ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2009年04月 | Main | 2009年02月»
2009年初の「肉の日」 / 2009年03月31日(火)
29日と言えば、そうあの有名な(?)「肉の日」
1月はスタッフがフィレンツェ不在だったため、2月は28日までしかなかったためご無沙汰していたイベントが一昨日「RUGGERO」で盛大に開催されました。

今回は、まず参加人数が12名(最高数)食べた肉の種類が5種類(最高数)ビステッカは4キロ(最重量)開けたワイン7リットル(最大量)費用一人45ユーロ(最高額)新記録が目白押し。
新記録は嬉しい〜〜〜。

胃の中へと消えていったお肉達はこれら・・・
【アリスタ】
【オッソブーコ】
【ローストビーフ】
【ボッリート・ミスト】このお店では、ボッリート・ミストにモスタルダがついてこないこと知っていた「肉の日」常連のMさん(MS)は、マイ・モスタルダを持参。

お肉の他にも、前菜として
【カルチョフィーニの酢漬け】
【茹でアスパラ】

付け合わせに、カルチョーフィをくたくたに焼き&煮たものと豆。

前菜を食べ、お肉4種類と付け合わせが並んだテーブルを見て、みんなで顔を見合わせて「ビステッカは4キロだね。」と(ほぼ)一致団結。

ジャジャーンと出てきたのが、この4キロと付け合わせのサラダ。


お店の人もまさかビステッカを4キロも頼むとは思っていなかったらしく、ちょっとビックリ顔でした。

が、ここで終わる面々ではなく、最後に頼んだのは〆のラーメンならぬ〆の【カレッティエーラ】。
ここのカレッティエーラ、個人的に超好き


本当はお肉の前に頼むべきプリモピアットですが、「肉の日」常連のMさん(MR)の

「【肉の日】はプリモなんぞは飛ばして肉に集中すべし!」

とのごもっともなお言葉に従い、まずは肉を、で、もしまだ入りそうだったら最後に頼むことにしたのです。(カレッティエーラ好きの私の独断と偏見で)

そんでもって、案の定入ってしまったわけですよ、〆の品まで。

この他、各自デザートと食後酒とコーヒーを食べ&飲み今年初の「肉の日」は幕を閉じました。

今回は、
・昨年から「肉の日」を気にして下さっていたNさんご夫妻
・これまた昨年の秋から自分の仕事が休みの日曜日の「肉の日」をチェックしていたT君夫妻
・日本から約1ヶ月間の食べ&飲み研修に来ている超気使いのO型/シェフOちゃん
が初参加。

一方、第1回の「肉の日」から皆勤賞だったアレッツォ在住のAちゃんが最終回。
そのAちゃんが「今回は今まで一番【肉】を食べた気がする。」と言っているので、正真正銘盛大な「肉の日」となりました。

ここまで読んで、「どんな奴らが参加したんだ???」と思われる方。
こんな面々です。(お店のスタッフ3名が紛れ込んでいます。)

4月29日は水曜日。
肉肉しい時間を過ごしたい方は、ぜひご一報下さい。
お問い合わせ先:info@italia20.jp

今までの「肉の日」のもようはここをクリック!
※Enter→「思い出帳」へ進んで下さい。


宮崎

ポチッとクリックありがとうございます。


 
Posted at 08:11 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(8)
地中海ダイエット / 2009年03月30日(月)
オリーブオイル果実のジュース!


ワインがそうであるように、、
オリーブオイルもその『品種』で大きく味が変わっちゃう!

果実や野菜の香り、苦い、辛い、、、
あるんですね、、『味』が。。。



種子”からでき る他の植物油と違って、
”からできるオリーブオイルは、
まさに『果実のジュース』ってこってす!



イタリアのイケテルレストランでは、
オリーブオイルリストなるものもあったりで、
料理との相性をお客さんが選ぶ時代!





