ミーナの行進 小川洋子

October 30 [Tue], 2007, 21:43
ミーナの行進『ミーナの行進』小川洋子内容(「BOOK」データベースより)
2006年第42回谷崎潤一郎賞受賞作品
美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代に育まれたふたりの少女と、家族の物語。
 




 
 古き良き少女小説の系統に新たに加わる傑作。

 山陽新幹線開通、川端康成の自殺、ミュンヘンオリンピック、などの世相を織り込みながらも、読み心地はふわりと優しい匂いのする、お伽噺のような家族小説。全体を包み込む神聖な幸福感。読後感の非常によろしい小説でした。
が、少し不安を感じました。というか不満かな。

この作品には小川洋子作品の最大の魅力である、悪意や昏さがない。
いや、全く無いわけではないけれど、それがベースとして流れていない。

『博士の愛した数式』が好きな人には、同様に受け入れられる作品でしょう。私も大好きな世界観です。
ただ、小川洋子さんの、ちょっと危険な香りのする小説が好きな私にとっては、そっちの系統の作品も書いていって欲しいなあと思います。まあ、この作品は、児童文学ファンタジーとして、そういう部分をあえて排除したのかもしれません。少女小説としての完成度が素晴らしい。

とにかく、読了感がいい、疲れたとき幸福感を味わえる。素敵な逃避行のできる小説です。

TB:まっしろな気持ちさん
ナナメモさん
前携帯の日々さん
  • URL:https://yaplog.jp/peco0102/archive/130
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>>ましろさん
コメントありがとうございます。嬉しいです
私は冷静な評価は出来てないですねwただの感想です。いつかしたいですが。
この作品は私も好きなんですが、「博士の愛した数式」でメジャーになってそっち傾向ばかりになるかもと勝手に危惧しただけですw
多分そんな事にはならないでしょう、小川洋子という作家は。
November 05 [Mon], 2007, 21:11
こんばんは。先日はコメント&TBありがとうございました。
好きな作家さんの作品を冷静に評価されていて、
記事を拝見しながらとても感心しました。
小川さんの作品の危険な香り、わたしも大好きです。
というより、ファン過ぎてどれもこれも大好きなのですが…。
いつかわたしも冷静に記事を書いてみたい気がします。
November 05 [Mon], 2007, 19:49