ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2008年07月 | Main | 2008年05月»
シリーズ第4弾 山の中のレストラン / 2008年06月30日(月)
すっごく久しぶりの宮崎企画「美味しい物はちょっと遠くにあるんだよ!」シリーズの第4弾

場所はキャンティ・クラシコの中心地、グレーヴェ・イン・キャンティから山の中へ約20分。
「こんな山奥に人が住んでるの? ましてやレストランなんてあるの?」という所にあります。

ここ、ワイナリー訪問を担当している横田がお客様とよく行き、いっつも美味しい物話をしてくれている所。
聞くだけの私は、ただの自慢にしか聞こえません。

私達の友人が働いているので以前は私も行ってはいたのですが、しばらくご無沙汰していました。
かなり久しぶりに行き、特に美味しかったのが、

ポルチーニのフリット


ポルチーニのグリル


シチリア産のマグロのカルパッチョ


山の中まで行く甲斐ありです。

あ〜、今度はいつ行けるのか?
またしても横田の自慢話を聞く日々なのか?

暑くても、美味しい物はモリモリ食べます!

宮崎

それにしても毎日、毎日暑い・・・。
本当に暑い!
暑いと思考能力が低下するけど、
冷房がない部屋でジリジリと汗をかくのは結構快感です。
そう、天然サウナ状態。

今日もポチッとランキングの応援、よろしくお願いします!



 
Posted at 08:13 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(8)
ミラノな日々 / 2008年06月29日(日)
約10日間、ミラノをウロウロしてきました。

上から、
ナヴィリオ&モンタナポレオーネ通りとフェッラーリ
とあるショップのディスプレイ&公園でのひととき
ミラノを走るトラム達
ガッレリアとドゥオモの夜景
 
 
 
 

ドゥオモの床もお見事でした!



ミラノは都会です。
ミラノはフィレンツェより格好いい女性や男性が多い!
今度はミラネーゼウォッチングをしたいものです。

宮崎

しばらく更新を怠ってしまいました・・・。
今日からまよろしく!

クリックもお願いします!



 
Posted at 08:33 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(6)
疑惑のワイン / 2008年06月23日(月)
先週、モンタルチーノへ出かけてきました。
ご存知の通り、イタリアワインの一大名醸地であり、原材料偽装疑惑という物議をかもし出しているところでもあります。

どんな疑惑かと言うと、買ってきたぶどうを自分のところで育てたぶどうだと嘘をいってワインにしてしまったという疑惑。
こんな話題は日本だけではないのですな。

そしてこの日、訪問したのもそんな疑惑がかけられているワイナリーAでした。
疑惑のワインあるかなぁ〜、なんと思いながらいざ試飲。

じゃじゃーん、ビンゴ。
まさしく疑いをもたれているワイン、収穫年数までも。。。

ワインの名前は、疑惑の名前は使っちゃいかんと言うおふれにより、、、
「Il Duemilatre di ワイナリーA Rosso di Toscana 2003
:ワイナリーAの2003年もの、トスカーナの赤ワイン2003」
ということです。

ワインとしては、おいしかったと思いますが、、、なんだか嘘をついて造られたワインだと思うともちろん毒じゃないんだけどなんだか口にしてはいけない混ぜ物が入っているような気分で、楽しめなかったなぁ〜


そんなことは露知らず、ぶどうの実は順調に成長しています。。。

やっぱり、食べ物で嘘はいけません、と痛感した1日でした。

スタッフよこた


→説明してくれたお姉さんは
→ワインを説明しながらブルネッロを連発してたっけ!

→今週も応援お願いするっす、クリッとな

 
Posted at 07:13 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(4)
夏になりました…日曜日 / 2008年06月22日(日)
6月の第4日曜日、これまで雨続きの初夏でしたが、、、

ついに夏がやってきました!

夏の日曜日らしく、車もなく、窓からは熱風が、ただいま15時30分、あちぃ〜です。。。

すでにイタリアの子供たちは夏休み。

そして明後日はフィレンツェ守護神「サン・ジョヴァンニ」の花火です。
夏ですね。

スタッフよこた

→日本は梅雨ですね
→フィレンツェの様子から想像すると
→梅雨後の日本も暑いんじゃないかなぁ〜

→クリック応援お願いね

 
Posted at 22:40 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(1)
C級グルメ ミニパスタ入りミネストローネ / 2008年06月20日(金)
久しぶりのC級グルメです。
今回は、再びク@ールです。
パッケージはこんな感じで具沢山、盛り付け方によっても違いが出そうです。

具がたくさん入っているイメージ、でもだまされませんよ。
ひょっとしたらすごく細長い器だったりして…

と、期待をしながら封を切ると、、、例のブイヨンメーカー的な香りが立ち上ります。
パスタはちゃんと入っています。

作り方はいたって簡単、750ccの冷水に袋を中身を加えて沸騰するまで注意深く混ぜ合わせます。
沸騰したら弱火にして、かき混ぜながら5分で出来上がり、、、とには。
パスタの大きさからして5分では、、、、疑いながらもレッツ・ファイアー、火にかけます。