という訳で、
ジュースのソムリエさんがぞくぞくと誕生しています。






りんごをかじりながら(←舌を洗うためですよ)
五感をしーんと研ぎ澄まし、
数々のオリーブジュース!?を試飲して、
ときには欠陥オイルも見つけちゃう!
そんな彼らは、、

必殺見極め人
街でオイルをくんくん嗅いでいる人を見かけたら、
おそらく↑↑に違いない!


質問してみてください。。

『そのオリーブオイル、、欠陥ですか?』


あや

オリーブソムリエに興味ある方はここをクリック

栄養たっぷり成人病予防に老化防止。。。
身体をいぢめ続ける日々のお過ごしの皆さん!
一家にいっぽんオリーブオイルですよーーー!




今日もクリックありがとうございます!



 
Posted at 08:29 / アカデミア・デイ・ヴィーニ日記 / この記事のURL
コメント(0)
あの美術館も無料! / 2009年03月28日(土)
毎年開催されているSettimana della Cultura(文化週間)
今春は4月18日〜26日の9日間開催され、イタリアの国立美術館・博物館が無料になります。
(予約をする場合には予約料はかかります。)

フィレンツェでは、ウッフィツィ美術館、アカデミア美術館、バルジェッロ博物館、考古学博物館など。



現在、ウッフィツィ美術館の入場料は6,5ユーロ、予約料が4ユーロ。
特別展をしている時には入場料が10ユーロ、予約料が4ユーロなので約2,000円もするのです。

私の卒業旅行の時には6,000リラだったのに・・・。
ユーロに直すと約3ユーロ。
でも物価から考えたら今の6ユーロに相当していたのかな。
まあ、変わらないのか。

とにかく、この時期にイタリアへいる方は狙い目です


宮崎

今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 08:20 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
参った、Seba! / 2009年03月27日(金)
友人の子供、若干6歳のSebastianoは父親に似ず()可愛い。


平日20時半からの大人達の外での夕食会に、お絵かき帳と任天堂DSを持参し参加。

任天堂DSは、昨年、サンタさんからクリスマスプレゼントとして貰ったんだそうな。
純粋な目をして「サンタさんから他にもいっぱいプレゼントを貰ったよ。」って言われたら、「良かったね〜!」としか言えない!
あまりサンタについて触れると、Sebaの夢を壊してしまいそうだから・・・。

DSはクラスのほとんどの子が持っている人気グッズ。
私が彼くらいの時に、誰もが持っていた物ってなんだろう・・・。
5〜6面ある筆箱とか?
ちょっとジャンルが違う?

DSも好きだけど軍艦も好きらしく、やたらと日本の軍艦名とその当時活躍した人物名を言うので私は冷や汗もの。

Seba:「日本には戦艦大和があったんだよね。」
私:「うん、そうだよ。」

これ以上の会話は恥かしながら無理。
参った、Seba

この日の最後にはメッセージ付きの絵までプレゼントしてもらっちゃって、私は上機嫌でございました。



「友情を込めて サトへ セバスティアーノより」

超親バカの彼の父親の気持ちが分かるな〜。

ちなみにこの絵も私のレベル以上。
Wで参った、Seba

宮崎


今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 08:16 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
カラフルパスタ / 2009年03月25日(水)
お土産屋さんや中央市場でよく見かけるパスタ
見た目美味しそうじゃないし、一般家庭で出てきたのを見たことがないので実は敬遠してました。

先日、タリアテッレが食べたくなり唯一家にあったのがこのパスタだったので、「まっ、いっか。」と食べたところ・・・



あらら、美味しいじゃありませんか
食感がよく、なんだかいいじゃありませんか

パッケージをよく読むと、これは1905年創業ヴェネツィアのパスタ工房Giacomo Rizzoの商品ということが判明。
先月、ヴェネツィアに行った時のスケジュールにも「パスタ屋さんへ訪問」と記入。

