パリ・アルメニアン教会で、またまたコンサート。
2009.11.28 [Sat] 12:27



 11月のパリの石畳は、落ち葉に覆われてすっかり秋冬の装い。その街路を素敵なコートを羽織って優雅に歩きたいところですが、いつでも遅刻しそうなワタクシはドタ靴で走り回っているのです。

 で、ばたばたとパリを走り回りつつ準備に追われている間に、コンサート当日になってしまいました!

 今回のコンサートは、「ケルトの森」と題した、フルート3本とピアノによるコンサート。アイリッシュ音楽を中心とした、とても心地よいプログラムになりました。編成はフルートのほかにピッコロ、アルトフルートを加え、幅のある豊かな音色をお楽しみいただけます。

 メンバーも、嬉しいことにまたまた強力!
一本目のフルートを担当してくれるのは、以前、モンパルナスで一緒に演奏した、かなちゃん。気心も音楽心もお互いに良く知っている、大切なパートナーです。二本目のフルートとアルトフルートを受け持つのは、フランスだけでなく日本でも縦横無尽の活躍をみせる、てるきさん。的確な指示と譜面の解釈で、メンバーをぐわしと引っ張っていってくれます。ピアノを担当してくれるのは、おっとりしてると見せかけて実はしっかり物の、まほちゃん。彼女のピアノは、フルートを絶対に邪魔せず、だけど、控えめすぎず…絶妙のバランスなのです!フルートアンサンブル中心のコンサートは初めてなので、私自身、とても楽しみにしています。

 さてさて、このコンサートのほかに、アルメニアン教会では、
12月20日(フルート、チェロ、ピアノによるコンサート)
1月1日(フルート、クラリネット、チェロ、ピアノによるコンサート)
を予定しております。この時期にパリにいらっしゃる方は、こちらにも是非足をお運びくださいませ。


「La Foret Celtique : 3本のフルート、ピアノによる演奏会」
11月28日(土) 19時開演 入場無料
会場・Cathedrale st-croix des Armeniens
住所・6ter rue charlot 75003 Paris
アクセス・地下鉄St-Paul駅、Hotel de Ville駅またはFilles du Calvaire駅から、徒歩5分。
 

パリのアルメニアン教会で、急遽演奏会。
2009.10.05 [Mon] 09:03



 10月に入り、フランスは新学期のばたばたもようやく落ち着いてきました。多少肌寒い日もありますが、お散歩にはもってこいの、過ごしやすい毎日が続いています。秋物を眺めながらのウィンドーショッピングも、大変に楽しくてヨロシイ。

 さて、実は3日前に急遽、来週末10月11日(日)17時から、演奏会をさせていただくことになり、大慌てで準備を進めています。場所は、パリ・マレ地区すぐ近くの、アルメニアン教会。なんでも、10月11日日曜に教会を演奏会場として使えるので、出演者を探していたとのことなのです。演奏させていただく機会をいただけるというのは、演奏者にとってなにより有難いこと。是非にと出演させていただくことにいたしました。

 とはいえ、演奏会のお話をいただいたのが、本番の10日前!!大慌てで演目を準備しなくてはなりません。そんなぎりぎりの状況にもかかわらず、怖がり笛吹きPannaの背中をがっちり守ってくれるのは、国立パリ高等音楽院でピアノを学ぶ、しんいち君。安定したテクニックに加え、こちらの欲しい音色をすぐに再現してくれる勘の良さ、なおかつキチンと彼のカラーもある、素晴らしい共演者です。一方、七分袖のジャケットをさらりと着こなす、おしゃれさん。彼との演奏会がこんなにも早く実現するとは予想だにしていなかったので、嬉しいオドロキです。

 演目は、バッハやショパン、ベートヴェン、カーク=エラートのほか、バートンというアメリカ人作曲家の作品も。聞き応えのある、充実のプログラムになったかと思います。日曜、マレ散策の折にでも足を運んでいただければ、幸いです。

 しんいち君とは、10月11日(日)のコンサートのほか、来る2010年6月25日(金)にもサンラザール駅近くのホールで共演することが決まっています。6月にパリにいらっしゃる方は、こちらも是非お心にお留め置きくださいませ。


「フルート、ピアノによる演奏会」
10月11日(日) 17時開演 入場無料
会場・Cathedrale st-croix des Armeniens
住所・6ter rue charlot 75003 Paris
アクセス・地下鉄St-Paul駅、Hotel de Ville駅またはFilles du Calvaire駅から、徒歩5分。


人気ブログランキングへ


 

