ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2009年01月 | Main | 2008年11月»
12月「ニクの日」報告 / 2008年12月31日(水)
2008年最後のブログは食いしん坊の「ペルバッコ」らしく食べ物話

9月から毎月29日の恒例行事「ニクの日」、2008年最後の会が開催されました。

「ニクの日」は兄弟サイト「ITALIA20」の企画です。
今回の場所は、ここ連続参加のMさん推薦、私も以前から「行ってみたい」と思っていたピッツェリア・スパゲッテリアの「F.lli Briganti」

いつものようにアンティパストから何品かずつ注文していきました。
※メニュー名はだいたい

アンティパスト:Affettati Misti

プリモ:ここの名物料理の1つSpaghetti al Pomodoro Fresco
スパゲッティの上にフレッシュトマトとフレッシュニンニクがたっぷりかかっている一品。
フレッシュニンニク=ほぼ生のニンニクすりおろし

Mさんの
「明日、人に会う予定がある人。仕事がある人は食べない方がいい!」というアドバイスは右耳から左耳に筒抜け、80%の人がクサイのを覚悟で食しました。

Mさんはかたくなに拒否!
言うほど臭くもなく、2皿をみんなで間食です。



その他、「本日の一品メニュー」だったTagliatelle con Carciofi
(アーティチョークのタリアテッレ)
Zuppa di Patate(ジャガイモのスープ)

プリモは一皿どれもかなり量がありました。
そう考えると、ニンニクたっぷりのスパゲッティを一人で一皿食べたら
Mさんの言うとおりクッサイのかも
トマトのスパゲッティ好きとしては、今度は一人で一皿食べてみたいです!

セコンド:Pollo Fritto con le Verdure di Stagione Fritte
(鶏肉と季節の野菜のフライ)

プリモに比べると量は普通



そしてやっぱりこれ、Bistecca(ビステッカ)
今回はいつもより人数が多かったので、初の3Kgに挑戦しました。
「意外と量があるよね。」「もう食べられない、無理。」と音を上げるタイプと、ゆっくり攻めていくタイプに分かれ、最終的には見事に間食。

 

今までの所と比べると、薄めでしっかりと焼いてサービスをする印象を受けました。
『ニクの日』を続けていくと、Bisteccaについて語れるようになるのかも」とも思ったりして。
まあ、おなじ所で最低二回はBisteccaを食べないと語れるまでにはいかないかな?

コントルノ:Fagioli(茹で白インゲン)Insalata Mista(ミックスサラダ)
トスカーナの代表料理の1つ、茹でた白インゲンもかかせませんね。

ドルチェ:トスカーナのドルチェにも関わらず、なかなかレストランやトラットリアで見かけないZuccotto(ズッコット)
リキュールたっぷりで「大人のお菓子」でした。



生クリームがたっぷり入ったシュークリームのチョコレートがけProfitterol(プロフィッテロール)と奥/Creme Caramel(クリーム・カラメル)&手前/Creme Brule(クレーム・ブリュレ)? Crema Catalana(クレーマ・カタラーナ)?のどちらか。
ここでは、どっちだったか忘れてしまった・・・。

 

その他、Tiramisu(ティラミス)Macedonia con Gelato(ジェラート付きマチェドニア)

80%の人達がドルチェを注文。
みんな甘い物好きなようです。
残りの20%=よこたと私は注文せず、一口頂くのみ。
その名も「ちょっと頂戴」攻撃。

ここまでの間にプロセッコ2本赤ワイン4本あけ、最後の〆はリキュール類。
Limoncello(リモンチェッロ)Grappa(グラッパ)Liquore di Mirto(ミルト酒)
ミルト酒は漢方酒みたいでした。



今回もよく食べました。
最後に恒例の集合写真を1枚。by お店のおじさん

なんでこんなに中心をずらしちゃったんだろう・・・。
おじさんのセンスを尊重するとしよう。


ここは、とにかく地元の人達でいっぱいでした。
料理の他、多分、値段・場所(車やバイクで気軽に来られる)・お店の人達の魅力に誘われてくる人達が多いんだろうなというお店です。

ここに来る人、お店の人のもようは2009年早々に。


2008年もよく食べ・飲んだ我ら「ペルバッコ」
2009年もこんな私達のブログにまたお付き合い下さい。

今年1年、本当にありがとうございました。

良いお年をお迎え下さい。


宮崎
スタッフ一同


今年最後のポチッ!をありがとうございます



 
Posted at 09:37 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
一足早く2009年新年会のお知らせ / 2008年12月29日(月)
2008年もあとわずか。
イタリアは「冬らしく」寒いです。