ここはオリジナル商品の他、イタリア国内の有名パスタやその他の食材も扱っている「パスタ屋兼食品店」でした。



奥にはオリジナル商品が作られている工房があります。

色は生地に入っている材料によって異なり、珍しいものではピッツァブルーベリーアーティチョークグリーンペッパーカレーなんていうのもありました。

よく考えると、このお店にはかな〜り昔の卒業旅行の際に寄っていたのです。
その後も数回寄っていました。
最初に行った時に買ったのは、ナポリ近くのパスタ産地Gragano産のもの。
バカ
「その土地の物を買え、飲め、食べろ!」精神をまだ持っていなかった若かりし頃のちょっとした過ちでした。

今回、初購入のGiacomo Rizzo商品は、細麺パスタとイカ墨入りパスタ。



やっぱり美味しかった!
細麺はラーメンとしてもアレンジ可。

パスタだったらここがお気に入り店に決定!

■PASTIFICIO GIACOMO RIZZO
住所:San Giovanni Grisostomo, 5778 Venezia

宮崎

今日もポチッとありがとうございます!



 
Posted at 08:56 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
頭から離れない・・・ / 2009年03月23日(月)
昨年から1日数回は目にするAlfa Romeo MiToのCM。

この音楽と最後の言葉が頭から離れない・・・。



このCMは何パターンもあって、どれも必ず「MY」から始まり、4コマ漫画のようにちょっとしたストーリー性のある内容になっています。
しかも、これ自分で作れるんです。

自分で作ったり、他のパターンがいくつも見られるのがこの公式サイト。

Alfa MiTo Clip
※音が出るので要注意

MITOCLIPS ON TV内には2ページにわたって面白い作品が集まっています。

中でも気に入っているのが、
MY Independence
MY First Son
MY Montecarlo Night
MY Friday
MY University Day
MY Diet
MY Dream


MY Independenceはイタリアンマンマと息子の関係がよく表わされていて笑えます。

これだけのCMを一気に見たら、あの言葉が頭から離れないはず。
私のように・・・

「テクノロッジ、テクノロッジ、テクノロッジ」

宮崎


今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 08:00 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
今月の「肉(ニク)の日」 / 2009年03月20日(金)
1月は日本帰国のためお休み、そして今年は2月29日がなくて、やむなくお休みだった肉の日
3ヶ月遅れで2009年「肉の日プロジェクト」勝手に名前をつけて喜んでいるだけですもいよいよ始動です。

スタッフの「月に一度は肉を食べて元気を出そう!!」というほんの小さな一言から始まったこのプロジェクト、フィレンツェで出会う日本人の方からも「次回は是非!!」というような言葉を頂くようになりました。

やっぱり、肉の町だけに肉が好きな人が多いのかなぁ、フィレンツェ?!と感心しているスタッフ達です。

今月の肉の日はアルノ川をわたり、さらにポルタ・ロマーナ(ローマ門)もこえます。

では、告知です。

3月29日(日)
19時30分より
フィレンツェ・ポルタロマーナ付近 某レストランにて
会費はなし、みんなで食べて呑んだ分を人数にて割勘です

さあ、ご希望の方はメールにてお問い合わせ下さい。
定員になり次第、締め切らせていただきます。

問い合せメールアドレス:info@italia20.jp

お待ちしてます。

※ 写真は全てイメージです

スタッフ一同

 前回までの肉の日の模様はITALIA20 の「思い出帳」をご覧下さい!

→にくにく、にくにく、にくっにく(一休さんふうに♪)
→ブログランキングに参加していまーす!
→クリックして参加しよう!