パリの街角で、ハーブのみどりを楽しむ。
2009.04.27 [Mon] 10:50



 まだ肌寒い日はあるものの、パリも晴れ間の多い、暖かい日が増えてきました。そうなるとぐんぐん元気になってくるのが、街の緑たち。

 先日、友人たちとパリ・セーヌ河の真ん中にドカンとあるシテ島をお散歩してきました。シテ島には、ノートルダム寺院やサンシャペル教会、裁判所と見所がいっぱいですが、なんと言っても見逃せないもののひとつが、花市です。

 ここシテ島の花市は、月曜日から土曜日まで開催。お花や鉢植えだけでなく、ガーデニンググッズやかわいい雑貨など、さまざまなお店が立ち並んでいます。さらに日曜は鳥市がひらかれ、鳥類やうさぎ、ハムスターなど小動物を中心としたお店を楽しむことができます。中には天井いっぱいに様々な種類の鳥かごをつるしたお店もあり、鳥かごフェチには見逃せないスポット。

 今、我が家では友人に贈られたシクラメンが冬越しを元気に終え、素敵なみずみずしいお花をたくさん咲かせてくれています。どうやら冬の間に立派に育ちすぎて、今の鉢も手狭になってきました。と、言うわけで、この日は一回り大きな鉢と腐葉土を購入。次の日、早速お引越しを完了させました。大満足!

 6月頃には、冬枯れしてしまったバジルの後継者さんを買ってきたいな、などと嬉しく考えながら、ハーブのポットも下見。バジルだけでなく、タイム、ローズマリー、ミントと、見ているだけで幸せになっちゃうかわいいポットのお値段を、貧乏学生は厳しくチェックするのであります。

パリの花市(LE MARCHE AUX FLEURS)
月曜〜日曜8時〜19時30分(日曜は鳥市)
最寄り駅・地下鉄CITE駅下車


人気ブログランキングへ
 

−10℃のパリにて、万有引力に勝利(?)を収める。
2009.01.08 [Thu] 21:44


 私は実は、ドライヤーが苦手。あの熱風と音が、猫のように嫌いなのです。お風呂上りも、濡れ髪のままで気にせず就寝の毎日。小さいころからこうなので、風邪もひきません。

 さてさて、昨夜は早めにお風呂に入った後、ふと思い立って、深夜まで営業している近所のスーパーまで行ってきました。ふらふら。お風呂上りで面倒だと、普段のたまねぎアタマではなく、髪をおろしたまま、ニット帽子をかぶって、濡れ髪のままお出かけ。

 すると、家を出てものの一分ほどで、髪の毛が妙にごわごわする…?どうしたことか触れてみたところ、髪の毛が束になって凍り付いておりましたよ!!びっくりー!!わー、すごーい、と、髪の毛を持ち上げてみたところ、水平にしても、髪の毛がでろ〜んと垂れ下がらなかったことを、ここにご報告いたします。こんな経験するなんて、想像もしたことなかった。寒い地域にお住まいの方には、常識なのでしょうか。

 温かい室内に入ったら、あっという間にとけてしまったこと、その時の気温を調べたら−10℃であったことを、ここにあわせてご報告いたします。

「Monoprix」&「Monop'」
トップページ左下のコーナーに郵便番号を入力すれば、お住まいの近所の店舗をカンタンに検索できます。割といい食材なんかも取り扱っているので、旅行者さんのお土産の買い物にもぴったりです。


人気ブログランキングへ
 

パリで、一面の雪景色を目にする。
2009.01.06 [Tue] 03:56



 日本より8時間遅れで新年を迎えた、フランス・パリ。今朝起きてみると、そのすがすがしさをそのまま表したかのような、一面の雪景色でした。パリでこんな立派な雪景色を見るのは、初めての経験です。

 今日は、朝からフランス全土のうち、29県が雪と路面凍結との報道も。それによる自動車事故も多発している他、列車運行にも影響がでているようです。転倒事故に気をつけるようにとの警報も出されました。フランスの気象台は、この冷え込みは今週さらに強まり、また、今月の半ば頃まで続くと予測しているようです。なんでも、シベリアとスカンジナビアからの寒気が原因なのだとか。ぶるぶる。

 でも、せっかくの雪!部屋から眺めていると、外を歩きたくなってきます。真っ白のところ、踏みたいし!いそいそと着替えて、お買い物のついでにお散歩でもしようかと、家の近所の公園を歩いてみました。歩いてみました…、が、土の上も、石畳も、積もった雪が一度解けたあとでしっかり凍り付いて、つるつるー!買い物の荷物を抱えての移動は、予想外に体力を消費いたしました。車も人も、自転車も、みんなが恐る恐るです。

