宇宙(そら)へ。

August 22 [Sat], 2009, 15:05
- 幾多の尊い命が、その栄光を支えた。-

初日と2日目だけワンコイン(一律500円)で鑑賞できるキャンペーンを実施中! ということで、公開初日の昨日、レイトショーで『宇宙(そら)へ。』を観てきました。
今年で設立50年を迎えたNASA。その設立当初からのプロジェクトフィルムを、イギリスのBBCがドキュメンタリー作品に仕上げたそうです。
記録映画なので、Discovery Channelみたいな雰囲気かなぁ〜と思いつつも「500円」という金額と「NASAのオリジナルフィルムに史上初めてアクセス」という文句に引かれての鑑賞です。
…映画の感想とは別に「夏休みの映画館」を実感した夜でした・笑
NASA設立から50年、人類初の月面着陸に成功してから40年 - 。挫折と成功を繰り返しながら、人類は宇宙へと旅立ってきた。これは、NASA50年間の壮絶な挑戦の記録である-。

本当にドキュメンタリーでした・笑 ←最初からそう言っている
人類が宇宙へ飛び出し、月を目指し、月に着陸し…という歴史が淡々と綴られています。NASAの話なので、ソ連のことについてはほとんど触れられていませんでしたが。
映像は当時の16mmフィルムなので時代を感じますが、SF映画のCGのようにキレイでない分、真実味はあるように思いましたよ。ただ時折、どこかで観たような、どこかで聞いたようなエピソードを繋げているように思えてしまって(結構、情報番組等で取り上げられているので)、淡々とし過ぎているように感じてしまった部分も…。「歴史モノ」としては面白かったけどね!(「秘蔵映像」と聞いたので、新しいエピソードが付け加えられているのかと…期待しすぎたか・笑)
個人的には「500円ならOKかな」と思ったのですが、旦那的には物足りなかったようです。夏休み中なので「宇宙のこと」「NASAのこと」に興味のある人が観れば勉強になるかも!? (あ、でも、淡々としているので子供は飽きる or 字幕版だと理解できないかもねぇ…)
それよりも。
実は今回、周りのお客さんの態度に、吃驚するエピソードがたくさんありすぎて困ってしまうことが多かったのですよ〜(映画の内容も知っていることばかりだったのでイマイチ集中力に欠けてしまった…)

・イビキかいてる人
 寝ててもいいけど、イビキはやめて〜! ツマンナイなら帰って!
・ポテトチップ食べてる人
 いくらBBC制作とはいえ、家でTV観ているんじゃないんだからサ!! すごく真剣な場面でパリパリガサガサと音がするのはすごく迷惑でした。チューハイも持ち込んでるし〜。ちゃんと映画館でポップコーンを買ってね!
・席を間違えた人
 これは3列くらい前の席で起こったことなのですが…「全席指定」のはずなのに、あるカップルがその席に行くと1席しか空いていない…座っている人に確認すると、頑として自分の席だと言い張り、カップルは離れて座るはめに。…デートなのに!! (私の列、その番号の席が空いてましたけど、もしや…?)

映画館の帰り道は、映画の内容よりも「周り」の珍事の話で盛り上がってしまいました〜。(失笑)
帰宅後、録画していた『20世紀少年-第1章-』を観たのですが、宇宙に対しての憧憬は、コチラの方が響くものがありました。『20世紀少年』おもしろいですね! 原作が読みたいなぁ。
と、そんな感じで、今回は多少辛口(?)な感想になってしまいましたけれど、映画館での鑑賞マナーを改めて考えさせられましたね。公共の場での何気ない態度、気をつけたいものです。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

チャンティ!

