ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2005年11月 | Main | 2005年09月»
牛の都・フィレンツェ〜その2〜 / 2005年10月31日(月)
性懲りもなく、牛にはまっています。

その他のカウ・パレード
さよなら、牛君たちよ…
11月の向こうには…
夜の牛の都
花の都…やっぱり…
牛の都・フィレンツェ〜その1〜
牛の侵略
牛出現…

ここはフィレンツェ市内、住民が多く利用する店が並ぶ通り

「Borgo S.Lorenzo(ボルゴ・サン・ロレンツォ)」

この通りを歩いていると、

出た〜〜〜〜〜〜牛だ〜〜〜〜〜〜〜



ショーウィンドーに沢山の牛がいました。
しかも世界のカウ・パレードで活躍した牛達ばっかり!

何のお店かというと、「Cose Cosi`(コゼ・コジ)」という名の食器屋さんです。

実用的な食器から、高級なものまで揃っているお店で、この界隈でもなかなか有名。
中には漢字の書いてる牛もいたけれど、お気に入りはこの牛。



Happy Birthday to Moo !
ハッピー・バースデー・トゥー・ム〜!


ケーキを載せたヒップがいかしてる!

Cose Cosi' Snc. Regali Casalinghi Lampadari
50100 Firenze (FI) - 53/57/R, BORGO LA CROCE
tel: 055 2343474

と、ウハウハいいながら歩いていくと、今度は一台の車が…



うわ〜〜〜〜牛柄でしかも角が生えてるーーーー

僕よりもここまではまっている人がいるのかと思ったら、カウ・パレードの宣伝カーでした。
排気ガス制限がされているフィレンツェ旧市街にも優しい電気自動車だから安心です。

こうして牛の侵略は徐々に進んでいくのでした。


勝手にカテゴリーを増やしたよこた

■  カウ・パレードが気になってきたらクリックしてね ■

 
Posted at 19:19 / Cow Parade(カウ・パレード) / この記事のURL
コメント(0)
シチリアへの出張その2 〜タオルミーナ周辺編〜 / 2005年10月30日(日)
出張初日をCatania(カターニア)で過ごし、2日目からは仕事モードへ!

2日目の仕事を終えた後、Taormina(タオルミーナ)近郊Jatojanni(ヤトイアンニ)という街にあるレストランで夕食。
その名も「Il Ficodindia」(イル・フィーコディンディア)
サボテンに実をつけるシチリア名物の果物の名前がついたこのレストラン。
どの料理も美味しかった
特に、この日仕入れたばかりのウニのパスタは絶品!
シチリアへの出張が多い私、ウニのパスタを見つける度に食していましたがここのは、今までのパスタをくつがえす味。
食べる事に夢中で、写真を撮り忘れてしまった・・・。
お見せできないのが残念

もう1つすご〜く美味しかった物。
それは、ピスタチオのジェラート


このピスタチオはEtna(エトナ山)周辺でとれ、その地域にあるお店から仕入れているとのこと。
こんな濃厚な味のピスタチオジェラートは初めて。

美味しい物をたくさん食べた後の3日目の仕事も無事に終え、ウニピスタチオに思いをはせながらフィレンツェへと帰りました。
次回も行くと心に決め

宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■


 
Posted at 15:34 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(4)
シチリアへ出張その1 〜カターニア編〜 / 2005年10月29日(土)
9、10月と出張続きの私。

10月12〜15日にかけて、Sicilia(シチリア)へ行ってきました。
移動日にあたる初日12日は、Catania(カターニア)の街を散策。
比較的新しい街の中にあるローマ時代のAnfiteatro(アンフィテアトロ:円形劇場)


Verona(ヴェローナ)円形劇場Roma(ローマ)コロッセオとは違って、黒くて見た目は軽そうな溶岩で出来ています。
この溶岩は、今でも活動しているEtna(エトナ山)のものなんだろうなぁ〜。


賑やかな街の中でも更に賑やかな場所、そう市場にも行ってきました。
カターニアの魚市場は有名で、南の人の活気溢れる様子に圧倒されました。
南に来るとよく見る魚、でも名前が出てこないものがこれ



なんだっけ

カターニア人のエネルギーをたくさんもらったので、明日からの仕事頑張るぞ!

宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 19:26 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
上から眺めるイタリアの街 / 2005年10月28日(金)
高いところフェチな私は、イタリアの各街を訪れる度に高いところを見つけては上ります。
塔だったり、小高い丘の上だったり…

同じイタリア国内でも、各街で表情が全然違うので、街中のお散歩だけでも十分楽しいのですが、高い位置から見下ろしてみるとまた違った発見があって楽しい

高いところに上る=体力勝負のときが多いのですが、苦労して上った後に見る景色はこれまた格別。

私が見た景色からいくつか公開。

1枚目は見慣れた風景、フィレンツェ
ドウモのクーポラの上からのヴェッキオ宮殿方面の景色。
ここに上るためには、行列が出来ているので待ち時間覚悟です。

2枚目はシエナ
マンジャの塔からの景色。
同じトスカーナ、フィレンツェの景色と若干かぶるのですが、街全体が不思議なぐらい茶色。
絵の具のsienna色はこの茶色が名前の由来とか。
フィレンツェと違うのはこの茶色の中、ドウモのみがぽつんと白く浮き上がるところ。

3枚目は南のナポリ
サンテルモ城からの景色。
手前に港が見え、バッグにヴェスビオ火山がどーんと構えています
トスカーナとはまるで違いますよね。

4枚目は北の街から1枚。
オリンピックが行われるトリノ
モーレ・アントネッリアーナという塔の上から。
ここはエレベーターで一気に上がれるので、体力の心配必要なし。
遠くに見えるのがポー川。
どの方面をみても、全体的に赤い屋根が印象的。

なんとなく違いがわかっていただけました?

ホントはまだまだ公開したい写真があるのですが、1回で大量に写真を載せるとほかのスタッフからクレームがつきそうなので今日はこの辺で。

スタッフなお

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 08:36 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(0)
よこたもトスカーナ・ネタに便乗 / 2005年10月27日(木)
宮崎、坂手とキャンティ画像ネタときたら、よこたも、そりゃ参加したくなります。

ここ最近のお客様は、午前中ワイナリー訪問、午後シエナもしくはサン・ジミニャーノ散策というのが多かったのです。

その時の写真をご紹介。

まず、1枚目。
サン・ジミニャーノの塔です。



そして2枚目。
分かりますか?シエナのマンジャの塔です。



シエナの画像はお願いしているガイドさんの秘密の写真スポット。
きれいに小道の間に塔がぴったり入るんです。
で、間から見る塔(モニュメント)に凝っているのは、壁紙にしたらどうだろうかと…
本サイトの壁紙ページにアップしたら、皆さん使ってもらえますか??

どうだろう?ウェブ・マスター坂手〜??

採用、不採用は本ページでご覧下さい。

よこた

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 05:13 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
走り出した先、キャンティ街道で見つけた光のマジック / 2005年10月26日(水)
こんなに雨が降ってきたから 、と、うらめしく空を見上げるのもつかの間、ふっと青空 がのぞいて、やっぱり行ってみようと思い立ったキャンティ街道のドライブ。

先に宮崎も書いている Badia a Passignano(バディア・ア・パッシニャーノ)の風景は、濃い緑がそのままの糸杉や、黄色から茜色にに紅葉 しつつある葡萄の葉が、夕刻の陽光をきらきらと反射させて 、思わず、うわぁ、とため息まじりに漏らします。



窓の外を眺めながら、車はすすみ、ふと振り向いて見つけたものに思わず走ったのは、雨上がりのもやの中、逆光に浮かび上がったワイナリーの幻想的ともいえる風景でした。


キャンティ周辺にやってくるのも、それは久しぶりで、まだイタリア語を勉強中でまだまだ生活にも不自由していた頃に、訪問先でワインの試飲 をさせてくれた若者が、強いトスカーナ訛りの為に、ワンテンポ理解が遅れて笑ったのを思い出したりもします。



今回は行けなかったけれど、またぜひ、自分でもワイナリー訪問をしてみようと、フィレンツェに行く楽しみ がまたひとつ増えました。

坂手

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 06:11 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
トスカーナの秋 / 2005年10月24日(月)
この週末、ミラノの坂手、フィレンツェの横田と一緒にトスカーナの秋を楽しんできました。
行った場所は、Badia a Passignano(バディア・ア・パッシニャーノ)

「ワイナリー訪問」でこの辺りをよく通る
横田おすすめの写真ポイントがここ


ぶどうの葉がきれいに色づいていて、その素晴らしさに思わず溜息
ホッ!

