ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2006年04月 | Main | 2006年02月»
パスタを投げて! / 2006年03月31日(金)
"Butta la pasta!!"(ブッタ・ラ・パスタ)
パスタを投げて!!」って言葉を知ってますか?
イタリアの生活をとってもよく表している言葉です。



この言葉は、午前中の仕事が終わった時、家に帰ってお昼ご飯をすぐに食べられるように奥さんに電話して

「今から帰る(だから、パスタを茹でても良いよ!)」
と言う「帰るコール」として使われます。

ところが、昨日の新聞によると、すでこの「帰るコール」はほとんどないとか…
約40%(1900万人)のイタリア人が週に一度はお昼ご飯を外で済ますそうです。

近代化の波にあおられて、古き良き(?!)イタリアの伝統は失われていきます。

ちなみに、外食の場所で一番多いのはバール、続いてピッツェリアやレストランだそうですが、パスタ一皿だったり、メインとつけ合わせなど簡単に済ませることが多いそうです。
一番人気がないのはファーストフードだとか。。。
(Ismea-AcNielsen の調べによる)

よこた

  パニーノって何となく好きなんですよ!
僕のお気に入りは、、、生ハム、きのこ入り!
もちろんランプレドットもね。
パニーノ食べて今日のクリックよろしくね!


 
Posted at 16:50 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
初めての体験 TrenOK / 2006年03月30日(木)
イタリア国内移動にはユーロスターや場所によっては飛行機を利用していますが、先日、TrenOKという電車に乗ってみました。





他の電車と何か違うかというと、ユーロスターなみの所要時間なのに、料金が妙に安いのです。

例えば・・・。
★フィレンツェ―ミラノ間 2等車
ユーロスター 28.92ユーロ
TrenOK 9、19、25ユーロ(席に限りがあるので、早い者勝ちです。)

安い分、停車する駅はその街の中央駅ではなく市内にある他の駅になってしまいますが、いずれにしても9ユーロで買えたらとてもお得です。
また、車両の種類は以前ユーロスターとして活躍していた1等車なので、1列&通路を挟んで2列の計3列なのでゆったりしています。



私が乗った時には、バックパッカーのスペイン人の若者がたくさんいてまるで修学旅行気分でした。

TrenOKだけでなく、InterCity Plusもお得な料金なので利用してみて下さい。

宮崎

ランキングの応援ありがとうございます! ■

 
Posted at 22:47 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
レトロなエレベーター / 2006年03月29日(水)
これはフィレンツェの中心地にある建物内のエレベーターです。
なんともレトロな感じで素敵。
ミラノのSTIGLER社のものです。



中は革張りの長椅子が両サイドにあり、片方は山の手線の車両みたいに折りたためます。





建物は確か5階までしかありませんが、椅子付きでとても贅沢。
街の中心地にあり、建物内には公証人、弁護士、会計士などイタリアで幅をきかせている人達の事務所があるからかも・・・。

日本だとエレベーターの多くは建物の端にありますが、ここは建物の中心にあり周りに螺旋状の階段があります。
階段は贅沢にも総大理石
イタリアの建物ではよく見かけるパターンですね。



外観だけでは分からないイタリアの面白さをまた発見しました。

宮崎

ランキングの応援ありがとうございます! ■

 
Posted at 16:24 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
春のワイナリー / 2006年03月28日(火)
いよいよ、3月ももうすぐ終わりです。
花も開き始め、何となくウキウキな季節の中、お客様とモンタルチーノのワイナリーを訪問してきました。

モンタルチーノは、イタリアワインの名醸地の一つ!
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノというワインを生産する地域です。


訪問したワイナリーは、Tavarnelle di Motalcinoというところにある小さな、小さな生産者「Fossacolle(フォッサコッレ)」です。


案内してくださったバンバジョーニさんはワイン作り20年のベテランで、他のワイナリーの生産も手伝っています。

小規模なワイナリーですが、またブームが戻ってきているセメントタンクの利用などこだわりたっぷり醸造哲学満載のワイナリーです。


所狭しと樽やタンクがきっちりと収められ、一度出したら元通りにしますのはまるでパズル気分に浸れそうです。

そんなワイナリーから生まれるワインはとても洗練されて、熟成させたら楽しそうなワインです。
日本にも少しだけ輸入されているようですので、見つけたら是非ともお試しくださいね!!

