ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2006年03月 | Main | 2006年01月»
トリノ五輪の気になる解説者 / 2006年02月18日(土)
宮崎も書いていたオリンピックの放送


ここはイタリア、日本のように「彼が○○競技で大注目の金髪の王子○○選手です」なんて他の国の選手の特集なんてやってくれません。
興味もないに違いない…

楽しみにしていた男子フィギアスケート
イタリア人の有望選手がいないから、放送がないんじゃないかと心配してたけど、そんな心配はよそにちゃんとありました

金メダルは誰もが納得のロシアのプルシェンコ選手
彼の演技、力強くて、技の1つ1つが正確できれいでホント魅力的

ところでこの中継、気になるのが解説者のフランカさん
通る声で的確に技の解説、途切れなく発せられるコメントの内容は厳しく、ちょっと怖い…
まるでコーチかマンマ

例えば、カナダ人選手には「もっと出来るはずなのにこれじゃダメ。彼に求められてるのはこんな簡単な演技じゃない」
中国人選手には「フィギアスケートには表現とか技の組み立てが大事で、ジャンプだけ、単一の技だけを見せるだけじゃだめなのよ」

素人目にはうまく滑ったように見える選手にも「ステップの質が悪い」とか「ジャンプの着地が微妙にずれた」とか、とにかく的確にミスを指摘。
結果、その通り点数が伸びない

このおばさまはいったい誰だ

そんなおばさまも若者には弱いのか、日本の高橋選手には「経験の差が大舞台では出ます。でも彼は20歳とまだ若いし、これからが期待できる選手です。次のオリンピックでまた一回り大きくなって帰ってくるでしょう」とちょっと優しかった

ちなみに金メダルのプルシェンコ選手の演技は技名のみでほとんどコメントを発せず。

最後にエッチェツィオナーレ(eccezionale;すばらしい)
厳しい彼女だからこそ、この一言に重みが感じられました。
次の放送までにフランカさんの正体を調べてみよう
スタッフなお

■  フィギアスケートファンの人、ランキング・クリックしてね ■

 
Posted at 21:40 / トリノ五輪 / この記事のURL
コメント(2)
イタリア人と日本人とのハーフ / 2006年02月17日(金)
「泣きっ面に湿布」。



彼女の名前は、Alisa(アリーザ)亜理沙(アリサ)
年齢は、6ヶ月弱
お父さんはイタリア人お母さんは日本人ハーフの赤ちゃんです。
遊びに行った時にちょうどおでこをぶつけた直後で、住んでいる建物全体に響き渡る大きな声で泣いていました。
赤ちゃんて、こんなにも大きな声で泣くんだとビックリ
元気がいい証拠ですね。

しばらくあやしているとようやく泣き止み、大きな目をクリクリさせて私の方を見ていました。
「私の方をジロジロ見てるこのおばちゃん、誰だろう? 
私の名前も知ってるけど、私はこのおばちゃんのこと見たことないなぁ〜!」
って思っているのかも。
「アリリン!
私はおばちゃんじゃなくてお姉ちゃんです!

(こう考える事自体、もうおばちゃんですね。



ハーフのせいか、異様に大きい目と長いまつげ。
お父さんの小さい頃にそっくりみたいです。
鼻は日本人の血かな?
今後アリリンがどう成長するのか、最初に喋る言葉はイタリア語か日本語か?
「ママ」だったら、どっちもどっちですね。

あっそうそう、ハーフの子には蒙古班ってあるのかな?
今度聞いてみようっと!

宮崎

「ブログ大賞2006・ホビー部門」で大健闘!ありがとうございました。
気になる部門大賞は3月下旬に発表!

**********
■  アリリンの成長が楽しみ! 
BR(ブログ・ランキング)も応援してね
 ■


 
Posted at 17:47 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
イタリアでのトリノ五輪 / 2006年02月16日(木)
トリノ五輪が始まって、今日で7日目。
イタリア国営テレビで1日中競技の様子が放送されています。



放送される競技はイタリア人が活躍しそうなものが中心。
今回の五輪でイタリア勢初の金メダルを獲得したリュージュ(男子一人乗り)は、結構長い時間放送されていたような気がします。
イタリア勢、カーリングも頑張っているのでこれもまたじっくり見てしまいます。
このカーリング、氷上ビリヤードみたいで競技の奥深さにはまってしまいました。

私が今回の五輪で一番楽しみにしていた女子のモーグル
予選、決勝共にビデオに撮って愛子ちゃんの活躍ぶりを待っていたのですが、予選は他の競技が映され、決勝は愛子ちゃんの番の時にCMが入ってしまい、CM後に流れたリプレイの画面しか見られませんでした!
アナウンサーは、
「日本の女王、上村愛子」と言っていたのに・・・。
「日本の女王なんだから、CMを挟むな!」
とテレビに向かって叫びました。

