ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2005年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2005年04月 | Main | 2005年02月»
可愛い、可愛いお菓子屋さん / 2005年03月31日(木)
先日、友人に連れられて可愛い、可愛いお菓子屋さんへ行きました。

この友人はイタリア在住数十年のルーマニア人で、お菓子が大好き。
(でも本人曰く「おいしい物だけ」)
「あそこは、前の方がおいしかった。前って言ってももう十年くらい前の話ね。」
「あそこのチョコレートは絶品!」
など、お菓子の話がドンドン出てくるのです。

そんな彼女の最近のお気に入りが、ピッティ宮殿近くのVia Maggioにあるこのお店。
昨年の秋にオープンしたばかりのまだまだ新しい感じがする店内はちょとメルヘンチック。
ガラスケースに小さなお菓子がたくさん並び、どれを食べようか迷ってしまいました。
タルト、シュー、クッキーなど、大体が一口サイズなので、ちょっとずついろんな種類を試したい私には最適。
いくつか買った中でも私が気に入ったのは「松の実付きのチョコレートクッキー」。
サクサクとした触感がなんとも美味。
今度は袋にたっくさん入れてもらおうかな?

スタッフ宮崎




■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 00:04 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
ジョギングコースももう春です! / 2005年03月30日(水)
今年の1月16日にジョギング・ネタを披露しましたが、まだまだ続いています。
我ながら、感心感心!

健康第一で始めたジョギングだけど、ここまで続けばもう趣味の域??
その上、冬の間に蓄えたおなか周りの貯金も徐々に減ってきて体も夏バージョンへと変身中です!!
(うっしっし)

そして、気が付けばお気に入りのジョギングコースも春となりました。
何も考えずぼんやり走るのには、もってこいの季節です!!

旅行の方もちょっとした公園でパニーノのお昼なんて、気持ち良いですよぉ〜

スタッフよこた




■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 02:38 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
おいしいヴァカンス / 2005年03月29日(火)
パスクワ(イースタ)休暇を利用して、ふたたび打ち合わせをかねたフィレンツェ滞在。
「5つの手順でできるカンタン家庭料理レシピ」や「クラブ・バッキーノ、 料理教室」
の講師でもある先生に夕食にスタッフ3人を招待していただきました。

ほんれんそうと卵のパスクア風タルト、仔羊のロースト、リンゴと干しぶどうのさくさくタルトと張り切って腕をふるってくださった、パスクワにちなんだ料理で、
クリスチャンではないボクたちにも、家族で集まるナターレ(クリスマス)と
同じくらい大切なこの行事らしさを体験させてくれました。

マンマの暖かさと、画家だった亡くなったご主人のアトリエでもあった自宅の雰囲気、
食事の間にでてくるそれぞれの食べ物についてのエピソードは、そのまま味の記憶とともに
思い出となって、どうして先生の料理教室がこんなに人気があるのか、
普段ミラノにいて授業のサポートをしないボクにもよくわかります。

スタッフ坂手

* * * * * * * * * * * * * * * * 

「パスクア風タルト」と「仔羊のロースト、ポテト添え」を作ってみてね!
[ トップページ > 5つの手順でできる、カンタン家庭料理 > 
2003年3月、アンティパスト(前菜):パスクア風タルト、
セコンド(第2皿):仔羊のロースト、ポテト添え ] 参照

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 03:07 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
丹下健三さん / 2005年03月25日(金)
3月22日、建築家:丹下健三さんが91歳で亡くなったとイタリアの新聞で知りました。

建築にあまり明るくない私は、この名前を聞いてもピントこなかったのですが、
・国立屋内総合競技場
・新都庁
・フジ本社ビル
・赤坂プリンスホテル新館
・広島平和記念資料館
など、よく知られた建物を手がけた日本を代表する建築家です。

ナポリ、ボローニャ、カターニアの都市拡大計画に携わり、イタリアでも有名だったので、23日の新聞では1ページにわたって丹下さんの業績を称えていました。

そう言えば、数年前にナポリへ行った時、日本のガイドさんが、
「この一角の新しい地域は、日本の建築家○○さんが設計しました。」と説明してくれました。
建築家の名前は忘れてしまったのですが、今、丹下さんだったことを思い出しました。

安らかにお眠り下さい。

スタッフ宮崎

 
Posted at 04:54 / イタリアのニュース(出来事) / この記事のURL
コメント(0)
チケット、ゲット! / 2005年03月24日(木)
Fiorentina(フィオレンティーナ)がセリエAになった今シーズン。
私もなんちゃってTifosi(ファン)しています。

でもやっぱりなんちゃってはなんちゃって。
昨年10月のフィオレンティーナVSシエナ戦以来、
「4月のJuve(ユヴェントス)戦は絶対にスタジアムで応援しよう!」と心に決めていたにも関わらず、チケット発売日を1週間間違えてしまった私。
23日の新聞に、
「4月2日(土)のユーヴェ戦、昨日(22日)の発売と同時に売り切れている販売店が多々ある・・・。」と書いてあるのを読み焦った焦った。
フィオレンティーナはユーヴェに対して他のどのチームよりも敵対意識があるから、応援にも力が入るのです。

