メタ情報にエロが氾濫してる

August 08 [Sat], 2009, 23:15
 ◆ 酒井法子さま、「社長」、ある「母」であった女、矢田亜希子さま、大原麗子さまのことなど・・・

 記事を拝読してとても納得したのが、ヘタなAVやエロ本を見るより「酒井法子」という名前を目にした方が、何倍も興奮する、夕刊紙やスポーツ紙、ニュース番組で「酒井法子」という名前を見ただけでピコピコピーンする、という話。
 これに、「逃避行」という要素も重なって、さまざまなエロ妄想のメタファーが、「酒井法子」という単語に内在されてしまっているわけだ。
 例えば過去に学園祭のミスコン候補者にAV出演者がいた、という話が某大学に持ち上がったことがあった。これも、AVに出演していることが重要なのでなく、ミスコンに出るほどの美しい女性がAVに出演していた、という「情報」が、オトコをそそり立たせるのではないかと思う。

 そうなると、次のようなニュースが、流通することによる影響は、どのようなものになるのだろうか?

 「小学5年ぐらいで援助交際」 産科医語る驚愕のSEX事情 J-CASTニュース

 これも、「小学5年ぐらいで援助交際」しているという事実よりも、そのフレーズに含まれた、エロのメタファーがもたらす影響の方が、重要なように感じられてならない。

 今、街にはSEXを想起させるような表現が、言葉・画像・映像、全てにおいて氾濫している。それは直接的な表現でなかったとしても、ひとの想像力を刺激するには、充分すぎる程なのだ。
 
 しかし、のりピーの一件で、相当な覚悟で脱いだのであろう、MUTEKIの鈴木早智子は、せっかく『フライデー』にもヌードを掲載したのに(もちろんパブだろうけど)、ぜんぶ霞んでしまった。とことん薄幸だなぁ…。

おまいらそんなにスローセックスに興味あるの?

August 22 [Wed], 2007, 11:43
実践イラスト版 スローセックス 完全マニュアル
アダム 徳永
講談社 (2007/07/04)
売り上げランキング: 1

 ↑が2007年8月22日11時の時点で、Amazon和書ランキング一位。

 .....orz......

 ■参照
 『AVは「カーマ・スートラ」ではありません』


AVの影響力なんて木っ端っすよ

May 29 [Tue], 2007, 6:25
 ‥と、『金融日記』様の「この10年で日本社会で最も変わったこと」を拝読して脊髄反射したくなった。脊髄反射だけじゃアレなので、ちょっと突っ込んでみる。

 まずは時代考証。
 1997年だと金沢文子、若菜瀬奈といったところのデビュー年。翌年には川島和津実、森下くるみ、鈴木真奈美、椎名舞といったところが登場している。仮に彼女達が2007年に登場したとしても、やはり単体女優として活躍しただろうと思う。
 
 確かに、AV女優がコモディティ化しているのは間違いないけれど、それって何もこの業界に限らない話。価値観も多様化して、キレイ系、おねえ系、妹系、お菓子系、それぞれに光が当たるようになっている。コスメ業界も日進月歩で「視られる」技術を広めているし。AV女優でなく、女性全体がボトムアップしている。‥という議論が2年前くらいにblog界隈であったような気もするけれど、まぁ置いておいて。
 つまり、「現実社会では100人に2、3人いるかどうかの美貌を持ち合わせているのです」というのは間違いで、「キレイになった100人のうち2、3人が風俗業界に入る」という方が実態に近い。
 ついでに。「そんな女性とセックスすることは容易なことではありません」というのは「無料で」という言葉が添えてあればまだよかった。AV嬢に関してなら、ポートフィリオワークしているひとは沢山いらっしゃいますし、今も昔もキャバクラが大きな供給源です。ちょっとのお金と時間と行動力があれば、そんなに難しくはないと思います。

 あと。AVが売れる理由って、現在に至るまで「キレイ」とか「カワイイ」とかいう理由ではなく、「芸能人に似ているから」という理由でももちろんなく、「エロい」から、に尽きるのですよ。リア・ディゾン級の娘でもマグロでは売れないし、多少体型がアンバランスだとしても、絡みがエロければ売れる。
 で、このエロさとはプレイのハードさによるものではなく、視線とか仕草とか細部に宿っているもの。そのことを見抜いたスカウトやキャスティング担当、そしてなにより己のエロさに気付いた女優本人によって、魅せられるものなのだ。

 まぁ、画面越しに見えるものはキレイに見えるし、キレイに作っているということがあると思うけれど。『金融日記』様だけじゃなく、AV嬢を妙に高い存在に捉えているひとは、一度秋葉原などで毎週やっているイベントに参加してみるといいですよ。
 最後に。AVについて何か語るならば、『エロの敵』は最低でも押さえておいて貰いたいですね!

