近況です。

July 06 [Sat], 2019, 1:41

最近は1日2食生活・・・

朝は起床後11時過ぎまで作業ですので朝昼兼用の食事(格好良く言うとブランチ)・・

もちろん朝の作業前には何か口に入れてから動きなさいと医者から言われておりますのでとりあえずバナナと野菜ジュースと言ったところです。

朝は相変わらず雛たちの給餌作業でしたが午後からは屋外で・・

最近あちこちの部屋でしきりと暴れている雰囲気が見受けられておりましたので今日は午後から観察でした。

小型のカルカヤインコですがペアーで入れてあった筈なのに何故かオスだけが2羽暴れておりまして・・


鳥の種類によっては成熟するにつれて雌雄の特徴が表れてきてペアーだと思って飼育いていたのになぜか・・と言ったことが良く有りますが今回のかるかやインコは生まれた時から雌雄判別かできますのでそういったミスは無いはずですが・・

もしかして・・と思って巣箱を覗くとやはりメスがしっかり子育て中でしてオスの子供だけ巣立っていたという訳です。

もちろん産卵して居たのも知りませんしこの種は3組飼育していますがどうもメスが死亡したり、産卵しても無精卵だったりでここ10年くらいはひなの顔を見た事がありませんでしたので却ってビックリ・・




こちらの騒ぎ様は半端がありませんで本当に大丈夫か??

というくらいのバタつきようですが・・



こちらの2羽が両親ですが(いや違って右のブルー系が親)



確かこちらがメス親の筈???




雛は3羽巣立っておりましてルチノー、オパーリンともう1羽は??・

以前のPPを知っている方は美声インコの宝庫で100羽以上の色々な品種が飛翔していたのを思い出していただけるかと・・

いまは値段が下がってしまいましたが当初はブルーで30万、オパーリンでも輸入価格が15万といった時期もありましたが、我が家も方向転換をしてこの美声インコは放出して今では2組飼育中・・

いずれウロコもそういった道をたどるのか・・????

ただこの種は美声インコと違ってコロニー飼育ができますので我が家のように広い禽舎を有していればいくら増えても管理は大丈夫・・

過去に100羽越えて飼育したのはオカメ、コザクラ、マメ、美声・・今はウロコかな。

最初のルビノー美声インコは挿し餌をしましたがこの種は慣れ具合が今ひとつでそういった理由で人気が今ひとつです。



ワカケホンセイインコもどうやら巣立ったようですが最初の雛は挿し餌をしまして手乗りで譲渡・・

このシルバーのパイド系は1羽だけなのかまだまだ巣立ち前の兄弟が巣箱に居るのか??

焦らなくても兄弟がいればいずれ出てきますので・・



こちらのワカケホンセイインコ軍団のノーマル部隊ですがロートル軍団で戦力外だと決めつけておりましたが2羽飛び立って・・



ノーマルと黄色っぽいのが・・

これなら挿し餌をしておけば需要があったかも・・ですね。

こういった親が育てた子たちも性別鑑定をした上で皆様の希望にお応えするつもりですのでご希望のかたは問い合わせを。





マメさんは今シーズンは2羽挿し餌をしましたが後は親まかせ・・




で・・気付くとこんな感じですね。

この種も不人気でして我が家でもあまり問い合わせがありませんです。

それでも可愛いので10組以上飼育中・・時々珍なる品種も・・です。

本日オーストラリアよりウロコの性別鑑定結果が40羽以上届きましたのでそろそろペアーでの譲渡をできる態勢になりましたので・・

1羽の価格で2羽を・・ One buy two
  • URL:https://yaplog.jp/parrotparadise/archive/1114
ファーム紹介
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Parrot Paradise
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:12月5日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:岡山県
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
岡山でインコ・オームの飼育・繁殖を行っています。HPはこちらへ。 このブログでは輸入スケジュール、雛の孵化情報、手乗りの情報等をリアルタイムにお届けします。お問合せはメールでお願いします。
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/parrotparadise/index1_0.rdf