ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2006年09月 | Main | 2006年07月»
さすがミラノ、ビルに落書き?! / 2006年08月31日(木)
先日行ったミラノで見かけたビル

「さっすがミラノ、フィレンツェとは違って高層ビルも建ちモダンだぜ〜!」
なんて考えながらふと見ると、、、

ビルに落書きしてあるじゃん。

しかも暗号のようで、なんて書いてあるか分からない。。。

GTI
TSI
DSG
FSI
TDI
ABS
ESP
AFS
TVTB

、と最後の赤い文字を見てやっと気づいた。
某自動車会社の宣伝でした。。。
最初の3文字のアルファベットは車のいろいろなエンジンやシステムの略称
そして最後の4文字はイタリア人がよくショートメッセージに使う略号。

何て書いてあるかわかる人は、イタリア通と見た!

よこた

なんて書いてあるか知りたい人は続きに答えが。

続きを読む…  
Posted at 06:45 / ミラノでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
アレッツォ訪問 その2 ウェディング / 2006年08月30日(水)
アレッツィ訪問 その1の続き・・・。

訪問したのが日曜日だったということもあり、街の一番上にあるドゥオモでの結婚式に出くわしました。

式が始まる前、リングピローを渡す女の子がヴァージンロードを歩く練習をし・・・。



祭壇のライトもつき、あとは新婦の到着を待つばかり。
この時、新郎と参列者はドゥオモの外でソワソワしながら新婦を待っていました。



やっと新婦が到着し、音楽と共にますは新郎と新郎のお母さんが入場。
その後、新婦と新婦のお父さんが入場しいよいよ結婚式のはじまりはじまり・・・。

式が始まると、外では新郎新婦が乗る車の準備で大忙し。



後ろの空き缶がならないように、1人が缶を持ち上げ、もう1人が運転。
みんなが納得する位置に決まるまで、あ〜だこ〜だしながら約10分。



位置が決まると、今度は大きなリボン作り。
これ、普通のロール状になった紙です・・・。



途中雨がパラつきましたが、すぐに快晴になったのでおめでたい1日をみんなで楽しく過ごしたことでしょう。

ご結婚おめでとうございます!

宮崎

末永くお幸せに!
ランキングの応援ありがとうございます!
 ■

 
Posted at 06:00 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(1)
アレッツォ訪問 その1 / 2006年08月28日(月)
映画「ライフ・イズ・ビューティフル」(伊題:La vita e` bella)の舞台になっったアレッツォへ久しぶりに行ってきました。

どこかに行くと一番気になるのが、「何を食べよう・・・。」ということ。
私が参考にしているのは、スローフード協会が出している「Osterie d'Italia」(オステリア・ディターリア)ミシュラン

今回、ランチ場所として選んだのはオステリア・ディターリア2006版に新顔として登場していた「Bacco e Arianna」(バッコ・エ・アリアンナ)



並びにある「Vinodivino」と同じ経営者がオープンした所で、中はつながっています。

メニューを見ると、トスカーナ定番の物が並んでいます。
定番だけに、はずれるとがっかり度が高いのですが、注文した物をはどれも美味。
《Pici all'aglione:ピチ・アッラリーオーネ》



《Pappa al Pomodoro:パッパ・アル・ポモドーロ》




手打ちのピチはかなり太くて食べ応えある一品&ニンニクがきいたトマトソースがたまらない!
パッパ・アル・ポモドーロは、どちらかというとさらっとした感じでくどくなく、セージもきいていてこれまたたまらない!

という、2品でした。

キッチンを覗くと、二人のイタリアンマンマが腕をふるっていました!
そう、マンマの味だったのです。
さすが、マンマ!

《Bacco e Arianna》
住所:Via Cesaipino,10
TEL:0575-299598

宮崎

■  マンマ!また食べに行きます。 美味しい食事をありがとう。 
今週もランキンの応援お願いします。
 ■

 
Posted at 18:49 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
初物はどっちむく?! / 2006年08月26日(土)
その年の初物はどっちむいて爆笑するんだっけ?!なんて考えながら
今年初のポルチーニを使った料理教室でした。

郊外での料理教室、ポロネギとポルチーニだけで作るリゾット、、、
初物だからって言うわけでなく、ニヤニヤしながら平らげました。

そしてパンも焼いて、これぞまさしく
「トスカーナ満腹生活!!!」
です。

ぶどうもすっかり色づき始め、
「トスカーナ満腹シーズン」
まで後わずかです。

今年も楽しみだぞ!