 外を歩くのは大変でしたが、雪の日独特の空気のにおいや、ほっぺにあたる雪の冷たさ、雪を踏む感触に、大満足の単純な私です。むふふ。

Yahoo! Météo - Paris (75)


人気ブログランキングへ
 

妊婦さんの幸せオーラに、癒される。
2009.01.05 [Mon] 06:39



 私のだーいじな友人の一人は、大好きな街京都出身のフルーティストさん。始めて渡仏した最初の年からずっとお世話になり続けている、足を向けて寝られない大恩人でもあります。その彼女が、とうとうお母さんに!というわけで、私はまるで、甥っ子が生まれるかのごとくに、なんだかわくわく嬉しいのであります。

 彼女はもともと明るくてとても気さくな人物なのですが、最近は会うたびに、こちらまで無条件に幸せになってしまう…。これは、彼女が今、言葉に表せないほどに素敵な幸せオーラを持っているからかしら?と、一人分析してみたりしています。別に特別な事を話すわけでもないのですが、彼女に会うだけで大満足!そばでお茶できれば超大満足!なんだかとても嬉しくなってしまうのです。会うだけで癒されるなんて、せ、聖人?お母さんって、いいなー。

 もともと小柄な彼女なので、大きなお腹で歩くのは大変なようですが、それでもにこにこ嬉しそう。私はそのお腹をなでなでしたいなーと、いつも思っているのですが、それすら畏れ多い気がして、なかなか「触っていい?」と言えずにおります。でも、旦那さんがなでなでしているのを眺めるだけでも、大満足。むふふ。

 トラブルのない、無事の出産をものすごく、ものすごーく祈っておりますぞ!新年一番の、素敵なニュースになるといいね。


人気ブログランキングへ
 

’08年、サンタの存在を確信する。
2008.12.28 [Sun] 11:55



 「うお!サンタって、本当に存在するんだ!」と、突然に悟ってしまったので、ご報告申し上げます。皆さま、サンタクロースは、存在いたします。

 パリの片隅で予期せぬクリスマスの贈り物をいただいた午後、はっと、ぴかー!と、気がついたのでございます。「サンタが、来た!そして、今までもずっと来てくれていたんだ!」と。嗚呼、「サンタさんは、お父さんとお母さんでしょ」なぞと思っていた子供時代よ。何故、気がつかなかったのでしょうか。今までにいただいた数々の贈り物、お声をかけてくださった方々の笑顔やお言葉、全てが姿をかえたサンタさんからのプレゼントだったんじゃん!

 今年いただいたのは、ずーっと以前から欲しかった手帳、保温グッズ、ニットシャツ、鉢植え、お茶、ケーキ、音楽、オーナメント、素敵なカード、そのほかにも、メッセージを下さったり、お声をかけてくださったり…、どれも素晴らしい、心温まる贈り物!なぜ皆さんが私の欲しかったもの、好きなものをご存知なのか、首をかしげるばかりです。そして、何で皆さんそんなにやさしいんですかー!うわーん!

 私の愛読書のひとつに、トルストイ著「愛あるところに神あり」という作品がありますが、思わずこれを、「愛あるところにサンタあり」と読み替えたくなっちゃいましたよ。物語の最後、靴屋のマルツィンが自らのもとに神様が訪れたことを知るように、Pannaはサンタクロースが色んな人に姿を変えて訪れたことを知るのであった。「はら、これがわしだよ」「これもわしだよ」うーん、皆さん、感謝です!

 世の子供たちよ!赤い帽子に、白いひげ、プレゼントの袋を抱えたサンタクロースなど存在しない、なぞと見かけに惑わされてはなりませぬ。サンタさんはちゃーんと、あなたの周りに存在するのですぞ。

○トルストイ著「愛あるところに神あり」
岩波文庫「トルストイ民話集・人はなんで生きるか改版 」に収録されています。


人気ブログランキングへ


 

ハンブルク&パリで、ばたばた過ごす。
2008.10.09 [Thu] 08:04


 ここ数週間、ハンブルクとパリを行き来したりと、何かとばたばたしていたので、すっかり更新が滞ってしまいました。訪問してくださった皆さま、すみません…。

 中でも一番大きかったのは、ドイツ、ハンブルクで卒業リサイタルを終えたこと。温かい聴衆の皆様、先生方に見守られ、何とか最後まで演奏できたことに、とても感謝しています。共演者やお世話になった方々に良い結果報告が出来たことにも、ほっとしています。本当にありがとうございました。

 フランスではこの秋のシーズンが新学期ということもあり、さらにばたばた…。こちらに報告したい話題もいくつかあるのですが、落ち着いてイラストを描く余裕が持てない毎日です。取り急ぎ、この落書きイラストで失礼をいたします。

 欧州も日本も、いよいよ寒いシーズンに入りますね。皆様、お風邪などひかれませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。また落ち着いたら、こんな落書きじゃなくて、もちょっとましなの描きたいですー!


