ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2007年05月 | Main | 2007年03月»
グロテスクなおつまみ / 2007年04月30日(月)
「うちにご飯食べにおいで! メインはこっちで用意するから、おつまみは持ってきて!」

と、友人コックT君からのお誘いを受け、おつまみとワインを持ってお邪魔してきました。

同じお誘いを受けた友人コックM君と私が持参したおつまみはこれら5品




M君が持ってきいたのは、白いお皿に盛り付けられた3品。

左端から・・・
・トリッパのサラダ
・きゅうりのゴマ風味の酢漬け
・なすのペースト


それぞれの品に食にこだわるM君のテクニックが光り、美味。
中でも特に私が気に入ったのは、きゅうりの一品。
ゴマと酢の風味が良くあってバクバク食べてしまいました。
M君は今日のメインがなんだか知らなかったのですが、そのわりにはメインとの相性もバッチリの3品だったので、M君自身ビックリ。

私が持っていったのは、花柄のお皿にのった2品。

左側の黄色い物体は、サフラン風味のペコリーノチーズ(羊の乳で作られたチーズ)



友人の家族がやっているチーズ工房で作られた物です。
この他にもフレッシュタイプや熟成タイプなど、数種類あってどれも美味しいのです。

さて、もう一品の右の白い物体は一体何でしょう?

この物体をスライスした物がこれ。




そう、タン=舌です。
かなりグロテスクなおつまみですね〜。

このまま食べるのですが、しっかりとした味があり柔らかく、かなり美味しい一品でした。

ちなみにこれは、I夫妻のMさん(F)からのおすそ分け。
パンツァーノにあるAntica Macelleria Cecchiniの一品です。
Mさん、ご馳走様でした

で、肝心なメインは・・・



肉肉たっぷりの焼肉でした。

私も家でたまに焼肉をするのですが、豚肉はまあ大丈夫として牛肉は焼くといつも硬くなってしまうのです。
イタリアの肉は脂身が少ないから???
でもさすがコックT君!
彼が用意してくれた肉は焼いても硬くならず、美味しく食べられました。
焼肉に合った肉を選ぶ目を持っているんでしょうね。

食事の後は、コック2人がフィレンツェのレストラン情報を交換し合い、なかなか面白い夕食会となりました。
フィレンツェでも数軒のレストランしか入れていないドイツ製のオーブンはかなり優れものだとか・・・。
どう優れものなんだか、一度見てみたい・・・。

宮崎

たっぷり肉を食べたから、今週は断肉してもいいかも。
それにしてもこのタン、おつまみには最高です。

今日もポチッと応援ありがとうございます。


 
Posted at 09:00 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(4)
イタリア版GW / 2007年04月28日(土)
日本は今日からGWに突入
イタリアだって、今日から5月1日の労働の日(メーデー)までちょとしたGW
カレンダー通りに過ごすと、4月30日は平日です。
でも、ここでイタリア人お得意のPonte(ポンテ:橋)が実行されるわけです。
ポンテとはその名の通り、2つの休日に橋をかけて連休にすること。
場合によっては、昨日の金曜日や5月2日の水曜日までポンテにしてしまうこともあります。
2つの休日にまたがっていませんが、それはイタリア人のお愛嬌。

天気もいいようなので、多くの人が

海へ・・・



山へ・・・



と、出かけて行くのでしょうね。

ニュースによると約1,000万台の車が高速道路を利用し、渋滞が予想されるのが昨日の午後から本日の午前、Uターンラッシュは5月1日の午後。

観光をする場合は、5月1日は休館の美術館が多いのでお気をつけ下さい!
ウフィッツィ美術館もお休みです



宮崎

皆さん! 楽しいGWをお過ごし下さい。
お仕事の方は、混まない時期にゆっくりとお休みをお楽しみ下さい!

