ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2006年10月 | Main | 2006年08月»
スタッフ登場のエル・ジャポン11月号 / 2006年09月28日(木)
今日は宣伝です。

エル・ジャポン2006年11月号は今日発売でーす!

というのも、よこた・サカテが記事を寄稿しています。

よこたは「ワイン産地を巡るトスカーナ地方をドライブ」
そしてサカテは「ミラノ在住の人に聞く、心癒される美しい町」テーマに登場しています。

詳しくは雑誌でお楽しみ下さい。

 購入はこちらから

よこた・サカテ

 みんなが頑張るペルバッコ
そんな僕達は皆さんの1ポチで
元気100倍、やる気も100倍!

応援してねブログランキング!

 
Posted at 07:50 / お知らせ / この記事のURL
コメント(4)
価値ある時計 / 2006年09月27日(水)
古い街・フィレンツェも、
最近はどんどんと新しい店がオープンしています。

若い洋服デザイナーのショップ、アクセサリーショップ、カフェ、
レストランなどなど。
ヴェネツィアの有名カフェ、「カフェ・フローリアン」
7月にオープンしました。
洋服のショップやレストランより気軽に楽しめるカフェのオープンは
嬉しいですね。

気軽には楽しめない、でも気になるショップが長〜い工事の末、
何を扱っているのかというと・・・、
桁の多い、そう高額のコレクション時計



地下に続く螺旋階段を降りていくショップに足を踏み入れるのは、かなりの勇気がいりそうです。

ショーウインドウには、日本語の証明書(?)がついた
年代物のロレックスが飾ってありました。
世界各国から、価値ある時計を集めているんでしょうね。

ショーウインドウは時々は変わるでしょうから、博物館気分で見学させてもらいます。
今後、どんな品々が並ぶのか楽しみです。

宮崎

■   ランキング連続10日したらコレクション時計をプレゼント!だったらもうたくさんの人達がもらえますね。
だったら、1年間連続?
今日も応援ありがとうございます。
 ■

 
Posted at 06:35 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
職人とステーキに会いに! / 2006年09月26日(火)
以前、我が家に肉とワインを両手にして遊びに来た職人「キミアキ君」働くレストランに友人でジャーナリストでもある I 夫妻とトスカーナの味覚を楽しみに行ってきました。

まずは嬉しいサプライズ!
山なのに海の幸の自慢の一品、週に一度しかメニューに載らないというケッパーとオリーヴの乗ったマグロのカルパッチョ、軽くあぶってあります。

そして秋といえばキノコ、ポルチーニだらけの一皿
ポルチーニといいながら味も香りもしないものもあるけれど、この一皿は凝縮ポルチーニだったぁ〜

そして期待通り、締めはビステッカ(Tボーン・ステーキ)です。
この日は4人で1.2キロを平らげました。
これで15枚、のべ16.3キロがお腹に消えていきました!!
テーブルに載る前によ〜く熟成させて食べごろになった肉は、かみ締めるほどに旨みが
ジュワ〜!
です。
ワインも肉も熟成は大事だなぁ〜

今年も残り約3ヵ月、後何キロ食べられるかな?

前回のビステッカはこちらから

よこた

 食べすぎを心配されるほど続いているステーキ日記です。
1人じゃ食べ切れないけど、気心知れた友人とだったら、ね!

いつも読んでくださっている皆様も応援お願いします。
ステーキじゃなくてブログ・ランキングを、です!

 
Posted at 06:25 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
思わぬところで、思わぬ人と・・・ / 2006年09月25日(月)
ここ数日、料理教室の通訳として秋の味覚を楽しんでいます。

先週は、乾燥ポルチーニ生のポルチーニを使って
「キノコのタリアテッレ」を作りました。



秋ですね〜。

昨日もいつものように、朝、お客様をお迎えにホテルへと行きました。
すると朝の眠気が一気に覚めるような事が起こったのです

しばらくロビーで待っていると、現れたのはなっ、なんと
私がイタリアに来る前に勤めていた会社の友人
部署も働いていた場所(建物)も違うので同じ会社にいた当時は会う機会が多くなかったのですが、お互い強いキャラクターの持ち主なのでしっかりと覚えていて、会った瞬間二人で大声を上げてしまいました。

友人の方は、問合せをし、返ってきたメールの名前を見て、
「あれっ? この名前・・・。もしかしたら・・・。」と思っていたらしく、会った時には「やっぱり!」と一言。

一方私もメールの名前を見て「あれっ、この名前・・・。見た事がある。」と思いましたが、「まさかね。」という気持ちが強くそれ以上深く考えることもせず・・・。

この友人と一緒に旅行に来たもう一人も実は元同じ会社。
全く接点がなかったので面識はなかったのですが、
それは元同じ釜の飯を食べた仲間というのでしょうか、すぐに意気投合!

