カムイ外伝

October 01 [Thu], 2009, 22:42
- 生き抜け!-

『カムイ外伝』を観てきました。
伝説のベストセラーコミック衝撃の映画化! 日本映画最高のスタッフとキャストによる超大作! …と宣伝しまくりですが、原作は未読のワタシ…えぇそうです! 松ケン目当てで観てきました・笑
色々な方のレビュー評価があまり高くなかったので(グロいとか書いてあったし)一瞬「どうしようかな〜?」とひるんだのですが、公開前に旦那に「これ観るの〜?」と聞かれ「ケンイチくんよ! (当然じゃん! ←というニュアンスを含む・笑)」と豪語し、更に「頑張ってね」と言われた手前…「応援されたからには行けねばな!」と、1人で映画館へ。時間帯が微妙だったせいか、ものすごく空いていました。(250席くらいのスクリーンなのに、観客は10人程…寂しい〜)
十七世紀、日本
貧しい村で、ひとりの男がこの世に生を受けた
男の名はカムイ
理不尽な階級社会の最下層で少年はたくましく育った
カムイの願いはただひとつ。
強くなること…
それは、人間として生きること-


貧しさ故に忍者となるが、忍者界の掟に嫌気がさし「真の自由」を求めて忍びの世界から抜け出したカムイ。「抜け忍」となった者は「裏切り者」として一生、追ってと戦う運命なのに…それでも求めたかった「自由」とは一体何なのか?
冒頭のナレーションを聞いただけで、物悲しくなる設定ですけど…CGとかワイヤーアクションとか、ツッこめそうなところは全部置いておいて!…ストーリー的にはとても分かりやすいです。貧しいが故に忍びにならなくてはいけなかったカムイの気持ちが、松ケンからヒシヒシと伝わってきましたよ。(中盤のナレーションは、いらなくてもいいくらいでした。演技で十分伝わる気が…山崎努さんの声は素敵ですけれど)
松ケン目当ての鑑賞でしたが、芦名星さんの演技にも注目! あまりの変貌ぶりに最初は誰だかわからなかったのよね…すごくいい意味で裏切られましたよ。その他、伊藤英明さん(海の男、似合う〜! さすがは『海猿』←ワタシはコレで泣きました・笑) や大後寿々花ちゃん(ちょっとだけジェラシー…小雪さんよりも・笑) 松ケンはね〜、年上の女性が似合うよ〜・笑 小林薫さんや佐藤浩市さんetc.本当に豪華な俳優陣でした。
「百分は一見にしかず」ですかね。ちょっとでも気になっているのなら、観る方をオススメします。特に松ケンファンはね・笑
(脚本にクドカンが入ってたのね…手品シーンはそういうことなのかなぁ・笑?)
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

ケントさん

こちらこそTB & コメントをありがとうございました!
酷評されている程、悪いとは思いませんでしたよ。
CGやアクションは、気になって仕方がない方もいるかもしれませんが…それは逆に、その人の好みを押し付けているだけのような気もします。ひとつのことばかりを突いて「あれもこれも」とあら探しをするのではなく、他の良い面も探して欲しいな〜と思いました。
またお邪魔させていただきます!

by hama October 02 [Fri], 2009, 23:16

hamaさん、TB&コメントありがとうございます。
酷評の中、女性一人で観にいかれて、まずまずだったとのご意見。もの凄く嬉しいですね。でも観客が少なかったのですね。やはり酷評のせいでしょうかね。そこそこ楽しい映画だったと思うのですが・・・。
確かにナレーションは少しくどかったですね。クドカンだからでしょうか(汗)
今後ともよろしくお願いします。
ではまた。

by ケント October 02 [Fri], 2009, 13:23
Trackback

» 映画:カムイ外伝




 映画ブログのクセして一ヶ月ぶりの映画の記事です(汗)。最近、見たい映画がなかったもので・・・。と言うわけで久々の映画記事はカムイ外伝です。

よしなしごと  October 22 [Thu], 2009, 2:37

» 「カムイ外伝」鑑賞

白土三平の漫画の凄さを再確認!!映画はそれなりに楽しめたが・・何の深みもない。リゾート地みたいな黄色い砂に青い海、木下工務店製らしき粗末なはずなのにいやに頑丈そうな漁師小屋、薄っぺらい馬鹿殿と愛妾の扱い、ありえないへっぴり腰のくの一、あざとく煩いCGテ...

