@新緑

November 13 [Sat], 2004, 20:54
生まれて初めて人を好きになった。
人を好きになるってすごく切ないものだって初めてしった。

人は、一生のうちに運命の人に3人出会うらしい。

3年前。
その日は、良く晴れた昼休み。
なじみ始めたキャンパスと少々うんざりぎみの学食。
「あ、ね〜さん。」そこで、呼びかけられた同級生で年上の友達が、見知らぬ人のもとに駆け寄っていった。
あたしもつられてゆっくりと近寄る。
第一印象は良く覚えていないけど、皆が言うように高校生くらいの見た目だったかもしれない。

「夏に北海道にツーリングに行ってきたんだ。」
無印良品の写真アルバムを友達に自慢げに見せる。
「へ〜、えだ君バイク乗ってんだね〜。」
「どなた?」
あたしはひまわり畑とバイクとその人が写る写真をゆっくり見ながら尋ねる。
「えだ君。coolの先輩だよ。」
「ほ〜。よしおcool入ってたやね。」

coolっていうのはうちの大学のスノボーサークルの愛称で、100人ちかく参加してる大所帯サークル。
あたしも興味本位でcoolの新歓に参加してみたが、初めての飲み会でもあったからひどく酔っ払いほとんど記憶が無く、在籍もしていない。

「どちらさん?」
「同じ学年で、友達のゆきえちゃん。coolの新歓にも来てたんだよ。」
「へ〜見かけなかったな。」
「ゆきえちゃん相当酔っ払ってたもんねw。」
「ははw」
なかなか気さくな人らしい。
男性嫌いのあたしもなかなか普通にはなせる。むしろ…
「なんか先輩っぽくないねw」
「若いでしょ?よく間違えられるよ。」
あたしよりも一個年上だが、本当によく年齢よりも下に見られるそうな。
「じゃあ先輩っぽく無いから『先輩』ねw」
「何だそれwまあいいけど」

この出会いが全てのはじまりだった。
  • URL:https://yaplog.jp/patie/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:patie
読者になる
Yapme!一覧
読者になる