今日も応援ありがとうございます。


 
Posted at 07:50 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
物価高!こりゃあすごいぞホテル代! / 2007年04月27日(金)
2002年にリラからユーロになり、あれよあれよ物価高になったイタリア。

1ユーロ=1936.27リラなので、単純計算4,000リラは2ユーロ6,000リラは3ユーロになるはずなのに、なぜか4,000リラが4ユーロくらいになっていることが多いのであります。
いい例が、500mlの水
リラ時代は、街角で1,000リラだったものが今は余裕で1ユーロ
1.5ユーロなんてこともあります。
倍、それ以上の値段です。

もう1ついい例が、ホテル代



もともとフィレンツェはホテル代がそう安い街ではありませんでしたが、ここ数年は「マジですかというくらい高い所が多いです。

自分自身ホテルに興味があるので、手元にあるこの4年間くらいのホテルの料金表をみたところ、ランクが高くなればなるほどここ数年で20ユーロ〜100ユーロの値上げをしていました。
ユーロで考えるとあまり大きな数字ではありませんが、これを日本円(1ユーロ=160円)に直すと3,200円〜16,000円で、気持ち的にすっごい額のように感じます。

中でも一番ビックリ仰天したのは、市内のとあるホテル。
このホテルの一番いい部屋の料金が、2002年は1,550ユーロだったのに2007年は2,500ユーロ
なんと950ユーロの値上げ
このランクの部屋に泊まる人にとって950ユーロなんて痛くもかゆくもない金額かもしれませんが、超一般人の私には自分の目を疑うくらいの金額でした。

料金を上げ続けるホテルだけではなく、多少値下げをしている所ももちろんあります→嬉し涙



ホテル代が高いのは、ホテルに必要な物がそれなりに上がっているせいやPC環境が便利なったりと設備が以前より良くなっているからかもしれません。
この料金表の値段が全てではなく時期や泊数によってももちろん変わるでしょうが、それにしてもホテル代の高さには頭が痛いです。

 

イタリアでも田舎に行くとまだまだリラ時代とほとんど変わっていないホテルもたっくさんありますが、観光命!の街は、ホテルも強気ですね。
特にヴェネツィアとか・・・。

あ〜どうにかならないかなぁ〜、この物価高とユーロ高。

注意本文の内容と写真は一切関係ありません!

ホテル選びも旅行の楽しみの1つ。
お得なホテルが探せたら、旅行もそれだけ楽しくなるはず。
ホテル探しをしている方を応援します!

今日もランキングの応援ありがとうございます。



宮崎

 
Posted at 07:15 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
ミラノでうっしっし! / 2007年04月26日(木)
カウ・パレードファンの皆様、お待たせしました!
カウ・パレードが再びイタリアに戻ってきました!!
こんどはファッション、デザインの街ミラノで大繁殖中です!!

こ〜んな木陰に佇んでみたり

レオナルド・ダ・ヴィンチを横目に見たり

つんつんとがったドゥオモを遠目にみたり

フィレンツェ以上に行進中です!

このミラノ・ヴァージョン、先日まで行われていた「サローネ」の一環として行われたイベントの一つだそうです。
そのため色々な有名ブランドのデザイナーによるものもたくさん含まれているようです。

開催期間は6月17日までです。
この期間ミラノに滞在される方は是非ともお楽しみくださいね!

よこた

以前のカウ・パレード日記はこちら

カウ・パレード・ホームページはこちら

カウ・パレード・ミラノページはこちら


→うっしっし

 
Posted at 07:38 / Cow Parade(カウ・パレード) / この記事のURL
コメント(0)
弟・栄司イタリアにて! / 2007年04月25日(水)
件名どおり、弟が我が家に滞在しイタリア満腹・満喫旅行をしていきました。

弟にとって初のイタリアだったので、今回は観光の基本ラインをおさえた滞在でした。

到着した都市ローマでまず観光!

「ヴァチカン市国に行くのにパスポートいる?」
などと話しつつ。

そしてわが町フィレンツェ

ガイドブックによるとミケランジェロ広場やベルヴェデーレ要塞からの眺めが良いんだって!
ということで、坂を上ってたどり着いた要塞は午後だけの開館。。。
「ガーン、、、汗」


サッカー大好きーということで
ミラノへセリエA「ミラン vs カリアリ」を見学に!