帰ってきた二次元に愛をこめて☆  October 22 [Thu], 2009, 0:15

» 「カムイ外伝」 酷い、酷すぎる

「酷い、酷すぎる」 これは劇中で惨殺された村人たちを前にカムイがつぶやいた台詞で

はらやんの映画徒然草  October 17 [Sat], 2009, 7:17

» 「カムイ外伝」ストーリーが脆弱、CGはちゃっちい部分多し。

「カムイ外伝」★★★
松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花主演
崔洋一監督、120分、2008年、2009-09-19公開



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい←



「忍びの世界で育ったカムイは
理不尽な殺戮や厳しい掟に縛られた忍びの暮らしを
自ら捨てるが、それは裏切り者として追われる日々の始まり、
器用な松山ケンイチがカムイになりきってます」


何で、イーキン・チェンが口パクで出てるんだ?
それが気になった、
それから素早い動きなどは「忍び」の特質として
面白く見たが、チャチなお城(子供が作ったみたいだ)や
いかにも合成です!って感じの映像が
ストーリーをぶち壊してる。

脚本は宮藤官九郎ということで注目していたが、
別に「らしさ」は全然感じなかった、
それだけ手慣れてきたのかもしれないが、
だったらクドカンで無くてもいいだろうし、
セリフで恥ずかしいいくつかは、疑問だった。


悪くはないけど全体的に70点には届かない
60点あたりという感じ、
なんかあとちょっとどこかが良くな...

soramove  October 11 [Sun], 2009, 18:20

» カムイ外伝

松ケンはホントすごくて、見事にカムイでした。舞台挨拶後の鑑賞でしたがまるで別人のようでした。衣装やヘアメイクが素晴らしかったです。女優さんでさえ薄汚れた感じがナチュラルでよかったです。個人的に超注目株なのに、あんまりスクリーンで見かけない大後寿々花ちゃんが素晴らしく熱演していて可愛かったです。ただ2人が並ぶとつい『セクシーボイスアンドロボ』を思い出してしまって(笑)サヤカのわかりやすすぎる積極的な恋心に対して今まで周りが敵ばかりだったカムイが、想われ必要とされたことで見えてくる人への想いが可愛かったです。「サヤカ」って呼ぶ声がすごく色っぽくて好きです。悲しい結末だったけどちゃんと気持ちが見えて素敵なシーンでした。小雪さんはもっと主役に並ぶ役かと思いきや『ラスト・ブラッド』に引き続き中途半端なポジションでした(苦笑)いったい何歳から何歳の役だったんでしょうか?カムイがわっぱの頃から大人だったし、大きい子供いるし。。。それよりアンナちゃん…不思議なキャスティングだなぁなんでアンナちゃんなんだろうって感じ。とにかく気になったのは合成のチープさ。。。今時あんなバレバレな合成珍しいと思うので...

MOVIE COMPLEX  October 06 [Tue], 2009, 16:18

» カムイ外伝

《カムイ外伝》 2009年 日本映画 忍びとして生きてきたカムイ、その世界を抜け

Diarydiary!  October 03 [Sat], 2009, 20:30

» 劇場鑑賞「カムイ外伝」

 「カムイ外伝」を鑑賞してきました白土三平の伝説的傑作漫画を「血と骨」の崔洋一監督が「DEATHNOTE デスノート」「デトロイト・メタル・シティ」の松山ケンイチ主演で実写映画化したアクション時代劇。原作の中の『スガルの島』編を基に、抜忍として孤独な逃亡の旅を...

日々“是”精進!  October 03 [Sat], 2009, 20:14

» 映画「カムイ外伝」@よみうりホール

 客入りは8?9割ほど。映画上映前にサプライズゲストとして崔洋一監督とアクション監督を務めた谷垣健治さんの舞台挨拶があった。「ジョン・レノン/パワー・トゥ・ザ・ピープル」のBGMが流れ会場からは自然と手拍子が鳴り出して崔監督が舞台に登壇した。当日は全国...