エロ市場のミスマッチング

May 27 [Sun], 2007, 11:37
 安田理央氏のエントリーを拝読して、思ったことや考えたことをとりとめもなく。

 紹介されている二村ヒトシ監督の『もしも朝の通勤電車ががっついたベロキスをするカップルで満員だったら。』は、絶妙のシチューエーションで場の空気が駆り立てる性欲を活写していて、名作と呼ぶに相応しい作品だと思う。
 しかし、この作品に付けられている値段。3990円(税込)なのですよ。ドグマ倶楽部会員になれば2300円になるけれど、それでも映画より高い。
 別に企画ものに限らずアダルトコンテンツそのものが多くのひとにとって「所有」するものではなく「消費」するものである以上、パッケージ販売という形態には限界がある。エロはともかく、エロコンテンツへの世間の関心は皆無と言っても過言ではないし。
 しかも、現状の流通はもう既に極限で、あとは同業内でパイを取り合うという、あんまり楽しくないゲームをやらざるを得ない。特に委託形式だと、とにかく数が出る一部の単体女優作品を捌くことにメーカーも店舗も最適化されてしまう。そういった流れの中で、監督の色を前面に押し出した作品はなかなか売りづらい。
 
 個人的には、二村監督の作品は単館系で公開しても勝負になるのではないかと思うけど、映倫基準に引っ掛かるしなぁ‥。逆に、しかるべき制約のもとでエロい絵が取れたなら掛け値なしにスゴい。ま、これは別の話になるな。

 サブカル好きな層は、ピチカートファイヴじゃないけれど「いつだってお金はない」ということもあるだろうが(笑)、もっと大きな理由は彼らの行動圏にAV売っているところがないからなのではないか? これがエロマンガならば質量ともに豊富にあるし。
 で、そういったミスマッチングを解消するには、倫理協会の問題やら販路の開拓やらの障害が沢山生まれる。それを乗り越えたとしても、労力に見合うだけのリターンは全く保障されていない。

 そんなこんなで。あくまで「作品」に拘るのであれば、「アダルトビデオ」という文脈からは早急に抜け出すのが賢明のように思います。作家性の強い監督さんなら、AVという枠組みを超えて、「エロ」を鋭く切り取れるだろうし、情報の流れが適切ならば、今以上の伝播力を期待出来るかもしれない。
 ‥それが何かは思いつかないけれど。

よのなかのしくみ

May 09 [Wed], 2007, 11:32
 児童ポルノHP紹介で逮捕 大阪府警、全国初

 アダルトビデオ業界にはビデ倫など各倫理協会があるけれど、Webでの配信・閲覧に対しての準ずる組織はないからなー。アダルトを扱う全てのサイトは、多かれ少なかれ検挙リスクを伴うのはやむを得ないでしょう。

 リスクを最小限にしたいなら、警察庁か総務省か経産省か文科省のOBを顧問に据えた倫理協会を設立してみかじめ料を払うシステムを作るしかないと思うのだけど、さて…。

 

「今日もどこかでゲリラ撮影をしている」という物語

May 02 [Wed], 2007, 6:10
 「エロ物語消費論」の続きというかレスというか。ぶくまのコメント欄で、tomozo3様に「でも、たまーに捕まっているよね」と言われてしまったし。
 Parsleyの思いつく限りにおいてなので漏れがあるかもだけど、最近のAV絡みの逮捕事件は、以下のような感じ。 

 @2003年9月  濱田太平洋監督(公然わいせつ)
 A2003年10月 清水あゆみ他(公然わいせつ)
 B2004年6月  チョコボール向井他(児童ポルノ禁止法違反)
 C2004年12月 バッキービジュアルプランニング(強制わいせつ致傷)
 D2005年5月  メガファクトリー他(児童福祉法違反)
 E2005年9月? デビィ他(軽犯罪法違反)
 F2006年7月  三咲さくらの所属事務所社長他(労働者派遣法違反)
 G2006年8月  結城明日香他(わいせつ物陳列)


 BDFは、出演女優の年齢確認が甘かった例。特にFは、拾った保険証から住基カードを作っているという、どう防いだらいいのか頭を抱える事件だった。
 実際に鬼畜撮影をやったCはあらゆる意味において例外。

 で、@AEGが、野外撮影の逮捕案件になる。

 @は、早朝の渋谷での撮影。たまたま通りかかった警官による現行犯逮捕。
 Aは、名古屋の繁華街での撮影で、110番通報による現行犯逮捕。
 Eは、愛・地球博のゴンドラでの撮影。アダルトチャンネルだったから正確にはAVではないか。これは視聴者からの通報で発覚した。
 それで、Scott様がコメント欄でご指摘頂いた横浜のG。この事件で注目すべきは、現行犯でないところ。女子高生が写メの通報により、撮影の後日に逮捕された。

 いずれにしても、目撃者が能動的に行動を起こすことが、事件の発覚には欠かせないということは間違いないだろう。

 さて。これを見て、「いーや。発覚していないだけで、もっとヤってるはずだ」と思ったアナタ。たぶん正しいです。繁華街とか、電車の中とか、公共空間での撮りも、全くないと断言出来ません。
 が、仮に"それ"を目撃したとして、自動的にAVの撮影かシチュエーションプレイに結び付けてしまうというのならば、アナタ自身の"現実"にAVの世界観の侵入を許している。もっというと、エロ画像・動画が大量に流通している、ということを、無意識のうちに大きな物語として捉えている。
 そして、"それ"を目撃したことを、誰かに伝えることはなしに「よくあること」として自己消化することを選択しているということなのではないだろうか??