「やっぱ、イタリアサッカーは激しくて面白いねー!満足満足」
と、楽しみつつ。

今回の目的の一つであるヴェネツィアの町へ

実は、弟の職業は舞台役者なのでありまして
夏公演の「ヴェニスの商人」に出演予定なので、イタリアに行くなら
「役作りもね!」
ということで、ヴェニスにてヴェネツィアの本場の 味わいを満喫 雰囲気を身に染み込ませて行ったのでした!

「二人で、枕並べて寝るのって何十年ぶりだろうねぇ〜?!」
「小学生以来かな、でもその時は2段ベットで上下だったけどね〜笑」
なんて話しながら1週間でイタリア4都市を楽しみましたー!

文学座所属「横田栄司」プロフィールはこちら

ヴェニスの商人について、サイト「RUSSET」へ

よこた

→兄ともども応援よろしく
→クリッとね

 
Posted at 07:00 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(10)
暑い→食べる→体重計 / 2007年04月24日(火)
まだ4月なのに、ここ数週間暑い、暑い・・・。

友達のワイナリーに行った先週の金曜日は、雲1つない青空



食欲がなくなるほどの暑さではないので、先日のレモンのリゾットのようにさっぱりした味わいを欲しつつ、今は食欲旺盛になっています。

「体が肉を求めてるぅ〜〜〜

ということで、久しぶりにビステッカを食べました。



ビステッカは炭火で焼くのが本当なのかもしれませんが、ここはガス。
でもいい肉を使っているせいか、これがまた美味しかったのであります!

ちょっと疲れを感じると妙に甘い物が欲しくなり、こんなドルチェも食べました。



1人で食べたわけではなく、6人で2つのドルチェを分けました。

肉にドルチェに、その他もろもろとここ連日食べまくっています。
当然、体重も気になるわけで・・・。

スーパーのポイントでもらったばかりのデジタルの体重計にのってみました。
1回目はまあ通常の体重。(納得
念のため、もう1回はかってみるとさっきより2kg増。(エーーー
通常の体重が出ることを願って、最後1回はかってみると1回目と2回目のちょうど間くらいの数字が出ました。
なんだこの体重計。

「まあ、イタリア製だからしょうがないか!」

と思いきや、実はドイツ製
ちゃんとはかってくれているのかどうかを、1kg入りのパスタを買った時にはかって確かめてみないといけないようです。

日本製のデジタルの体重計は、こんなことないんでしょうね?

宮崎


デジタルの体重計は、バシッと数字が出るので
ごまかしがきかないのがちょっと怖いですね。
これから真夏に向かって、体重計にのる機会が増えるかな?

今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 07:28 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
イタリア・リーグで優勝のインテル、サポータの乱痴気騒ぎ / 2007年04月23日(月)
パパパパパパーッ、パパパパパパパパパパーッ、パパーッ


クラクションを鳴らしっぱなしで行き交う車やバイクはたいていチームの旗を掲げていて、お互いの喜びを分かち合うように出会い頭に大騒ぎ。
完璧に交通網はマヒ、なのです。


インテルのセリエA優勝が決まった6時頃から夜中までずーっつとミラノ中この調子だった訳で、約束の時間に余裕をもって出かけていても、待っても待っても一向にトラム(市電)が来ない!
結局、車の渋滞に影響されない地下鉄を使ってなんとかなりましたが、30分程の道のりを1時間以上かかってしまいました。


まぁ、18年ぶりというのだから、その喜びようも仕方のない事なのかもしれませんね。



サカテ


街の中心、ドゥオモ広場でもスゴい事になっていた模様。
去年のワールドカップ優勝の時もスゴかったですからね。

今日もポチッとありがとうございます。



 
Posted at 13:46 / イタリアのニュース(出来事) / この記事のURL
コメント(0)
フィレンツェを実感する場所 / 2007年04月21日(土)
フィレンツェのドゥオモを見るとホッとします。
出張やお休みでしばらくフィレンツェを留守にした後、駅やタクシーから久しぶりにドゥオモを見ると「帰ってきた」って感じがするんです。
特に、夜見るドゥオモが好きです。