その後、坂手が
「あっ、ちょっと車止めて!」
と言って、走り出したポイントがここ

逆光だったので、私のカメラではあまり上手く撮れませんでしたが、写真のセンスがある坂手は素敵な写真を撮っていました
その坂手の写真の素晴らしさにまたまた溜息。ホッ!
いつか坂手も写真を載せてくれるかも・・・

秋のトスカーナ、やっぱり素敵です

宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■


 
Posted at 06:11 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
牛の都・フィレンツェ 〜その1〜 / 2005年10月23日(日)
いよいよ、牛のフィレンツェ侵略(Cow Parde)が始まりました。

その他のカウ・パレード
さよなら、牛君たちよ…
11月の向こうには…
夜の牛の都
花の都…やっぱり…
牛の都・フィレンツェ〜その2〜
牛の侵略
牛出現…


この日、たまたま通りかかったミケランジェロ広場、、、



牛だーーーーーーーー!


見づらいけど、ドゥオモをバックに



ダヴィデに立ち向かい。

カウパレードのHPを良く見てみると、、、

言葉はイタリア語ですが、、、いろいろな牛達が出てきます。
お気に入りは、イタリア語で言っている
「さあ、出かけよう(ムォ〜ヴィティ!!)」の部分です。

そしてどこに主没しているかも!!
このページからチェックできちゃう。

どうやらサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場に何かあるらしい。
ここはまだ未チェックなので、見てきたらお知らせします。

それはそうと、一番最初に紹介した駅の牛。ダヴィデが行方不明です。
誘拐されたのか、はたまた牛の下にいるのが嫌になっての家出なのか…



、と牛どもに夢中のよこたでした。

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 16:50 / Cow Parade(カウ・パレード) / この記事のURL
コメント(0)
フィレンツェの中の日本 〜第3弾〜 / 2005年10月22日(土)
「京都通り」、「日本庭園風ロータリー」と来て、今回のネタは前回に引き続きまたもロータリー。

今回のロータリーの主役は銅像です。
何故か、この銅像は鵜飼い漁がモチーフになっています。



確かに、そうなのかもしれないけど、何も知らないイタリア人が見たら「食用の鶏の首を料理するためにただ切り落とそうとしているところ。。。」にしか見えないんじゃないかなぁ…

それでも、本当のテーマは「鵜飼い漁」らしい。

で、この銅像は姉妹都市である岐阜市から送られたものだそうです。



岐阜市とフィレンツェは1978年に姉妹都市になったそうで、岐阜市役所の角にあるポケットパークには「ドナテッロ原作のフィレンツェの街のシンボルであるユリの紋章の入った盾を持ったライオンの像」が建っているそうです。

なるほど、フィレンツェの姉妹は京都だけではなかったのでした。

よこた

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■



 
Posted at 21:10 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(2)
オヴリが食べたーい / 2005年10月21日(金)
ovuli;オヴリ」、日本名「たまごたけ」というきのこ、名前の通り、卵形。
別にすごくおいしいわけでもないけど、ポルチーニと同じぐらい、または高かったりする。
スーパーでも、それこそレストランでもたまにしか見かけない。

久々に見つけたので写真撮っちゃいました。


この丸っこい形に惚れたのです
あ、傘の大きいのはポルチーニ
周りにちょこちょこと乗っかってるのがオヴリ

シエナ生活だったころ、キッチンの使えない家に住んでいた私は、すぐ近くの知り合いのレストランでほぼ毎日のように晩ごはんを食べさせてもらっていました
今思えばとっても贅沢な生活。
よくデブデブにならなかったものだ…。

そこで日本で見たことのないもの、同じ名前でも形が違うもの、存在しないものetc珍しいものをいろいろ味見させてもらってました。

その1つだった「オヴリ

初めて食べたときに「なんだと思う?」と聞かれて、「りんご」と答えた私。
香りがするわけでもないし、さくさくしたし…。

改めて料理用語辞典で日本語を確認しようと思ったら、「ovulo」がない
ふと周辺を探したら「ovolo」のところに「たまごたけ」と出てる。

あちゃ〜、共通語じゃない!?
またトスカーナ語かしら?
今度聞いてみよう。

ちなみに広辞苑に「たまごたけ」はありませんでした。
「たまごてんぐだけ」はあったけど、「担子菌類の猛毒きのこうんぬん」。



人が殺せちゃうね
似ても似つかぬものらしい。
あー、怖い。

スタッフ なお

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 07:05 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.