よこた

 からっと晴れ上がった夏日が続くトスカーナです。
高速道路では夏休み最後の週末で帰省ラッシュの予感です。
でも、これが終わったら味覚の秋が待ってます。

秋の楽しい記事のためにも、ワンクリック応援たのんます!
元気が出るのです〜

 
Posted at 21:47 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
なんだこれ? / 2006年08月25日(金)
夏の間、私の家に居候していた友人Nがスーパーへ買い物へ行った時のこと。

「これ、最近なかなか見かけないんだよね〜。」と言ってスーパーの袋から出してきたものがこれ。





なんだこれ?

口がついていて、後ろにはメモリもある・・・。



小さい植木に水をあげる時のジョウロ
計量カップ
形はやかんの蓋なしみたいな感じ。

分からない・・・・。

どうもこれは蓋がないことがポイントらしいのです。

さんざ頭を悩ませ、とうとう降参。
すると友人Nは得意そうに、
「これは、洗濯する時に使う物。洗剤をこの中に入れて、洗濯物と一緒に回すんだよ。洗濯機の洗剤注入口に入れるよりも汚れの落ちがすごくいいの。」

なるほど

確かに液体用洗剤の口の所に、時々丸いものがついているのをスーパーで目にしたことがあります。
それがこれだったんですね。

こちらの洗濯機は蓋が上ではなく、日本の乾燥機によくあるようなドラム式なので洗剤を直接中に入れるにはこれがあった方が便利なんですね。

これはうちの洗濯機。



なぜか、キッチンに洗濯機がある家庭が多いイタリアです。
排水の関係でしょうね。

宮崎

日本に帰ると、母と妹と叔母から「あっ、イタリアの匂いがする!」と言われます。 体臭? いやいや、どうも洗剤の香りらしいのです。 「今度のお土産は洗剤ね。」と言われるのですが、「重いから絶対にヤダ! 欲しければ、自分達で買いに来ればいいじゃない。」といい続けています。 そうすれば、重い物を運びたくない気持ちが分かるでしょう・・・。ウフフフフフ・・・・・。 ランキングを応援してくれたら考えてもいいけどね〜。 クリック、クリック! ■

 
Posted at 19:51 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
やっぱりピッツァが食べたくなるのです… / 2006年08月23日(水)
たまに食べたくなるもの、それはピッツァ。
年中食べているけど、ビールがおいしい夏場には特に食べたくなるのだ!

そういえば、去年はピッツァを求めて走り回りました。。。

今回は開いてて欲しいと願いつつ、、、最近出来て気になっていたこのお店。

Pizzaman:ピッツァマン

お気に入りのこのお店は以前は立ち食い専門、いわゆる焼きたてを食べるナポリの下町タイプ。
こんな風に紹介しましたっけ!

このマエストロが満を持して作ったピッツェリアにいったのだ。

ランチだったので人はいくらか少なめだったけど、それでもしっかり入っていましたよ。
メニューはピッツァのほかにランチセットメニューもありましたが、僕はもちろんトマトが沢山乗ったピッツァとビール!!

下がカリカリで中はもちもち〜、今日も満足満足!
一度お試しあれ!

よこた

 少し遠いのでいくのに気合がいりますが、、、
マエストロのピッツァをゆっくり楽しみたいならぜひ一度!

やっぱりピッツァにはビールでしょ!
と思ったら、ランキン・クリックするのだ〜
頼むよ〜

 
Posted at 17:53 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
8月22日号、 夏バテ知らずの野菜メニュー / 2006年08月22日(火)
お盆休みもおわり、通常シフトに戻った方も多い事と思います。
宮崎も書いていたように、イタリアでも少しずつ日常が戻りつつあり、それでも半分くらいに人は来週から戻るので、まだミラノはずいぶん静かな印象です。



    

イタリア情報サイト「ペルバッコ」8月22日号を更新しました。

 「5つの手順でできるカンタ家庭料理レシピ」8月号
  夏バテ知らずの野菜メニューで残暑の厳しさも乗り切ってください。





 「お役立ちスーパーマーケット」
  地図を追加したので、お土産や軽い夕食の計画も立てやすく!