7年ぶりくらいの再会に興奮しっぱなしの私達。
昔話にも花が咲き、料理教室と同窓会を一緒に楽しんだ気分でした。

それにしても全然変わってなかった友人N
まさか、こんな形で再会できるなんて!

「今回の旅行で一番楽しい1日だった。」と言ってくれた二人は、
「また来るからね!」と言いながら帰っていきました。

思うわぬところで、思わぬ人との再会。
友達っていいものですね。


宮崎

■   毎回、どんな方に会えるのかドキドキしながらもその出会いを楽しみにしています。 ランキングもドキドキしながらも楽しんでいます。 今日もワンクリックありがとうございます!  ■

 
Posted at 07:41 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(3)
シチリアではじめてのブドウ摘み / 2006年09月23日(土)
よこたもブドウの収穫について触れていましたが、私はなんと、友人のシチリアの実家のブドウの収穫を手伝いに行ってきました。



体力的にもつのかなぁ 、とか、腰が抜けたらどうしよう 、とか、いろいろ不安はありましたが、腰が痛かったのも最初のうちだけ、コツをつかんだら、なかなかの働きが出来ました。



ちょっぴり雨がぱらついたりもしましたが、頑張って続けたのが、タイミングとして大正解、私たちが収穫を終えた午後に大降りの雨が降って、よその畑は次の日も収穫が続けられなかったところも多かったそう。

残念なのは1ヶ月後に収穫が予定されているオリーヴが今年は不作である事。

畑のチェックに連れて行ってもらったのですが、シチリアでは夏に本当に多くて問題になる山火事の被害を受けて焦げてしまった木があったり、全く実をつけていない木まであって、豊作が続いた後にこんな年があるんだよ、と言いつつも、来年あの苦みの強い、サラダに使うのが楽しみなオイルをほとんど味わえないと思うと、寂しいもの。



お土産に辛みのより強いペペロンチーノ(赤とうがらし)や塩田の有名なトラーパニの塩、朝ご飯にぴったりのビスケットオレガノなど、いろいろいただいて3泊4日の旅を終えました。



頑張ったおかげで急にバカンスになった最後の1日。
ほんの少しですが、海にも出かけてちょっぴり冷たいくらいの海水浴 も堪能。

重労働ではあるけれど、本当に貴重な体験。
いつもはよこたから聞いたり、読ませてもらったりするだけだったのを、実際に自分の目で見るのは、とても楽しい出来事でもありました。

サカテ

  またチャンスがあったら是非やってみたいと思っています。

ランキングも一日一回、よろしくです



 
Posted at 07:36 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
ワインと過ごす週末 / 2006年09月22日(金)
9月になると毎週どこかしらでワインが試飲出来る、
ワイン祭りが開催されています。
そうなると・・・、
そう、毎週末ワインと共に過ごすことになるのです。

フィレンツェ周辺でいうと今年は第2週末がグレーヴェ・イン・キャンティ、この間の第3週末がパンツァーノインプルネータ
そして、10月にかかる来週末はルフィナ

先週末のパンツァーノは、あいにくのお天気で寒くて震えていましたが、「体を暖めるために!」と理由を付け、赤ワインを少しずつ→結果たくさん飲みました。



小さな広場で開催されているので、知っている人がいれば一目瞭然。
数時間いる間に、9人の友人・知人に会いました。
下の写真は、その中の3人。


左から、ドイツ人、オーストラリア人、イタリア人。
グラス代10ユーロを支払えばいろいろなワインが飲めるとあって、
みんなノリノリです。

このグラスには
「VINO AL VINO/ PANZANO IN CHIANTI/ 2006」と最後はその年が入っています。
今までのグラスを並べると、2003〜2006年の合計4個。
本当は2002年もあったのですが、物を壊す率の高い私の手元では
4年間はもちませんでした・・・。
悲しい。

2004年までは文字が彫られていたのですが、2005年からはプリント式になりました。
経費削減でしょうか?



来年はどんな大きさのグラスでいくらになっているのか見ものです。
そう、私はまた来年も行くのであります。


《おまけ:お昼の時に撮った1枚》


この中に、ナイフ、フォーク、スプーンと紙ナフキンが入っています。
紙のテーブルクロスと合って、なんとも田舎っぽくて気に入りました。

宮崎

■   ワインを試飲する時に気をつけなくちゃいけないのは、
まず色を見て、香りをかいで、そして最後に口に入れること? 
いやいや、そんなことではありません! 
唇が紫色にならないことと「お歯黒」ならぬ
「お歯紫」にならないこと! 
でも、結構みんないい色に染め上がっています。 
染め上がるまで飲むのもよしとしますか!
ここ最近、ラインキングの上がり下がりが激しいので、
ドキドキしながらも楽しんでいます。
今日も応援ありがとうございます!
 ■

 
Posted at 08:29 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
秋の満腹、キャンティ・ドライブ / 2006年09月21日(木)
北のキャンティ・ルフィナでは、収穫が始まっていましたが…

