に毎年上がる花火です。



いつも6月頃になると
よこた「そろそろ夏用画像を考えないとね。」
宮崎「そうだね。今年はどうしようか・・・。」

ここで数週間、間があきます。

よこた「やばいよ、まだ決まってないじゃん! 今週末までに撮らないと!」
宮崎「う〜ん、そうだね〜。」
よこた「・・・・。」

そしていつもギリギリのタイミングでサカテへと画像が渡り、彼がちょちょいっと細工をしてくれるのです。

毎年のことなんだから、もう少し余裕をもてばいいのにね〜。
それがなかなかどうして・・・。
ね〜。

宮崎

ポチッとクリックありがとうございます。



 
Posted at 08:23 / お知らせ / この記事のURL
コメント(2)
7月「肉の日」のお知らせ / 2009年07月23日(木)
そろそろ近づいてきました例の「肉の日」

あくまでも「イメージ」です

今月はチェントロ(町の中心)からちょっと離れた、

「肉をバリバリ焼いてまっせ〜という所。

その名もLa Piazzetta(ラ・ピアッツェッタ)

・うちは正真正銘のキアニーナ牛を使ってます!
・Spiedino(串刺し)は横にしてなんて出しません! 
 縦です、縦!(行ってみれば分かります)
・グリルメニューも揃ってます!


という迫力を感じます。
(ちょっと言い過ぎ???)

ちなみにキアニーナ牛はお高めの1kg55ユーロ。
でもまあ、大人数ですし!

市内からは31、32、33番のバスに乗ってPonte Verazzanoを渡り、大きなCoopの前で下車。
そのバス停のすぐ近くが会場です。

開始時間は明るくったって関係な〜い19:30

参加希望の方は7月27日15時までに下記アドレスへご連絡下さい。
info@italia20.jp

ある程度の人数になったら締め切りますので、ご連絡はお早めに!

PS:6月からすでに参加希望の連絡を頂いているMさん、Nさん他皆様、念のため最終人数をお知らせ下さい。

宮崎

ポチッとクリックありがとうございます!


 
Posted at 07:50 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(4)
どっちが美味い?! / 2009年07月22日(水)
最近、お気に入りのワインバー&レストラン「quanto basta(クワント・バスタ)」通称「q.b(クッビー)」にて、フィレンツェ近郊の町「Mugello(ムジェッロ)」「colline e montagna Pistoiese(コッリーネ・エ・モンターニャ・ピストイエーゼ)」の特産品対決があるというので、出かけてきました。

二つの町はフィレンツェ近郊の町の中でも、自然が溢れる美食のエリアとして有名なところです。
その二つのエリアの食べ比べをしちゃえ、というのが今回のテーマ。

対決はワイン対決(1種類目)、オリーヴ・オイル、手打ちパスタ、ワイン(第2種類目)、サラミ、チーズ、デザート、ヴィン・サント8ラウンド制で行なわれました。
こちらはオリーヴ・オイル対決の模様。

知名度から行くとムジェッロ、プロモーションに力を入れているせいかなぁ。
でも、ピストイエーゼも丘と山が連なり、おいしいそうな食材が隠れていそう。

こちらは生パスタ対決。
一つはジャガイモを使ったラビオリにミートソース、もう一つのほうは幅広のショートパスタに鴨のミートソース
僕は、ふんわりりと仕上がったショートパスタにちょっと強めの鴨のミートソースが好きでした。

てな具合に、一品ずつ投票していきます。

そして最後に配られたのが、二つの地域の説明とこの日の食材を提供してくれた生産者名。

気になる結果は、、、ムジェッロの圧勝でした。
中には
「同じ調理法じゃないし、どっちも美味しくて比べようが無い〜」
という食材もありましたが、みんなで色々予想しながら過ごす時間も、刺激的で楽しいものでした。

実はこの時、食材を提供してくれた生産者の方もいらしていて、勝った生産者の方には賞状も渡されていました。

え、僕が選んだのは、みんなが美味しいといった物と一致したかって?!
あったりまえです、トスカーナ満腹生活中ですから、、、(汗)

次回は9月に行なわれるそうです。
テーマはなんだろうなぁ〜、楽しみです。

よこた

どっちのサラミが美味しいか?
はたまたどっちのオイルが美味しいか?
本能が選ぶがままに!!