そうなのよ。これが普通の値段だったら…
私は、ポテトチップスの人が一番気になりました。よっぽど注意しようかと思ったんだけれど…(←小心者)

by hama August 23 [Sun], 2009, 19:52

あっぷるさん

「キャデラックレコード」観たんですね〜。
ビヨンセが気になってます。ちょっと観たい!
「宇宙へ」はワンコインで正解かも。Discovery Channelの宇宙番組とか観ている人には、ちょっと物足りない感じでした。大画面は迫力あるけど…。
といいつつも、私は「周り」が気になって、画面に集中できなかったんだけどね
貧乏ゆすりも気になるね! 多分、本人には自覚がないのかもしれないけど。(たまに、両方の肘掛けをとられてしまって悲しい時もあるね…)
空いている映画館で観たいけれど、話題作だとなかなか難しいよね。

by hama August 23 [Sun], 2009, 19:48

映画の鑑賞マナー、人それぞれですね〜(笑)
私は、一番イビキの人が気になるかも
でも、500円の映画で良かったですね。
これが、普通の値段ならば...

by チャンティ August 23 [Sun], 2009, 0:31

ワンコインの日に見に行きたかったなー
テレビで見るより迫力がありそう。
「20世紀少年」も録画しました。
原作読んでみたいよね〜

私も昨日「キャデラックレコード」を鑑賞中に隣のおじさまの貧乏ゆすりがイスを通じて伝わってくるのが…どうも気になって…
こういう時、指定席って簡単に移動できないから不便だなーって思って帰宅しました。
hamaさんの状況に比べれば、ガマンできる範囲ではあるけれど…
曲に合わせてリズムを取っている感じではなく…
たぶん、癖だったんでしょうが…
映画は良かったけど、座席がはずれの日でした

by あっぷる August 23 [Sun], 2009, 0:21
Trackback

» 宇宙へ。(’09)

NASAの映像で、年頭に見た「ザ・ムーン」('07)の系列と思って気になってたドキュメンタリー、近隣では今週までのようで、先日新宿武蔵野館で見ました。出来れば字幕版の方を見たかったのですが、今回吹替え版で、ナレーションは宮迫博之でした。

やはりアポロ11号の人類が月面到達の臨場感、索漠とした月面の様子、訓練中のアームストロングの危機一髪の脱出等初め、アポロ関連で、「ザ・ムーン」に重なる所もありましたが、

その前後、冷戦の煽りでの宇宙開発熱、チンパンジーのハムに始まって、有人飛行、徐々に改良・開発が進んで、事故での犠牲者も出しながら、ハイライトのアポロ11号までの道、その後のス...

Something Impressive(KYOKOV)  September 19 [Sat], 2009, 12:24

» 映画:宇宙(そら)へ。




 公開初日の8/21と22はなんとすべての映画館で500円という超低価格設定。記事にするのが遅くなっちゃいましたが、初日の8/21に宇宙(そら)へ。を観てきました。低価格設定にもかかわらず映画館のスタンプカードには押印してくれました。スタンプの値段を考慮すると実質300円未満で観ることができました。
 最近、出張だったり、ドラクエにはまっていたり、教習所に通ったりで記事にするのがだいぶ遅くなりました。

よしなしごと  September 07 [Mon], 2009, 8:02

» [映画『宇宙(そら)へ。』を観た]

☆この作品、公開初日と二日目は500円と言う特別料金で鑑賞できたそうで、故に、私は通常料金を払うのが癪なので、せめてレイトショーで観た。

 <ワーナーマイカル・村山>には、お客さんが、私を含めて3人しかいなかった^^;

 映画『アース』のBBCスタッフが放つ次なるテーマ「宇宙」のドキュメントらしいが、

 『ミーアキャット』も、「『アース』のBBCスタッフが放つ次なるテーマ」がふれこみだったと思う^^;

 で、NASAの50周年を記念して作られたらしいが、何故、イギリスの国営放送が、なのであろう。

 まあ、いいや^^

   ◇

 非常に面白かった。

 最終的には、映像の特殊なものは全て、NASAの秘蔵映像なので、BBCのお手柄ではないのだが(演出はあろうが)、その映像の数々が素晴らしかった。

 原題の『ロケットメン』が示すとおり、宇宙へ発射されるロケットの数々が出てくる。

 発射のカウントダウンは、子供の頃の定番ドキドキポイントであるし、

 また、ロケットが噴射されてからのノズルに見える、電気がビリビリと波打つような衝撃波は見応えがある。

 そして、不謹慎だが、発射失敗の大爆発は大ス...

