うさぎドロップ

September 18 [Sun], 2011, 18:00
まわりを見渡せば、
世界は愛で溢れてるー。


レディースデーにK子ちゃんと一緒に『うさぎドロップ』を観てきました。
原作は途中迄(第1部)しか読んでいないのですが、深夜枠のアニメも観ていたし、何よりもあの松ケン(!)が主演なので絶対観たかったんですコレ・笑(松ケン目当てと思われても)

祖父の葬儀に出席するために帰省したダイキチ(松山ケンイチ)は、6歳の少女りん(芦田愛菜)と出会う。何と、りんは祖父の隠し子だというのだ。祖父亡き今、りんの処遇に戸惑う親戚たち。一応、彼女と血縁のある大人たちばかりなのに、誰もりんを引き取ろうとはせずに「施設に」という話が濃厚になる。りんを不憫に思ったダイキチは、正義感からか思わず「自分が引き取る!」と言ってしまうのだがー。かくして、子育て経験皆無の独身男と6歳の少女との共同生活が始まるのだが、それは予想もしていなかったことの連続だった!

「子供と動物にはかなわない」と言いますが、まさに愛菜ちゃんの可愛さ全開の作品でした。
松ケンがリアルにパパになる! というフィルターがかかっていたせいもあるのですが、愛菜ちゃんとのシーンはどれも眼差しが優しいですね。本当の子育てはわからないけれど「ああいうパパ、いいよね」と思ってしまう女性は多いのではないかなぁ。(一緒に行ったK子ちゃんもぞっこん。その後に「ちょっと色白だけど」と続いたので笑った)
原作を知っている分、設定の違う部分を比較しながら観てしまったので、そんなにどっぷりと浸りながら鑑賞できたわけではないのですが、「子供らしさ」というか、あの年齢独特の可愛さや仕草みたいなものは2時間の枠の中でよく出ていたと思います。片親での育児や仕事との両立などを考えたら、実際はこんなものではないのでしょうけれど、軽い気持ちで保護者役を買って出たダイキチの「子供を持つ」「育てる」ということへの責任の変化も良かったですよ◎(最初は、松ケンと香里菜の妄想ダンスシーンにびっくりしたけれど…スゴイ演出…原作設定だと2時間は無理かなー)
そして松ケンと愛菜ちゃんばかりに目が行きがちだけれど、周りを固める共演陣も豪華で驚きました!まさにキャッチコピー通り「まわりを見渡せば、世界は愛で溢れてる」作品です。基本的に悪い人が出て来ないので「ファンタジー」と言われてしまえばそれまでですが、ほんわかしたい人にはおすすめかな。続編は期待しない(←え゛)けれど。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback

» 映画:うさぎドロップ




 去年の夏頃公開された映画ですが、DVD発売直前に劇場で見てきました。と言うわけで今回の作品は2本だての1作目、
うさぎドロップです。

よしなしごと  February 19 [Sun], 2012, 8:34

» うさぎドロップ

《うさぎドロップ》 2011年 日本映画 27歳独身のダイキチは、なりゆきでおじ

Diarydiary!   October 08 [Sat], 2011, 22:16

» 『うさぎドロップ』・・・原作前半のダイジェスト的な印象

映画化の話を聞くまで全く知らなかった原作コミックの存在。最近になって映画館配布の小冊子にて試し読みしたその第1話にたちまち惹かれてしまい、気付けば全9巻まとめて大人買いというにわか「うさドロ」ファンの私。
やはり5巻以降で描かれる10年後のストーリー(予備知識ナシで5巻の表紙を見たときはタマゲタ)があってこその「うさドロ」だと思うのだが、本作はその序盤、まずは大吉に引き取られることになったりんの保育園時代のお話。

SOARのパストラーレ♪  October 07 [Fri], 2011, 0:05

» うさぎドロップ

宇仁田ゆみ著の原作コミックを松山ケンイチ&芦田愛菜主演で映画化した作品です。 この二人が縁側に並んだチラシを観た時から、観たい〜!と思っていました。 二人のクルクル変わる表情と元気な演技に、心がほっこりとするような物語でした。

とりあえず、コメントです  October 05 [Wed], 2011, 8:58

» うさぎドロップ(2011-066)

27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、
祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。
彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、
何と彼女は祖父の隠し子だということで
親族一同がパニ...

単館系  October 04 [Tue], 2011, 23:19

» 2011年7月12日 『うさぎドロップ』 ヤクルトホール

今日は、『うさぎドロップ』 を試写会で鑑賞です。

これは 超お勧め

【ストーリー】
 27歳独身のダイキチ(松山ケンイチ)は、祖父の葬式に出席するため久しぶりに帰省する。彼はその席で6歳の少女りん(芦田愛菜)に目を留めるが、何と彼女は祖父の隠し子だということで親族一同がパニックに陥ってしまう。ダイキチは施設に入れられそうになっていたりんをふびんに思い、つい自分が彼女を引き取って育てると言ってしまい……。


やっと夏映画でお勧めがキターーーーー

芦田愛菜ちゃんを期待して観たのですが、彼女よりも松ケンがなかなかいいですね
この前の『マイ・バック・ページ』は演技が板についてなくて、大げさな感じがして嫌だったんですが、
この作品の松ケンは肩の力が抜けていい感じでしたね。
もちろん芦田愛菜ちゃんもいいですよ。
子供引き取るということは楽なことではない。
分かっちゃいるけど、子供を見離して施設には入れられない、
そんな優しい男と子供の話です。
既定路線の話で進みますが、自然と泣けていい感じです。
泣かせようという意図でない所で泣いた気がします

脇を固める俳優の方もいい感じではまり役です

夏が終わる頃公開です...