さて、一足早く新年会のお知らせです。

2008年1月に引き続き、2009年も新年会を開催することになりました。

日にちは、1月30日(金)
時間は、19:30から
場所は、目黒と恵比寿の間にある人気トラットリア/
     もちろんイタリアンです
内容は、アンティパスト、プリモ、セコンド、ドルチェ、ワイン、コーヒーをゆっくりと楽しむ
「新年会という名のイタリアンな夕べ」
参加スタッフは、横田昌司と宮崎智子


本家「イタリア情報サイト ペルバッコ」のサービスをご利用頂いた方やご愛読者
このブログを読んで下さっている方
また、そのご家族やお友達
イタリア好き、興味がある方
美味しい物が好きな方
スタッフ横田と宮崎の顔でも見に行くか!

などなど、大歓迎です。

ご興味がある方は2009年1月19日(月)までに下記メールへお気軽にご連絡下さい。
場所の詳細と料金をお知らせ致しますので、まずはご検討下さい。
info@perbacco.jp

※席に限りがございますので、なるべくお早めにご連絡下さい。
送信後3日以上経っても返信がない場合はこちらに届いていない可能性もございますので、再度メールを送信して頂くかブログのコメント欄へご連絡下さい。

2008年1月は日曜日の昼に開催したこともあり、40名以上の方にご参加頂きました。
今回は平日(金曜日)の夜なのでご都合が合わない方も多いかとは思いますが、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

「2008年新年会」より



よこた
宮崎


ポチッと応援ありがとうございます。



 
Posted at 07:06 / お知らせ / この記事のURL
コメント(2)
クリスマス=食べ続ける / 2008年12月26日(金)
一体どのくらいの人が「クリスマスには○○を食べた」というブログを書くのだろう・・・と思いつつ、私もしっかりとその中の一人です。

24日の夕食は、魚貝類たっぷりのZuppa di Pesce(魚のスープ)シャンパーニュ

イタリア人が一番大切にする25日の昼食は友人宅にお呼ばれして、
13:30〜17:30のゆっくりPranzo(昼食)。
ゆっくり
いやいや、
さすがにクリスマスの昼食はいつも以上に長っ(ながっ)

「忙しくてツリーも飾りも用意できなかったの。料理も簡単なものしか作らないけどいいよね?」」と言うわりには、ちゃんとした昼食でした。



乾杯のスプマンテと一緒におつまみ
アンティパストにはリコッタのムースとアーティチョーク

 

プリモはシーフードのリングイネ黒キャベツのリガトーニ
セコンドはマトウダイと野菜のグリル

 

ドルチェは持参のリンゴのタルト
我ながら、なかなかの出来ばえでした。



24日の夜から食べ続けているので、食後はネコを相手にちょっと運動。

でもちょっとの運動じゃあ消化できないな・・・。




宮崎


ポチッと応援ありがとうございます!




 
Posted at 07:55 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
Buon Natale 〜! / 2008年12月25日(木)
フィレンツェから "Buon Natale〜!"

イタリアのの放送局 Mediaset がここ数年放映しているクリスマスと年末のご挨拶。
去年のキッチンバージョンに引き続き、今年はオーケストラバージョンです。

イタリア通の皆さん、何人の有名人を知っていますか?!


※音が出ますので、ご注意下さい。

"Un caro e sincero Augurio di Buon Natale e di uno splendido 2009!!!"

スタッフ一同

←メリー・クリック・マス!

 
Posted at 07:30 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
流行色 / 2008年12月23日(火)
2008-2009年秋冬の流行色「紫色」

町行く人の服装を気にして見ていると、いますいます。





おばさまのコートは
帽子と手首にも紫のファー









男性のセーター
店内の男性のコート
そして、
手前の男性のネクタイ
何気に

セーターだけ狙ったのに、
偶然にもこんなに紫が集まりました。







洋服だけでなく、だって!







女性のズボンの他、男性のシャツ薄紫
仲良く手をつないでクリスマスのお買い物でしょうかね?




