パンデミック対策のおすすめマスク

3層サージカルマスク 在庫あり
新型インフルエンザ対策!3層(三層)サージカルマスク 50枚入【快適生活】

超極細繊維の不織布マスク

新型ウィルスによるインフルエンザ対策に!! BFE(細菌濾過効率)95%以上。50枚入

詳細はコチラ こちら 3層サージカルマスク

使い捨て
詳細ページへ
3層サージカルマスク 在庫あり
6個以上ご購入で送料無料!3層式マスク■ERA MASK99 (ERAマスク 99)60枚入り【快適生活】

細菌・ウイルス99%以上カット

BFE(細菌濾過率99%)以上。備蓄に最適、60枚箱入りタイプ。三層式ノーズワイヤー入り。 自分だけでなくご家族を守るためにも、今のうちから最低1箱は備えておいてほしいマスクです。

詳細はコチラ こちら ERAマスク99

使い捨て
詳細ページへ
3層式サージカルマスク 在庫あり
11箱以上で送料無料!3層立体マスク 大人用 50枚入【快適生活】

【不織布】マスク

米国検査機関認証済み 抗ウィルスマスク50枚入り BFE(細菌濾過効率)99%以上。 大人用・子ども用あります。大量備蓄にお得用!

詳細はコチラ こちら 3層立体マスク

使い捨て
詳細ページへ

PM2.5 マスク(N95規格クリア)の販売を開始!
2013.02.08 [Fri] 10:11

中国からの大気汚染、PM2.5 

最近、テレビや新聞などのニュースで話題となっています。
PM2.5とは直径2.5μm以下の微小粒子状物質のことで、この物質が人体に取り込まれると、ぜんそくや気管支炎を引き起こす可能性が高くなります。

この花粉より断然小さな粒子の方が気管を通過しやすく、肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと考えられているため予防対策が話題となっているのです。


今のところ、西日本側の地域が影響が出ると予測されています。

ほんとに小さな物質なので、普通のマスクでは意味がないそうです。。。

PM2.5対策のマスクはこちら


 

パンデミックがもたらす影響
2009.08.25 [Tue] 11:01

パンデミックがもたらす社会影響   

パンデミックの脅威が実際に日本に起こってしまった場合、その影響は計り知れないでしょう。
まず、パンデミックがとある区域に発生した場合、その区域は全面閉鎖となります。同時に、その区域を含んだ地域全体の交通機関が麻痺する事が予想されます。それにも拘らず、少しでもその場所から離れたい、あるいは病院に行きたいという人が殺到し、道路はパニック状態の自家用車で埋め尽くされるという事態になるかもしれません。もし、その中に感染者がいたら・・・。

更に、パンデミックは社会に大きな影響を与えます。
外出が規制された場合、会社への出勤ができなくなり、各企業はその業務を停止せざるを得ません。そうなると、株式市場も完全に機能を失い、経済は無茶苦茶になってしまうでしょう。

加えて、輸出入にも大きな影響が出ると考えられます。パンデミックが発生した区域では交通機関が閉鎖されますが、もしそれが国内全域に渡って広がってしまったら、当然航空や船舶による物品の運輸もできなくなります。それは、輸出入の全面的な閉鎖と同意です。資源のない日本にとって、その事態は致命的です。

●個人レベルにも、相当な影響

個人レベルにも、相当な影響が出てきます。
まず単純に、食料が調達できなくなります。感染経路がわからない場合、まず疑うべきは食材です。そうなると、どの食材が感染したかわかるまでは、市場に出回った全ての食品が疑わしくなります。
最悪、お店にあるほとんどの食品が回収される事態もあり得るのです。

と、このように多少大げさに感じられるようなシミュレーションをしてみましたが、これは決して御伽噺ではありません。実際に起こり得る事なのです。
 

鳥インフルエンザによるパンデミック
2009.05.04 [Mon] 11:00

2003〜2005年の間、アジアは鳥インフルエンザによるパンデミックの脅威に震えていました。

パンデミックは何十年かに一度世界を震撼させており、遥か昔のペストを筆頭に、1918年のスペイン風邪、1957年のアジア風邪、1968年の香港風邪などといった流行病によってたくさんの人間が命を落としました。この中にあって、鳥インフルエンザは過去のパンデミック以上に脅威となる可能性を含んでいます。というのも、鳥から鳥、鳥からペット、鳥から人、ペットから人へと感染するこのインフルエンザは、その発端が世界中を飛びまわれる「鳥」だからです。

