クリスマス・キャロル

November 25 [Wed], 2009, 18:35
- ディズニーが完全映画化! -

一週間前なのですが…
レディースデーに、ディズニーの『クリスマス・キャロル』を観てきました!
どうしても‘字幕版’で観たかったので、レイトショーに1人で鑑賞。(地元のワーナー・マイカルでは、字幕版はレイトショーのみの上映なのです)
先週は、本当は遊びに行く余裕なんてなかったんですけれど…家で1人で作業(例のアルバム)をしていると行き詰まっちゃって〜…「ここまで作業したら●を食べる!」とか「ここまで進めたら映画に行く!!」等々、‘自分にご褒美’をチラつかせつつ、何とか一週間を乗り切りました! …馬にニンジン、hamaちゃんにゴラク・笑!!
14日から公開なのですが、最初の水曜日(平日)・レイトショーということもあってか、とても空いていましたね〜。(観やすかったけど)
通常版での鑑賞でしたが「コレは3D版の方が雰囲気があって楽しいかも!!」と思うくらい、クリスマスムード満点のディズニー作品でしたよ♪
彼の名はスクルージ-金がすべての嫌われ者。
あるクリスマス・イヴの夜
彼の人生を変える史上最悪のプレゼントが届く。
それは、過去、現在、未来の亡霊たち…。〜チラシより〜


舞台は不況にあえぐロンドン。ひとりの男が3人の亡霊に導かれて、見失ってしまった自分の「心」を取り戻す-というディケンズ原作の「クリスマス・キャロル」- 何度も映画化されているので、物語そのものは知っていたのですが、ディズニーが映像化するとこんなにリアル感たっぷりになるんだ〜、とちょっと感心しながら鑑賞。(絵柄とか、完全に‘大人向け’でした)
亡霊に連れられてロンドン上空を飛ぶシーンは、TDLの「ピーターパン」を彷佛とさせてウズウズしてしまいました・笑
私はもともとTDL好きなので、そういうアトラクションに乗っているかのような感覚で楽しめたのですが、こういう感覚って、受け付けない人には全くダメかもしれません

3D版は通常料金よりも割高なので、きちんと観たことがないのですが(先日の 『戦慄迷宮 フッテージ上映』が唯一の映画かも) この作品に限っては「3D版が観たいなぁ〜」と心底思いました。特に「飛ぶ」シーンで。
…その願いが通じたのか
12月5日からワーナー・マイカルでは「通常料金+300円」で3D版が観られるようになるそうです。つまり映画の日やレディースデーだったら、1300円で鑑賞できるとのこと。今迄は、3D版は割引きどころか、サービスデーですら割増料金だったのにね。スゴイ!! このサービスは大変嬉しいです!
…と、話がそれてしまいましたが、スクルージ役のジム・キャリー(なんと、1人で7役に挑戦!)をはじめ、ゲイリー・オールドマン(彼も3役!)、ロビン・ライト・ペン、ボブ・ホプキンス等の演技派俳優の声もしっかりと合っていたように思います。スクルージが時折見せるリアクションはジムそのものでしたしね・笑
時間があったら、3D版にも足を運びたいと思いました。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

えいさん

こんばんわ〜♪
多分、ワーナー全館だと思われます…結構、大きなポスターで宣伝してたので
3Dの評判、本当にいいですよねぇ。私も観たい! てきれば字幕版で!!(どうして3D
は吹替版しかやっていないんでしょうねぇ…もったいない〜!)

by hama December 01 [Tue], 2009, 0:47

こんにちは。

いい情報をありがとうございます。
うちの近くのワーナーマイカルもそうなのかな。
ぼくも2Dだったので3Dで、もう一回観たいです。
3Dの評判、すこぶるいいですし…。

by えい November 29 [Sun], 2009, 11:48
Trackback

» 映画:Disney’s クリスマス・キャロル




> 昨年2009年のクリスマスにDisney’s クリスマス・キャロルを観てきました。
 記事にするのが年越しになってしまいました・・・。年を越しちゃうと正直記事にする気力が・・・。なのでちょっと手抜き記事になっちゃうかも知れませんがご了承のほどを。

よしなしごと  January 03 [Sun], 2010, 20:20

» [遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を...

☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^

   ◇

 タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;

 素晴らしかったです。

 物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧に描いていけば、同じくクリスマスシーズンが舞台となる『忠臣蔵』と同じく、外れのない出来となるでしょう。

 CGでデフォルメされているとは言え、主演のジム・キャリーの動き・表情を見事に捉えていることに代表できる画像取り込みの演出は繊細で、

 19世紀のロンドン、クリスマスシーズンの風俗を生き生きと映し出している描写も見事。

 老人が主人公なので、本来は「静」の映像かつ、子供にはやや退屈な道徳話になるはずなのに、非常にうまく恐怖とスピード感を加え、「動」の3Dアクションをふんだんに盛り込んでくれていて、子供も楽しめる出来だ。

 また、私は、その「静」の3D映像表現に、実に魅了された。

 スクルージの動きの微妙な立体表現が素晴らしい。

 今まで観た3D作品では、ダントツの出来だろう。

 ロバート・ゼメキス監督は、いい仕事をしたと思う。

   ...

» クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり>

観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...

HAPPYMANIA  December 05 [Sat], 2009, 1:33

» Disney'sクリスマス・キャロル

名作クリスマス・キャロルをデジタル映像が得意なロバート・ゼメキスが映画化した作品です。 初めての3D版で観てきました! 美しくてファンタジックな映像がとっても楽しかったです(^^)

とりあえず、コメントです  November 29 [Sun], 2009, 21:17

» 『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福...

あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物語である。

SOARのパストラーレ♪  November 29 [Sun], 2009, 20:08

» 『Disney's クリスマス・キャロル』

-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。
この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、
フォーンもこっそり観てきたのニャ。
監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや
『フォレスト・ガンプ/一期一会』の監督だよね?
って、こう聞いたら、
「うん。でも最近は
『ポーラー・エクスプレス』や『ベオウルフー呪われし勇者ー』など、
CGによるユニークな世界を作っているんだ」だって。
そのユニークという意味がよく分からず、
フォーンはもう少し掘り下げて聞いてみたのニャ。
で、分かったのは、それって
パフォーマンス・キャプチャーという、
俳優の演技をデジタル的に採り込む手法のこと。
で、原作のチャールズ・ディケンズの描きだす古都ロンドンの世界が
それに向いていたのか、
今回がいちばん、うまくいっている気がするとも言っていた。
内容は、誰でも知っているから改めて言うまでもないよね。
映画にも何回もなっているし…。
最近ではビル・マーレイ主演『3人のゴースト』かな。
自分の金銭欲を満たすためだけに生きる、
街一番の嫌われ者スクルージ。
彼のもとに、あるクリスマ...

ラムの大通り  November 29 [Sun], 2009, 11:46

» Disney'sクリスマス・キャロル

《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 − 原題 −

Diarydiary!  November 28 [Sat], 2009, 21:10

» ★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★

ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的...

CinemaCollection  November 28 [Sat], 2009, 20:50

» 「Disney's クリスマス・キャロル」

JUGEMテーマ:映画 

芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみだったので…)映像体験としてはまるでアトラクションのノリでした。ディズニーという冠はついていますが、ロバート・ゼメキス色が強く、子供向けというよりは現実の醜さや儚さも目をそらさず描いており、より幅広い年齢を意識していると感じました。(描写も少し暗いので、吹き替え版だったとしても子供には少しつらいかな?)ジム・キャリーは主人公スクルージをはじめ、3人のクリスマスの精霊とスクルージの子供時代から現在まで7通りの役をこなす活躍でした。これまで3人の精霊がスクルージ自身の分霊だと考えたことはなかったのですが、今回初めて「そういう見方もできるかな…」と思いました。ストーリーとしてはすっかりおなじみの「クリスマス・キャロル」クリスマスが人の心にもたらす温かさを味わえる良作でした。エンドロールで流れるアンドレア・ボチェッリの歌も素晴らしかったです。彼は今年クリスマスアルバムを出すとのことで早速チェックしてみました。「God Ble...