気ままな映画生活  October 04 [Tue], 2011, 23:15

» 「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから

芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら

はらやんの映画徒然草  October 04 [Tue], 2011, 22:14

» うさぎドロップ

『うさぎドロップ』@ヤクルトホール。
今回で最後という、ぴあの三連夜試写会二日目で鑑賞。
雑誌が終わるからといって三連夜試写会までやめることないのに。
意味わかんない。

あーうぃ だにぇっと  October 04 [Tue], 2011, 21:45

» うさぎドロップ

うさぎドロップ
★★★☆☆(★3つ)



この作品、何回か試写会の応募に外れてしまっていて諦めていたのですが、滑り込みで当たりました!

そして、事前告知はなかったのですが、松ケンと芦田愛菜ちゃん、SABU監督の舞台挨拶がありました!
はがきの終了予定時刻が遅かったので、なんでだろうと思っていたのですが、会場に沢山のマスコミが来ていて「もしや・・・」と(笑)

愛菜ちゃんの浴衣姿かわいかったです


内容は、気軽に観れる、笑いあり涙ありのドタバタ(?)コメディ。楽しい作品になっています。まぁ「愛菜ちゃんすごいな」っていうのが1番にきちゃうのですが。泣きと笑いと無表情と。

松ケンの「デトロイト・メタル・シティ」ようなコメディ役がなかなかはまってます

ドタバタコメディなので、細かいことはいいんです!!(笑)

何気にPAFFYの主題歌が良いと思ってしまった。
「女の子って強いね だけど時々弱いね〜♪」...

食はすべての源なり。  October 04 [Tue], 2011, 20:38

» 『うさぎドロップ』 ('11初鑑賞115・劇場)




☆☆☆−− (10段階評価で 6)
8月20日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:05の回を鑑賞。

みはいる・BのB  October 04 [Tue], 2011, 20:24

» 映画「うさぎドロップ」

先月の話になりますが、映画「うさぎドロップ」を鑑賞しました。

FREE TIME  October 04 [Tue], 2011, 20:11

» うさぎドロップ

【うさぎドロップ】 ★★★☆  映画(43)ストーリー 27歳の河地ダイキチ(松山 ケンイチ)は、会社では部下からの信頼も厚い働き盛りの独身

りらの感想日記♪  October 04 [Tue], 2011, 19:46

» 映画『うさぎドロップ』

松ケンファンの私はずいぶん前から楽しみにしてました、この作品。

普通の会社員ダイキチは祖父の葬儀で、
祖父の隠し子だという6歳のりんを預かることになってしまう。
子育て経験のない独身の青年が育...

よくばりアンテナ  October 04 [Tue], 2011, 19:29

» ■映画『うさぎドロップ』

松山ケンイチと芦田愛菜が急ごしらえの親子になっていく様子を描く映画、『うさぎドロップ』。

宇仁田ゆみの人気コミックスを映画化した作品ですが、普段はオトコくさい作品ばかりを手がけているSABU監督の作品だけあって、スウィートでキュートなだけではない作品に仕上がって

» うさぎドロップ

宇仁田ゆみ原作の人気コミックを『蟹工船』のSABU監督が実写映画化。祖父の隠し子を引き取って育てることになった主人公が四苦八苦しながらも親になることの意味を悟ってゆくハートフルドラマだ。主演は『GANTZ』、『ノルウェイの森』の松山ケンイチとドラマ「マルモのおきて」が大ヒットし、今ノリにノッている芦田愛菜。共演に香里奈、桐谷美玲、中村梅雀、風吹ジュンらが出演している。

LOVE Cinemas 調布  September 18 [Sun], 2011, 20:50
P R
♪お知らせ♪
●現在、livedoor、exblogへのトラックバックが不安定です!(原因不明…何故かはねられちゃう場合アリ) TBいただくばかりでお返しできないかもしれません。すみません●
●スパムが多いので、コメントは承認制にさせていただきます。記事と関係のないコメント・宣伝の類いは削除させていただきますね。ご了承ください●
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
♪プロフィール♪
●HN●hama
●趣味●映画・テレビ・お絵描き・読む・聴く・旅・つくる・食べる!!!
●最近は…●早く涼しくならないかなー

♪Yapme!一覧♪
読者になる
♪最新コメント♪
hama
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
Ramyy*
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
hama
» PASTA KITCHEN (2011年07月28日)
K子
» PASTA KITCHEN (2011年07月27日)
ピコ 敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月07日)
アムール敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月04日)
hama
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
kiala
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
♪何かありましたら…↓♪

TITLE


MESSAGE


Google
ブログ内検索
ウェブ全体から検索

♪過去記事♪
https://yaplog.jp/peacediary/index1_0.rdf
blogram投票ボタン
↑投票ボタン