ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

« トスカーナ土産 | Main | 文化週間・2008春 »
手土産の定番 / 2008年03月24日(月)
お友達のお家にお呼ばれした時に持っていく手土産のNO.1はワイン
次にドルチェ、そしてお花です。
(宮崎的)

6人くらいだったら、大きめのワンホールを1つ。



大人数だったら、一口サイズのMignon(ミニョン)をどっさりと。

 

ワンホールはキロ売りで、だいたい1kg25ユーロ前後。
ミニョンは1つ0,6ユーロ前後。
日本よりお高め???

ホール系で私の好みは、甘いカスタードクリームやチョコレート味より、さっぱりしたヨーグルトクリーム。
ミニョンは少しずついろいろな味が食べられるので、食べ過ぎの危険性ありです。
でも、たまにはいっか。

ドルチェはイタリア人にとっても手土産の定番で、日曜日の昼頃になると家の近くのPasticceria(お菓子屋さん)はお菓子を手にした人で賑わっています。
この間も、Pasticceriaの前はお菓子を買う人達の車でちょっとした交通渋滞が起こっていました。
「お菓子渋滞」です。
なんか可愛いこの渋滞。

宮崎


イタリアにも日本のようなケーキ屋さんが出来たら、
はやると思うんだけどな〜。
日本のケーキは見た目も味も芸術品だと思います。

今日もポチッとありがとうございます。


Posted at 08:10 / 食べ物 / この記事のURL
コメント(2)
この記事のURL
https://yaplog.jp/perbacco/archive/1007
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

こちらではワンホールいくらという売り方より、重さで料金を出す所が多いんですよ。
要は、同じケーキでも微妙に重さが違うんでしょうね。
イタリアらしい・・・。
日本のケーキは、Andyさんがおっしゃる通り持ち運びには大変ですよね。
きれいに出来ているから、箱を開けた時に崩れでもしていたら大ショック!!!(笑)
あ〜、私もなんだか甘い物が食べたくなってきました。

宮崎
Posted by:Andyさんへ at 2008年03月28日(金) 02:50

きゃ〜〜!!!
なんてステキな写真でしょ(目がハート)
え?ワンホールってキロ売りなんですか?
ビックリ・・・それも1kgもあるんですか〜
中身がぎっしりなんですね。
少しお高めのような気もしないでもないですが、有名パティシエのところのだったら、同じくらいかなぁ?
あ!でも私的にはミニョンの方が色々と楽しめるのでいいかも〜(って貰うのは私じゃないですね)
日本のは、芸術的過ぎるのは、持ち帰るのがかなり大変です(^^;
いかん・・・食べたくなって来ました(>_<)

「お菓子渋滞」と「ジェラート混雑」どっちもいいなぁ〜(^^)
Posted by:Andy at 2008年03月24日(月) 21:35

プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました











   
GMO MadiaHoldings, Inc.