本能の考えるがままに応援お願い
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ブログランキングに参加しています〜

 
Posted at 07:28 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
初見 / 2009年07月21日(火)
Pecorino(ペコリーノ)と呼ばれる羊の乳から作ったチーズは場所によって、熟成具合によって全然味が違います。

塩味が強いPecorino Romana(ペコリーノ・ロマーナ)は、ローマの名物料理Tonnarelli Cacio e Pepe(トンナレッリ・カーチョ・エ・ペーペ)には欠かせないチーズ。



先日初めて丸ごとのペコリーノ・ロマーノを見ました。



2つ重ねると腰より少し低いくらいまであります。
スーパーで売っている300g前後の大きさを見慣れてしまっているせいか、こんなにも大きいとは想像もしていなかったので最初見た時、

「この黒い物体は一体何

と考えること3秒。

名前に「ロマーノ」(ローマの)がついているのでローマのチーズかと思いきや、ローマがあるラツィオ州の他、トスカーナ州のグロセット県でも生産され、なんと言っても一番生産高が多いのはサルデーニャなんだそうです。

ペコリーノ・ロマーノ協会もサルデーニャのヌオーロにあるのです。

へ〜〜〜。


宮崎

ポチッとクリックありがとうございます。


 
Posted at 08:15 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
7月20日号、暑い時の食欲増進メニューとドロミテ山脈を旅する / 2009年07月20日(月)
暑い日が続いてます。
海が恋しいです。


フィレンツェの夏のイベントの様子は時々ご覧いただいていますが、ミラノもやはり、オープン・シネマやコンサートなど、さまざまな夏のイベントが催されています。


私が最近ハマっているのが、即興芝居の劇団 Teatribu' が週に4日、趣向を変えて無料で見せる芝居。
顔見知りになった、なかなかブラボーな役者さんに、彼のおすすめの日も教えてもらって、時々出かけています。

言葉や言い回しで笑わせる事も多いので、回りが大爆笑しているところに一人、「?」マークを頭に掲げてポツンと取り残されるしばしばですが、大声で笑えるのってものすごいストレス解消にもなりますよね。

まだまだ7月いっぱいは続くこのイベント。
興味のある方は上のリンクから。(注:イタリア語でのお芝居です)

         

イタリア情報サイト「ペルバッコ」7月20日号を更新しました。

 5つの手順でできる、カンタン家庭料理レシピ
しっかり栄養をつけて、コロコロ変わるお天気や気温にも負けない体を作りましょう!


・前菜 カポナータ



・プリモ トマトと夏野菜の冷製スープ



・セコンド 鶏肉のインヴォルティーニ、ズッキーニと玉ねぎ添え



・ドルチェ 桃のケーキ


 イタリアの魅力ある町
LE DOLOMITI(ドロミティ山塊)の車がないとなかなか移動しにくい一帯を能率よく楽しめるおすすめのバスツアーの様子を紹介





 「200,000番」キリ番 当選者発表!
前後賞の行方も気になります!!

 フィレンツェのおすすめレストラン 2009
美味しく利用しやすいレストランを更新。
さらに写真も追加されて、わかりやすく!

 お客さまの声
市内・郊外同行通訳、ワイナリー訪問をご利用された 名古屋在住 O ご夫妻と料理教室をご利用された 上海在住 Tご夫妻から嬉しいメールをいただきました。

ブログランキング参加中!!
1日1回クリックよろしく!