ユーロスターの中でも発見

 


町中で「はやり物をウォッチング」をするのは面白いのであります。


宮崎


ポチッと応援ありがとうございます。



 
Posted at 07:18 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(10)
ニクの日近づく! / 2008年12月22日(月)
今月も肉を食べて元気を出そう「ニク」の日が近づいてまいりました。
2008年の食べ納めです〜

今回はどんな肉料理が待ち受けているのか?

まだ数名余裕があります。
ご参加お待ちしております。

ご参加ご希望の方は26日までに以下のメールアドレスにてご連絡下さい。
(すでにお問い合わせいただいている方は、最終参加確認のメールをお願いいたします)

info@italia20.jp

※来月1月と2月の「ニク」の日はお休みとさせていただきます。

スタッフ一同

今年も残りあとわずか
来年がもっと良い年になるように
クリックしながら↓

食べ納め〜

この企画はペルバッコの姉妹サイト「ITALIA 20」によるものです

 
Posted at 16:41 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
出張・ボローニャ / 2008年12月20日(土)
出張先をミラノからボローニャへ移動。


フィレンツェからユーロスターで1時間の距離でボローニャ在住の友人もいるのになかなか来る機会がないんですよね・・・。
結構久しぶりの訪問でした。

ボローニャで何をしたか?
今回の仕事が全て終わった後、フィレンツェ行きの電車の時間まで町散策と夕食を楽しみました。

駅と町の中心マッジョーレ広場を結ぶ通り、ボローニャの象徴でもある「アシネッリの塔」もきれいにライトアップ。

 

広場には大きなクリスマスツリーがありました。
フィレンツェとミラノよりもきれいだったような気が・・・。



閉店間際のお花屋さんの店先には、きれいな花がカゴに入っていました。
店内と店先の様子で、「ここで花束を作ってもらったら、きれいに違いない!」と確信したのであります。
センスいいお店でした。



人通りの多い道の角にあるのは、ボローニャ在住の友人曰く「結構有名な飲み屋」。
あ〜、興味ある〜。
でもこの日は時間がなかったので、雰囲気のみチェック!
次回のお楽しみです。



夕食は「この土地らしい食べ物を!」ということで、Crescentini(クレシェンティーニ)という揚げパンとSquaquerello(スクアクエレッロ)という水分の多いチーズ付きAffetati Misti(サルミの盛り合わせ)を注文しました。
盛り合わせにはエミリア・ローマニャ州らしくMortadella(モルタデッラ)も入っています。



これらをどうに食べるかというと、クレチェンティーニにサルミとチーズをはさんで食べるのです。
自分で作るお好みパニーニでしょうか。



前菜だけでおなかがいっぱい+電車の時間が迫ってきてしまったので、注文していたプリモはキャンセル。
次回はプリモから始めることを約束して、お店を後にしました。
レストランの皆さん、ごめんなさい!

なんだか2日間、食べてばっかりいたような・・・。

どこかにどんな理由で行ったとしても「食べる物」は重要なのであります。
はい。

宮崎


ポチッと応援ありがとうございます。


 
Posted at 09:35 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(2)
今年最後の出張 / 2008年12月19日(金)
今年最後の出張は1泊2日のミラノ&ボローニャ

12月14日から大々的に運行をし始めた「Eurostar Italia Alta Velocita' 」(ユーロスター・イタリア・アルタ・ヴェロチタ、《高速ユーロスター》とでも言いましょうか)に乗り、フィレンツェ→ミラノ間わずか2時間10分。
今までのユーロスターより約30分早くなりました。
料金もそれなりに上がりましたが、この30分の差は結構嬉しいものです。

毎回のことですが、ミラノの中央駅に到着すると「都会に来た!」と感じます。
大きい駅、たくさんのホーム、そして大きな宣伝。
しかも私的には「DOLCE & GABBANA=ミラノ」をイメージするので、ホームに降りた瞬間から都会:ミ・ラ・ノ感120%



さてさて、仕事の前にまずは創業1931年の老舗カフェ兼レストラン兼お菓子屋さんで、サルシッチャソースのニョッキで腹ごしらえ。
モチモチしたニョッキをパクパクと食べていたのですが、一人前の量がかなりあり敢え無く4分の1を残し終了。



仕事が一段落した後は、町のお菓子屋さん&カフェで一休み。
ガラスケースに入った美味しそうなお菓子を「これがフィレンツェだったら、いろいろ選んでお持ち帰りするのに・・・。」と思いながら、ただただ眺めていました。



