B混乱

November 13 [Sat], 2004, 21:02
クリスマスが近づいていた。
あたしはろくに学校にも行かず、アルバイトに打ち込んでいた。
楽しかった。
一人でいると気がめいるし、何よりバイトであたしは必要とされていた。
正哉と彼の狭間。とうとう心が割れてしまった。
このころのあたしは良く記憶をなくしていた。

メールが来るたび、彼の指定着信音が流れるたびに震えていた。

…この時期、本当によく覚えていない。

クリスマスイヴの夜、まさやと抱き合っていたあたしの家のインターフォンが突然響いた。
彼がやってきた。
ドアをたたき携帯が鳴る。
あたしは声も出なく、涙が止まらず、恐怖で息ができなくなり、気を失った。
まさやが支えていてくれていたのは確かなことだった。
彼を忘れようと思ったのはこの日が最初だったかもしれない。

一人の時間にもなれた頃、先輩があたしのバイト先にちょくちょく通い、
いつの間にやらバイトの一員となっていた。

(今思うとこれも何かの縁なのかな。。。)

バイト後に、先輩を家に呼んで散々愚痴を聞いてもらったり、先輩の家に遊びに行ってみたり。
いつの間にか、あたしの憧れていた友人関係がそこには出来上がっていた。
先輩はあたしに音楽やギター、ボードなど今まで知らなかったジャンルを教え込んでくれた。
あたしの世界は2倍以上に広がった。

ハイカラなスポーツだからと毛嫌いしていたスノボだったけど、
よしおと先輩の誘いでその気になり、いつのまにかcool合宿に参加してしまった。
そう、別れた彼氏とまさやも参加していた、微妙すぎる合宿だった。。。
  • URL:https://yaplog.jp/patie/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:patie
読者になる
Yapme!一覧
読者になる