 
Posted at 09:00 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
まだ? また? 南チロル / 2009年07月17日(金)
先週の南チロル滞在を終え、一旦フィレンツェへ。
そしておとといから別件でまた南チロルへ。

今回はドロミティ山塊西側の町Bolzano(ボルツァーノ)を拠点にロープウェイに乗ったり、バスに乗ったり・・・。
猛暑だった昨日は現地バスツアーでボルツァーノからCortina d'Ampezzo(コルティナ・ダンペツォ)方面へと出かけてきました。

ゴツゴツした岩山と青空、大地の緑が素晴らしいPasso di Gardena(ガルデーナ峠)



そんな峠でもの思いにふけるマウンテンバイカー(勝手に命名)の男達。
さまになっています。
先週から我思う「マウンテンバイカーの男たちは格好いい



ドロミティ山塊の東側の町コルティナ・ダンペッツォを見下ろすロープウェイ。
崖っぷちまで行くと、お尻がむずむず、足ががくがく・・・。



コルティナ・ダンペッツォでは、現在フィオレンティーナが合宿中。
先週泊っていた西側の町Castelrotto(カステルロット)のホテルは、昨年フィオレンティーナが合宿中に宿泊していた所。
あらまあ、知らない間にフィオレンティーナの後を追い続けている私。
光栄です。



Lago di Misurina(ミズリーナ湖)から望むTre Cime(トレ・チーメ)
言うことないっす、この眺め。
ミズリーナ湖は、昔●ALの宣伝に使われていたような気が・・・。



ボルツァーノに戻る前に立ち寄ったBressanone(ブレッサノネ)は、可愛くて綺麗い!



町を歩く女の子だって可愛い!
この町だけに関わらず、フィレンツェでもベビーカー持参のこのくらいの女の子って結構見かけるんですよね。
ベビーカーはお人形さん用。
もしくはお買い物の荷物置きとしても利用可。



実はこのバスツアー、5年前に家族が来た時にも利用したもの。
なんと偶然にも運転手さんも同じ人だったんです。

運転手さん:「どこから来たの?」
私:「(一緒にいた方)彼らは東京からで私は今フィレンツェに住んでいるんです。」
運転手さん:「2〜3年前にも参加しなかった? その時には妹さんやご両親もいたよね?」
私:「エーーー!!! やっぱり!!! 5年前ですけど、まさに私です!」
運転手さん:「フィレンツェに住んでいるって言ったからもしかしたらと思って。」

実は私も「この運転手だったかな? でも違うかな?? いや、この人かも???」と思っていたのです。

いや〜偶然の再会っていいものですね。

こんな現地バスツアーの様子は7月20日更新「イタリアの魅力ある街」にて要チェック

来れば来るほど思う、「好きです! ドロミティ

宮崎

今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 08:38 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(4)
紫のワイナリーより / 2009年07月15日(水)
ここ数日、トスカーナも暑い日が続いています。
こういう時にこそ避暑に出かけたいですな。

かたやぶどうは緑の実をますます大きく成長させています。

ちなみにこのぶどうはメルロー種です。

畑ではこの時期、お日様に向かって延びる蔦(枝)を切り落とす作業が進められ、ぶどうが色づき始めるとグリーン・ハーベストが行なわれます。

「少ない房にして、それぞれの房にたっぷりの愛情を注ぐ方式」ですな。
せっかく育ち始めたのに、ちょっともったいないですが。

この日、訪問したワイナリーの熟成庫は、まさしくフィレンツェカラーでしたが、、、オーナーはスイス人
しかも、全くフィオレンティーナ(フィレンツェのサッカーチーム)を応援していないとのこと。
では、なぜ?

きれいな色合いだから、、、というそっけない答えをいただきました。


そして畑にも紫色が輝いていました。
イタリアでもラヴェンダーを楽しむのなら、今をおいてないようです。

青い空、緑の畑、紫のラヴェンダー、美しき夏のトスカーナここにあり、ですね。


この日、色々と見学させていただいたワイナリーが生産しているワイン達はこんなボトルです。
今回も楽しませていただきました〜

よこた

すっかり夏の日差しで、腕時計の後が出来ました。。
というか、半袖の下は真っ白なのですが、、、

腕時計の跡のついた腕でクリ−−−−ック!お願いね。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ブログランキングに参加中!

 
Posted at 08:23 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.