人気blogランキングへ



 

ドイツ発のオーガニック化粧品に、感激する。
2008.09.18 [Thu] 22:19


 フォアグラをご馳走になったり、練り香水を頂いたり…と、棚ぼた運が急上昇中の今日この頃。なんと今度は、スキンケア用品を頂いてしまいました。わーい!

 頂いたのは、ドイツのスキンケア商品メーカー「アンネマリー・ボーリンド(ANNEMARIEBORLIND)」の化粧水。こちらの商品は全てオーガニックな材料で作られていて、口に入れても問題が無いほどなのだそうです。

 使用感、グーです!ジェル状なのでとても伸びがよく、一回の使用量はちょびっと。普通の化粧水のようにパタパタとパッティングしていると、どんどん肌になじんでいきます。その後、乳液でカヴァーしてやれば、完璧!お手入れのプロセスは、今まで使っていた化粧水と変わらないのに、しっとり感が全然違うー!しかも、それがずっと持続しています。すばらしい!朝など、これでお手入れした後のメイクはノリが全然違うのにも、びっくり。普段のスキンケアは、ノーブランドのものをぺたぺたと使ってお仕舞い!という大雑把な生活だった私に、良い物はやっぱり違う、と思い知らせてくれた一品です。

 最近、思いもかけず良くして頂く事が多く、なんだかどぎまぎ。日ごろ、そんなに善行を積んでいるわけでもないのですが…。やはり、今年の運を使い切ってしまうのでしょうか。死んじゃったら、どうしよう!と、びくびくしているPannaです。

この素晴らしいプレゼントを下さった方のブログはこちら。
「セラピストを目指して」http://mille.ti-da.net/
真摯なお人柄あふれる、優しく力強い文章に、私はメロメロ。メロンパンナなのでございます。

アンネマリー・ボーリンド(ANNEMARIEBORLIND)公式サイト
http://www.annemarieborlind.co.uk/



人気blogランキングへ
 

思いたったら、パン作り日和。
2008.09.11 [Thu] 10:05


 どうしても、焼きたーい!という不思議な神様が降りてきたので、急遽パン作りを開始。パン作りには基本的には発酵時間が必要なので、その時間に他のことも平行して出来ちゃいます。今日は、パンを作りながら、お昼ご飯も作って食べてました。

 日本に住んでいた頃は、自分でパンを焼く日が来るだなんて想像だにしませんでした。が、以前しばらく住んでいたドイツでの物件には、立派なガスオーブンが!フランスでの軟弱電気コンロにうんざりしていた私は、そのガスオーブンを活用すべく、それまでには無かった「粉物」ジャンルに手を染めたのでした。うひひ。はじめは簡単なパウンドケーキから、まるパン、食パン、そしてベーグルを。難しいかと思いきや、回数をこなすごとに、作業がびっくりするほど簡単に思えるようになってきました。

 さて、いざパン作りを思いたち、家中ひっくり返して探しても、あるはずの計量カップが見つからない…。しかし、こんなことでパン作りの欲求は収まりませぬ。えい!と全て目分量でチャレンジ。初めてでしたが、一切量らないらないで作るのは初めてでしたが、今までの数えるほどの経験を辛くも生かして(?)何とかベーグルと、同じ生地でシナモンロールを作ることが出来ました。味もまずまずで、満足。形を気にしてはいけないのです。

 フランスでの小麦粉(farine de ble)の分類の仕方は、厳密には日本とは違うようです。が、タイプ55は強力粉、タイプ45は薄力粉、そしてタイプ150は全粒粉と、大雑把に分けられるそうです。この数字は、「灰分量」というものを示すそうです。灰分量って、なんじゃ?私も、今回のパン作りにはタイプ55を、打ち粉にはタイプ45を使用しました。

 ドイツから戻ってきて、フランスの新しい我が家の電気オーブンでパンを焼くのは初めてだったので、くせがわからずちょっと焦げ気味になっちゃいました。グラタン等のお料理よりは、やはり温度に気をつけねば。でも今回で大分わかってきたので、次に焼くときはもっと楽しくなりそうです。


人気blogランキングへ