死体

2007年03月20日(火) 22時42分
柔らかい鉱床、深海

手の異様に長い海老達がそろそろと起きました。
彼らは常に正確に仕事を行うのです。

灰色の塵が舞い散る空間、静けさ一つが纏め上げる。

長いまつげ、瞼を閉じている体が一つ。
彼女は常に緊迫した麗しきを保つのです。

掃除を熱心に行う彼らの努力によって保たれている。

「ある日、一匹は恋をしてしまったんだってさ。
全く動かない彼女を見て、美しいと思ったんだってさ。
憧れは憧れのまま。それは純粋なのかな。」

「僕は遠目に見るだけで何も出来ない。
それは海老と彼女の場合よりだいぶ恵まれているのだけど(彼女が反応する個体であるというだけでね)
いつもこの話を思い出して目を瞑る。深海に瞑る。」

長いまつげ、瞼は開いている体が一つ。
彼女は私とは違う平行時空にいるのでしょう。

平静を熱心に装う私の努力は気づかれるはずも無く。

ある日、彼は恋をしてしまったんだってさ。
さあ輝くばかりの彼女を見て、美しいと思ったんだってさ。
憧れは憧れのまま。それは純粋なのかな?
  • URL:https://yaplog.jp/peko-ayabie/archive/1361