開催地イタリアですが、フィレンツェの反応はいまひとつ。
私の周りはオリンピックの話で盛り上がっている人はおらず、街もいつもと一緒。
フィレンツェの人にとってトリノやフランスとの国境の競技開催地は距離的にも気持ち的にも遠いんでしょうね。

日本勢はまだメダルを獲得していませんが、それぞれの選手が頑張っている姿に大きな拍手を送りつつ、今後の結果を期待しています。

宮崎
*****
■  頑張れニッポン! こっちも応援してね ■

 
Posted at 17:54 / トリノ五輪 / この記事のURL
コメント(4)
ありがとうございました! / 2006年02月15日(水)
日本ブログ大賞の投票が終わりましたね。

投票してくださったたくさんの方、ありがとうございました。
とても励みになりました。


おかげさまで、ホビー部門「投票」で4位になることが出来ました



何となくエントリーしてしまったものの、皆さんの応援が増えるたびにブログを作る指先に力がみなぎり 、一喜一憂しながら過ごせました。

時差が8時間あるイタリアからの更新で、票数の確認がすっかり毎朝の日課になってしまって、、、楽しみが減った分だけ寝坊が増えるかも… (笑)
(こちらの時間で投票の締め切りも寝ているうちに過ぎてしまいました…)

ここしばらくは部門大賞が取れたらどうするなどと、仲間と「トラタヌ」な話で盛り上がりたいと思います。

本当にありがとうございました。

これからも、本サイト「イタリア情報サイト・ペルバッコ」同様、この「フィレンツェ発ペルバッコ気まぐれフォト・ブログ」を、どうぞよろしくお願いいたしま〜す!!

ペルバッコの仲間たちより

■  こっちの順位は何位かな、応援してねブログ・ランキング ■
*****
「ブログ大賞2006・ホビー部門」
応援本当にありがとう!

 
Posted at 23:45 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
鉛筆の香りの・・・ / 2006年02月15日(水)
2月20日更新「5つの手順でできるカンタン家庭料理レシピ」の取材で、マンマの家に行ってきました。
そこで思ったことが1つ。

「乾燥オレガノは鉛筆の香りがする 」



このスパイスを使う度に思っていましたが、今回改めてそれを実感。
レストランなどでオレガノが隠し味以上に使われている料理に出会うと、

「あっ、鉛筆を食べている気がする・・・。」

と思ってしまうのです。
鉛筆を食べた事は一度もありませんが、もしかしたら小さい頃、鉛筆の頭の部分を噛んでいたかも・・・。
これ、ありえます!

オレガノが鉛筆の香りだったら、他のスパイスはなんだろうと急に興味がわいてしまいました。
先日、パキスタンの友人からたくさんのスパイスをもらったので、いつか1つ1つ試してみとうかと思っています。

マンマの料理はオレガノを入れすぎることもなく、全て美味しいく仕上がりました。
このレシピは2月20日までのお楽しみ。

一般家庭での料理教室は、料理だけでなくイタリア人家庭の様子も垣間見られるので楽しいですよ。
お花の飾り方、野菜や果物もインテリアの一部にしてしまうセンスに感心してしまいます。


さ・す・が、マンマ!

※料理教室に興味がある方はこちらをクリック

宮崎

「ブログ大賞2006・ホビー部門」で大健闘しました!
これも皆様のお陰です。ありがとうございました!!!

*****
■   オレガノの香りが気になったら、クリックして応援してね ■


 
Posted at 16:20 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
空の色とイタリアン・カラーの関係 / 2006年02月14日(火)
先日、宮崎の書いた「イタリアで知った事」を読んで「ボクだけじゃなかったんだ」と驚きました。


この赤い枝はなんという植物なんでしょう?

昨日、ミラノのセンピオーネ公園を通ると、随分前に降った雪がまだかなり残っていて、所々凍っているところもあります。


スケート・リンクかと思うところまで

スカッと晴れた青空に、木々の枝がくっきりと浮かび上がるコントラストが面白いのです。

本当にこんな色でなかったのか、自分に余裕がなかったのか、日本に住んでいた頃に、普段の生活の中で、空の青さに心まで晴れた気持ちになる事はなかったように思います。
あるとき気がついたのですが、いわゆるイタリアン・カラーと呼ばれる鮮やかな色使いはこの空の色ととってもよく似合うんです。
手に取れるような小さなモノであれ、建物の壁であれ、日本だとちょっと使わないような色使いも、この空の下だと違和感もないんですね。

風土に根付いた、というのはこういうものもそうなのでしょうか、逆にこれに気がついた後に沖縄を訪れる機会があり、同じ感動がありました。
特にシチリアとは色使いのセンスだけでなく、陶器などの絵柄にもなにか共通のものを感じて、同じ細長い国の、南に位置する島に不思議な印象を持った覚えがあります。

そんな事を考えているうち、ささやかな春の気配も見つけてうれしくなりました。


まだまだ小さいけれどつぼみが!