 「 お役立ち電源とPC」
  情報の追加と見直し、ショップの写真も追加されて、フォト・プリントやカメラのトラブル、デジカメの容量がいっぱいになっても、CD-ROM 書き込みサービスを利用すれば、気にせずにどんどん撮れちゃいます。

 「お客様の声」
7月にワイナリー見学とスーパーでのお買い物を楽しまれたNさんからの嬉しいお便り。

 「キリ番プレゼント」
85000番賞品はパスタメジャー。料理の楽しいお供になりますね。



 「おすすめホテル/プチホテル、 B&B」
レジデンス・プロコンソロを2006年7月に滞在したtamaさんからの口コミ情報。
満足していただけたようで、スタッフもうれしくなりました。

を追加、更新しました。お楽しみください。

 ポチッとクリックでランキング・アップの応援をお願いします。
とってもブログ更新の励みになっているんですよ

 
Posted at 23:58 / ペルバッコ更新履歴 / この記事のURL
コメント(2)
夜空の下での夕食 / 2006年08月21日(月)
8月に入ったとたん急に涼しくなり、中旬頃からは朝・晩が肌寒くなったフィレンツェ。
天候的には秋を感じる今日この頃ですが、気持ちはまだまだ
レストランでの食事は店内よりも外の方がまだまだ人気です。



ポンテヴェッキオピッティ宮殿を結ぶ賑やか通りから1本入ったこの界隈は、古い建物に囲まれた小さな広場があり優しい街灯と夜空の下でのんびりとした食事が楽しめます。

うるさい音楽なし、車の騒音も廃棄ガスもなし、気取った服も必要なし、かしこまったサービスもなし。

居心地のいい時間と空間を楽しむのは、気持ちがいいものです。

宮崎

■   イタリアは今日から日に日にバカンスモードが消えていきます。 車の量も1週間前より増え、フィレンツェ人の姿も増え、通常通りの営業に戻る店も増え・・・。 来年のバカンスを楽しみに活動し始めたイタリアです。 
今週もランキングも頑張れ!
 ■


 
Posted at 16:20 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
高級BARのカクテル / 2006年08月19日(土)
友人達との夕食の後、フィレンツェを代表する高級BAR「Gilli」(ジッリ)に寄り締めの1杯を注文。

ここで働く友人Barista(バリスタ:バーテンダー)に、「よく眠れるカクテルをお願い!と言って出てきたのがこれ。



最初に角砂糖のようなものを入れ、そこになにやら小瓶に入ったリキュールをかけ(かなりしっかりとした茶色で少しドロッとしていたような?)、ソーダ水を少し、メーカーズマーカーをたっぷり入れ、オレンジ一切れレモンの皮砂糖漬けのチェリーで飾って出来上がり。

たっぷりメーカーズマーカーを入れたので「私には濃過ぎる・・・」と思っていましたが、あまりの美味しさにクイクイ飲んでしまいました。
もう1杯飲みたかったのですが、カクテルは調子に乗って飲むと後が怖いので1杯でおしまい。

高級BARは雰囲気がいいので、カクテルのせいではなく気分的にいい気持ちになれるのがいいところ。
毎日は通えないけど、たまにはこんなところでの1杯が私には必要!(→強〜い希望

宮崎

このカクテルの名前を聞こうと思ってすっかり忘れてしまった私。酔ってないと思っていたけど、本当はこの1杯ですでにやられてしまっていたのか??? いやいや、ただ単にこのカクテルの美味しさで頭がいっぱいになり他の事は忘れてしたらと思う・・・。今日も応援ありがとうございます。 ■

 
Posted at 17:09 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(4)
紙修復工房 / 2006年08月18日(金)
本サイト「Viaで知るフィレンツェ」でも取り上げたVia Maggio
この通り沿いの立派な建物内にある紙修復工房にお邪魔してきました。
「冷静と情熱のあいだ」にも出てきたような絵画修復工房を訪問したことはありますが、紙修復工房は初めて。

この日は1700年代のとある貴族の600ページにも及ぶ文書を1枚1枚丁寧に修復していました。
その様子は、古い物がたくさん残るイタリア・フィレンツェらしい光景です。





乾かしたり、圧縮したりして1枚1枚きれいにした後、破けている部分や文字が消えかかっている所を直すんだそうです。
この作業は根気強い性格の人でないと無理かも・・・。

この当時貴族には書記係りがいて、いかに正確に、きれいに、素早く書くかが優秀か否かのポイントになっていたそうです。
印刷したかのようなきれいな文字、曲がりもしていないそれぞれの行は神業としかいいようのないものでした。
これを書いた人も凄いですが、修復をしている人も凄い!

修復士に憧れを抱いた宮崎でした。

世の中いろいろな仕事があるものです。修復士、かなり気になる仕事です。古き物を直し守る修復士の皆さん、頑張って下さい! ランキングも一緒に応援してね! ■

 
Posted at 22:36 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.