昼間は、San Miniato al Monte(サン・ミニアート・アル・モンテ)から見るフィレンツェの街が好きですね〜。



ミケランジェロ広場からの眺めも素敵ですが、もう少し高い所にあるこの教会から見る方が落ち着いていて、景色を独り占め出来る感じがするんです。
老夫婦が仲良くベンチに座って、ボーッとしている姿もよく見かけます。

この教会の中も落ち着いた雰囲気ですごく好きです。



暑い日にこの中に入るとスッと冷たい空気が心地よく、人混みで過ごす10分がここでは20分にも30分にも感じられます。

この2ヶ所がフィレンツェを実感する場所。

ここ数年、工事中が多いイタリアですが、フィレンツェはこれ以上変わらないで欲しいですね。

う〜ん、でもフィレンツェも工事をしている所が多いんですよね・・・。
10年、20年後のフィレンツェがどうなっているのか、楽しみ半分、心配半分。


宮崎


今日もポチッとありがとうございます。


 
Posted at 09:25 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
観光気分でローマを散策 / 2007年04月20日(金)
仕事や大使館の領事部への用事でここ数回訪れていたローマ
先日、久しぶりにフィレンツェからの日帰り観光をしてきました。

ローマはイタリアの首都だけあって、フィレンツェとは違う雰囲気を持った街だと改めて感じました。

ルイ・ヴィトンはこんな店構えだし!!!



本当は、改装中のルイ・ヴィトンの店舗なのですが・・・。



フィレンツェでもルイ・ヴィトンのお店が改装することになったら、こんな洒落っ気たっぷりのことをしてくれるのでしょうか???と思ったりもして。

スペイン広場はもう春まっさかりでした。



花があるスペイン広場が大好きです。

主要な観光箇所を押さえながらの散策のクライマックスはヴァチカン市国のサン・ピエトロ寺院
今回は、14年ぶりに寺院のクーポラへ登りました。


14年前は階段で行きましたが、今回はエレベーターを使用。
階段は4ユーロで、エレベーターは7ユーロ。
迷わずエレベーターを選んだ自分に、14年という時間を感じました。
でも、エレベーターを選んでも最後の最後は階段なんですよね〜。
登りきった時に「階段だったら・・・。」とちょっと恐ろしく感じたところにも時の流れ、もとい自分の体力のなさを感じました。

時は経つものですね・・・。

宮崎

ローマはいいですのぉ〜。
「ローマは1日にしてならず」を真似して、「ローマは1日にして見るべからず」
いつか、長期滞在したいものです。

今日も応援ありがとうございます!



 
Posted at 07:58 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(2)
レモンのリゾット / 2007年04月19日(木)
昨日の横田のリゾットネタに引き続き・・・。

スーパーでアマルフィ海岸のレモンを見つけたので、これを使ってレモンのリゾットを作りました。

上はアマルフィ海岸のレモン、下は普通のレモンです。



アマルフィ海岸のレモンは表面がゴツゴツしていて、普通の物より少し大きめ。
アマルフィ海岸のレモンにはちゃんと「LIMONI COSTA D'AMALFI」(アマルフィ海岸のレモン)というシールも貼ってあります。



これがソレント辺りのレモンになると、もっと大きくてもっとゴツゴツしていたような気がします。

で、出来上がったレモンのリゾットがこれ。



ここ最近のフィレンツェは、最高気温約25℃/最低気温約10℃「初夏」の雰囲気なので、さっぱりしたレモン風味が食欲を駆り立てくれました。

「もう夏はすぐそこ!」かな。

宮崎

夏に向かっているこの季節が大好きです。

今日も応援ありがとうございます。


 
Posted at 08:00 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(6)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.