このお店はリキュール漬けのさくらんぼうをチョコレートでコーティングしたBoeri(ボエリ)を昔ながらのレシピで作っているそうな。
食べたかったのですが、さすがに売り切れ。
残念。


翌日、ボローニャへ移動する前の時間はミラノ観光

ようやく修復中のカバーが外されたドゥオモの正面、こんなにもきれいな色だったんですね。
以前はもっと薄黒かったので、イメージが一新です。



ドゥオモ内の主祭壇にはクリスマス用にポインセチアが飾られていました。
ここで行われるミサはさぞかし荘厳なことでしょう。



でも意外なこと1つ。
プレゼピオが教会の大きさのわりにはシンプルなのです。



ドゥオモ広場のテント内で今年で44回目を迎える「ミラノのプレゼーピ」が展示されているから、ドゥオモ内はシンプルなのかもしれませんね。
ちなみに「ミラノのプレゼーピ」は料金制。

床が気になる身としては、当然下を向いて写真をパチリ。
綺麗でございます〜。



次なる町・ボローニャのクリスマスはいかがなものでしょうか?


宮崎


ポチッと応援ありがとうございます。





 
Posted at 09:20 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
ウオヴァ・ソーデ:マンマ風ゆで卵の前菜 / 2008年12月18日(木)
ゆで卵をそのまま使った、簡単前菜です。
のせる具によって色合いも変わりますから、見た目も楽しめる一品です。

今回はニンニク味、アンチョビ・ケッパー味、オリーヴ味、ピリ辛トマト味の4種類を作りましたが、色々と応用してみて下さいね。

ウオヴァ・ソーデ:マンマ風ゆで卵の前菜
[ジャンル]
おつまみ
[難易度]
★☆☆☆☆
[調理時間]
30分
[[ 材料と分量 ]]・・・4人前
  • 8個
  • マヨネーズ
  • 大さじ8杯
  • ニンニク
  • 1/2カケ
  • イタリアンパセリ
  • 1房
  • アンチョビ
  • 2尾
  • ケッパー
  • 適量
  • トマトペースト
  • 小さじ1杯
  • 唐辛子
  • 適量
  • 黒オリーヴの美
  • 4個
  • 少々
[[ 手順 ]]

下準備

1 ) かたゆで卵を作って、殻をむいておく

作り方

1 ) 作る味の数だけ小さな器を用意し、それぞれにマヨネーズを大さじ2杯づつ入れて、ゆで卵の黄身2個をあわせる。
マヨネーズの量は好みに合わせて!

2 ) ニンニクはすり潰し、ケッパー、アンチョビ、イタリアンパセリ、黒オリーヴの実はみじん切りにする。

3 ) それぞれの器に作るトッピングの材料を入れて良く混ぜる。


・緑   ニンニクとイタリアンパセリ
・グレー アンチョビとケッパー 
・赤   トマトペーストと唐辛子
・黒   黒オリーヴ

4 ) 出来上がったトッピングのソースを卵の黄身があった穴に入れて、皿にサラダ菜などと盛り付けて出来上がり。
※トッピングにハムを細かく切ったものもおすすめです。



まさしく冬のパーティーシーズン、たくさん作れば彩りもきれいです。
色々な具で試してみてくださいね。

ホームパーティーを楽しみましょう!

今月の本家ペルバッコ・レシピページにはこの他、パーティー用大皿料理も紹介されています。
そちらもお楽しみくださいね〜

スタッフ一同

師も走る師走、忙しさに負けずワン・クリックお願い〜
ポチッとね
↓↓↓↓

 
Posted at 20:38 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
クリスマスはストレス? / 2008年12月17日(水)
クリスマスまで後一週間となりました。
日本では忘年会真っ只中というところでしょうか?

ここイタリアではと言うと、多くのストレスを抱える季節の一つになったそうです。

とある新聞のミラノでの調査によると、、、
85%の人がストレスを感じているとの事。

その理由は、、、
・町の中が人が溢れて生活し辛い
・取引先との食事会(忘年会)が多すぎる
・親族への挨拶、食事会など
・その人にあったプレゼントを探すこと

だ、そうです。
イタリアのクリスマス事情もだんだん変わっているようですね〜

皆さんの年末への準備の進み具合はいかがでしょうか?

よこた

今年も残すところあと2週間
元気に過ごしていきましょう
その前に↓クリックね
←応援よろしく

 
Posted at 19:40 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(6)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.