よこた

 ワインを片手にクリック応援、今日のランキング

 
Posted at 22:40 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
ミラノ中、ノッテ・ビアンカで大騒ぎ / 2006年03月26日(日)
ちょうどサマータイムに切り替わる土曜の夜から日曜の朝にかけて、去年の6月(去年の記事「眠らないミラノの長い夜」はこちら)に続いて、夜中いろんなイベントで街がにぎわう、3度目のノッテ・ビアンカが行われました。



なんだか今回はタイミングをはずしてしまって、友人が出展した写真展を見ただけで、スカラ座の見学会の長蛇の列を見ては諦めたり、ちょっぴり残念でもありましたが、友人たちと楽しい時間を過ごす事ができました。

それでも、約束の時間には到底たどり着けないほどの人ごみに、なかなか出会えなかったりもしたほどで、3時頃家に戻る頃には危なげな酔っぱらいもちらほら。
けが人が出たりしていない事を祈るばかりです。



と、書いたそばから救急車とパトカーのサイレン がけたたましく聞こえていますから、ちょっと騒ぎにはなっているのかも。

去年、素敵な夜景を取れたところは、今年はイベントをやっていなかったりするのは、あまりの混乱に近所から苦情が出て、もう出来なくなったのではないかと推察。
これ以上、バカ騒ぎがエスカレートすると、興味深いイベントはどんどん出来なくなってしまうのではないかと、残念な印象も受けました。

でも、夜中に美術館や博物館、普段は入れないスポットに足を踏み入れるチャンスでもあるこんなイベント、とっても楽しいと思いませんか?

サカテ

■  参加してみたいと思ったら、クリックして応援してね!! ■

 
Posted at 22:47 / ミラノでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
お米の3段階活用 / 2006年03月25日(土)
私はいつもお鍋でご飯を炊く。
先日、ご飯を炊きすぎかなり余ってしまった。
そこでご飯の3段階活用を実施。

1段階
おかずと一緒に普通に白ご飯として頂く。

2段階
チキンライスならぬ(鶏肉がなかったので)、野菜とケチャップで炒めてオムライス
卵はライスを包むタイプではなく、オムレツを上にのせて切り目を入れ、半熟部分をタラッとたらすタイプ。
私はこっちの方が好き。
これは普通のオムレツより1個か2個卵を多く使う。

3段階
それでもまだ余った野菜とケチャップのライス部分。
これを丸めてイタリア風Arancini(アランチーニ:ライスコロッケ)にした。



中身はこれ↓



美味しかった!

食べ物は無駄にしない!
次はパスタの3段階活用だ!

宮崎

いつも応援ありがとうございます! ■

 
Posted at 19:10 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
唐辛子のチョコとスプマンテのお供 / 2006年03月24日(金)
ワインバーProcacci(プロカッチ)で見つけた気になる2品。

その1

2月に書いた唐辛子入りチョコレートに引き続き、またまた登場。
今回は、「Dolcefuoco」(ドルチェ・フォーコ)社の一品です。
「Dolceは甘い」「Fuocoは火」の意味なので、この商品を売るにはぴったりな名前。
4種類の一口サイズのチョコが入っているのでバラエティーに富んでいますが、基本の味はもちろん「唐辛子」
可愛くしっかりとした箱に入っているので、お土産やちょっとしたプレゼントには最適です。

この他にも
唐辛子風味のチョコレートリキュール
唐辛子風味のトッロンチーニ
唐辛子風味のフルーツティー

があります。
すべて唐辛子風味なところに、「Dolcefuoco」のこだわりを感じます。

その2


ブリンディシとレッチェの間にある、Squinzano(スクインザーノ)で作られているアーモンドのお菓子
お菓子といっても甘くはなく、パリパリした塩味の生地にアーモンドが包まれている一品です。
酒飲みのおつまみ、特にスプマンテのお供に最適!
生地の食感がなんともよく、1つ食べたらとまらなくなるのである意味危険な食べ物。
1袋250gでよかった!
もしこれが500gや1kgだったら・・・。
一気に食べて後で自己嫌悪になるのが想像できます。