春よこい!早く来い!!

サカテ

泣いても笑っても応援できるのは今日まで!
「日本ブログ大賞2006」

もう一息応援してね!!!

* * * * *

■  春よこい、と願ってクリックしてね! ■

 
Posted at 18:00 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
もうすぐ! / 2006年02月13日(月)
我が家のベランダのプランター、、、ほったらかしのチューリップ
昨日が出ているのに気がつきました。



去年も同じような写真を撮ってここで紹介したけれど、去年より小さいとは言え一月も早いです。

まだまだ寒いけれど、確実に春はそこまで来ています。
日が沈むのも遅くなってきたし!

春を目指して、残りの寒さを乗り切ろう!

よこた

いよいよ後1日「ブログ大賞2006・ホビー部門」
なにとぞ、最後の1票お願いします!

なんだか選挙みたいだ…

*****
■  こちらは気軽にポチッと応援・ブログランキング ■

 
Posted at 18:55 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
イタリアで知った事 / 2006年02月12日(日)
イタリアに住むようになって知った多くの事。
その中の1つに「空の青さ」があります。



2月のとある日、まだ寒いながらも晴天に恵まれたので、フラッと散歩に出かけました。
私の目線の風景はいつもとあまり変わらず・・・。
でも空を見上げるとこんなにも真っ青な空が広がっているではありませんか!
散髪ならぬ「散枝」(?)された木と青空。
まさに天気のいい冬の景色ですね。

日本に住んでいた頃も空の青さを感じていたのか・・・。
私が空を気にしかなったのか、
それとも青い空がなかったのか・・・。



「青い空」。
イタリアで知った偉大なる自然の1つです。

宮崎

「ブログ大賞2006・ホビー部門」71ポイントで現在6位!
応援してね!

*****
■  自然って凄い! 感動と共にこちらも応援してね ■

 
Posted at 18:00 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(6)
やっぱりデカイ… / 2006年02月11日(土)
前に大きな木を紹介したところ思った以上に反響があり
「車の大きさが良く分からん」、「木の上には誰か住んでいるのでは?!」などなどの意見を頂いたので、再度紹介。


違う角度から見てもやっぱりデカイっすね。


で、木の中には何が住んでいるのだろうと覗いてみると、、、
この寒さから逃れるために非難しているようで、どなたもいらっしゃらないようでした。

下の標識はハイキング、サイクリングコースの標識。


ここがこの木の横にあるレストラン。
「Ristorante Badia a Coltibuono(リストランテ・バディア・アコルティブォノ)」
今は見た目も寂しく冬休み、2006年は3月1日からだそうです。


暖かくなったらハイキングをしながら、このテラスに食事をしに来よう!

よこた

応援できるのもあと3日「ブログ大賞2006」!
さあ何位までいけるか!

*****
■  ポチッと押してハイキング、応援してね ■

 
Posted at 21:05 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
バレンタインデー / 2006年02月10日(金)
イタリア語で言うとSan Valentino(サン・ヴァレンティーノ)バレンタインデーまであと4日。
お花屋さんもこの日にちなんでハートマークの飾りつけをして張り切っています。



この日イタリアでは恋人同志がプレゼント交換をしたり、一緒に食事をとったりと日本のクリスマスイブのようなことをします。
コックの友人曰く、2月は普段あまり人が入る時期ではないけど14日だけは2人での予約が多いそうです。
なるほど。

バレンタインデー=チョコレート」ではないですが、チョコレート屋さんも頑張っています。



クリスマスは家族や親戚と
年末年始は家族や親戚や友人達と
バレンタインデーは恋人と
が、イタリア風。

イタリア男性、どんな甘い言葉で女性を喜ばせるのか・・・。
興味津々な私です。
ビシッと決めたイタリア男性を見かけたら、そっとついていってどんな女性と会うのか、どんなレストランへ行くのか実況中継したいです。

・・・。
これ、ただのおかしな日本人ですね。
やめておきます。

宮崎

「ブログ大賞2006・ホビー部門」で健闘中!
応援してね!

*****
■  ここをクリックしたら恋人が見つかるかも!? 
      いや、ランキングの応援です。
 ■

 
Posted at 18:20 / イタリアでの生活 / この記事のURL
コメント(3)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました











次へ
| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.