masalaの辛口映画館  October 03 [Sat], 2009, 20:01

» 『カムイ外伝』

----やっとこの映画のお話だね。
ずいぶん長い間、喋らなかったけどその意味ってあるの?
「どう言ったらいいのか、
日が経つにつれて、何から話していいか難しくって。
逆に言うと、一言で終わるんだけどね。
それはオモシロいってこと。
この映画には崔洋一監督ならではの
エネルギッシュな映画の魅力が詰まっている。
ただ、それは泥臭くて垢ぬけてはいない。
だからいまの映画を観なれた人にはどうかな?っていうのもあるけどね。
たとえば、CGだのワイヤーアクションだの、
そのレベルとかを話し出すと、
おそらく不満もいろいろと出てくると思う。
でも、それらをカバーするだけの熱さと言うか勢いが
映画そのものにあるんだ」
----確か、これってケガ人続出で
そのひとり、菊池凛子は小雪に変わったんだよね。
「そう。小雪は
あの『ラスト・ブラッド』
ではCG多様で
アクションが全く生かされていなかったけど、
ここでは、アクションもいけることを証明して見せた。
物語の方は、有名な白土三平の漫画。
何度か中断されては続いている中から、
「スガルの島」編を原作にしている。
だから、いつものようにここではストーリーがどうのこうの言うのは意味ない。
物...

ラムの大通り  October 03 [Sat], 2009, 17:58

» 【カムイ外伝】

監督:崔洋一
出演:松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、小林薫、土屋アンナ、佐藤浩市

   カムイは闘う。ただ生き抜くために−。


「忍から抜けた抜け忍、追われるカムイは将軍の馬の足を切り落とした男半兵衛を追って男の村に流れ着いた。そこには

日々のつぶやき  October 02 [Fri], 2009, 17:42

» カムイ外伝 酷評を吹き飛ばせ

★★★☆  私は白土三平の熱狂的ファンであり、白土作品とは約50年に亘るお付き合いである。もちろん貸本時代の作品も含めて、白土作品の殆どが私の蔵書に連なっている。 白土作品の中でも最高峰で、未だに末完の作品といえば『カムイ伝』である。こちらは江戸時代の身分

ケントのたそがれ劇場  October 02 [Fri], 2009, 13:11

» カムイ外伝

抜忍(ぬけにん:忍びを抜けた裏切り者)として、追忍(ついにん:追っ手の忍者)から逃げ続けている剣の達人カムイは、藩主の馬を襲った半兵衛という漁師を助けたことから漁村に身を寄せる。 半兵衛の妻はかつての仲間で抜忍となった“くノ一(くのいち)”のスガルだった。 初めて人の温かさを知るカムイだったが、密告により半兵衛が捕らえられてしまう…。 アクション時代劇。

象のロケット  October 02 [Fri], 2009, 7:49

» カムイ外伝

白土三平の同名漫画が原作。抜忍カムイの孤独な逃亡を描いたアクション時代劇です。主演は『ウルトラミラクルラブストーリー』の松山ケンイチ、共演に『ラスト・ブラッド』の小雪、『252 生存者あり』の伊藤英明、『女の子ものがたり』の大後寿々花、小林薫、佐藤浩市といった多彩な顔ぶれが揃う。監督は崔洋一、脚本が宮藤官九郎というこちらもまた豪華な布陣。この秋『TAJOMARU』と並ぶ若手主演の大型時代劇です。

LOVE Cinemas 調布  October 01 [Thu], 2009, 23:06
P R
♪お知らせ♪
●現在、livedoor、exblogへのトラックバックが不安定です!(原因不明…何故かはねられちゃう場合アリ) TBいただくばかりでお返しできないかもしれません。すみません●
●スパムが多いので、コメントは承認制にさせていただきます。記事と関係のないコメント・宣伝の類いは削除させていただきますね。ご了承ください●
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
♪プロフィール♪
●HN●hama
●趣味●映画・テレビ・お絵描き・読む・聴く・旅・つくる・食べる!!!
●最近は…●早く涼しくならないかなー

♪Yapme!一覧♪
読者になる
♪最新コメント♪
hama
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
Ramyy*
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
hama
» PASTA KITCHEN (2011年07月28日)
K子
» PASTA KITCHEN (2011年07月27日)
ピコ 敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月07日)
アムール敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月04日)
hama
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
kiala
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
♪何かありましたら…↓♪

TITLE


MESSAGE


Google
ブログ内検索
ウェブ全体から検索

♪過去記事♪
https://yaplog.jp/peacediary/index1_0.rdf
blogram投票ボタン
↑投票ボタン