 にしても。メディアもそういう世界観に知らずしらずのうちに引きずられつつあるのかな、と感じるのは、4年前の名古屋の事件の場合、通報者は「通行人」とされているのだけど、横浜の事件は、「女子高生」と明記されていること。別に「通行人」でもいいのにわざわざ属性を明らかにしているのは、「女子高生」という言葉に性的な意味を含有させているということでしょう。「女子高生が露出撮影を目撃した」という事実を、エロ話として流通させたというわけだ。

 あ。これは批判ではなく、「なぜAVは売れなくなったのか」という命題に自分なりの答えを探そうという試みですので。為念。

エロ物語消費論

April 26 [Thu], 2007, 8:15
 例の「サンダーバード事件」でちょっと驚いたのは、「AVの撮影と思うかもしれない」という反応するひとが少なからずいるみたいだったこと。世間の認知って未だにいわゆる企画モノ=AVなんだなと。野外モノが世に出た1993年頃ならばそういう冒険的なゲリラ撮影を行う場合があったのかもしれないけれど、現状の制作・流通でそういった触法リスクのある本気な作品が登場する可能性は低い。
 というか、ここ数年の単体女優の作品群が、まったく響いてないという現実には、軽くショックを受ける。
 今、「現役○○、AVデビュー」みたいな作品が多いけれど、現役の芸能人なりナースなりモデルなりダンサーなりが、AVに出演するに至るまでの「物語」が不在であるような気がする。ティッシュをゴミ箱に捨てるのと一緒に、記憶からも削除されるに相応しい内容、なのかもしれない。

 作品で消費すべき物語が終わっているかわりに、AVを含めた「エロ」と社会との関わりという大きな物語は、加速度を増しているように思える。
 今回の事件を「プレイ」のように感じられたり、痴漢プレイを見て痴漢をしてしまう人は、エロ本やAVが提供したシチュエーションとストーリーを、現実世界に対照する存在として、個々の感性を補強するために使っている。別に、そういうシチュがフィクションかどうかは関係がない。そういったシチュが「生産」されていることを「事実」として認識しているのだ。
 そう考えると、去年話題になったエロ絡みの事件やニュースは、エロ自体というよりもエロとの関係性を巡るものばかりだった。mixiを震撼させたエロ画像流出事件もそうだし、大学のミスコン候補者のAV出演歴発覚事件もそうだ。
 「エロ」の質という面では、どちらも語弊があるけれど児戯に等しい。にも関わらず、ある意味1作品数万本売る単体女優よりも影響力・伝播力で凌駕しているわけだ。 

 「ファイル共有ソフト」で「大手企業社員」が撮影した卑猥な写真と個人情報が流出し、「匿名掲示板」で話題になり、「大手招待制SNS」にて実名登録していることが判明する、というシナリオをAVに限らず一つの作品で描き切ることは、おそらく難しい。だが、そういった仔細な設定を組み合わせて、大きな物語として認識することは誰にでも出来る。そして、一部のひとは、こういったエロの関係性の物語を、「エロ」として、消費出来るのではないだろうか?

 ちょっとこの問題は、しばらくは断続的に考えていきたいかな。

profile
Name:Parsley
Birthday:1976/4/8
Point:首が長い。つまりエロい
Favorite:エイガにケイバ
タバコ:Davidoff GOLD
ウィスキー:アーリータイムズ
おしごと募集!!
カワサキシティーで布団と同化中
コメントは返したり返さなかったりです。
parsleymood@gmail.com
さらに詳しいことはこちら

2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像
» 『アゴラ』がマズい3つの理由 (2018年03月21日)
アイコン画像son moi
» さいきんのお仕事 (2018年03月09日)
アイコン画像sns
» どうせなら良い「踏み台」になりたい (2017年04月10日)
アイコン画像ぱよちーんキラー
» 森友学園をネットメディアが取り上げるのは難しいと思う件 (2017年02月27日)
アイコン画像Tomoki Furukawa
» なんとか生き残った・2016 (2016年12月31日)
アイコン画像アオキ
» ブログが読まれるために必要な「突破力」 (2016年08月08日)
アイコン画像ししゃも
» ブログが読まれるために必要な「突破力」 (2016年08月07日)
アイコン画像香菜
» ブログが読まれるために必要な「突破力」 (2016年08月07日)
ランキング