» 宇宙(そら)へ。

(原題:ROCKET MEN)
【2009年・イギリス】試写で鑑賞(★★★☆☆)

1958年発足当初から全てのプロジェクトの仔細を、16mmカラーフィルムに記録していたNASA=アメリカ航空宇宙局。
撮影されたまま誰の目にも触れずに、文字通り"凍結"されていたNASA50年に及ぶ膨大なオリジナルフィルムに、史上初めてアクセスして作られたドキュメンタリー。



ガリレオ・ガリレイが望遠鏡で、初めて宇宙を眺めてから400年。
人間の探究心、好奇心、向上心には底が無いですよね。
これはNASAが行ってきた宇宙開発の記録。

1950年代の冷戦時代。
ソ連に一歩先を越されながらも、有人宇宙船の打ち上げと地球軌道飛行を主目的として遂行されたマーキュリー計画。
まだ誰も行った事の無い宇宙。
宇宙で人体にどんな影響が出るかわからないまま、1961年に初めて宇宙へ行き(ここで言う宇宙は高度100km以上の大気の密度が濃くなる空間のこと)生還したチンパンジーのハム。
同年、アラン・シェパードがフリーダム7に乗り込み、約16分の弾道飛行に成功。
翌年1962年。
ジョン・グレンの乗ったフレンドシップ7が、4時間56分の弾道飛行に成功し、ジョン・F・ケネディ大統領は『1960年代中に月...

ともやの映画大好きっ!  August 27 [Thu], 2009, 3:31

» 宇宙へ。

1957年、ソ連が成功させたスプートニクの打ち上げに危機感を募らせたアメリカは、翌年1958年にNASAを設立。 米ソの宇宙開発競争が幕を開けた。 打ち上げに失敗したロケットの姿、船内火災、飛行士たちの死、初の月面着陸…、全てのプロジェクトを記録していた膨大なNASAのオリジナルフィルムをイギリス公共放送BBCが編集し蘇らせた宇宙ドキュメンタリー。

象のロケット  August 26 [Wed], 2009, 0:06

» 『宇宙(そら)へ。』... ※ネタバレ有

2009年:イギリス映画、リチャード・デイル監督・脚本・製作総指揮。 ≪日本語ナレーション版≫

?青いそよ風が吹く街角?  August 25 [Tue], 2009, 22:36

» 「宇宙へ。」 ステップ・バイ・ステップ

本日公開の本作、今日明日観ると500円ということで早速観てきました。 宇宙をテー

はらやんの映画徒然草  August 23 [Sun], 2009, 5:48

» 「宇宙(そら)へ。(rocket men)」映画感想

 公開2日間はなんと500円で見られるということで、さっそく見てきました。TOHOシネマのマイルも溜まるし、お徳ですね(

Wilderlandwandar  August 23 [Sun], 2009, 1:23
P R
♪お知らせ♪
●現在、livedoor、exblogへのトラックバックが不安定です!(原因不明…何故かはねられちゃう場合アリ) TBいただくばかりでお返しできないかもしれません。すみません●
●スパムが多いので、コメントは承認制にさせていただきます。記事と関係のないコメント・宣伝の類いは削除させていただきますね。ご了承ください●
2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
♪プロフィール♪
●HN●hama
●趣味●映画・テレビ・お絵描き・読む・聴く・旅・つくる・食べる!!!
●最近は…●早く涼しくならないかなー

♪Yapme!一覧♪
読者になる
♪最新コメント♪
hama
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
Ramyy*
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
hama
» PASTA KITCHEN (2011年07月28日)
K子
» PASTA KITCHEN (2011年07月27日)
ピコ 敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月07日)
アムール敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月04日)
hama
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
kiala
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
♪何かありましたら…↓♪

TITLE


MESSAGE


Google
ブログ内検索
ウェブ全体から検索

♪過去記事♪
https://yaplog.jp/peacediary/index1_0.rdf
blogram投票ボタン
↑投票ボタン