鳥には当然翼があります。それは、島国である日本にも何の障害もなく飛んで来られることを意味します。遠い東南アジア諸国で発生しているからといって、何の保障にもならないということです。

国内での鳥インフルエンザに対する対抗方針としては、2003年の10月に厚生労働省が設置した、「新型インフルエンザ対策に関する検討小委員会」が挙げられます。
また、2004年の8月に「新型インフルエンザ対策報告書」を取りまとめ、その被害状況及び今後の展開についての予測が成されています。それによると、今後鳥インフルエンザで日本が受ける被害は、受診者が1700〜2500万人、入院患者が17〜53万人、死亡者が6.9〜16.7万人に上るだろうと推計されています

この報告書を元に、国及び都道府県はワクチンを5ヶ年計画で備蓄し、新型ワクチンの開発支援を行うなどの対抗手段が発表され、徐々にではありますがパンデミックに対する危機意識が芽生えました。
鳥インフルエンザの脅威が、ようやく日本にパンデミックの存在を知らしめたと言えます。
 

パンデミックが日本で発生した場合
2009.05.04 [Mon] 10:00

●パンデミックが仮に日本で発生した場合、日本はどうなってしまうのでしょうか。

そんなシミュレーションは、割と定期的に行われています。それは研究所がデータとして提出したり、放送局がドラマとして民間人に閲覧してもらったりなど、その提示方法は色々ですが、共通していえるのは、危機感を植えつけようという意図です。

パンデミックが日本で起こるという状況は、実際にあり得ます。
特に近年では動物に潜む病原菌がヒトに感染し、それが拡大していくというパターンが多いので、現在の日本の緩い管理システムだと、それが現実になることは十分考えられるでしょう。

では、実際に日本でパンデミックが発生した場合、どうなるのでしょうか
まず、日本は小さな島国であるということがここで大きくなってきます。全国各地に感染区域が広がるまで、それほど時間はかからないでしょう。まして、交通機関は世界でも有数といえるほど整備されていますので、ここではそれが逆にあだとなります。

また、危機感の少ない最近の若者は、このような状況でも外出し、そして感染する可能性は決して低くありません。結果的に、首都圏全域はあっという間に感染区域になってしまうでしょう。

加えて、日本は輸入大国です。
日本で生産された食品を世界に向けて発信する量はそれほど多くはありません。国内向けがほとんどです。これもまた、国内の感染を早める要因となるでしょう。

そして、当然ながら、日本は封鎖されます。
海と空の便は全て遮断され、日本は暫くの間世界から孤立する事になります。
そうなると、当然輸入もできなくなります。自己の資源が皆無の日本にとって、それは致命傷です。

と、かなり悲観的な状況が予想されます
これはネガティブな思想ではなく、実際に日本という国がそういう条件下にあるということなのです。
これを認識した上で、なおパンデミックへの危機感を持たないというのは、少々楽観的といわざるを得ないでしょう。
 

パンデミックの備蓄と対策
2009.05.04 [Mon] 09:00

アルパインエア 徳用缶ペアセット 2人で3日間(20食)(備蓄用長期保存食)只今、出荷可能品<賞味期限2019年01月>【セキュリティショップ 防犯ドットコム】
パンデミックが訪れた場合、世界の流通は一気に頓挫します。
輸入の制限はもちろん、停止もあり得ますし、国内の流通すらままならない状況に陥る可能性もあります。
まして、パンデミックが蔓延している状況では外出する事がとても危険な為、生活必需品をはじめとする物資の入手が非常に困難になってきます。

そういった状況に陥った場合、とても心強いのが、備蓄です。
災害対策の一環として行われる物資の備蓄は、パンデミックなどの外出が極めて困難な状況下においては重要で、特に非常食に関してはある程度備蓄しておく事を推奨します。