ハピネス道  November 28 [Sat], 2009, 17:48

» Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版

チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリア

とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  November 28 [Sat], 2009, 15:34

» 映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版...

監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ

erabu  November 28 [Sat], 2009, 7:07

» Disney''s クリスマス・キャロル (2D)

ええ話しやぁ
でも、ちょっと退屈
2Dだど画像がありきたり。3Dで見るべきですね


こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。

クリスマス・キャロルと言えば、19世紀のイギリスに居た文豪「チャールズ・ディケンズ」の作品です。クリスマスに関連した物語の中では非常に有名なものの1つで、今まで何度も映画化されています。

今さっき知ったばかりですが。

さて、この作品、主役はジム・キャリーが声を当てています。主人公の「スクルージ」は、ロンドンに住むひとりよがりで偏狭な金貸しで、目つきは...

Ki-Tsu-Neの祠 R  November 28 [Sat], 2009, 7:03

» Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol

レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル






」を鑑賞。






スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。






スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。

いい加減社長の日記  November 28 [Sat], 2009, 6:35

» 劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」

クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...

日々“是”精進!  November 28 [Sat], 2009, 6:04

» 『Disney'sクリスマス・キャロル』(2009)/アメリカ

原題:ACHRISTMASCAROL原作:チャールズ・ディケンズ監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファ...

NiceOne!!  November 28 [Sat], 2009, 4:18

» Disney's クリスマス・キャロル

映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想

yanajunのイラスト・まんが道  November 28 [Sat], 2009, 2:14

» 「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽...

「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★
ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演
ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい←


「日本人でも聞いたことある
クリスマスの童話、
人に優しくしようという、しごく健全な
道徳的なお話、今更とも思ったが
3Dがどんなもんか引かれて劇場へ」


3Dメガネは薄暗い、
時々ずらしてスクリーンを見ると
すごくきれいな空の青がぼんやりとした
曇り空みたいに見えることも。

まあこいうのは慣れだろう、
今年はこの3Dメガネはこれで3回目、
効果を一番感じたのは「ファイナル・デッドサーキット」だった、
血しぶきは飛んでくるし、
爆発の破片を避けたこともある。

で、この映画では奥行きや
複数の人間が手前や後ろに居ることが
本当に立体的にクリアに見えて、
メガネを外すとにじんだ画面に
技術ってすごいなと関心しきり。


ジム・キャリーの...

soramove  November 27 [Fri], 2009, 7:24

» Disney's クリスマス・キャロル

チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといった豪華俳優陣がキャスティングされている。特にジム・キャリーは1人7役の大活躍だ。

LOVE Cinemas 調布  November 25 [Wed], 2009, 21:41
P R
♪お知らせ♪
●現在、livedoor、exblogへのトラックバックが不安定です!(原因不明…何故かはねられちゃう場合アリ) TBいただくばかりでお返しできないかもしれません。すみません●
●スパムが多いので、コメントは承認制にさせていただきます。記事と関係のないコメント・宣伝の類いは削除させていただきますね。ご了承ください●
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
♪プロフィール♪
●HN●hama
●趣味●映画・テレビ・お絵描き・読む・聴く・旅・つくる・食べる!!!
●最近は…●早く涼しくならないかなー

♪Yapme!一覧♪
読者になる
♪最新コメント♪
hama
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
Ramyy*
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
hama
» PASTA KITCHEN (2011年07月28日)
K子
» PASTA KITCHEN (2011年07月27日)
ピコ 敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月07日)
アムール敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月04日)
hama
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
kiala
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
♪何かありましたら…↓♪

TITLE


MESSAGE


Google
ブログ内検索
ウェブ全体から検索

♪過去記事♪
https://yaplog.jp/peacediary/index1_0.rdf
blogram投票ボタン
↑投票ボタン