キャンティ・クラシコのエリアでは、まさしくから!!
畑の熱気は「ムンムンムン」!
盛り上がっています。

そんなぶどうの香り溢れる畑の中を〜、、、こんな生ハムのぶら下がる店や、

ポルチーニ茸を使った幅広パスタを楽しむのは
秋を2倍楽しんでいるようで、仕事とはいえ

やめられまへん〜

他のスタッフから苦情が来そうなのでこのくらいにしておきます。
お後がよろしいようで。。。

よこた

 フィレンツェでは味覚の秋、実施中!
今、食べずしていつ食べる??
(いつも食べてるって?!イタリアだから)

自慢日記だから、繰り良くしてもらえないかなぁ…
いやいや、心優しき人たち一杯だから大丈夫
応援お願いします、ブロラン!
 ■

 
Posted at 07:01 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
おいしい週末2 / 2006年09月20日(水)
おいしい週末、に続いてグレーヴェの街の試飲会の様子を。

街の中心の広場にスタンドが出て催されるもので、今年は生産者自らが各スタンドにいたそうです。
まず5ユーロを支払って、グラスと8杯分のチケットを受け取ります。

自分の好みのスタンドを、といっても私も詳しい訳ではありませんから、エチケットが素敵なものだったりするととりあえず試してみたりもします。



ワイン好きの集まりだから、おじさんの説明にも熱が入ります

本当は、味をみたあと、備え付けのバケツに吐き出したりするのですが、素人のわたしには、とんでもない事!
こんなに美味しいワインを飲まずにいられる訳はないのです。





広場で1周ぐるり。
あぁ、目が回るかと思った…。


だから8杯なんて少ないなぁ、と、最初は誰でも思うらしいのですが、飲んでしまう人には十分すぎる量になっていたりして…。
おかげで帰りの車の中では運転手を差し置いてウトウトと…

やっぱりトスカーナの食の魅力って素敵だな、と再認識の週末でした。

サカテ

  だからって飲み過ぎないよう、ほどほどに。

ランキングも一日一回、よろしくです

 
Posted at 06:10 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
芸術とワインの秋をイタリアで! / 2006年09月19日(火)
今日はお知らせです。

よこたが11月にイタリア・ツアーのお手伝いをさせていただくことになりました。

自由が丘ワインスクール、EX−WINE代表の永野寿子さん企画のツアーです。

アート・コーディネーターの山内舞子さんにも協力を頂き、絵を鑑賞しながらワイナリーでワインを楽しむツアーです。

気になる内容は、、、
・ワイナリーは「アンジェロ・ガイアを楽しもう!」、ということでバルバレスコとボルゲリ地区の2箇所で楽しみます。

・絵画ではミラノ、フィレンツェの美術館に加え、絵画修復工房見学も企画されています。

そしてツアー
最後の食事は、フィレンツェのイタリアン・マンマと一緒にお料理をして、旅行最後の夜を楽しんでいただきます!

盛り沢山の内容でご案内するツアー、気になった方は以下からどうぞ!

企画内容についてのご質問は、

03-3724-4146
e-mail:jws@exwine.com


ツアーについてのご質問・資料請求は、
『日通旅行ワインツアーデスク』
03-3573-9337
担当:鬼沢(おにざわ)・水上(みずかみ)
e‐mail:a-mizukami@nittsu.co.jp


よこた

 アート好き、ワイン好き、何はともかくイタリア好き!!
とにかく気になったら問合せを!

そうなんです、昨日ちょびっと順位が上がったのです!
ご協力感謝
でもでも、気を抜くとすぐ次のページに落ちちゃって…
今日もよろしく、ブロ・ラン!


 
Posted at 06:30 / お知らせ / この記事のURL
コメント(4)
9月18日号、イタリアン・ソーセージとイチジクのレシピ他 / 2006年09月18日(月)
先週後半からの不安定な空模様で、イタリアでは水の被害が出ているところもある模様。
金曜のミラノは公共交通機関(バス・市電・メトロ)のショーペロ(ストライキ)と雹のまじった大雨が帰宅時間帯を襲い、大混乱が起きました。

      

さて、イタリア情報サイト「ペルバッコ」9月18日号を更新しました。

 「5つの手順でできるカンタ家庭料理レシピ」9月号
   サルシッチャ、イチジクを使った料理

  サルシッチャとストラッキーノ・チーズのクロストーネ
  ホワイト・ミートソースのタリアテッレ
  鶏胸肉のイタリアン・パセリの挟み焼き、温野菜添え
  イチジクのクロスタータ 





 「会社概要
  バッキーノが有限会社から株式会社に代わりました

 「 キリ番プレゼント
  88888番はもうすぐです!

 「フィレンツェ空港
  新しくなったフィレンツェ空港情報に変更



 「フィレンツェからの日帰り日記
  アレッツォに追加情報



お楽しみください。

 ランキングの応援ありがとうございます。

1日1回ポチッとクリックをよろしく!

 
Posted at 03:40 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.