2品共に、プロカッチの常連さんの人気商品なんだそうです。
見つけたら即買いですね。

美味しい物を見つけて満足な宮崎でした。

Procacci(プロカッチ)
住所:Via Tornabuoni, 64r
TEL:055-211656

いつも応援ありがとうございます! ■

 
Posted at 21:57 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(4)
不思議な名前 イタリアの薬 / 2006年03月23日(木)
巷で風邪インフルエンザがはやっているせいか、喉が痛く、寝ると咳が止まらない状態が続いていました。

喉の痛みは「乾燥が原因では?」と勝手に思い、寝る前に寝室に洗濯物を干し、寝る時には濡れたタオルを口元において乾燥から喉を防御。

でも、咳はどうすることも出来ず、薬局で咳止めを購入しました。
その名も、「Seki」


エッ、偶然?
それとも日本語の「咳」

サイトで「Seki」の名前の由来を調べてみましたが、見つからず・・・。

でもでもこの薬効かなかったので、結局ホームドクターの診察を受け、処方箋を書いてもらって別の薬を飲むことにしました。
その名も「BENTELAN」(ベンテラン)



処方箋が必要な薬だけに、これは効きました。

「Seki」
いい名前だったのに・・・。
残念。

宮崎

今日も応援お願いします! ■

 
Posted at 20:15 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
WBC 1日遅れでおめでとう! / 2006年03月22日(水)
遅ればせながら、やったねジャパン!世界一だぁ〜!
日本時間の22日午前0時より1日遅れでSPORT-ITALIAにて結果は知っていたけれど観戦、応援しました!!


放送中は試合内容だけでなく違った意味でも楽しみました
アナウンサーはイタリア系のアメリカ人のようで、みーんなアメリカンなイタリア語。

しかもイチロー選手が大好きらしい。

1回の表イチロー選手が登場シーンには

イチロウ・ファンタスティコ(ファンタスティック・イチロー)の登場です」
ん、ファンタスティック?まだ打席にも立っていないのに?!

イチロー選手の形容詞は終了までますますエスカレートして最終的には

グランデ・イチロー(偉大なイチロー)、アーモ・イチロー(イチロー愛してる)
おーーーー、愛しちゃったのか…すごいね。

てな感じでしたね。

そして我らの世界の王監督は

「これは日本の監督、日本のホームランチャンピオンのスダルスオ(サダハル・オウ)、アルファベットでは"O、H"と書きます、オゥ〜イェ〜
もう訳分からん…

本当に最後まで楽しくゲームを案内してくれました。
(ここで全部紹介できないのが残念ですが)

この放送の最後のきめ台詞だけは書かなくちゃ、、、
Campione ti saluto ICHIRO(カンピオーネ・ティ・サルート・イチロウ:またねチャンピオン・イチロー!」でした。

それにしてもおめでとうジャパン!

よこた

  ランキングも応援してくれよ〜、カンピオーネ!

 
Posted at 17:33 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(4)
味見はいかが、伝統特産品?! / 2006年03月21日(火)
昨日までの3日間、旧レオポルダ駅舎にてTASTE(テイスト)が開かれました。


これはDavide Paolini(ダヴィデ・パオリーニ)さん(作家、記者、ラジオDJ)の企画で、「食の文化と有機栽培のそれぞれの違いを体験する」というテーマの下に行われました。

こう書くと難しく聞こえてしまいますが、要するに味見です、味見

このように↓↓↓↓↓有名店をも含む店舗別ブースが並び、、、

味見しまくりです。

パン、サラミ、生ハム、カラスミ、トリュフ風味のきのこ、サーモン、ビスケット、パスタ、ビスケット、チョコレートなどなど。
中にはイクラの瓶詰めなんかもありましたね。

そして食品と言うくらいだから、もちろんワインはリキュールもあるわけで…
会場内はワイン片手に食前酒中な人がたくさん!


何より嬉しいのが味見した食材が別コーナーで購入できるってこと。

よ〜く考えてみれば、、、生産者のいるデパ地下って感じ?
違いは会場内に
今晩のおかずなんにする?」なんて会話はなく
このチョコレートのカカオは?!」と言う会話があることだったかな!

いや楽しかった、来年も楽しみです。
(また開催されれいいなぁ〜。)

よこた

 1日一回クリックしてくれ〜、するとよこたは喜びます!

 
Posted at 18:50 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(4)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.