P.zza Repubblica(共和国広場)にあるチケット販売店に行ったら、私のお目当てのCurva(クルヴァ:熱狂的なファンが集まるエリア)はすでに売り切れ。
他のカテゴリーの席は多少まだあったけど、「応援はクルヴァ!」と決めているのでここは譲れません!
当サイト内でサッカー記事を書いているなおから
「販売店によって割り当てがあるから、まだ残っている所を探すしかない」とアドバイスをもらい、2店目へ。
ダメもとで聞いてみると、あったあった!!!
このお店にあった最後の3枚をゲットしたのです!!!ヾ(@^▽^@)ノ

なんちゃってながらにも、家にはTシャツとマフラーとViola(紫色)の鞄 があるから、それを持って4月2日はスタジアムだ〜!
応援歌はもちろんオフィシャルのCDを聴いて覚えたので、大声で歌うぞーーー!

Forza Viola!!!(頑張れ、ヴィオラ!!!)

スタッフ宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 02:24 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
ご飯はお寿司でした! / 2005年03月22日(火)
友達のチロがお寿司を食べに行こう!!、と言い出したのが2週間前。

もう1人の友人を誘って、そして日程を調整してやっと昨日行ってきました。
(おすし屋さんと言っても回転寿司)

なぜ寿司かと言うと、チロはフィレンツェのワインバーで働いて、そこにこのおすし屋さんで働いているお客さん(写真中央)が来て誘ってくれて、だったら4人くらいで行こうということになったから。

場所はフィレンツェ隣町のセスト・フィオレンティーナというところの大型スーパー内。
車に乗って「さあ、行こう」って言ったは良いけど
「どうやっていくんだ??」なんていう漫画みたいな会話をしつつ、思いっきり楽しんできました。

お寿司はもちろん、天ぷらやフライもあります。
一度お試しあれ!

スタッフよこた



■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 20:16 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
イタリアの家 / 2005年03月19日(土)
アリーチェの家族はフィレンツェから車で30分くらいの街に家を購入し、長閑な環境の中で生活しています。
この家は昔の農家を改装したもので、カンティーナ(ワイン蔵)だった所はアリーチェのお兄ちゃんの部屋、馬や牛小屋はサロンに、住居部分は区切ってアリーチェの部屋、アリーチェの両親の部屋、バス&トレイになっています。
一軒家ではありますが、すぐ隣りも同じように昔の農家を改装した家が並び、共通の小さな広場あったりして、テーマパークの「カントリーハウス」のようです。
アリーチェの部屋には赤ちゃんの時に使っていた小さなベッドと今使っているベッドがあったり、お人形が並んでいたりとまるでおもちゃ箱のようでした。
キッチンはお母さんの手料理と家族団らんが似合う暖かい感じで、まさに「アットホーム」な雰囲気。

車がなければ不便な場所ですが、仕事はフィレンツェ、生活は田舎っていう暮らしはいいですね。

スタッフ宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 17:49 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
踊るアリーチェ / 2005年03月18日(金)
友人の子供Alice(アリーチェ:英語でいうアリス)は、踊りが大好き。
この日も近所のお友達と一緒に踊りを披露してくれました。
サロンにあるオーディオの音をお兄ちゃんが小さくすると、すかさずボリュームを大きくしに行く姿は一人前のダンサー(?)。
イタリアはテレビ番組のダンサーから有名タレントになるパーターンが多いから、アリーチェもその道に進むのかな???

アリーチェの家族は1年前にフィレンツェから少し田舎街に家を購入して引っ越しました。
この家、とっても可愛かったのでまだ次回書きますね。

スタッフ宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 18:25 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
灯台下暗し、ここにも春が… / 2005年03月17日(木)
昨日、トスカーナの南部には春がもうやってきていた、なんて書いたのだけど、うちのベランダにも春が来ていました。

毎年ほったらかしにしているプランターのチューリップが芽を出して、ローズマリーは紫色のかわいらしい花をつけていました。

そして今朝の天気予報では
フィレンツェの最高気温:20度!!
ってもう本格的に春でした。

さあ、春の楽しい郊外イベントへ出かけようっと!

スタッフよこた



■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 17:10 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
春はもうすぐ! / 2005年03月16日(水)
この前の週末、仕事とドライブを兼ねてトスカーナ南部の海沿いの方まで行ってきました。

そこはマレンマ地区と呼ばれ、海と山が近くにあり、おまけに一年を通して気候に恵まれているので、夏場は人気のバカンス・スポットとなります。

フィレンツェの朝晩はまだちょっと寒く、
「も〜少しだね、春まで」という感じでしたが

このマレンマ地区はとても暖かく思わずジャケットを脱いでしまいました。

まだフィレンツェ近郊では出ていないぶどうの新芽がふき出しかけていました。
この分だとフィレンツェの春までもう少しのようです。

スタッフよこた



■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 18:11 / トスカーナでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.