また、パンデミック時には交通機関や病院もパニックに陥るケースが想定されるので、薬の調達はかなり難しくなります。そういう意味でも、備蓄はとても重要なのです。

パンデミック対策として備蓄しておくべき物資はたくさんあります。
まず非常食などの食料ですが、理想を言えば物持ちがよく栄養素の高い食品が好ましいとされています。
ただ、それを満たす物はあまりないので、基本的には米やカンパン、インスタントラーメンなどといった物持ちの良いものが好まれます。
最も重要なのは水で、感染の原因になりかねない水道水は絶対に使用しないようにしなければなりません。というより、恐らく水道水は仕様不可能な状態になるかと思われます。
よって、ミネラルウォーターは必須です。

また、常備品として、解熱剤などの薬や対インフルエンザの物資として、マスクや手袋を複数用意しておくと心強いでしょう。

備蓄用長期保存食:詳細はこちら
 

インフルエンザ・パンデミックの対策マニュアル
2009.05.03 [Sun] 11:00

インフルエンザ・パンデミックが起こった場合、たとえ病院へ行ってもすぐに直してもらえるという事はありません。何故なら、そのような薬がないからです。むしろ、たくさんの感染者が殺到し、被害が拡大する可能性が極めて高くなります。
インフルエンザ・パンデミックが起こった際には、パニックになって病院に向かうのではなく、慎重な行動が必要になります。
その際、非常に役に立つとされているのがインフルエンザ・パンデミックの対策マニュアルです

この対策マニュアルは、各地方自治体や企業が作成しています。
そのマニュアルは、まだ完全に一律化されてはいないので、作成者によって内容もまちまちです。
季節ごとのインフルエンザの延長と考えているところもあれば、戦争クラスの危機感を持って作成しているところもあります。

マニュアルを作成する際に、それがどの程度の規模のインフルエンザなのかという事をしっかりとシミュレートしているマニュアルは、その対策もしっかりと整えています。
特に、実際にパンデミックが起こった際、どのように行動すべきか、あるいは対策として予めどのような物を用意しておくべきかという事を事細かに説明してくれています。

インフルエンザ・パンデミックの対策マニュアルは、まだまだ普及しているとは言い難い状況です。
万が一パンデミックが発生した際に起きると想定されるパニックを最小限に留めるためにも、質の高いマニュアルの作成が要求されています。
 

新型インフルエンザとインフルエンザ・パンデミック
2009.05.03 [Sun] 10:00

『新型インフルエンザ』 という言葉は良く耳にする機会があり、また今回の豚インフルエンザも同様でありますが、その定義に関しては今ひとつ定かではない、という人が多いのではないでしょうか。

新型インフルエンザの定義としては、2004年に厚生労働省が発表した「新型インフルエンザ対策報告書」によると、ヒトが過去数十年の間に経験したことのないHA、NA亜型のウイルスが流行し、ヒトに伝播して行く状況を指すとあります。そのことは、大多数の人にとって未知のウイルスであることが前提ということです。

そして、その新型インフルエンザが人間の世界の中で急速に広まり、世界規模の大流行に発展した場合にインフルエンザ・パンデミックという言葉を用いることになります。
厳密には、WHOの定義している警告フェーズの6をもってパンデミックと呼ぶのですが、便宜上世界的な流行病をそう呼ぶことが多く、インフルエンザ・パンデミックのことを単にパンデミックと呼ぶ場合もあります。

インフルエンザ・パンデミックの恐ろしいところは、感染スピードの驚異的な速さに対し、対抗手段がどうしても後手後手に回ってしまわざるを得ないところです。
新型インフルエンザは現存の薬では効果がないので、新しい薬を開発しなければなりませんし、それにはかなりの時間を要します。
よって、特効薬などなく、対処法は少しでも症状が軽減できるような小さなものに限られてきますし、それすらままならないというのが実情なのです。

インフルエンザ・パンデミックに対する日本人の関心は、欧米諸国と比較してまだかなり低いと言わざるを得ません。それは、鳥インフルエンザが大々的に報道されて数年が経過した今も、あまり変わっていません。
この意識を変えていくのは、容易ではないでしょうが、それでも、変えていかなければならないのです。
 

パンデミックの主な事例
2009.05.03 [Sun] 09:00

●パンデミックという言葉を全く聞いたことのない人でも、その意味を知れば、それがどれだけ脅威であるかは容易に理解できると思います。
パンデミックは、世界規模で感染された流行病の事を指す言葉です
つまり、異常なまでに感染範囲と人数を広げた病という事です。

