ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

« トレント その2 | Main | 季節だね! »
トレント / 2010年05月25日(火)
ここ最近、ブログ登場率低しの私。
日記代わりに書いているから、ここ数日の日記はなしってことに。
まあ、そんな時もありますね。

登場率の低さとは反対に、イタリアのあちらこちらへの出没率は
高しです。

今日は、あちらこちらの中の1つTrento(トレント)について。

****************************
トレントは、ヴェローナから列車で約30分北に上がった所にある
トレンティーノ・アルト・アディジェ州の州都。
そう、私が大好きな州ですね〜。
高い山が並ぶ景色がが好きなのです。

駅からもすでにこんな高い山が見えるではありませんか!
「オ〜〜〜!」とすでに感動。



駅から町の中心Piazza Duomo(ドゥオモ広場)へ行く途中に通った
Via Belenzani(ベレンザニ通り)には、両脇に立派で綺麗な建物が立ち並んでいました。

 

完全に絵が剥げてしまっている部分とそうでない部分とに分かれている、このまばらな感じが素敵です。

ベレンザニ通りの先に広がる広場は第1の目的地、ドゥオモ広場。
黒い玉ねぎのような屋根がついた鐘楼が、トスカーナとは違う雰囲気を出していていいですね〜。
トレンティーノ・アルト・アディジェの教会は、この黒玉ねぎ型と先が尖っていてすっごく長いタイプの鐘楼があるんですが、何がどう違うのかいつも気になります。
でも、その先「調べる」までは進んでおらず、「どうして?」どまり。
宗派が違うんでしょうね〜、おそらく・・・。



広場面した建物は、壁面に絵が描かれたり、カラフルだったりと
いい雰囲気。




特に何をするでもなくただただぶらぶらと町を歩くだけ。
だったら、なんでここまでやって来たのか?
イタリア人の友人にも「なんでトレントまで行ったの?」と言われました。
答えは簡単、
「近郊の町に来る用事があったし、トレントはまだ来たことがなかったから」。
イタリアのある程度大きさの町を制覇したいのです。
まだま制覇には遠いですけどね・・・。

ぶらぶら歩いていてもお腹は空きます。
この土地の伝統料理が食べられる所を探しながら、更にぶらぶら・・・。
いくつかのレストランやトラットリアを覗いてみたのですがピンと来る所がなく、「もうちょっと、もうちょと」と歩き続け行き着いたのが
Birreria(ビッレリア:ビールを中心とした飲み処・食べ処)
その名もAntica Birreria Pedavea

なぜか「ここだ!」と思い、中に入ってみると結構人で賑わっている
様子。
店員さんに「あの〜、席ありますか?」と言うと、
「奥に行って!」と一言。
奥に行き、別の店員さんに同じ事を言うと、この人もさっきの人と同じく「奥に行って!」

まだ奥に行くの

通ってきたサロンにはたくさんのテーブルが並んでいるし、外にもたくさんのテーブルが並んでいるけど、更に奥に行くよう言われた私は、銅製(?)の大きなタンクがある部屋を通り抜け更に奥に。
突き当りだと思われる部屋に到着すると、ありましたありました!
何が
日曜日の昼だったこともあり、家族連れのがたくさんいて賑やかな
スペースにド〜ンとビールのタンクが



ビッレリアだけあって、ビールは激安。
一番小さい0.2リットルは1ユーロ台。

伝統料理の他、一般的なプリモとセコンド、ピッツァもあり、これは子供から大人まで楽しめますわ〜。
店の名前がついたPiatto Pedavenaは、左上から時計回りに
・carre` di maiale
・crauti
・polenta
・goulash
・canederlo
・wurstel



ビール好き、カジュアル好きな方はぜひここへ!
体育館のような広い店内の中でも、タンクが並ぶ一番奥がおすすめです。

トレント話はまだ続く・・・

宮崎

ゴクッと1杯、クリック1回



Posted at 07:30 / 魅力ある町へのお出かけ / この記事のURL
コメント(2)
この記事のURL
https://yaplog.jp/perbacco/archive/1444
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

トレントはまだイタリア語が主体の地域ですが、ドイツ語も通じるでしょうね。
この地域に行くとイタリアっぽくない雰囲気に新鮮さを感じます!

宮崎
Posted by:ぐらっぱ亭さんへ at 2010年05月25日(火) 17:19

やはり何もかもドイツ風。メニューはすっかりドイツ。ドイツ語も普通に通じるんですかね。例えばカメリエーレなどは?行ったことがない地域だから興味津津です。
Posted by:ぐらっぱ亭­ at 2010年05月25日(火) 09:12

プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました











   
GMO MadiaHoldings, Inc.