 
Posted at 08:26 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
フィレンツェの注目スポット / 2009年03月19日(木)
世界中が不況不況と騒いでいるこのご時世、
フィレンツェの町の中心(一部)はなんだかとってもバブリーな感じです。

例えば・・・

【その1】
ストロッツィ宮殿近くにあるPalazzo Vecchietti内に昨年12月に
オープンした全スイートタイプのレジデンスホテル。
その名もPalazzo Vecchietti(パラッツォ・ヴェッキエッティ)
ミラノの7つ星ホテルを含んだ、TOWN HOUSEグループにも入っています。


小さな入り口から中へ進むとある吹き抜けのサロンは、昔の面影を残した建物の一部があり、天井からは自然光が燦々と入る気持ちのいい空間になっています。


キッチン付きの各お部屋もそれはそれはきれいです。
昨年の3月にまだ建築中のところを一度見せてもらって以来だったので、完成を楽しみにしていました。

【その2】
Palazzo Vecchietti近く、ブランド店が立ち並ぶトルナブォーニ通り沿いにあるPalazzo TornabuoniにはFOUR SEASONS HOTELS AND RESORTSが手がけるPalazzo Tornabuoni(パラッツォ・トルナブォーニ)があります。
ここは、プライベート・レジデンス・クラブなんだとか。
あらま〜、贅沢なこと。

【その3】
同じパラッツォには近々あのモッツァレッラバーObika(オビカ)
フィレンツェ店がオープンするようです。
只今準備中。
東京店には先を越されちゃったけど、ようやくこのフィレンツェにも
あのモッツァレッラやって来るなんて嬉しい!

フィレンツェ注目スポット、
贅沢&豪華なレジデンスホテルはそう簡単に利用は出来ないけど、オビカだったら範囲内。
オープンが楽しみです。

「ペルバッコ おすすめホテル2009」ここをクリック

宮崎


今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 16:40 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
3月16日号、最後のあったかメニューともっとヴェネツィアを知る / 2009年03月16日(月)
天気が悪くなるらしいよ、と、いわれながら、ほんの1泊だけで出かけたリグーリア。
フィレンツェからの日帰り旅行ダイアリーの7・8回でも紹介したチンクエ・テッレと同じゾーンながら、その喧噪からもさらにほんの少しだけ距離を置いた、携帯の電波もいまいち届かない B&B で週末を過ごしてきました。


海に面していながら、ほんの少し道を入ると、山のせせらぎが聞こえる。
このコントラストはイタリアでもリグーリア州ならでは。


その道を抜けると、潮騒の音に耳を傾け、海の透明感とエメラルドと蒼が混ざり合うその色彩に目を奪われます。


ふれると手に残るその香りをいつまでも嗅いでしまう野生のローズマリーには、大きな蜂が蜜を集めるのに忙しく舞い


はち切れんばかりに膨らむつぼみからは、命の勢いを感じ、わくわくさせられます。

本当の意味での命のせんたく。
もやもやと溜め込んでいたものが、一気に晴れて、とてもいい気分転換になりました。
気持ちよく1週間をスタートできそうです。

結構な距離を歩いてもいるので、明日あたり筋肉痛なんじゃないの?と、脅かされてもいるんですけれど。(笑)


           


イタリア情報サイト「ペルバッコ」3月16日号を更新しました。

 5つの手順でできる、カンタン家庭料理レシピ

ラザニア


ちりめんキャベツの小包み煮


コーヒーのセミフレッド


 イタリアの魅力ある町
  VENEZIA(ヴェネツィア) 第2弾

 ペルバッコが選び抜いたフィレンツェ市内のおすすめホテル2009


毎年少しずつ、空室チェック&予約のできるホテルクラブのリンクも増えて、ますます利用しやすくなりました。
間近に迫ってお探しの場合でも、まずは28日以内直前予約割引もチェックしてみてくださいね。


お楽しみください。

ブログランキング参加中!!
→1日1回クリックよろしく!

 
Posted at 08:55 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
東京FM / 2009年03月16日(月)
月〜金曜日の8:10からON AIRされている、
東京FMのHonda Sweet Mission
週毎に世界各地の情報をOL目線で伝えている番組です。

本日からの週はフィレンツェ特集
私こと宮崎も3月17日と19日に登場します。

お時間がある方は、ラジオに耳を傾けてみて下さい。

宮崎

今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 07:00 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.