・その例として最も顕著なのが、14世紀にヨーロッパ全域で流行し、世界中を恐怖のどん底に叩き落した、黒死病、すなわちペストです。
ペスト菌と呼ばれる悪質な菌が人体に入り、非常に致死率の高い病を発症してしまうという悪夢のような病気で、このペストが大流行した際にヨーロッパでは実に人口の三割が死亡したと言われています。

・ほかの例としては、三類感染症の内の一つに指定されているコレラが挙げられます。
コレラはコレラ菌と呼ばれる菌を病原体とする経口感染症の一種で、発症すると下痢と嘔吐が1日に20〜30回も起こると言われています。死亡率はペストほどではありませんが、その感染力は非常に強く、19世紀に入ってから、これまでに7度ものパンデミックを記録しています。

・そして、近年で最も有名なパンデミックの例が、鳥インフルエンザです。2005年に東南アジア諸国で猛威を振るい、60人以上が亡くなりました。
さて、2009年4月メキシコより発生しております、新型の豚インフルエンザも世界的拡大中で、今後の問題が本当に心配です。

・ほかにも、これらほどの規模ではないにしても、SARSやO-157もパンデミックの部類に入る流行病として国内でも話題になりました。

いずれも、たくさんの人を死に追いやる恐ろしい病として、世界中から恐れられています
 

パンデミック対策商品の通販
2009.05.02 [Sat] 12:45

パンデミックの脅威に対する対抗策として、感染の予防や殺菌、応急処置のための用具などを商品として扱い、販売している会社はいくつかあります。
その中にあって、現在注目されているのは通販によるパンデミック対策商品の購入です。

パンデミックの際に有効とされている物は、店頭で選ぶにはそれなりに専門的な知識が必要な上に、中々普段では目にする事のない商品なので、薬局で購入という形では手に入れにくいのが実情です。
しかし、通販であれば、割と簡単に購入する事ができます
特に、パンデミック対策商品として通販で扱われていますので、かなり重宝します。

パンデミック対策用品として、4つのカテゴリーを設けています。
一つ目は感染予防、二つ目は滅菌・殺菌、三つ目は非常食、4つ目は応急用具です。
感染予防の商品としてはパンデミック対策用のマスクを、滅菌・殺菌はクレベリンGやクレベリンS、ビクレ、エタノールなどを、非常食はカンパンや高品質の純水などを、応急用具としては救急箱のセットなどをそれぞれ販売しているようです。

パンデミックが実際に起こった際に何があれば有効なのかというのは、中々わからないものです。
特に、新型インフルエンザのパンデミックなどは、既存の薬では効果がない為、指標となる商品がなく、パニックに陥る危険があります。
そんな時、通販で予め対策用の商品を購入しておけば、感染の危険性を緩和し、冷静に行動できるようになるでしょう。
 

新型インフルエンザの予防
2009.05.02 [Sat] 12:04

★豚インフルエンザなど新型インフルエンザの予防はどうすればよいのでしょう?

通常のインフルエンザは、感染した人の咳、つば、くしゃみなどの飛沫と一緒に出されたウイルスを吸入することによって感染します。
そのようなことから、外出後の手洗い、マスクの着用、流行地への渡航、人混みや繁華街への外出を控えることなど、不要不急の外出の自粛が重要です。

それと、十分な休養をとり、体力や抵抗力をつけて、日常バランスよく栄養をとることも大切です。 
インフルエンザは容易に人から人に感染するので、他人にうつさないことも重要です。
インフルエンザに感染して症状のある人は、病気の悪化や周囲への感染を防ぐために、自宅で休養することが重要です。
他人に接しなければならない場合は、咳やくしゃみをする場合は、マスクを着用することが、咳エチケットとしても重要なことです。

現状では新型インフルエンザ、豚インフルエンザが出現してきましたが、通常のインフルエンザ以上の感染予防対策に努めることが重要です。
また、新型インフルエンザが流行して、外出を避けなければならない事態となり、物資の流通が混乱、停滞することを想定して、普段から食料品や日用品を備蓄しておくことが望ましいと考えられます。

新型インフルエンザの患者と密に接する機会があり、感染している可能性がある方々に対しては、マスクの着用だけではなく、発症前に抗インフルエンザ薬を内服することで、発症の危険性を抑える予防投薬による予防方法を実施することも検討されています。