ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«2017年07月17日 | Main | 2017年06月23日»
フィレンツェのトラットリア「Le Mossacce」 / 2017年07月07日(金)
ブログが「肉の日」オンリーになりつつあるいけない傾向。

久しぶりにフィレンツェのトラットリアのお話を。

オフィスから歩いて3分の所にある、Trattoria Le Mossacce(トラットリア・レ・モッサッツェ)
1925年にFiaschetteria(フィアケッテリーア/ ワイン屋、ワインの立ち飲み屋)として営業が始まったこのトラットリア。
「ザ・フィレンツェ料理」が食べられるお店として賑わっています。

特に昼は地元の人・常連さんが相席で一緒に食べている様子や、近くの工事現場で働いている人達が仕事の合間をぬってササッとお昼を済ませている姿や、お店では食べずに職場や家で食べるために持ち帰りをしている人など、だんだんと無くなりつつある古き良きフィレンツェの雰囲気が残っています。



見過ごしてしまいそうなくらい間口が狭く、中に入ると奥にキッチンと客席があるお店の造り、サービスしてくれるのは男性ばかりでテキパキと仕事をする様子を見ていると、「昔からあるお店っていいな。」と感じます。

料理は、最初にも書いたようにフィレンツェ料理
トスカーナ料理と言っていいのかもしれませんが、お店の人は「うちはフィレンツェ料理だから」と。

このこだわりもいいですね。

この日頂いたのは、サルーミの盛り合わせ



初めてみたメニュー名に惹かれて頼んだZuppa Lombarda(ズッパ・ロンバルダ/ 豆のスープ)
白インゲンのクロストーニ???と思いきや、パンの下には白インゲンのゆで汁もありクロストーニよりは汁気がありました。
昔でも簡単に手に入るものだったので、これは労働者達が食べていた料理なんだそうです。
料理1つ1つに歴史があるんですね。



手前のSpezzatino alla Fiorentina(フィレンツェ風スペッツァティーノ/ 牛肉を玉ねぎとトマトで煮込んだもの)と奥の豚肉料理のアリスタ



どれもそれぞれの素材の味がしっかりと出ていて美味しかったです。

地元の雰囲気を感じたい方は、昼訪れることをお勧めします。

いつかこの相席テーブルに案内されたいな〜と思ったりもして。

宮崎

久々ポチッとお願いします。


 
Posted at 02:40 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました












 
GMO MadiaHoldings, Inc.