ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

« 世界自転車ロードレース | Main | イタリアンカラー »
8月「肉の日」報告 / 2013年09月12日(木)
9月になり、だんだんと秋らしい天気になってきたイタリア・フィレンツェ。
おとといあたりから雨も降るようになり、雨ごとになんだか肌寒くなっている気がします。

「夏が終わるのね〜とちょっと悲しくなりつつも、
「秋が来るぅ〜と景色が綺麗でぶどうやオリーヴなどの収穫が始まる季節になることをわくわくしながら待っています。

さて、「大人の夜の遠足」といつの間にかサブタイトルまでつけて開催された8月の「肉の日」
フィレンツェの駅に集合し、電車に乗って行ってきました。
後姿だけでも存在感ある「肉の日」の顧問の姿も見えますね。


やってきたのは、Monsummano Terme(モンスッマーノ・テルメ)にあるOsteria Il Maialetto(オステリア・イル・マイアレット)
お肉屋さんがやっているオステリアということで、結構田舎っぽい、ベタな雰囲気のオステリアを想像していたのですが、いやいやなんとまあこぎれいな店内。
テーブルもライトもモダンな感じです。



店内に入ってすぐのスーぺスは、ショーケースにサルーミ類、ショーケース奥にはお肉屋さんらしく生ハムがぶらぶら、生ハムの前にはドーンとビステッカが棒状のまま置かれていて、「肉の日」にはもう最高の雰囲気でした。
あっ、ちなみにお肉屋さんはここのすぐ近くに店舗を構えています。


カウンターにも椅子が並べられていて、
「ちょっとしたおつまみとワインが欲しい
という方にはビッタリです。


カウンターの他、店内のいたる所に店名にもなっている「豚ちゃん」グッズがたくさんあり、豚コレクターの私・宮崎はまずはこれらの豚グッズに大興奮。
たまらない〜、この空間。


私は豚に興奮、他の参加メンバーは店内の雰囲気と興味深いメニューに大興奮。
メニュー数はそんなに多くないんですが、気になるものがかなりあったのです。

「これ食べたい」「あれも食べたい」と思案するなか、
選ばれたのがこちらの品々。

まずは前菜2種
・マイアレット風タルタル(お肉はもちろん牛です)
・マイアレット風前菜の盛り合わせ

いやいやこのタルタルが劇ウマでございました〜

「また食べたい、今度は一皿全部独り占めしたい
と生肉好きの数人のメンバーは思ったはず。

 
先月の「肉の日」でも生肉に興奮していた肉女と顧問の2ショット
なんかいい、この写真。
タイトル「生肉と肉女と顧問と(撮る)私」。
(数十年前の歌のタイトルのパクリですわ。)


セコンドは、
・左/ Cioncia alla Pesciatina(チョンチャ・アッラ・ぺーシャティーナ)
仔牛の鼻、頬、唇など、捨ててもいいような部位を煮込んだ地元の料理です。
Pescia(ペーシャ)という町生まれなんだそうです。
・右/ Trippa alla Fiorentina(フィレンツェ風トリッパ)

トリッパもしかり、こういう部位を使う料理ってトスカーナを感じさせてくれますね〜。

 
・コロンナータのラードで巻いた豚のヒレ肉
これはお店の人おすすめの一品で、柔らかくて美味しかったです。
豚はやっぱり食べておかないとね。


そしてメインのビステッカ


「ビステッカとコストラ、どっちがいい
「どのくらい食べる ちょっとずつ味見程度でいいよね

と聞かれるも、

「味見じゃなくて、ちゃんと食べたい

と答え、出てきたのがこちら2皿。

ドッカーーーン

Tボーンになっているのがビステッカ。


こちら、Lボーンはコストラ。
正確にはビステッカではありません。


お肉屋さん経営だけに、本当に本当にお肉が美味しかったです
特にLボーンのコストラは柔らかく、甘い味わいで、いつもの事ながら思い出すだけでもよだれが出てきます。

「タルタル同様、また食べたい」
と思ったお肉でした。

参加メンバーの満足笑顔。



いつもであれば、ここからパスタへ戻り、そしてドルチェなのですが、なにせ今日は電車を利用しての遠足。
最終電車に乗り遅れないよう、
「また来るからね〜」
と言い残してお店を去りました。

バタバタとお店を去るなかでもスタッフの方の写真をパチリ。
いい笑顔ですね〜。


「家に着くまでが遠足・旅行です」
と小学生の頃、先生からよく言われました。
まだまだ遠足中の夜の駅で、イタリア人に頼んで撮ってもらったのがこちらの写真。
イタリア人に撮ってもらうといつも思うこと。

それは、
「なんでこんなに引きで撮るんだろう もう少し近くに寄ってくれてもいいのに。」


今度、皆さんも試してみて下さい。

日付が変わる頃にフィレンツェに到着した「肉の日」

ちょうど1年前の8月29日に初参加して下さった日本在のSさんもまた参加してくれました。
Sさん、また来年の夏もお待ちしてますよ〜。

今月の「肉の日」は日曜日。
秋の日曜日といったら、これまた遠足でしょう
と私達スタッフはいろいろ考え中です。

詳細が決まったらまたお知らせしますね。
お楽しみに

宮崎

肉ニククリックありがとうございます


Posted at 02:30 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/perbacco/archive/1868
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました











   
GMO MadiaHoldings, Inc.