ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2005年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2005年03月 | Main | 2005年01月»
レストランでのいい緊張感 / 2005年02月10日(木)
初めて行くレストランでの食事はいい緊張感があります。
店の雰囲気はどうかな?
値段は?
服装はこれで大丈夫かな?
何がおいしいのかな?
などなど、気になってしまうのです。

そんな私、本日久しぶりに初めて行くレストランで食事をしました。
名前は「Borgo San Jacopo」。
靴の他にフィレンツェ市内で数軒ホテルを経営しているフェラガモグループのレストランです。
2004年の春にオープンし、それ以来ずっと気になっていた所でした。
レストラン内は落ち着いた照明とモダンな雰囲気で、大きな窓の向こうに見えるアルノ川の水面がキラキラしていてなんともロマンチック。
きれいに盛り付けられたお料理は、鮮麗さと伝統を兼ね合わせたイタリアン。
私が頼んだStinco di Maiale(豚肉のすね肉)は、豚肉の旨みがしっかりしていておすすめの一品!
《これをすすめてくれたカメリエーレのお兄ちゃん、ありがとう!!! o(*^▽^*)o》
素敵な雰囲気の中でのおいしい料理とおいしいワイン、そして楽しい友人達との食事はいいものですね。
20時〜23時の3時間、久々にいい時間を過ごしました。

トイレも素敵だったしね!

スタッフ宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 11:16 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(0)
街で見かけた変な(?)物 / 2005年02月08日(火)
街を歩いていると、時々体重計を見かけます。
タイプはいろいろあるのですが、P.zza Repubblica(共和国広場)にあるこの写真の体重計はどうに重さが示されるのか???です。
一番上には昔の精密機器のようなものがついていて・・・。
0.50ユーロコインを入れると量れるようです。
中央郵便局の前にあるから、もしかしたら荷物を量るようだったのかな。

なんともクラッシックなこの体重計?(量り?)この街にとっても似合ってます。
今度前を通ったら乗ってみようかな。
でも昼はちょっと・・・。

スタッフ宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 05:49 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
実は日本に出張していました… / 2005年02月06日(日)
しばらくぶりでございます。
スタッフよこたです。

件名の通り1月の後半、通訳の仕事で日本に戻っていました。
ほんの僅かな時間の間に色々な街を訪問し、とっても充実した滞在でした。

留守中メールの連絡が遅れたりして御迷惑をお掛けしました。

仕事の内容はというと、、、
イタリア産の医療用の皮膚用レーザーと美容用脱毛、若返りのための機械2台の研修のお手伝いでした。

研修のほかに展示会もあり、大忙しでした!

とっても駆け足の滞在でしたので、本当にお会いしたい方々にも会えずじまいでした…ごめんなさい。
次のゆっくりとした滞在の時には是非とも会いましょうね!

スタッフよこた



■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 04:11 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
花市 / 2005年02月04日(金)
街のどこかで毎日青空市が開かれているフィレンツェ。
毎週木曜日は、P.zza Repubblica(共和国広場)のアーケード下で花市が開かれています。
先日までの寒さが嘘のように暖かくなった2月最初の花市は、春がすぐそこまで来ていることを感じさせてくれました。

このアーケードは映画「ハンニバル」でレクター博士が歩くシーンでも使われています。
その場面は薄気味悪い雰囲気で撮られていますが、実際はとっても活気があって特に花市が開かれている時は華やかなので、その違いもお楽しみ下さい。

スタッフ宮崎

■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 07:03 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
フィレンツェ住宅事情 / 2005年02月01日(火)
念願の一人暮らしを始めた友人宅へお邪魔してきました。

場所はドゥオモから歩いて2〜3分の、市街地。
イタロジャッポオネーゼ風に言うと、ド・チェントロ!(チェントロ=市街地)。
市街地なだけに建物の外観は古く(なにせ築数百年ですから)、エレベーターなしの3階か4階のMonolocale(モノロカーレ)=ワンルーム。
でも部屋の中はきれいにリフォームされていて、モノロカーレのわりには立派なキッチンもついていて、「フィレンツェでの素敵なひとり暮らし」を只今満喫中らしいです。
ちなみに家賃は10万ほど。
その他光熱費がかかるので、フィレンツェの住宅事情は東京と変わらないですね。
一般的にお給料は東京より低いので、お給料に対する家賃を考えたら、あっ「変わらない」どころではなくすっごく大変ですね。
でも、交際費、食費(ほとんどの人が自炊)、雑費が少なくてもすむので、一人暮らしの友人達はなんとかやっていけているようです。

住宅事情の話でもう1つ、昨年の4月に約7年フィレンツェに住んだ友人が日本へ帰りました。
東京でアパートを探す時に、
「日本は新築〜築数年内の物件が多くてビックリした。今まで築数百年の建物に住んでいたから私にとっては築20〜30年でも新しいし、その方が家賃も安いだろうしいいかなって思ってたけど、逆に日本はそんな物件はないね。」 と言っていた事を思い出しました。
処、変わればですね。

私にとって住む所はとても重要です。
フィレンツェ生活4年半で今の家が5軒目。
4軒目と今の5軒目はとっても気に入ってます。
毎日の生活が安定すると、仕事もプライベートもいい方向に進んでいくような気がします。

いつかは、トスカーナの田舎に一軒家を持ちたいものです。
夢を見るのは自由ですよね。(笑)

スタッフ宮崎


■  人気blogランキング・クリックして応援してね ■

 
Posted at 07:08 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました











次へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.