コトコト5分、思ったとおりパスタはチョー・アルデンテ(芯が残りまくり、とも言いますが、、、)

引き続き5分、合計10分かかりました。

袋には、粉チーズやバジリコペーストを加えるとよりおいしいとのこと。
前回のアスパラのポタージュの時には、牛乳を入れるなどのアドバイスをいただいたき、今回は説明通りに粉チーズ、バジリコペーストがなかったのイタリアンパセリのみじん切りを入れ、最後にオリーヴ・オイルをたらしてみました。

袋の絵と違うのはご愛嬌、いつものことですが…
ま、こんなもんではないかというお味、
セロリとトマト的な香り、目に見えるのはにんじん、豆、ジャガイモほうれん草らしいもの、、、など。
このスープ・パスタの良いところは、ほかの種類よりも、若干多いところ。
袋にも3人前と書いてあります。

足りなければ、パスタを加えても良いかもね。

でも味が気に入っていれば、お話だけど。。。

ということで、まあ、合格的な一品でした。

スタッフよこた

→次は何にしようかな
→第一回のあのスーパーのシリーズで名誉挽回?

→クリック、クリック

 
Posted at 07:37 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(4)
ペルバッコ・レシピより / 2008年06月18日(水)
先月に引き続き、今月も「ペルバッコ」レシピページが更新されました。
今回は、その中からボネをブログでご紹介です。
では、どうぞ〜
ボネ
[ジャンル]
スウィーツ
[難易度]
★★☆☆☆
[[ 材料と分量 ]]・・・6人前
  • 全卵
  • 4個
  • 砂糖
  • 大さじ山盛り9杯
  • カカオ
  • 小さじ2杯
  • ラム酒
  • 大さじ1杯
  • エスプレッソ
  • 25cc
  • アマレッティ・ビスケット
  • 60g
  • 牛乳
  • 500cc
  • 200cc
[[ 手順 ]]

下準備

1 ) ビスケットは粉々に砕いておく

2 ) 牛乳は火にかけて沸騰しない程度に温めて、粗熱をとっておく

3 ) オーブンを170℃に温めておく

作り方

1 ) ★ カラメルを作る
大さじ山盛り4杯分の砂糖を水に加えて、カラメル状になるまで火にかける。

2 ) ★ プリンのたねを作る
卵、残りの大さじ山盛り5杯分の砂糖、カカオ、ビスケット、エスプレッソとラム酒をボウルでよく混ぜ合わせる。

3 ) 2に牛乳を加えよく混ぜ合わせて、冷ます。

4 ) 型の底と周りに均等にカラメルを伸ばし、3のたねを流し込み、水を張ったバットの上において、湯銭にしてオーブンで約45分間焼いて出来上がり。
※焦げくさくなるで流し込むときにこぼさないようにしよう。


毎月変わるレシピページ、是非ともお試しくださいね〜

メニューは印刷しやすいサイズにしてあります!
是非ともご利用くださいね〜!

スタッフ一同

→このページ書いてると、おなかが減ります
→え、おなかの音聞こえましたか?
→気のせいですよ〜

→とりあえずクリック応援よろしく〜


→フィレンツェでマンマに学ぶイタリア料理もよろしくね!

 
Posted at 07:37 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
6月16日号、野菜のおいしい季節ですレシピと宝石箱のような可愛い街 / 2008年06月16日(月)
ちょっとミラノ寒すぎよ!

前もって、普段はもう半袖で過ごしているけど、寒い時はあるから、と教えておいたのにも関わらず、甘く見ていた友人は、仕事の為にやって来てミラノ中央駅に到着したとたん、思わず電話せずに居られなかったようです。



土曜日にもシャツ一枚では肌寒く、でもちょっと動き始めるとうっすら汗ばむようなお天気。
今年は雨がいっぱい降ったから、この夏は蚊が多いんじゃないか、なんていうのも聞かれて今からうんざりしていますが、異常気象が続いているのは世界中おんなじのようですね。

          

イタリア情報サイト「ペルバッコ」6月16日号を更新しました。

 5つの手順でできる、カンタン家庭料理レシピ

トマト、ほうれん草、ジャガイモ、ポロネギ…、本格的に野菜が美味しい季節に、ふんだんに使ったメニューを厳選





 イタリアの魅力ある町

宝石箱のような可愛い街。
ヴァカンス地としても有名な リグーリア州 ポルトフィーノ(PORTOFINO)



 次回キリ番「165,000番」賞品発表!

先日の記事でも紹介した「食べる指さし会話帳・イタリア」を筆者サイン入りでプレゼント

おたのしみください。



→この時期の旅行には羽織るものをお忘れなく

 クリックで応援もよろしく!!

