鉄の島。まだ物語は三つ残っている。作品のタイミングとはどこでも構わない。

2007年03月20日(火) 22時48分
マンドレイクウサギコナグスリ

そう、みんなこの店の薬が良く効く事は知っているのです。
島民が毎晩集うのはさまざまな病のため。

喉の病、足の病、恋の病。
せわしなく働くウサギは本質の愛を知っていました。

蛙の兄弟はそのことを浅くは理解していました。

そして、いつかウサギの元で働きたいと考えていました。
二人揃って名医と呼ばれることが彼らの夢であり。(希望でもあった。)

切なさと、黒マジェシカ混ぜてごらん。
生まれだす、お前たちの適性はお前たちが決める。
揺らめいて、ざわめいて、人生には色々あるでしょう。
でも、二人とも意志をもっているなら私のところにおいで。
雇ってあげよう。

一度決めたなら、棄権は許されないよ。
いくつの道が途切れようと、その先を作りなさい。

蛙の兄弟はそのことも浅くは意識していました。

そして、その晩、彼らは夢を深く深く見ました。
二人揃って名医と呼ばれるうれしい夢でした。(願望でもあった。)

切なさと、黒マジェシカ混ぜてごらん。
生まれだす、お前たちの適性はお前たちが決める。
揺らめいて、ざわめいて、人生には色々あるでしょう。
でも、二人とも意志をもっているなら私と。

作ろう、総ては島民のため。二人のため。
おやすみ。
  • URL:https://yaplog.jp/peko-ayabie/archive/1364