餃子の皮にマナブ

March 22 [Fri], 2013, 16:35
昼間の暖かな陽気に春の訪れを感じ、
ワクワクする絶好調スタッフのかつです!

突然ですが、先日
ギョウザが食べたくなりまして、
初のギョウザ作りに挑戦してみました!

転職組のわたしはまだ、
パン職人としての修行は1年余り
なかなかパン生地にさわる機会が少ないのですが、

パン作りにたずさわる者として、
同じ小麦粉つながりで、
皮から手作りでギョウザを作ってみることにしました。

日頃、薄焼きパン(ぱぴで出しているおせんべいのようなパン)を
麺棒で伸ばしている技術が活きたのか

まずまずの出来上がり。

食べると、モッチリとした皮の触感に感動!

こんなに手づくり餃子がうまいなんて
はじめてしりました。

小麦粉は、時にはうどんであったり、
今回のようなギョウザであったり、

ぱぴで生まれる様々なパンたちと、
色々なものに表情を変えるところなど、

改めて、その魅力と奥深さに、気づかされました。

そんな小麦に、
大地の恵みに感謝します!


話は変わりますが、春といえば、
出会いと別れの季節でもありますね。

最近出会った、
一押しの商品、

サクラハザクラあんぱん

ほんのりとした塩気と、甘さとの絶妙なバランス、
そして、桜の爽やかな香り、一口食べて春を感じ、
感動した一品です!

ぱぴ・ぱんに訪れた際は 、ぜひお試しください。

お花見のベストパートナー、
楽しいお花見のお供として、サクラハザクラあんぱんで、
幸せな時間を演出してみてはいかがですか!どうぞ〜♪


最後まで読んで頂き

ありがとうございました。
  • URL:https://yaplog.jp/papipain/archive/401
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/papipain/index1_0.rdf