 
Posted at 08:45 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
今日のテーマはビールです! / 2008年06月13日(金)
先日、現在開講中のアカデミア・デイ・ヴィーニが主催するイタリア・ソムリエ資格取得講座に日本でのソムリエ講習を思い出しながら半日体験してきました。

今日の講師は中でも、特に教え上手な先生とか。

期待して出かけてみると、な、なんと、通訳のKさんは手の動きまでまったく同じで、息のばっちりあった授業が繰り広げられていました!

このときの御題は「ビール」

ソムリエはビールも飲まにゃ テースティングしなきゃ、ならんのです〜
この中には、かなりなかなか手に入れることができないビールもふくまれているとのことです。

そんな授業に、みなさん一言一句もらさない集中力で聞きいります。

そして、たくさん質問も飛び出します。

ちなみに、僕が学んだのは
・バドワイザーが世界で一番生産されている
・ビールは泡が命です
・イタリアのパブでビールグラスを洗う謎
本当は、もっともっとたくさんのことを学んだのですけど、、、
横にこんなに並んでいては

気が散って…

そんな端っこの僕はおいといて、、、

みなさんの授業は進みました。
もちろん、ビールの上手な注ぎ方の実習も!

とても興味深く、そして生徒みなさんの一生懸命な姿勢とその雰囲気に刺激を受けて帰ってきました。
授業は今日も続いていると思います。
ソムリエ目指してがんばりましょう!

みなさん、お邪魔しました、そしてありがとうございました。

スタッフよこた

→ピッツァにはビールです
→ビールには酵母の香りが含まれて
→そのあたりが、ピッツァに良くあうポイントです
→う〜む、ピッツァが食べたくなりました
→ピッツァの前に


→クリックして応援しよう!



このコースはペルバッコでもご案内していま〜す!

 
Posted at 08:55 / アカデミア・デイ・ヴィーニ日記 / この記事のURL
コメント(2)
食べる指さし会話帳 / 2008年06月11日(水)
今日はお知らせ、新しいの紹介です。
実際に使える一冊として手にしている方をたまに見かける指さしシリーズ・イタリアの続編です。

筆者は前回と同じ、幾度となく仕事・バカンスでイタリアにいらっしゃる堀込玲さんです。
しかも、堀込さんはスタッフ宮崎の大学時代の先輩でもあります。


食べる指さし会話帳・イタリア


たくさんの料理が写真やイラストともに紹介されています。
地方色の強い料理も網羅していますので、食べ歩きが好きな方にはもってこいの一冊であります。

ところで、何故こちらでご紹介かというと、写真提供させていただいておりま〜す!
どの写真家は内緒ですが…

巻末には僕らの名前とペルバッコのURLも載せていただきました〜
ありがとうございます。

さらに、本サイト「ペルバッコ」の次回キリ番プレゼントでこちらの本をプレゼントしたいと思います。
そちらも、しっかり狙ってゲットしてください。

キリ番ページはこちらから(この本のプレゼントの告知は次週6月16日です)

よろしくお願いしま〜す!

スタッフよこた

→大きさも持ち歩くのにちょうどいいぞ!
→しかも、実際に第一弾の本でイタリア人と会話をしたという方の話も
→聞いたことがあります!
→まず、立ち読みの前に、、、

→クリック応援よろしくです!

 
Posted at 07:36 / お知らせ / この記事のURL
コメント(6)
好きなジェラート屋さん見〜つけた! / 2008年06月09日(月)
友人宅へお呼ばれに行った時のこと・・・。

フィレンツェから車で1時間くらい離れた町で仕事をしているにも関わらず、平日18時半頃まで仕事をしたあと家に呼んでくれた友人が出してくれたのがこれらの品々。

アンティパストは、「パルミジャーノのスフレ、生ハム添え」



プリモは、「チーズ風味のズッキーニとポピーシードのパスタ」
ズッキーニもパスタのように長く切ってあるのが、なんだか新鮮。



セコンドは、「仔羊のローストと付け合せ」



ドルチェは、「ジェラート2種」



み〜んな美味しかったなかでも一番気に入ったのがジェラート
1種類はミルク味、もう1種類はなんとグリーンペッパー味
甘さの中にもスパイシーさがあって、不思議な組み合わせが◎。
イタリア人が大好きなこってり系ではなく、シャリシャリ感があって食感も◎。
思わずおかわりをしてしまいました。

ドルチェから1つさかのぼる「仔羊のローストと付け合せ」にあった白い物体もジェラート。
お味はペペローニ(パプリカ)味
ジェラートとお肉の組み合わせも◎でした。




料理&ジェラートを作ったのは、
カテリーナ
セクシーエプロンが妙にしっくり
きています。

たま〜にオープンする
ジェラート屋さんを

見〜つけた

(かなりプライベートな
ジェラート屋さんですね・・・。)




宮崎





もっともっといろんな味を食べてみたい!
日本では珍しくもないかもしれないけど、
抹茶味、かぼちゃ味、練乳味とか。
変り種でブラックペッパー味やイタリアンバジル味。
リクエストしてみる価値はありだな〜。


今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 09:17 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.